2019/06/20

タニタ食堂

先日、関西では唯一のタニタ食堂でランチしてきた。タニタの社員食堂を忠実に再現したというコンセプトで、券売機で食券を買って、全てセルフサービスという形式である。

Kimg0331

この日の日替わりは「ささみのピカタ定食」。ごはん100gの場合で462キロカロリー、塩分2.66gというヘルシーさだ。さすがに少し薄味に感じられたが、副菜2点は噛み応えがあり、ゆっくり食べれば結構満腹感が味わえるというのがミソだ。

Kimg0328

また、入り口横のカウンセリングルームでは、会社本業の体組成計を用いた健康アドバイスを管理栄養士から受けられる。食堂利用者は無料であるが、残念ながらこの日は実施時間帯とマッチしなかった。

ところで、都合により明日から当分の間、ブログの更新を休ませていただきます。コメントへの返信も出来ませんので悪しからず。

| | コメント (0)

2019/06/17

甚平

一昨年の作務衣に続く和装第2弾は甚平である。家族が父の日にプレゼントしてくれた。前々から欲しかったので嬉しい。もしかすると、ある時ぼそっと呟いていたかもしれないが(笑)。作務衣ではさすがに夏場は過ごせないので、これからの季節は重宝しそうだ。

Jinbei

ところで、「甚平」とは初めて製作した人物の名前かと思っていたが、もともと下級武士が着ていた「陣兵羽織」に由来し、それが「甚兵衛羽織」を経て「甚平」となったものだという(諸説あり)。いずれにしても、動きやすく機能的なところは作務衣と同様で、風通しの良い木綿素材が快適だ。

6月16日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/05/18

なんで「乳牛石鹸」って言わないの?

以前から不思議に思っていたのだが、世間一般に「牛乳石鹸」と称されている石鹸のパッケージには、赤箱だと「COW Beauty Soap [赤箱]」と記されていて、成分や製造元などの記載のあるところには、商品名として「化粧石鹸カウブランド赤箱」と書かれている。「カウブランド」は、直訳すれば「乳牛印」とかになるはずである。

Cowred
では、なぜ「乳牛石鹸」と言わないのか? そんなことも知らないで、やれ「赤箱はしっとりタイプで関西人好みなんや」だの、「その昔は現在のライオンの商品だったんだよね」だのと、知ったかぶりを言っている日本人の何と多いことか。

というわけで、今こそ全ての日本国民を代表して、製造販売元の牛乳石鹸共進社に問い合わせてみたところ(相当なヒマ人である・笑)、概略次のような回答があった。

牛のデザインに関しては、「商いは牛の歩みのごとく」の格言どおり、粘り強く堅実な経営のシンボルとして選ばれている。
当社は昭和3年に佐藤貞次商店から「牛乳石鹸」の商標を譲り受け、以後自社ブランドとして「カウブランド赤箱」を製造販売することになった。牛のデザインのある赤い箱の石鹸を「赤箱」ではなく「牛乳石鹸」と呼び、親しまれていたようだ。
「牛乳石鹸」はあくまで社名であり、牛のデザインの入った石鹸という意味で「カウブランド」が用いられているものと思われる。

何だか奥歯に物が挟まったような文章で分かりにくいが、実際のところは、たぶんこうだったんじゃないか。

(社長)当社の長年の念願がついに叶い、佐藤貞次商店に納めていた牛乳石鹸の商標権を譲り受けることになった。今後は自社ブランドで売り出そうと思うのだが、ついては堅実な経営のシンボルとして牛のマークを使い、「カウブランド赤箱」として売り出そうではないか!
・・・
(部下)商品の売れ行きは問題ありませんが、「カウブランド」は全く浸透せず、人々は相変わらず「牛乳石鹸」と呼んでいます。
(上司)もう今さら「うちの石鹸は牛乳石鹸ではありません。カウブランドと呼んで下さい」と言い張るわけにはいかないな。しかし、社長の顔を潰すわけにもいかないし。・・・そうだ、いっそのこと社名の方を「牛乳石鹸」にしてしまえ!

パッケージの他のところにある「牛乳石鹸の[赤箱]」というのは「牛乳石鹸という会社が作った赤箱」という意味なのだろう。「牛乳石鹸」よりも「[赤箱]のフォントが異様に大きいのは、そういう建前を表したものと思われる。

というわけで、「カウ」ブランドなのに「乳牛」石鹸と言わないのは~? ドドン、「新しいブランドが浸透しなかったから~!」でした。たぶん。(笑)

5月17日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/30

初めてのリコール

最近報道があったスズキのリコールに、うちのラパンも該当することが、このほど届いたDMで判明した。他のメーカーでも類似の事例があったが、資格のない検査補助者が完成検査を行ったことや、保安基準適合性の確認が適切に行われていなかったというものだ。クルマは最低10年は乗る主義なので、これまで所有したクルマは5台だけだが、リコールに遭遇したのは初めての経験だ。

Kimg02751

何の根拠もないけれど、もしそういうことがあれば、メーカーの担当者が菓子折りのひとつも提げてすっ飛んできて、丁重に頭を下げた上で「ご迷惑のかからぬよう、万事こちらで手配します」と代車を置いて引き取り、後日また対処済のクルマを届けに来てくれる・・・そんな対応を予想していた。

実際はそこまではしないのだろうけど、今回はメーカーも対応に大変苦慮している模様だ。曰く「本来であれば、速やかにリコール対応させていただくところですが、リコール作業の内容は法定2年点検相当の作業と自動車検査員による確認作業のため、誠に勝手ではございますが、お客様のご愛用車が車検または法定点検の到来時期にあらためてご案内させていただきますのでよろしくお願いします」という。

要するに、対象台数が膨大な上に時間のかかる作業内容で、一斉に対応することが物理的に不可能なため、車検または点検時期を迎えたクルマから順次対応するということのようだ。メーカーの事情も分からないではないが、もしその間に不具合や事故が起こった場合は、それなりに責任を負うことを覚悟してのことでなければなるまい。もちろん、そうならないことを祈るばかりだが。

さて、いよいよ平成最後の日を迎えたが、基本的に過去を振り返らない人間に特段の感想はない。ただ、とうとう天皇陛下まで年下になってしまうのかという感慨と、何かにつけ前の天皇と比較され大変ご苦労なさるのだろうなという懸念が浮かぶぐらいだ。

4月28日 LSD30キロ
4月30日 ジョグ10キロ
月間走行  208キロ

| | コメント (0)

2019/03/19

当世結婚式事情

16日土曜日は大安吉日。家内の姪の結婚式のため、日帰り強行軍で東京まで出かけた。その兄に当たる甥の時以来、約10年ぶりの結婚式参列となったが、最近はずいぶん様変わりしているのを実感した。

昭和末期の自分の時との比較で言えば、
・会場はシティホテルのビルの中から、屋外庭園を備えた婚礼専門施設へ
・挙式は神主や神父が仕切る形式から、本人たちの宣誓や署名による人前式へ
・媒酌人を立てず、職場の上司も全く招待せず
・来賓のスピーチや余興、ウェディングケーキ入刀、キャンドルサービスもなし

親族以外は全て友人または同僚で、披露宴の最中も彼らが自由に高砂席(この言葉自体が古いのか)に押しかけ、新郎新婦にお酌をしたり写真を撮りまくっている。早い話、かつては披露宴がお開きになった後に友人だけで集まった二次会に、いきなり突入したような趣なのだ。

還暦を過ぎたオジサンはカルチャーショック、ジェネレーションギャップを感じたが、考えてみれば、結婚式とは二人を心から祝福してくれる人たちが集い、語らう場であるとすれば、これが正しいのかもしれない。宗教的、慣習的な儀礼とか、たまたまその時上司であるに過ぎない人間の型通りの挨拶とか、考えてみればどうでもいいことなのだ。

何はともあれ、若い二人に幸多かれと願う気持ちだけは、昔も今も変わりない。

Kimg00581

3月18日 ジョグ8キロ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019/03/04

PayPay 始めました

Img_20190302_102948_8新しいもの、流行りものには極力手を出さない主義の自分だが、ある必要からQRコード決済なるものを利用することになった。毎週のように行っている食品総合スーパーが、このたび PayPay を導入したためである。

この店は従来は現金支払いのみで、クレジットカードや電子マネーなどに一切対応していなかった。それでも、今年10月から実施される消費税増税対策のポイント還元に対応するためだろうか、追加経費がかからないとされる PayPay を最近になって導入したのだ。

当方としても、現金で支払うよりは、決済するクレジットカードのポイントがつき、更には PayPay 残高にも0.5%の還元があるということならと、主義主張を枉げて容れることにしたというわけだ。(笑)

スマホやタブレットにアプリを入れて、クレジットカードとの紐づけをすれば、すぐに利用することが出来る。現在は特典として新規登録だけで500円、さらに総額100億円に達するまで、利用金額の一部(一般のクレジットカード決済の場合は10%)が還元されるキャンペーンが実施されている。PayPay の回し者ではないけれど、利用する店舗の決済手段が限られているのであれば使わない手はないと思う。

3月3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/02

父がホームに入居

今月から父を老人ホームに入居させることになった。昨年米寿を迎えた父は、一昨年の暮れに尿が出にくくなる症状で入院し、その後も自宅で療養を続けているが、症状は一向に改善せず、介護に当たる母の負担が限界に達しつつあった。

介護に加えて医療行為を伴う処置が必要なため、看護師が常駐しているという条件で施設を探したものの自宅近辺には全くなく、同じ県内ながら車で40分ほどの場所にようやく見つけた。先月体験入所も済ませて問題ないことが確認できた。

24時間介護&看護がつき、バリアフリーで冷暖房完備、おまけに高台にあるため部屋からの眺望も良く、自宅にいるよりはるかに快適に暮らせると思われるが、しばらくは様子を窺うためにちょくちょく面会に訪れる必要があるだろう。

Kimg0144

先月から息子が転職したのに続き、家族の生活環境が大きく変化した。秋から年末にかけてもう一つ起こりそうで、元号が変わる今年は我が家にとっても大きな転換点となりそうだ。

2月1日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/30

軽と軽で2台持ち

とある事情から、2台目の軽自動車を購入した。今度のは主として家内が使うことになるので、車種の選定を任せたところ、ご覧のようにラパンのツートン塗色がやってきた。N-WGNと平面サイズは同じだが、車高が13センチ低く、ひと回り小さく感じられる。

Kimg0022

おシャレなインテリアに加えて、インパネにウサギのイラストが登場したりと、いかにも女性が好みそうな仕掛けが施されている。コンパクトな室内は狭苦しいというほどではないが、荷台が狭いのが難点で、荷物が多い時は後部座席を倒す必要が出てきそうだ。

1月29、30日 ジョグ10キロ
月間走行    197キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/12

新しい門出

1泊2日で四国に来ている。新しい会社に転職した息子の様子を窺い、中古車購入を手伝い、近くに住む親戚に揃って挨拶するのが目的だ。これまでは葬式とか法事で訪れるくらいだったが、また新たなご縁が出来たのだ。

転職した会社の正面玄関。広大な敷地のごく一部に過ぎないが、彼の新しい職場はこの建物内だとかで、この目で確認できたのは良かった。ガンバレよ!

Ts3r0020_2

1月11日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/03

終活年賀状(続)

平成最後となる今回をもって年賀状を卒業する話を書いたが、マスコミで取り上げられたこともあり、今年頂く年賀状の中にも何通か「終活年賀状」が混じっているかもしれないと予想していた。

しかし、今日までの時点での終活年賀状は、意外なことに親戚からの一通だけで、それ以外は皆さん例年どおりの内容だった。自分で決めたこととはいえ、来年以降彼らに不義理をすることを少々申し訳なく思う、年の初めである。

1月2、3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧