2019/03/19

当世結婚式事情

16日土曜日は大安吉日。家内の姪の結婚式のため、日帰り強行軍で東京まで出かけた。その兄に当たる甥の時以来、約10年ぶりの結婚式参列となったが、最近はずいぶん様変わりしているのを実感した。

昭和末期の自分の時との比較で言えば、
・会場はシティホテルのビルの中から、屋外庭園を備えた婚礼専門施設へ
・挙式は神主や神父が仕切る形式から、本人たちの宣誓や署名による人前式へ
・媒酌人を立てず、職場の上司も全く招待せず
・来賓のスピーチや余興、ウェディングケーキ入刀、キャンドルサービスもなし

親族以外は全て友人または同僚で、披露宴の最中も彼らが自由に高砂席(この言葉自体が古いのか)に押しかけ、新郎新婦にお酌をしたり写真を撮りまくっている。早い話、かつては披露宴がお開きになった後に友人だけで集まった二次会に、いきなり突入したような趣なのだ。

還暦を過ぎたオジサンはカルチャーショック、ジェネレーションギャップを感じたが、考えてみれば、結婚式とは二人を心から祝福してくれる人たちが集い、語らう場であるとすれば、これが正しいのかもしれない。宗教的、慣習的な儀礼とか、たまたまその時上司であるに過ぎない人間の型通りの挨拶とか、考えてみればどうでもいいことなのだ。

何はともあれ、若い二人に幸多かれと願う気持ちだけは、昔も今も変わりない。

Kimg00581

3月18日 ジョグ8キロ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019/03/04

PayPay 始めました

Img_20190302_102948_8新しいもの、流行りものには極力手を出さない主義の自分だが、ある必要からQRコード決済なるものを利用することになった。毎週のように行っている食品総合スーパーが、このたび PayPay を導入したためである。

この店は従来は現金支払いのみで、クレジットカードや電子マネーなどに一切対応していなかった。それでも、今年10月から実施される消費税増税対策のポイント還元に対応するためだろうか、追加経費がかからないとされる PayPay を最近になって導入したのだ。

当方としても、現金で支払うよりは、決済するクレジットカードのポイントがつき、更には PayPay 残高にも0.5%の還元があるということならと、主義主張を枉げて容れることにしたというわけだ。(笑)

スマホやタブレットにアプリを入れて、クレジットカードとの紐づけをすれば、すぐに利用することが出来る。現在は特典として新規登録だけで500円、さらに総額100億円に達するまで、利用金額の一部(一般のクレジットカード決済の場合は10%)が還元されるキャンペーンが実施されている。PayPay の回し者ではないけれど、利用する店舗の決済手段が限られているのであれば使わない手はないと思う。

3月3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/02

父がホームに入居

今月から父を老人ホームに入居させることになった。昨年米寿を迎えた父は、一昨年の暮れに尿が出にくくなる症状で入院し、その後も自宅で療養を続けているが、症状は一向に改善せず、介護に当たる母の負担が限界に達しつつあった。

介護に加えて医療行為を伴う処置が必要なため、看護師が常駐しているという条件で施設を探したものの自宅近辺には全くなく、同じ県内ながら車で40分ほどの場所にようやく見つけた。先月体験入所も済ませて問題ないことが確認できた。

24時間介護&看護がつき、バリアフリーで冷暖房完備、おまけに高台にあるため部屋からの眺望も良く、自宅にいるよりはるかに快適に暮らせると思われるが、しばらくは様子を窺うためにちょくちょく面会に訪れる必要があるだろう。

Kimg0144

先月から息子が転職したのに続き、家族の生活環境が大きく変化した。秋から年末にかけてもう一つ起こりそうで、元号が変わる今年は我が家にとっても大きな転換点となりそうだ。

2月1日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/30

軽と軽で2台持ち

とある事情から、2台目の軽自動車を購入した。今度のは主として家内が使うことになるので、車種の選定を任せたところ、ご覧のようにラパンのツートン塗色がやってきた。N-WGNと平面サイズは同じだが、車高が13センチ低く、ひと回り小さく感じられる。

Kimg0022

おシャレなインテリアに加えて、インパネにウサギのイラストが登場したりと、いかにも女性が好みそうな仕掛けが施されている。コンパクトな室内は狭苦しいというほどではないが、荷台が狭いのが難点で、荷物が多い時は後部座席を倒す必要が出てきそうだ。

1月29、30日 ジョグ10キロ
月間走行    197キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/12

新しい門出

1泊2日で四国に来ている。新しい会社に転職した息子の様子を窺い、中古車購入を手伝い、近くに住む親戚に揃って挨拶するのが目的だ。これまでは葬式とか法事で訪れるくらいだったが、また新たなご縁が出来たのだ。

転職した会社の正面玄関。広大な敷地のごく一部に過ぎないが、彼の新しい職場はこの建物内だとかで、この目で確認できたのは良かった。ガンバレよ!

Ts3r0020_2

1月11日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/03

終活年賀状(続)

平成最後となる今回をもって年賀状を卒業する話を書いたが、マスコミで取り上げられたこともあり、今年頂く年賀状の中にも何通か「終活年賀状」が混じっているかもしれないと予想していた。

しかし、今日までの時点での終活年賀状は、意外なことに親戚からの一通だけで、それ以外は皆さん例年どおりの内容だった。自分で決めたこととはいえ、来年以降彼らに不義理をすることを少々申し訳なく思う、年の初めである。

1月2、3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/31

2018年回顧

今日は大晦日恒例走り納め、第九を聴きながらの芋ケ峠LSDに行った。演奏は今年創立100周年を迎えたクリーヴランド管弦楽団と同合唱団。指揮はクリストフ・フォン・ドホナーニ、独唱者他はこちら。峠は気温0度近い冷え込みだったが、キビキビと引き締まった演奏がよくマッチしていた。

さて、これも恒例の今年の回顧。

 1月 約35年ぶりの交通違反で放置違反金納付
 4月 東海道を走る(最終第6回亀山-京三条大橋)
 5月 鍛冶屋線廃線ラン
 6月 断捨離を開始(本、LP等を処分)
10月 伊勢街道、伊勢別街道を走る
11月 北陸本線旧線(杉津線)廃線ラン
     スピーカーを買い替え
     還暦を迎える
12月 古文書講座第2期を受講
    息子が転職

12月31日 LSD20キロ
月間走行  200キロ
年間走行  2145キロ

それでは、良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/30

『007/危機一発』

Fromrussia1963年、英。ショーン・コネリー、ダニエラ・ビアンキほか。アマゾンの紹介文。

ソ連の暗号解読機“レクター”を引き渡すことを条件に、イギリスに亡命を望む謎の女、タチアナがボンドに接触。しかしその陰には世界的な犯罪組織“スペクター”の恐るべき陰謀があった……。ボンドは罠と知りつつイスタンブールに向かう!
1960年代の東西における冷戦構造を背景に、ジェームズ・ボンドの存在を決定づけたシリーズ屈指の名作。ボンドの危機を救うアタッシェケースも大活躍。日本では『007/危機一発』のタイトルで初公開。スパイ映画らしいシリアスな展開に国内では評価の高い作品だ!(引用終わり)

原題および原作名は From Russia with Love (ロシアより愛をこめて)。再公開時にはその邦題が使われたが、当初公開時につけられた「危機一発」というタイトルは、あえて「一髪」としなかったところがミソで、その後も同じ漢字を用いた邦題タイトルの作品は数多く、本作の影響力の大きさを物語っている。

007シリーズ第2作にして、最高傑作との呼び声の高い作品である。ソ連情報部との対決、その狭間に現れる謎の美女、武器を仕込んだアタッシェケース、オリエント急行とともに疾走するサスペンスなど、シリーズに共通する見どころが早くも満載となっている。

しかしながら、背景となる東西冷戦構造のみならず、オープニング映像をはじめとする、お色気を強調した女性の扱われ方などに、いかにもひと昔前に作られた映画という印象は拭えない。ダニエラ・ビアンキの可憐さは本作の大きな魅力のひとつであるが、指示されるままに動くだけで、主体性が全くない女性という設定なのが残念だ。

12月29日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/27

息子が転職

年末年始を前に息子が昨日東京から帰省した。例年よりかなり早い時期となったのには訳があって、実は勤めていた会社を今月限りで退社し、年明けから新しい会社に転職することになったからだ。今度の会社は四国にあり、年末年始で引越しをする間、実家に身を寄せる格好になったわけだ。

最近では転職は珍しいことではない。企業も「第二新卒」の転職者を歓迎する傾向があり、両者の間を仲介する転職サイトがいくつもある。自分が就職した頃とは様変わりだが、もはや一つの会社に生涯奉職することが美徳であった時代ではない。当時名前の通った大企業だった会社が、その後一体いくつ消滅したことだろう。自分が勤めていた会社だって、退職直前は赤字、無配企業になっていた。

自分をもっと活かせる場があれば、思い切って転職する方が吉と出ることもあるだろう。前の会社は残業が常態化するなど問題も多かったようで、息子自身で決断したことを尊重してあげたいと思う。定年まで我慢できず早期退職した自分に、説教する資格などありはしない。新天地での活躍を祈るばかりだ。

一方、娘の方は逆に東京方面に転勤する話が持ち上がってきた。新たな年号に変わる来年は、我が家にとっても大きな変化の年となりそうである。

12月25、27日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/24

今年は男鍋で忘年会

この週末は昨年に続いてラン仲間の家飲み忘年会があった。今年は料理が寄せ鍋にグレードアップして「男鍋宴会」となり、栄養バランス的にも申し分ない内容だった。といっても自分はほとんど何もせず、料理に心得のあるKさんにお任せだったが、その手際良い調理ぶりには驚いた。

また、若手のKさんが家庭の都合で5歳と2歳の男児2人を連れての参加となり、平均年齢を大幅に下げてくれた(笑)。「子連れ宴会」というのも、最近は珍しくないそうだ。グズったりしないか少し心配だったが、大画面テレビで電車の動画を飽きず眺めるなど、さほど退屈することはなかったようだ。

むしろ、横でオッサンたちがあまりに大声で盛り上がっているものだから、しばしば「うるさーい!」と苦情が飛んできた。「大人ばかりで騒いでいると、5歳の男の子に叱られますよ」って、ちょっと違ったか。(笑)

12月23日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧