2018/12/15

アンテナ屋内配線を変更

我が家のテレビアンテナは、地上デジタルは建物障害による難視聴対策のため、自治会が近鉄ケーブルネットワーク(KCN)と契約して、パススルー方式で伝送されている。BSは自分でベランダにパラボラアンテナを設置し、同軸ケーブルで屋内に引き込んでいる。

うちは2世帯同居で、地上波はテレビ、FM合わせて10箇所、BSは4箇所に分配して視聴している。そのため、それぞれにブースターを設置してあるが、この2、3年だろうか、特に夏場の日中など気温が高いときに、地デジの一部チャンネルで信号レベルが低下し、モザイク状ノイズが出たり、全く映らなくなるという不具合が発生していた。

最近、両親の世帯がテレビを買い替えたところ、初期設定で地デジの一部チャンネルが映らなかったこともあって抜本的対策を迫られた。素人考えではブースターの性能不足が原因で、もう一段ブースターを増設するか、もっと増幅度の高いブースターに取り替えるしかないと思っていたが、KCNに出張調査を依頼したところ、意外なことに屋内配線に原因があることが分かった。

家を建てたのは平成のはじめ頃だから、地上波の同軸ケーブルは5C2VというVHF、UHF対応のものが使われている。もともと古い規格のうえ、経年劣化により信号の減衰が激しくなった可能性があるとのことだった。さらに、室内のテレビ端子も、芯線が露出した古い形状のもので、これも好ましくないという。

対策としてはケーブルと端子を全部取り替えるのが最も有効だが、既存住宅でそれは不可能に近い。屋内に露出する形で新たなケーブルを敷設するのも大変だし、見栄えも良くない。

しかし、もうひとつ別の方法があると、KCNが提案してくれたのが、BSとの混合伝送という方法である。幸い、BSの方はそれに対応した5CFBという上位規格のケーブルが使われているので、ブースターの出力側でBSと地デジを一旦混合させ、それを分配した信号を5CFBケーブルで各部屋に送り、テレビの手前でBSと地デジに分波するというものだ。BSは居間など視聴頻度の高い部屋に配線してあるから、対策としてかなり有効だろう。

ざっと工事の見積もりをしてもらったが、かなりの金額になりそうだったので、自分で工事することにした。必要な機材は家電量販店とホームセンターで調達できた。屋根裏に潜り込んで奮闘すること約半日。夏場でなかったのが幸いだ。対策箇所の信号レベルは格段に上昇し、両親の新しいテレビでも全てのチャンネルの受信設定が完了した。

これで夏場に不具合が生じなければ大成功というわけだが、実はもうひとつ不安があって、将来もし4Kや8Kの放送を視聴しようとしたら、再び同じことが起きるのが避けられないことだ。4K8Kではさらに高い周波数帯域を使用するため減衰が激しく、もっと上位規格の機材やケーブルに取り替えないと、4Kの一部や8Kは映らないそうだ。

これは我が家だけの問題ではなく、全国の既存住宅やマンションなどでも起こりうる話だ。4Kテレビを買ったものの、既存のBSコンセントに繋いでも一部チャンネルが映らない不具合が生じる。一戸建てではアンテナや屋内配線の交換、マンションだと共同視聴システムの改修か、さもなくば個人で別途アンテナや屋内配線を設置する必要がある。

そういう課題を抱える4K8K放送だが、家電メーカーは新たな収益源と期待して、こぞって派手な宣伝を打っている。しかし、前にも書いたように、そもそも4K8Kテレビが本格的に普及することはないだろうと睨んでいる。畳一枚ほどの大画面で観ればその違いが分かるのかもしれないが、そんなシロモノに大枚のカネをはたくのは一部富裕層だけではないか。貧乏人の僻みかもしれないが、昔のブラウン管テレビのアナログ映像に比べたら、今の地デジでもまさに月とスッポン、これで十分ではないかと思うのだ。

12月13日 ジョグ10キロ
12月15日 LSD40キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/09

N-WGN初回車検

ホンダN-WGNを購入してから早いもので3年が経過し、このたび最初の車検を受けた。購入した販売店でのディーラー車検である。走行距離は2万2千キロあまりと、それほど多くないこともあって、バッテリーを交換したぐらいで、特に大きなトラブルはなかった。

ただ、以前から加速時に「しゃくる」現象、つまり、スムーズに加速せず、車体が前後に揺すられるような現象が起きていた。特に、発進直後や低速時に多く、また夏場にエアコンを使用するとその頻度が上がっていた。

これまでも6か月点検等のたびに点検を要請していたが、「現象が確認出来ない」「コンピューターによるチェックでも異常はない」ということで、原因不明のまま3年が過ぎていた。それが、今回になってようやく、点火コイルに不具合があることが判明、どうもそれが原因らしいことが分かった。

自動車のメカにはとんと疎いのでよく分からないが、点火プラグの火花を飛ばす高電圧を発生させる部品らしい。それに異常があれば点火のタイミングが乱れ、エンジンの回転数が滑らかに上昇しないのだろう。これまで見逃されていたのが不思議だが、3年が経過して異常が明確になったのだろうか。

いずれにしても、今回それを良品と無償で交換してもらい、走りが格段にスムーズになった。「しゃくる」現象はこれまでのところ一度も発生していない。夏場にエアコンを作動させても、おそらく大丈夫ではないかと思われる。また、加速のムダがなくなったせいか、燃費が約1キロ/リットル向上したのも嬉しい。本来そうあるべきだったのだけれど。(苦笑)

12月7、9日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/06

14年の空白

「年金と空白期間」つながりで、もうひとつ。こちらは確定拠出年金についてである。

最近は個人型の iDeCo (イデコ)が節税商品として人気を集めているようだが、自分の場合は勤務していた会社の企業型確定拠出年金を、退職に伴って個人型に移換したものである。

確定拠出年金(以下「イデコ」と略す。)の老齢給付金は、60歳以降70歳までの間に請求手続きが出来るが、受取方法としては一時金、年金またはその併用という3通りから選択する。就労の有無、資産や収入の状況などにより、どの受取方法が最適なのかは人それぞれだ。

ただし、税や社会保険料の負担については、一時金と年金で大いに事情が異なることに留意が必要だ。年金受取だと、公的年金と同様に雑所得となり、それに上乗せされる形で総合課税され、所得税および住民税の負担が増加する。さらに、国民健康保険料など社会保険料の算定基礎にも反映して保険料が増加する。

それに対し、一時金は退職所得とみなされ、勤続年数に応じた退職所得控除の適用対象となるうえに、同控除後の金額の2分の1だけが課税対象となり、他の所得と切り離して所得税・住民税が課される(分離課税)。長年の勤労に報いるものとして、退職金は税制上かなり優遇されているのだ。

従って、先に「人それぞれ」と書いたけれども、厚生年金からもある程度の年金を受給する場合などでは、社会保険料の負担増加を嫌って、イデコは一時金支給を選択するケースが多いものと思われる。

ところが、退職所得控除の適用「対象」となると書いたところが実は問題で、会社を退職した時点で退職金を受け取った人は、そちらで既に退職所得控除が適用されているため、そのメリットを二重に享受することができず、イデコの一時金全額の2分の1が課税対象となる可能性がある。それでも、総合課税に比べれば税負担は軽いし、何より社会保険料に反映しないだけでもマシである。

で、ようやくここからが本題だが(笑)、前に会社の退職金を受け取った人が、イデコ一時金受給の際にも、再び退職所得控除を使えるという抜け穴が実は存在するのだ。それが、自分が勝手に「14年の空白」と名付けたものである。

所得税法施行令第70条によれば、イデコの一時金を受け取る前年以前14年以内に退職所得がある場合は、簡単に言えば両者のもととなる勤続期間のうち重複する部分が除外され、イデコの一時金には退職所得控除が全くあるいは一部しか適用されない結果となる。しかし、これは裏を返せば、前の退職所得を受給した翌年から数えて14年間が経過した次の年からは、退職所得控除が再び全額適用されるということである。

そこで計算してみると、自分が退職したのは2013年だから、2014年から2027年までの14年を挟んで、2018年からは退職所得控除の適用が再び可能となる。しかも、その年に自分は70歳になるから、イデコの給付金請求期間の最後の年に当たっている。

14年という期間がどういう想定に基づいて算定されているのか分からないが、自分の場合はまさにドンピシャで「14年の空白」を置くことができるのだ。勤続年数は32年だったから、控除金額は1640万円である。つまり、1640万円まで全く非課税で、それを超えた部分の2分の1が分離課税されるということである。これを使わない手はない。

そこで、先日、イデコの事務をしている某信託銀行の支店に相談に行き、この点を確認してみた。窓口の女性もその偶然に驚いていたが、やはり滅多にないケースらしく、専門の部署に電話して確認してくれた。支店の中に先客として柳沢慎吾と真田広之がいたら、「何でいるんだよ!」と言ってやりたかったが、いるはずはない。(笑)

もちろん、今後10年間に税制改正があって、その規定が変わる可能性はあるし、それまでに年金資産が目減りするおそれもある。そもそも、自分が70歳までに死んでしまう可能性だってあるわけだが、今のところそれらを考慮してもなお、退職所得控除が再度適用されるまで我慢するメリットの方が大きいと判断した。

2028年にようやく受け取るイデコの一時金を、老人ホームの頭金の一部にでもしようかと、今から思案している2018年の年末なのである。(笑)

12月5日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/03

国民年金の任意加入

国民年金の任意加入制度というものがある。日本年金機構のサイトによれば、

60歳までに老齢基礎年金の受給資格を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合などで年金額の増額を希望するときは、60歳以降でも国民年金に任意加入をすることができます。(厚生年金保険、共済組合等加入者を除く)
ただし、申出のあった月からの加入となり、遡って加入することはできません。

というもので、自分もこの対象になる。本来20歳になった時点で国民年金に加入すべきところ、22歳で就職して厚生年金に加入するまでの間、年金保険料を納付していなかったためだ。しかし、当時は20歳を迎える本人や親にその通知を行って、加入手続きを取らせるなどということは行われていなかったと思う。

ともかく、20歳から2年5カ月の空白期間があるため、60歳まで40年まるまる納付した場合の老齢基礎年金満額の受給が出来ない(減額される)という事態が発生する。これを救済するのが任意加入制度というわけである。60歳以降65歳までの間に任意加入して、空白期間の年金保険料を納付すればめでたく満額受給できる。

そのためには市役所や年金事務所に出向いて加入手続きをした上、後日送付されてくる納付書を金融機関やコンビニに持参して保険料を納付する必要がある。先日、一連の手続きを終えて無事任意加入することが出来たが、問題はこの制度の存在自体がそれほど知られていないうえに、60歳の誕生日前後から今日に至るまで、年金機構や市役所から、私がこの制度の適用対象である旨の連絡が一切なかったことだ。

任意加入で納付した保険料は約10年で元が取れるとされ、それまでに死ななければ年金受給者にとって有利な、つまりおトクな制度であるということは、逆に言えば、年金支給者の側からみれば不利な制度であり、そういう制度の存在をあまり知られたくないからではないかと、下司な勘ぐりまでしてしまうのだ。

12月1、3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/27

終活年賀状

最近、「終活年賀状」という言葉がマスコミにも登場するようになった。高齢などを理由に、翌年以降の年賀状を辞退するという文言を添えた年賀状のことだ。遺言を書く、身辺整理するなど、死への準備である「終活」の一環というわけだ。

実は今年の年賀状の中に1通だけ、勤務していた会社の先輩が「退職を機に年賀状を卒業する」と記されていた。前々から考えていたことを実践しておられる人がいることで決心が固まった。今年還暦を迎え、退職から5年半が経過したこともあり、平成最後となる今年の賀状をもって最後にすることにした。

「縁切り状みたいで感じが悪い」という意見もあるかもしれない。しかし、何十年も前に職場が同じだったというだけで、それ以来全く会ったこともない人と年賀状だけ遣り取りすることにどれだけ意味があるのか。会う可能性があるかどうかを基準にみていったら、親戚以外は両手で足りるほどの相手しか残らなかった。

部屋の整理に続く、断捨離第2弾ということになる。さて、次は何を整理しようか。

11月26、27日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/18

還暦

きょう60回目の誕生日を迎えた。生まれ年の昭和33年から十干十二支がひと回りして、再び元の戊戌(つちのえいぬ)に戻ったので、「暦が還った」というわけだ。「本卦がえり」とも言う。古くは数え年61の正月に祝っていたが、現在では満60歳の誕生日とするのが一般的だ。

赤ん坊に返って生まれ直すという意味から、魔除けのための赤い産着になぞらえ、赤いちゃんちゃんこや頭巾を着用する風習が生まれたという。折角だからFRUNの赤いランシャツでも着ようかな。(笑)

大衆理容やTOHOシネマズの料金が割引になるのは有難いけれど、平均寿命が延びた今日、60歳で長寿の祝いなどちゃんちゃらおかしい。しかし、もはや余生というには長すぎる残りの人生を、赤ちゃんのように一から築いていくスタートと捉えると、それなりに意味のあるイベントではないかと思う。

11月18日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/07

LED付大型ルーペを購入

白内障手術の際、新聞や本、パソコン画面を見る距離にピントを合わせてもらったので、普段の生活では近視遠視含めてメガネは一切不要となったが、それでも辞書や契約約款などの小さな文字はお手上げ状態である。

そろそろルーペを買わないといけないと思っていたが、必要となる頻度は高くないので、派手にTVCMを打っている○○○ルーペのようなメガネ型のルーペは必要ない。むしろ、LEDで手元を明るく照らす機能がついた手持ちルーペの方が重宝しそうだ。

ということで選んだのがコレ。ご覧のようにかなりの大きさであるが、レンズはプラスチック製なのでそれほど重くない。お値段は○○○の9分の1程度である。おそらく日本製ではないと思われるが、構造が単純なので尻に敷いても全然OKである。(笑)

Ts3r0009

実際の見え方はガラケーではとても撮れないので、商品紹介の写真で見てもらうしかないが、ほぼ写真どおりレンズの端までほとんど歪むことなく、くっきりはっきりと見える。LEDライトも強力だ。5倍の部分が小さいのが難点だが、ほとんど使わないと思われるので問題ない。

Kravas2

10月5、7日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/29

ポケモン出現!

自分は全く興味がないけれど、以前ポケモンGOというゲームが流行っていて、自動車や自転車の運転中に遊んでいて交通事故になり、社会問題化したりしたのは知っていた。すっかり下火になったかと思いきや、今なお根強い人気があるようで、意外なことに現在では中高年層のファンが多いという。

いつもジョグする橿原公苑周回コースでも、県立体育館前付近に出没しているらしいのを何度か目撃していた。普段ほとんど人気(ひとけ)のない場所に、一人かせいぜい二三人のグループの中高年がにわかに集まり、かといってお互いに全く会話することなく、一心不乱にスマホの画面を見ながら何やら操作している。

そして今回、ついにうちの近所の児童公園でも同じ光景が展開していたのだ。普段は小さな子供を遊ばせている親子連れが何組かいる程度なのに、その時に限っては中高年を中心にざっと十数名、駐車車両の中も含めれば20人はいただろうか。

まあ、騒がしいわけでもなく、公園を汚したりもしないだろうが、近隣の住人からすれば迷惑駐車だし、事情を知らなければ気味が悪いだろう。たぶん、苦情が出たりしているケースもあるに違いない。おっと、私ではありませんよ。(笑)

8月28日 LSD20キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/27

宅配便のコンビニ受取り

宅配便の荷物を近所のコンビニで受け取るよう指定した。初めての体験だったが、意外に便利なサービスだと分かった。問い合わせ番号と認証番号がメールで送られてきて、それらを店内の情報端末に入力すると引換券が出てくるので、それを店員に渡せばOKだ。運転免許証など個人情報を見せる必要もない。

このサービスを利用すれば、荷物が届くのが分かっていても安心して外出できる。在宅していても、この時期は家の中ではほとんど下着だけのような格好なので(笑)、呼び鈴が鳴ってもすぐには出られないのだ。それよりは買い物や散歩のついでなど、24時間いつでも自分の都合の良い時に受け取る方が便利だ。一刻を争うような荷物など、そうあるものではない。

最近はドライバーの人手不足に加えて、留守による再配達の多さが、宅配便の経営上の深刻な課題になっているという。日本郵便では来春から玄関先配達でもOKというオプションを導入するそうだが、盗難等の恐れがある上に、「この家は留守だ」と空き巣犯に教えているようなものではないか。

コンビニ配達だと当然ながら再配達もなく、複数口の荷物を一度に配達できる場合もあろうし、配達と同時に集荷もできる。コスト的にも絶対に有利なはずなので、送料を割り引くなどのインセティブを与え、利用者を誘導することを考えれば良いと思う。

7月25、27日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/07/21

ソーラー発電センサーライト

我が家の玄関からガレージへの通路は夜は暗く、何年か前にセンサーライトを設置したもののセンサーの反応が鈍く、至近距離まで近づかないと点灯しないため不便をかこってきた。小さな段差もあって転倒事故に繋がりかねないので、今回ソーラー発電のLEDセンサーライトに取り替えることにした。

Ts3r0002_3

日中に上部の太陽光電池で発電した電気を蓄え、それを夜間に下部のLEDの電源として利用する。真ん中の白く丸い部分が人感センサーだ。高さ約12センチ、重量も150グラムほどである。やはりというべきか中国製で、お値段は2個セットで2千円だった。

早速試してみたところ、メーカーによるイメージ画像(↓)にほぼ近い照明効果が得られ、2個の設置場所を何度か変えてみて、ほぼ満足のゆく結果が得られた。センサーも現用品よりかなり感度が良い。

Focondot

何より外部電源も乾電池も不要というのが有難い。LEDの寿命は多分私自身より長いだろう(笑)。こういう商品が1個千円で入手でき、電気代もタダということになれば、旧式のセンサーライトは完全にお役御免だ。「技術革新」というものを、具体的なモノとして実感した。

7月19、21日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧