2017/11/27

『炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】』

9784334043179夏井睦著。版元の紹介文。

ベストセラー『炭水化物が人類を滅ぼす』の刊行から4年。この間、糖質制限を取り巻く社会の状況は大きく変化した。批判的な記事は数を減らし、代わってスーパーや外食チェーンには糖質オフ商品が続々登場。今や糖質制限市場ともいうべき巨大マーケットが形成されている。それは何より消費者の側が、健康への効果を体感しているからだろう。続編となる本書では、前作で未解決だったいくつかの問題を解決し、実践者からの大規模アンケートの結果を公開。さらに糖質セイゲニストの立場から、全生命史、全人類史を読み直すという新たな試みに挑む。(以下略、引用終わり)

基本的に前著の記述を敷衍したり、新たな考察を追加した内容である。糖質制限の正しさを一層確信することが出来たが、驚くような発見はそれほどなかった。それでも、

インスリン分泌を促す糖質が肥満の唯一の原因だ。逆に、脂肪を摂取してもインスリン分泌は起こらないので、肥満にはならない。肥満の原因はあくまでも、摂取すると必ずインスリンを分泌させる糖質だけなのだ。(101頁)

食物は活動のためのエネルギー源(カロリー)でもあるが、体を作る部品の供給源でもあったのだ。これらが明らかにされたのは20世紀後半であり、(「食物=カロリー」仮説が生まれた)19世紀の科学者には知る由もないことだった。(中略)その「半分しか正しくない19世紀の仮説」はいまだに世界中に広く信じられているし、それどころか、栄養学と医学の基礎理論となり、社会の常識となっていく。(107-108頁)

といった記述には、改めて目からウロコが落ちた。今さらいちいち訂正する気はないが、当ブログでも上記のような誤解に基づいて書いてしまった箇所も多い。

ただ、「ヒトはなぜ長く走り続けられるのか」という問題に対して、「人類は長距離走を武器にした狩猟者だった」という説はランニングブームの影響によるとして退けているけれども、では本当の理由は何かについては記述がない。また、「ヒトはなぜ汗をかくのか」についても、一般的な体温調節説を退け、性交時の快感を増すためという、やや突飛な説明がなされている。

このあたりの説明はやや説得力に欠ける。やはり、ヒトは他の動物には出来ない長距離走が可能となるように進化し、そのために不可欠な冷却装置として発汗システムが生まれたと考えるのが自然だと思う。

11月25、27日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/17

『月の満ち欠け』

283991佐藤正午著。初めての直木賞受賞作を出版した岩波書店の紹介文。

あたしは、月のように死んで、生まれ変わる――目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか?  三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。この数奇なる愛の軌跡よ! 新たな代表作の誕生は、円熟の境に達した畢竟の書き下ろし。さまよえる魂の物語は戦慄と落涙、衝撃のラストへ。(引用終わり)

「前世を記憶する子どもたち」が存在するのだという。イアン・スティーヴンソンによる同名の書物が、本書巻末に参考文献として挙げられている。俄かには信じがたいけれども、もし本当に「生まれ変わり」があるとしたら…という、一見するとSFとかファンタジーめいた作品である。

しかし、(以下、ネタバレ)

8月16日 ジョグ10キロ

続きを読む "『月の満ち欠け』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/31

『ゼラニウムの庭』

Geranium_2大島真寿美の本はこれで3冊目。版元の紹介文。

わたしの家には、謎がある――双子の妹は、その存在を隠して育てられた。家族の秘密を辿ることで浮かび上がる、人生の意味、時の流れの不可思議。おそらく、信じてはもらえまい。こんな話、信じるほうがおかしい。でも、たしかに彼女はそこにいる――秘密の存在はそれを知る人々に大きな影響を与えていく。生きることの孤独と無常、そして尊さを描き出す、大島真寿美の次なる傑作。(引用終わり)

感想を書くには、「謎」に言及せざるを得ない…

5月29、31日 ジョグ10キロ
月間走行 210キロ

続きを読む "『ゼラニウムの庭』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/10

『君の膵臓をたべたい』

Kimisui_2住野よる著。この作家は初めて。版元の紹介文。

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。(引用終わり)

2016年年間ベストセラー第1位。本屋大賞第2位。流行りものには手を出さない自分がなぜ読んだのかは後で書くとして、さらに言えばこれはライトノベルというジャンルに入る作品のようで、柄にもないというか新鮮な読書経験になった。

まずはタイトルの奇抜さに驚くが、これが作品のテーマを象徴する言葉であることが、最後の方で明らかになってくる。これだけ売れれば、将来、ある慣用句がこれに置き換わるかもしれない(笑)。ただ、本文中では「食べたい」と漢字を使っているのに、タイトルが平仮名になっている理由は不明である。

対照的な性格の「僕」と桜良だが、その会話はジョークも交えてとても滑らかで、それだけ見れば青春ラブロマンスものかと思いきや、実は人間の存在の本質に迫るような内容を含んでいる。そのあたりのギャップがちょっと面白かったし、「僕」と同類の人間である自分としても、ふと胸に手を当ててみたくなった。

ところで、本作は映画化されて、7月下旬に公開される予定である。原作にはない12年後の「現在」が描かれ、桜良の親友恭子役で北川景子が出演する。原作との違いも含めて、今から楽しみにしている。

5月9日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/10

『あきない世傳 金と銀 源流篇』

9784758439817_3『みをつくし料理帖』の髙田郁による新シリーズ第1作。版元の紹介文。

物がさっぱり売れない享保期に、摂津の津門村に学者の子として生を受けた幸。父から、「商は詐なり」と教えられて育ったはずが、享保の大飢饉や家族との別離を経て、齢九つで大坂天満にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ出されることになる。慣れない商家で「一生、鍋の底を磨いて過ごす」女衆でありながら、番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに心を惹かれていく。果たして、商いは詐なのか。あるいは、ひとが生涯を賭けて歩むべき道か――大ベストセラー「みをつくし料理帖」の著者が贈る、商道を見据える新シリーズ、ついに開幕!(引用終わり)

不幸な出来事のせいでそれまでの環境から放り出され、身一つで新たな人生を切り開いていくことになる女主人公。様々な境遇や性格を持つ未知の人々と出会い、係わり合い、そして別れていく中で、主人公は試練に耐えて大きく成長していく。

料理と商売という違いはあれ、基本的な物語の構成は同工異曲と言うべきものであるが、これは決してネガティブな意味ではない。むしろ、著者の紡ぎだす物語に安心して時を委ねられる快感、とでも言おうか。続篇が待ち遠しくてたまらないという、『みをつくし』の時と同じ状態に陥りそうである。

ところで、『みをつくし』のドラマの方は、北川景子主演のテレビ朝日の続篇がなかなか出ないと思っていたら、何と来月からNHKで黒木華主演で連続ドラマ化されることになった。天下のNHKが民放局に遠慮する必要など、さらさらないということだろうか。もちろん、黒木華の関西弁での芝居も今から楽しみではあるが、これで北川景子の澪がもう見られないとすれば大変残念だ。

4月 9日 ジョグ11キロ
4月10日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/27

『あなたの本当の人生は』

Holly_2ピエタ』の大島真寿美著。版元の紹介文。

新人作家の國崎真実は、担当編集者・鏡味のすすめで、敬愛するファンタジー作家・森和木ホリーに弟子入り――という名の住み込みお手伝いとなる。ホリー先生の広大で風変わりなお屋敷では、秘書の宇城圭子が日常を取り仕切り、しょっぱなホリー先生は、真実のことを自身の大ベストセラー小説『錦船』シリーズに出てくる両性具有の黒猫〈チャーチル〉と呼ぶことを勝手に決めつける。編集者の鏡味も何を考えているのか分からず、秘書の宇城は何も教えてくれない。何につけても戸惑い、さらにホリー先生が実は何も書けなくなっているという事実を知った真実は屋敷を飛び出してしまう。(以下略。引用終わり)

18世紀ヴェネツィアの『ピエタ』と、舞台設定は全く異なるものの、主要登場人物が3人の女性で、それぞれの生い立ちから現在の境遇、さらには今後の生き方まで俯瞰した、大きな物語が展開していくところは似通っている。

『ピエタ』では音楽を題材にしていたのに対し、本作は小説そのものがテーマである。物語を書くことの「狂おしさ」とも言うべき本質が、登場人物によって生々しく語られている。一方、真実の作るコロッケによって主な登場人物が生まれ変わるかのような後半では、料理もまたこの作品の重要なパーツとなっている。

最後の方はやや話が甘すぎると感じる部分もあったが、爽やかな読後感は『ピエタ』に勝るとも劣らず、それがこの作家の持ち味なのだろう。舞台はどこかの大きな屋敷と、海辺の居酒屋ぐらいなので、映画やドラマにするのも良いと思う。女優陣の顔ぶれも、何となく想像できる。(笑)

1月25日 LSD40キロ
1月27日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/09

『ピエタ』

Pieta_2大島真寿美著。この作家は初めて。 某ブログで紹介されていて興味を持った。版元の紹介文。

18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児を養育するピエタ慈善院で〈合奏・合唱の娘たち〉を指導していた。ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩師の訃報が届く。一枚の楽譜の謎に導かれ、物語の扉が開かれる――
史実を基に、女性たちの交流と絆を瑞々しく描きだした傑作。(引用終わり)

主要登場人物は語り手のエミーリア、彼女と同じく孤児のアンナ・マリーア(実在の人物らしい)、ピエタに出入りしていた貴族の娘ヴェロニカ、そしてコルティジャーナ(高級娼婦)のクラウディアと女性ばかり。しかも、舞台は18世紀のヴェネツィアということで、果たして物語世界に入って行けるか不安だったが、全くの杞憂に終わった。

巻末に掲載された多数の参考文献をはじめ、綿密な取材を重ねた成果であろう。ヴェネツィアの風景が、風の冷たさとか街のざわめきすら感じさせるほど見事に表現されている。そこを舞台に、生まれも育ちも全く異なる女性たちが出会い、心の交流を深め、そして別れていくまでを、冷静かつ温かい視線で丁寧に描いている。

完全に物語世界に入り込んでしまい、残りの頁が少なくなったときは、読み進むのが辛いと思ったほどである。紛失した楽譜をめぐるエピソードは最後でまたひとつ謎を生むが、全てを白日の下に晒さないことで、余韻のある読後感を残している。

作曲家のヴィヴァルディは冒頭で既に故人になってしまっているが、結果的に登場人物たちを引き合わせる役回りを演じており、影の主人公と言える存在になっている。作中で紹介されている l'estro armonico 「調和の霊感」のCDを聴きながら、この記事を書いている。まとめて聴く機会がなかったが、BGMとしても最適であることがわかった。

1月7、9日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/21

『疫病神』

Yakubyougami_3黒川博行著。版元の紹介文。

建設コンサルタント・二宮啓之が、産業廃棄物処理場をめぐるトラブルに巻き込まれた。依頼人の失踪。たび重なる妨害。事件を追う中で見えてきたのは、数十億もの利権に群がる金の亡者たちだ。なりゆきでコンビを組むことになったのは、桑原保彦。だが、二宮の〈相棒〉は、一筋縄でいく男ではなかった――。関西を舞台に、欲望と暴力が蠢く世界を描く、圧倒的長編エンターテインメント!(引用終わり)

『破門』から遡ってシリーズ第1作も読んでみたら、期待に違わぬ面白さだった。『破門』では小清水の逃避行にやや引っ張りすぎの感があったが、本作では間延びするところは全くなく、まさにノンストップのノワール・エンターテインメントが展開する。2作ともカギとなる人物が失踪し、それを複数の暴力団筋が必死で追うという展開で、これは作者お得意のパターンなのかもしれない。

ただ、多くの登場人物が複雑に関わってくるうえに、ほとんどが暴力団関係者と来ている。『破門』のときと同様、自分で相関図を書いて読み進めていたら、終盤になって二宮が頭を整理するという設定で「相関図」が登場した(295頁)。主人公ですら絵を描かないと呑みこめないほど複雑なのである。(笑)

9月19、21日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/31

『破門』

Hamon_2黒川博行著。この作家は初めて読んだ。第151回直木賞受賞。版元公式サイトの紹介文。

映画製作への出資金を持ち逃げされたヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪した詐欺師を追い、邪魔なゴロツキふたりを病院送りにした桑原だったが、なんと相手は本家筋の構成員だった。組同士の込みあいに発展した修羅場で、ついに桑原も進退窮まり、生き残りを賭けた大勝負に出るが――。疫病神コンビVS詐欺師VS本家筋。予想を裏切る展開の連続で悪党たちがシノギを削る、超弩級のノンストップ・ノワール。(引用終わり)

桑原&二宮の「疫病神コンビ」第5弾だそうだが、単独で読んでも面白かった。登場人物は全て大阪弁、出てくる地名も主に京阪神で、まるで掛け合い漫才のようなノリとテンポ感を持ったハードボイルドというのは、おそらく他に類を見ないだろう。

詐欺師小清水の度重なる逃亡はやや引っ張りすぎの感はあるものの、結果としてマカオまで含めたさまざまな場所で話が展開していくので、最後まで飽きさせない。ヤクザ関係者の面々は言うまでもないが、府警四課の刑事中川、島之内の開業医内藤など、脇役陣もまた一筋縄ではいかないクセモノたちだ。

ところで、なぜシリーズ5作目の本書をいきなり手に取ったのかというと、つまりはこういうことである。(笑)

8月30日 ジョグ10キロ
月間走行 150キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/28

『暮しの手帖』の記憶

NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に登場する『あなたの暮し』のモチーフとなったのは、『暮しの手帖』という実在の雑誌である。私が中学生の頃だったと思うが、母が購読していて、時々読ませてもらっていた。広告を一切掲載せず、「商品テスト」では大手メーカーの商品でも情け容赦なく欠点を指摘する。その一貫した編集方針には、子供心にも感銘を受けたものである。

それ以外では、確か料亭吉兆が監修した料理の記事があったのと、故黒田恭一氏がお勧めのLPを紹介する連載企画があったのを記憶している。後者はある号で、クリュイタンス指揮ベルリンフィルのベートーヴェン交響曲第7番を取り上げていて、「心が落ち込んだときなどに聴くと元気になる」という趣旨のことが書いてあった。これを読んで早速セラフィムの廉価盤を買い求め、何度も聴いたものだ。

もうひとつだけ覚えているのは、生活の知恵集みたいなコーナーで、バス停でひとりバスを待っていて、自分が乗るのではないバスが来た場合、手を左右に振るなどして「乗らない」という意思表示をしましょう、というのがあった。バスが無駄に停まることを防ぐわけだ。これは素晴らしい知恵で、以後そういう場合は必ず実践することにしている。

8月26、28日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧