2020/09/18

国勢調査は正しく行われているのか?

5年に一度の国勢調査が行われている。うちの父は昨年初めから有料老人ホームに入居していて、「社会福祉施設(老人ホームなど)に入所している期間がすでに3か月以上経過している人」に該当するため、「調査する場所(調査票を記入するところ)」は「入所先」と定められている。つまり、父については自宅に届いた調査票ではなく、別途老人ホームに配布された調査票の方に記入すべきこととされているのである。

それで、先日老人ホームに出かけ、リモートながら父と久々に面会できたついでに、この件についてホームの職員に確認してみた。すると、一瞬キョトンとした表情を見せたあと、「国勢調査の依頼は来ていないし、5年前の調査でもなかった」という意外な返答があった。

職員がウソを言うはずはないのでそれが事実なのだろう。そうすると、少なくとも5年前の調査では間違いなく、そして今回もこのまま調査依頼が来なければ、入所者の最悪全員が国勢調査からすっぽり漏れてしまうことになる。一部は家族が誤って自宅に住んでいるものとして回答するかもしれないが、それも調査の趣旨に反する回答を混入させ、統計調査上好ましくない結果を招く。

この老人ホームに限って調査依頼が漏れているのならまだしも、もし同様の事例が他でもあるとしたら、「国の最も重要な統計調査」である国勢調査の信頼性に関わる重大な事態ではないかと思う。

9月16日 ジョグ4キロ

| | コメント (0)

2020/08/25

ハッカ油スプレー

このところの「ジョグ2キロ」というのは芋ケ峠の一部で、峠の入口に車を止めてそこから約2キロを歩いて上り、帰りを走って下るというパターンである。夏場は何より涼しい山中が最高というのに加えて、ほぼ人気(ひとけ)がないのでマスクをせずに済むのも助かる。

ただ、メマトイと呼ばれる小さな羽虫が、文字通り執拗に纏わりつき、眼の中に飛び込んで来ようとする。涙液に含まれるタンパク質などが奴らの目当てらしいのだが、今月に入ってからは大量に発生していて、十数匹の集団で襲撃してくる場所もあるので鬱陶しいことこの上ない。

何とかならないかと対策方法をネットで検索してみたところ、頭からネットを被る方法も紹介されていたが、ハッカ油スプレーを顔や体に吹き付けるのが効果的という記事がいくつも出て来た。

半信半疑ながら、物は試しと自作してみた。といっても、材料はハッカ油、無水アルコール、水道水だけで、これを百均で入手したアルコール対応のスプレー容器に詰めるだけのことである。油と水はそのままでは溶けないので、まずアルコール10mlにハッカ油約20滴を溶かし、それを水道水90mlで薄めるという手順だ。

Kimg1040_20200825083901

早速、先日のジョグで実地に使用してみたところ、意外にもかなりの効果があった。そもそも奴らが接近することが少なくなったし、偶然顔の近くを飛んでもスーッと除けていく個体がほとんどだ。それでも飛び込もうとする輩はいるがごく少数である。

虫除け以外にもハッカ油には消臭効果があり、芳香剤や入浴剤などとしても使えるらしいので、色々と試してみようと思っている。

8月23日 ジョグ2キロ

| | コメント (0)

2020/08/19

固定電話機を買い替え

Kimg1035今どき、そんな人がいるのかと思われるかもしれないが、長年使い続けて来たファクス兼用電話機の調子が悪くなり、シンプルな電話機を新たに購入したのだ。ファクスはもう何年も使ったことがないので電話機能だけで十分なのだが、もちろん固定電話そのものを解約するという選択肢もあった。

うちの子供たちもそうだが、今の若い人たちは携帯だけで固定電話を持っていない人が多い。しかし、我々世代の親戚や知人の中には、むしろ逆に携帯を持っておらず、常に固定電話でかけてくる人がいたりするので、全くなくしてしまうわけにいかないのだ。災害時には携帯より固定電話の方がつながりやすいという話も聞く。

今回購入したのはシンプルな機種で、5千円もしなかったのだけれど、機能的には十分すぎるほどだ。特に、オレオレ詐欺対策の仕掛けが何種類が内蔵されていて、今や固定電話の利用者が高齢者中心であることを如実に物語っている。

ところで、NTTの固定電話を使い続けているもう一つの理由であるADSLが、来年9月末でサービス終了となることが分かった。近いうちに光インターネットなどに乗り換える必要があるが、それと同時にNTTの電話回線を解約して、同じ電話番号の光電話として使うことになりそうだ。NTTの回線使用料がなくなるので、費用的にはかなりお安くなる見込みである。

| | コメント (2)

2020/08/07

感染は拡大しているのか?

「国内での新型コロナウィルスの感染が拡大している」と、連日のように報道されている。果たしてそれは本当か。

「感染が拡大している」とは、①「国内のウィルス感染者の総数(またはその推計値)が増加している」という意味のはずである。しかし、報道されているのは、②「国内で新たに感染が確認された人の数が急増している」ということである。①と②は同じではない。無関係と言ってもよい。

①を実証するためには、統計的に有意な(意味のある)結果を得るのに十分な数のサンプルを無作為に抽出し、毎回同じ方法で検査を行って推計した感染者総数を、時系列で比較する必要がある。各種の世論調査はその方法に則って行われ、それではじめて「内閣支持率が低下している」などと言うことが出来るのだ。

しかし、ことコロナの感染者総数に関しては、統計的に信じるに足る推計値は見かけたことがない。検査陽性率から大雑把に推計することは出来なくないが、次で述べるように検査が無作為抽出でない以上、あまり意味をなさない。

②は、統計のための検査ではないので当たり前だが、感染者の総数を把握する上では意味がない。検査は無作為抽出ではなく、その対象者や人数自体が変化(増加)している上に、使用器材の関係で検査の内容や精度も変わっていると聞く。

その結果数値の日々の変動をいくら追跡したところで、それ以上の事実を推測することは出来ない。「感染が新たに確認された人の数」をもって、「感染者総数(またはその推計値)の増減」を論じることは出来ないのだ。

では、感染者総数は増加しているのか? ①のような推計値がない以上、「それは分からない」としか言いようがない。増加しているかもしれないし、もしかすると総数は減少しているのに、新規確認者だけ増加していることだってあり得る。しかし、いくらそれが真実だと言ったところで、なかなか理解してもらえないだろう。

それよりも、こうして実際に感染確認者が増えているのだから、感染は拡大しているに違いないというイメージが広まるのは無理もないところだ。問題は、それに乗じて「感染は拡大している」「感染の第2波が起きている」と言い切ってしまうことで、自己の利益になる人々が少なからず存在することだ。

人々の不安心理を掻き立てれば掻き立てるほどテレビの視聴率は上がるので、スポンサーや広告代理店は喜び、その方向で発言する「評論家」や「感染症の専門家」は出番が増え、一部の自治体トップはここぞとばかり自己アピールに精を出し、抜け目ない連中は買い占めや転売でひと儲けするという具合である。

実際には感染が拡大していなかったとしても、「感染拡大の危険はあった」といくらでも言い逃れが出来るし、そもそも彼らは責任を取る必要がないのだから気楽なものだ。

8月6日 ジョグ2キロ

| | コメント (0)

2020/07/02

プリンストン大学の英断

米国プリンストン大学は先月末、同大学の Woodrow Wilson School of Public and International Affairs の名称から Woodrow Wilson の名前を外し、The Princeton School of Public and International Affairs に変更すると発表した。

ウィルソンの人種差別主義的な思想や政策が、あらゆる形態の差別に毅然と立ち向かうべき学校の名称として相応しくないと判断したためとしている。言うまでもなく、最近全米のみならず世界各地で高まっている黒人差別に対する激しい抗議の動きを受けたものである。

学長として同大学を世界トップクラスの研究機関に押し上げ、その後ニュージャージー州知事を経て合衆国第28代大統領に就任、国際連盟の創設に尽力し、ノーベル平和賞まで受賞したウッドロー・ウィルソンの業績は否定すべくもないが、それが彼の人種差別主義と無関係に、あるいはそれを無視して賞賛されてきたことこそが問題であるという。

このスクールにかつて1年だけ在籍した人間として、ウィルソンが人種差別主義者であった事実を知らなかったのを恥じると同時に、“母校”の看板だった彼の名前が消えることには一抹の寂しさを感じざるを得ないが、彼ほどの功績者の名前ですら、校名に相応しくないと判断すれば抹消することを躊躇わない姿勢には敬意を覚える。

それだけ今回の抗議運動が過去にない高まりを見せているということであるし、伝統的にリベラル色の強いプリンストン大学が、現トランプ政権に突き付けた痛烈なメッセージであるかもしれない。

Kimg1019

7月2日 ジョグ2キロ

| | コメント (0)

2020/06/14

テレワーク

もちろん、自分の話ではない。先週娘が実家に帰省していて、会社から1週間の在宅勤務を認められていたのだ。なるほど、ネットを介したテレワークなら、首都圏の自宅であろうと奈良の実家であろうと何ら変わりはない。いっそニューカレドニアのリゾートホテルでも構わないのだろうが、それではほとんど仕事にならないか。(笑)

普段実家に帰省しているときは遅寝遅起きのぐうたら生活を送る娘だが、さすがに今回は月曜から金曜までちゃんと始業時間にはスタンバイして、ほぼ終日部屋に籠って仕事をしていたようだ。「ようだ」というのは中を覗くのは憚られたからで、それでも時折仕事関係の電話がかかってきて応対していたのは間違いない。

ところで、こういう環境だとオンとオフの切り替えが大事だろうと思って、こんなものを拵えて部屋のドアにかけておいた。もちろん、「サテライトオフィス」というのは勝手につけた事業所名であるが、まあ当たらずとも遠からずといったところだろう。

Img_0875_2

さて、仕事が終わったら・・・

続きを読む "テレワーク"

| | コメント (0)

2020/06/05

新しい登山様式

4月11日を最後に畝傍山登山を控えていた。屋外の活動で、それほど多くの人が集まるわけではないけれど、狭い登山道ですれ違ったり追い越したりする場合、一瞬とはいえ「密接」は避けられない。抗癌剤治療中の自分はさすがに用心が必要だろうと自粛していたのだ。

しかし、緊急事態宣言が解除され、外出自粛も緩和されたようなので、昨日久々に登ってみたのだ。分岐点にはご覧のような注意書きが掲示されていた。いわば「新しい登山様式」とでも言うのだろうか。何もここまでする必要はなく、周囲に人がいないときはマスクを外してもいいと思うのだけれど。

Kimg1004

ざっとの感じで言えば、マスクをしている人は半分にも満たなかった。もちろん自分はしていったけれど、息がしづらいし、汗で蒸れて暑い。感染症より熱中症の方が心配になる。

町中でもそうだが、高齢男性はほとんどしていないように見受けられた。特にひどかったのが、いつも山頂で屯している高齢者たちで、2mどころが隣とくっつきそうなほど密接して腰かけ、傍若無人に大声で談笑に耽り、マスクはほぼ全員着用せず、極めつけは煙草を吸っている輩まで居た。

あなたたちに、山に登る資格はないッ!(怒)

| | コメント (0)

2020/06/02

オンライン帰省

大型連休中も帰省が叶わなかった首都圏在住の娘、四国在住の息子と我が家を結んで、オンライン帰省なるものを試してみたのだ。LINEのグループ通話を使い、日曜の20時頃から、それぞれ自宅の WiFi を利用してという条件下である。

画像、音声ともタイムラグが生じるのは予想どおりだったが、思っていたほどではなかった。画像は意外に鮮明で、部屋の様子もしっかり確認することが出来た(ここは大事なところ・笑)。ただ、慣れないものだから発言のタイミングが分からず、無音時間が続いたり、いちどきに発話して聞き取れなかったりという事態が頻発した。

いかにも隔靴掻痒の感は否めなかったが、久々にリアルタイムで時間を共有できた機会は貴重だった。まあ、緊急事態宣言とやらも解除になって、近いうちにリアルで再会できる日も近いと思うけれど、たまにはこんな形でも家族の時間を過ごせるのは良いことには違いない。

ここからは余談になる。「帰省」に相当する英語は family reunion といい、今回の場合はこちらの方がしっくり来る。ただ故郷に戻るのではなく、普段離れて暮らす家族と再会するのが主目的だからだ。某知事のように滅多矢鱈とカタカナ語を使う趣味はないけれど、日本語に訳しにくい英語の方がうまく中身を表現できることはあるのだ。

reminder というのもそうだ。締切が迫った用件を思い出させるためのメールとかメモ書きなどのことだが、これに相当する日本語が見当たらない。辞書には「催促状」とあるけれど、「(そういう用件があったことを)思い出させる」ことと、「(何々をせよと)催促する」ことは意味が違うと思う。

| | コメント (0)

2020/05/21

身近にある道標 その5

所用で近くまで出かけたついでに道標2基を見て来た。

ひとつは、昨年手術を受けた大和高田市内D病院の近くにある安政2年の道標。「右 大坂さかい道」「左 三輪はせ道」などと刻む。根本近くで折損したのを補修した形跡がある。これまで何度か目にしていたが、狭い割に交通量が多い交差点にあるため、じっくり眺めることが出来ていなかった。

Kimg0938

もうひとつは、自宅からその病院まで往復する際の抜け道として通っていた近鉄松塚駅前にある文久元年の道標。「左 みわ た原本」「右 たかだ 竹の内」などと刻む。現地では狭い道での交互通行に気を遣うため、道標の存在すら気がついていなかったし、電柱の根元にひっそり佇んでいるのでよほど注意していないと見逃しそうだ。

Kimg0922

また、線路の南側に小高い塚のようなものがあり、石段があったので登ってみたところ、比較的新しいものと思しき庚申供養塔(写真手前)があった。その先は土手道のようになっていて、一見古い道の痕跡のようにも見えるが、上記道標と数メートルの高低差があることの説明がつかない。こういう時、地元の図書館が開いていれば調べようもあるのだが。

Kimg0930

| | コメント (2)

2020/05/12

身近にある道標 その4

このタイトルは4年ぶりだ(笑)。偶然ながら、いま通っている大学病院のすぐ近くに、市内最古の道標があることが分かり、診察のついでに見学してきた。国道から少し東に入った古くからある集落内の辻に、おそらく元位置のままそれは建っていた。享保20年の銘があり、「右 京なら 左 大坂たゑま道」「左 山上かうや道」「南 よしの 東 たふのミ祢道」などと刻む。目立った損傷もなく、地元の人々によって大切に保存されてきたことが窺える。

Kimg0911

病気をしなければ見る機会がなかったかもしれず、これこそ「怪我の功名」というものだろう。近所や市内にまだ知らない道標があると思われるので、今後も情報収集に努めることにしよう。

5月11日 4キロ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧