2017/12/18

年賀状

そろそろ年賀状を出さないといけない。文面デザインは毎年ほぼ同じで、橿原神宮のジャンボ絵馬の写真を添えることにしている。毎年12月初旬になると、翌年の干支をあしらった絵馬が登場する。

Img_0826

あとはプリンターで印刷すればOKなのだが、面倒なのは宛名の方だ。住所録を見ながら、出す出さないを判断して、1枚ずつ指定してやらないといけない。現役当時は夫婦合わせて最大200枚近くも出していただろうか。2、3年おきに転勤があり、その都度出す相手が増えたりしていたためだ。

退職後は徐々に減らしていて、今年の当初差出分は70枚ぐらいになった。ただ、当方は出さなくても、頂いた賀状には一応返さないといけない。その分が大体30枚ぐらいあるので、合計100枚といったところか。

来年は還暦を迎え、退職から5年以上経過することになるので、以後年賀状は基本的に出さないことにしようと企んでいる。家内はまだ出し続けるかもしれないが、子供たちは社会人になって数年経つというのに、私の知る限り年賀状は一人5枚もない。近い将来、年賀状などというアナログなメディアは、絶滅危惧種になってしまうのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/06

古文書講座

地元図書館主催の古文書講座第1回を聴講した。「図書館が所蔵する地域古文書を読み解く、初心者向けの講座」ということで、講師は元市職員で図書館に約10年間勤務され、退職後は郷土史家として活躍されている方である。

Ts3r0017

街道走りを始めて以来、沿道にある道標や古地図、浮世絵などを通じて、江戸時代の文書や文字に接する機会が増えたが、残念ながら知識が乏しくてほとんど解読出来ない。特に変体仮名は全くお手上げという状態だ。少しでも手がかりを得られるかと思い、今回の講座に参加することにした。

「江戸時代の…」という講座タイトルとは異なり、第1回目は秀吉の太閣検地の記録文書(文禄4年)を解読するという内容だったが、市内の現在も同じ地名が残る場所についての記載であり、400年以上の時の隔たりを超えた、ある種の親しみを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/03

祝、50周年!

「記念」つながりということで(笑)。王将のぎょうざ倶楽部会員カードをようやくゲットした。創業50周年ということで、真ん中に「50」の文字(ゼロは5個の餃子を輪にしたもの)があしらわれている。その他、500円割引券(左上)と天津飯ストラップを貰った。

Ts3r0015

今月10日の締切直前になっての獲得となったが、勤めていた頃は夕食時に頻繁に利用して、1か月もかからずにゲットしていたものが、退職したうえに昼食をとらなくなった現在は、利用する機会がさらに減ったためである。

今年は生計費の足しにするため、長年ホールドしていた株式も売却した。学生時代以来おつきあいしてきた王将であるが、生活環境の変化によって、その関わりは次第に薄くなっていくのだろう。

ところで、前の記事に書いた峠ランの翌日、左足指を怪我してしまい、しばらく休養を余儀なくされることになった。好事魔多し、である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/24

雪虫

朝、玄関先に出てみたら、白い綿くずのような虫が何匹かふわふわと飛んでいた。しばらく見ているうちに、初めて読んだ堂場瞬一の小説のタイトルにもある「雪虫」だと見当がついた。調べてみると、やはりそのとおりだった。

実物はもちろん、これまで画像でも見たことがなかった。アブラムシの一種で北海道、東北を中心に生息し、関東でも目撃例があるようだが、関西では珍しいのではないだろうか。名前のとおり粉雪が風に舞っているような印象があるが、寿命は大変短いそうで、儚さとか「もののあわれ」を感じさせる。

ガラケーカメラゆえ若干不鮮明だが、一瞬だけ手に止まった瞬間をとらえた。

Yukimushi_2

偶然だが、これで「人生初」関係の記事が3連続となった。この歳になっても、まだまだ知らないことに出会えるのは、きっと良いことに違いない。

11月23日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/21

遠近両用メガネ

なるものを初めて使用することになった。白内障手術から3ケ月近く経過し、目の状態も安定してきたので、メガネを作り直すことにしたのだ。パソコンや読書など日常生活ではメガネなしで全く不自由しないが、外出時や車を運転するときなどは、やはり遠方視力の不足を感じていた。

ただ、手術で入れたのは近方用の単焦点レンズであり、単純に遠方用のメガネにしてしまうと、今度は近いところが見づらくなるため、遠近両用のメガネが必要なのだ。最初、近方は矯正の必要がないため、レンズの下の部分は度数のない素通しのガラス(いや、プラスチックか)で良いと思っていたのだが、遠近の境目がないレンズの構造上、若干の補正をしてやらないといけないそうだ。

それはともかく、出来あがったメガネで見ると、遠くはもちろん、近くもほぼ裸眼と同じ程度に見えるので、当面はこれで問題はなさそうだ。ただ、一旦かけたあとでメガネを外すと、すぐにはピントが合わず違和感が残る。メガネを使う機会はそれほど多くないが、慣れるまで少し時間がかかるかもしれない。

11月19、21日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/18

作務衣

ふだんの部屋着として、初めて作務衣(さむえ)を購入した。もともと禅寺で作務(日常の雑務)を行う際の衣装で、非常に動きやすく機能的に出来ている。袖と裾がゴム入りで、邪魔にならないところが良い。紐で絞るのが本当らしいが、「お寺様のご意見をもとに開発された」実用本位の改良版なのである。

Ts3r0005

着ていると「和」の気分になり、どこか心が落ち着く。また、これで日本茶を飲むと、ひときわ美味しく感じられる。家族の評判も意外によろしい。(笑)

実はこれ、きょう50代最後の誕生日を迎えた自分への、自分自身からのプレゼントなのである。それなりに歳をとって、いろいろ趣味嗜好が変わりつつあるのを実感する。おっと、家族からも素敵なプレゼントをもらっているので念のため。

11月17日 LSD40キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/24

官業+コンビニ

前回記事の続き。ゆうパックを郵便局留めで送ることにしたわけだが、実は発送する際に少々問題があった。宿泊するホテルの真向かいに郵便局はあるものの、窓口が開くのは午前9時なのだ。出来ればもう少し早い時間に荷物を預け、身軽になって街道ランを開始したいところだ。街道を少し進んだところに別の郵便局はあるものの、そこまで荷物を提げたまま歩くというのもイマイチである。

いろいろと考えていたら、一旦頭の中から消えていたコンビニという手段があることに思い至った。受け取り場所として指定することは不可能としても、ゆうパックを発送することはローソンでも出来るし、それは郵便局留めでも何ら変わりないのだ。幸いホテルの近くには24時間営業のローソンがある。意外な盲点だったと言えるが、実は官業+コンビニというのは最強の組み合わせなのかもしれない。

というわけで、今日岡崎に向けて出発する。次回更新まで少々お時間を。

10月23日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/21

官業は強し

次回の東海道は来週、岡崎から亀山まで走る予定である。いよいよ京に近くなってきて、これまでは往復を含めて3泊4日の行程だったが、亀山なら何とかその日のうちに帰って来られることが分かった。問題は亀山で風呂に入れるのか、もし可能だとして荷物をどうするか、である。

前者については、町中を少し離れるが市営の温泉施設があり、亀山駅前からこれも市営のコミュニティバスで往復できることが分かった。後者については、その施設宛に送って預かってもらうことも考えたが、入浴料300円という市営施設にそこまでのサービスは期待できない。というか、こちらとしてもあまり迷惑をかけたくない。

近くにコンビニが2軒あるので、宅配便をコンビニ宛に送れないものかと思ったが、ヤマト運輸に問い合わせてみると、個人で直接コンビニ宛に送る取り扱いは出来ないとのことだった。アマゾンなどの通販業者が商品を発送する場合や、クロネコ会員が自宅宛の荷物をコンビニ宛に変更する場合に限られるそうだ。ヤマト運輸の営業所宛なら可能だが、車がないと行けないような郊外にしかない。

そこで、次に考えたのが郵便局のゆうパックだ。めったに利用しないけれども、調べてみると、全国2万4千の郵便局どこでも、局留め扱いでゆうパックを含む郵便物を送付することが出来るのだ。手数料も不要(配達が要らないのだから当然か)。郵便局なら亀山駅前にもあって便利だ。窓口営業時間の17時までに受け取る必要はあるが、その時間に着かないと風呂→帰宅自体が難しいので問題はない。

民間の宅配便の方がサービス内容が劣るというのは解せない。コンビニ側と協議すれば十分可能なように思うのだが、手数料など契約条件の問題があるのだろう。そこはやはり、郵便局という直営店舗を多数有する日本郵政の勝ちということなのだ。

10月20日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/12

@直江津

新潟は直江津という所に来ている。明日、北陸本線旧線の廃線ランをするためである。今日はとりあえず、新線(現日本海ひすいライン)との分岐点にある交通公園を訪れた。D51が静態保存されている。近づいてみて改めてその巨大さを実感した。

Ts3r0002_2

その傍には、珍しい「双頭レール」の切断片が展示されていた。説明によれば、「汽笛一声」の新橋-横浜間で使用されていた由緒あるもので、いかなる経緯か直江津機関車庫の補強材に使われていたそうだ。へえ。

Ts3r0004

10月11日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/01

素人寄席

今日は町内会の一斉清掃&親睦会に参加した。毎年恒例の行事であるが、親睦会の内容はその年の役員の発案次第で、これまでは集会所でカラオケ宴会というのが定番だったが、今年は近くのホテルの宴会場で、フルコースの食事&落語会という趣向となった。

と言っても、さすがにプロの演者を呼ぶほどの資金はないので、アマチュア落語家がノーギャラでやっている「出前寄席」を利用したものである。それでも、彼らは大阪天満天神繁昌亭で行われた落語家入門講座を修了したメンバーで、芸名も桂三枝(現文枝)師匠につけてもらったものだそうだ。

Rakugo

今日は天神亭みょう雅が「転宅」、天神亭神山(かみさん)が「子ほめ」を披露。ちゃんと平台に緋毛氈を敷き、BGMで出囃しを流しての本格的な高座である。さすがにプロ同様とはいかず、ちょっとした言い間違いや滑舌の悪さはあったものの、落語を愛する演者の気持ちは十分に伝わってきた。

さて、来年度は自治会の役員が回ってくる。何かいい企画はないだろうか。

9月30日 LSD40キロ
月間走行 186キロ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧