2018/02/20

『虹色天気雨』『ビターシュガー』

09408338_2大島真寿美著。後者は「虹色天気雨2」の副題があり、前者の続篇に当たる。アマゾンの紹介文。

早朝に電話で起こされ、幼なじみの奈津の一人娘・美月を理由もわからぬまま預かることになってしまった市子。家に連れてこられた美月から、奈津の夫・憲吾が行方不明となり、奈津が憲吾を捜しに出かけたことを知らされる。二日後、戻ってきた奈津は心当たりの場所をすべてまわったが憲吾を見つけられなかったと語る。憲吾の失踪には女性が関係しているとにらむ市子と奈津のまわりには続々と仲間が集まってきて…。女性たちの友情を描いた名作小説。(『虹色天気雨』)

前作『虹色天気雨』から数年後。市子、奈津、まりの三人は、中学、高校からの二十年来の付き合いを続けている。モデルをやめて専業主婦になった奈津は、失踪騒ぎを起こした夫・憲吾と別居、娘の美月と二人で暮らしている。キャリアウーマンのまりは年下のカメラマン・旭との恋愛に疲れ、別離を選んでいた。市子はあいかわらず執筆業を続けていたが、ひょんなことから、まりの恋人だった旭が彼女の家に転がり込んできたことから、市子、奈津、まりの三人の関係に微妙なほころびが生じることになる…。連続ドラマ化もされたアラフォー女性の恋愛&友情小説。(『ビターシュガー』)(引用終わり)

09408573_4何らかの関係性がある複数の女性が主人公、そのうちの誰かの夫(父)が突然失踪するという設定は、この著者お得意のパターンだが、本作では中学以来20年来の付き合いを続けるアラフォー女性3人を巡る「くっついたり離れたり」の人生模様を、淡々と、しかしいつもながらの温かい眼差しで描く。

作中では市子が語り手となって物語が進んでいくが、彼女や周囲の人の発言と彼女の内的な思考が混然一体となった、一種の饒舌体とでも言うべき特異な文体で、読者は常に彼女の主観を通して、様々な出来事を追体験していくことになる。

しかし、それが決して押し付けにならず、「うんうん、そうだねー」と同感できる箇所が多いのは、市子の(つまりは著者の)冷静な観察眼、大人の感覚によるのだろう。失踪や離婚といった人生の一大事を扱いながら、決してドロドロの愛憎劇に陥ることなく、爽やかな読後感を与えるのは、その語り口の巧さゆえなのだと思う。

2月18日 LSD20キロ
2月20日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/14

『誰もが聖書を読むために』

4106004909鹿嶋春平太著。1995年12月発行の新潮選書。李隆氏によるカバーの推薦文。

この百年の間、われわれの先達は西洋近代に果敢に挑戦してきた。その結果、手にした今日の富は、渾身の背伸びに対する報酬として評価すべきなのだろうが、(中略)東洋と西洋の絶対的な隔たりは、精神世界あるいは形而上の話になると、どこまで埋まったのか。
著者は、この日本近代の古典的な課題に対して、聖書解釈という行為によって再挑戦しているように見えるのだが、方法はオーソドックス。(中略)一見矛盾することの多い聖句をそのまま厳格に理解するという立場から、三位一体論、超越者と被造物の関係、原罪の意味などを深く平易に解説する。
だが、本書は、浅薄な入門書でも安直な啓蒙書でもない。世俗の物語で完結する人本主義に陥りやすい日本流の聖書理解からわれわれを解放し、聖書本来の神本主義に立ち返らせようとする野心作なのである。(引用終わり)

著者の本職は経済学者で、ペンネームの「春平太」はかの著名な経済学者から取ったものだろう。1995年と言えば、オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた年で、本書もそれを踏まえて書かれており、新興宗教が若者を惹きつける理由や、その危険性について警鐘を鳴らしている箇所がある。

曰く、日本人の形而上理論(簡単に言えば、宗教的な理屈のこと)の欠如が新興宗教の温床となり、ひいてはサリン事件を生んだというのだが、ではナチスによるユダヤ人虐殺や、最近のイスラム過激派のテロは、宗教と無縁なのかという疑問が生じる。

しかし、そうした部分を別にすれば、本書が格好の聖書入門書であることは間違いない。とりわけ、聖書全体に通底しながら必ずしも明示されてはいない、幾つかの原理原則を明快に解説しており、聖書理解において大いに助けになると思われる。

例えば、霊としてのイエスは、父なる神と同じ創造主であり、宇宙とその万物の創造者であるという点。すなわち、ヨハネ福音書の有名な一節、「初めにことばがあった」の「ことば」が実はイエスを指すことを知らなければ、この一節の意味するところは理解できない。

逆に、それが分かれば、これに続く「ことばは神とともにあった。ことばは神であった。この方は初めに神とともにおられた」「すべてのものは、この方によって造られた」という文章もすんなりと理解できる。

神の子であるイエスは神であり、絶対者である。聖書はその前提に立って記されている。聖書においてはイエスは「神の子」というのが正解で、ローマ帝国に処刑された歴史上の人物、日常常識としてのイエス像は誤解ということになる。

つまり、聖書とは徹頭徹尾、神が中心の「神本主義」の物語なのであって、キリスト教は決して、人間中心の世界観に立って愛の在り方を説く「人本主義」の宗教ではない。わが国キリスト教界の現状は、人本主義の教義観が濃厚であるが、聖書とはそういうものだという印象を持たず、聖書そのものに当たることが必要である。

以上、自分なりに本書のキモと思われる箇所を抜き書きしてみたが、これ以外にも聖書読解に役立つと思われる原理原則がいくつかある。もちろん、著者の見解が絶対というわけではなく、特に「わが国キリスト教界」からは異端者との批判が出ているかもしれないが、ひとつの見識として決して等閑視しえないだろう。他にもこうした解説本があるのなら、著者流に言えば「ハシゴ」して、さらに勉強してみたいと思う。

2月12、14日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/12

『新約聖書を知っていますか』

125521いえ、知りません(笑)。で、読んでみた。阿刀田高著。版元の紹介文。

新約聖書の冒頭で、マリアの夫ヨセフの系図を長々と述べているのはなぜでしょう。処女懐胎が本当ならば、そんなことはイエスの血筋と無関係のはずです。ところで、聖書の中に何人のマリアが登場するか知っていますか? ではヨハネは? そして、イエスの“復活”の真相は? 永遠のベストセラー『新約聖書』の数々の謎に、ミステリーの名手が迫ります。初級者のための新約聖書入門。(引用終わり)

還暦を前にして突如として信仰に目覚めた、というわけではない。西洋文化の根底にある聖書について、これまでほとんど何も知らないまま過ごしてきて、死ぬまでにひと通りのことは勉強しておきたいと思っていた。作者自身、「エピローグ」の中で、「私は信仰を持たない」と断りつつ、本書を著した動機についてこう書いている。

欧米の文化に触れるとき、聖書の知識は欠かせない。(中略)演劇も映画も、ときには音楽でさえ聖書の知識がなければ理解できないものがある。そんな不自由さを少しでも軽減してくれる読み物はないものだろうか。(中略)自分が知りたいことを書く、これは概説書をあらわす基本的な姿勢といってよいだろう。

その上で、「数えきれないほど多くの文献」を渉猟し、イスラエルやイタリアなど現地にも赴き、10年の年月を費やして執筆されたものである。そうした努力の結晶である本書は、決して堅苦しい学術書ではなく、平易な文体で書かれたエッセイであり、時にはくだけた表現も交えてとても読みやすい。

おかげで新約聖書の大まかな構成と概要について把握することが出来た。今後もいろんな角度から聖書やキリスト教について勉強を続けていきたい。ただ、阿刀田氏とは違い、「いつか私も信仰を持つ日があるかもしれない」とは到底思えないが。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/09

『やがて目覚めない朝が来る』

9784591100011大島真寿美著。版元の紹介文。

元舞台女優の祖母のもと、魅力的な人たちに囲まれて私は大人になった――同じ時を生きるかけがえのなさが描き出され、読後には温かな感動が胸に満ちる物語。(引用終わり)

気がつくとこの作家の本は4冊目である。何らかの関係性をもつ複数の女性が主人公(群)である場合が多く、主たる読者層は若い女性だろうと勝手に想像しているが、独特の世界観にオジサンもどこか惹かれるのだ。(笑)

本作も例外ではなく、私「有加」と父方の祖母「蕗さん」を軸に、母「のぶちゃん」、蕗さんの元マネージャー「富樫さん」、衣裳デザイナー「ミラさん」など、有加をとりまく人々のそれぞれの人生模様が淡々と、しかし温かい目で描かれる。

とりわけ、タイトルからも想像がつくように、それぞれの人物の「死にざま」こそが、本書の主たるテーマではないかと思う。ある者は不慮の事故で、ある者は有加に貴重な財産を遺し、ある者は最後まで昔の恋人を思いながら、ある者は「自分が死んでも悲しむな」とひっそり逝く。

中でも、元女優に相応しく、気高く美しい蕗さんの死には大変感銘を受けた。「やがて…」という言葉も作中、蕗さんが漏らした台詞であるが、人間すべからくいつかは死ぬ。そうであれば、どう死んでいくかこそ、その人の人生の総決算なのだと、改めて痛感させられる作品である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/27

『炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】』

9784334043179夏井睦著。版元の紹介文。

ベストセラー『炭水化物が人類を滅ぼす』の刊行から4年。この間、糖質制限を取り巻く社会の状況は大きく変化した。批判的な記事は数を減らし、代わってスーパーや外食チェーンには糖質オフ商品が続々登場。今や糖質制限市場ともいうべき巨大マーケットが形成されている。それは何より消費者の側が、健康への効果を体感しているからだろう。続編となる本書では、前作で未解決だったいくつかの問題を解決し、実践者からの大規模アンケートの結果を公開。さらに糖質セイゲニストの立場から、全生命史、全人類史を読み直すという新たな試みに挑む。(以下略、引用終わり)

基本的に前著の記述を敷衍したり、新たな考察を追加した内容である。糖質制限の正しさを一層確信することが出来たが、驚くような発見はそれほどなかった。それでも、

インスリン分泌を促す糖質が肥満の唯一の原因だ。逆に、脂肪を摂取してもインスリン分泌は起こらないので、肥満にはならない。肥満の原因はあくまでも、摂取すると必ずインスリンを分泌させる糖質だけなのだ。(101頁)

食物は活動のためのエネルギー源(カロリー)でもあるが、体を作る部品の供給源でもあったのだ。これらが明らかにされたのは20世紀後半であり、(「食物=カロリー」仮説が生まれた)19世紀の科学者には知る由もないことだった。(中略)その「半分しか正しくない19世紀の仮説」はいまだに世界中に広く信じられているし、それどころか、栄養学と医学の基礎理論となり、社会の常識となっていく。(107-108頁)

といった記述には、改めて目からウロコが落ちた。今さらいちいち訂正する気はないが、当ブログでも上記のような誤解に基づいて書いてしまった箇所も多い。

ただ、「ヒトはなぜ長く走り続けられるのか」という問題に対して、「人類は長距離走を武器にした狩猟者だった」という説はランニングブームの影響によるとして退けているけれども、では本当の理由は何かについては記述がない。また、「ヒトはなぜ汗をかくのか」についても、一般的な体温調節説を退け、性交時の快感を増すためという、やや突飛な説明がなされている。

このあたりの説明はやや説得力に欠ける。やはり、ヒトは他の動物には出来ない長距離走が可能となるように進化し、そのために不可欠な冷却装置として発汗システムが生まれたと考えるのが自然だと思う。

11月25、27日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/17

『月の満ち欠け』

283991佐藤正午著。初めての直木賞受賞作を出版した岩波書店の紹介文。

あたしは、月のように死んで、生まれ変わる――目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか?  三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。この数奇なる愛の軌跡よ! 新たな代表作の誕生は、円熟の境に達した畢竟の書き下ろし。さまよえる魂の物語は戦慄と落涙、衝撃のラストへ。(引用終わり)

「前世を記憶する子どもたち」が存在するのだという。イアン・スティーヴンソンによる同名の書物が、本書巻末に参考文献として挙げられている。俄かには信じがたいけれども、もし本当に「生まれ変わり」があるとしたら…という、一見するとSFとかファンタジーめいた作品である。

しかし、(以下、ネタバレ)

8月16日 ジョグ10キロ

続きを読む "『月の満ち欠け』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/31

『ゼラニウムの庭』

Geranium_2大島真寿美の本はこれで3冊目。版元の紹介文。

わたしの家には、謎がある――双子の妹は、その存在を隠して育てられた。家族の秘密を辿ることで浮かび上がる、人生の意味、時の流れの不可思議。おそらく、信じてはもらえまい。こんな話、信じるほうがおかしい。でも、たしかに彼女はそこにいる――秘密の存在はそれを知る人々に大きな影響を与えていく。生きることの孤独と無常、そして尊さを描き出す、大島真寿美の次なる傑作。(引用終わり)

感想を書くには、「謎」に言及せざるを得ない…

5月29、31日 ジョグ10キロ
月間走行 210キロ

続きを読む "『ゼラニウムの庭』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/10

『君の膵臓をたべたい』

Kimisui_2住野よる著。この作家は初めて。版元の紹介文。

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。(引用終わり)

2016年年間ベストセラー第1位。本屋大賞第2位。流行りものには手を出さない自分がなぜ読んだのかは後で書くとして、さらに言えばこれはライトノベルというジャンルに入る作品のようで、柄にもないというか新鮮な読書経験になった。

まずはタイトルの奇抜さに驚くが、これが作品のテーマを象徴する言葉であることが、最後の方で明らかになってくる。これだけ売れれば、将来、ある慣用句がこれに置き換わるかもしれない(笑)。ただ、本文中では「食べたい」と漢字を使っているのに、タイトルが平仮名になっている理由は不明である。

対照的な性格の「僕」と桜良だが、その会話はジョークも交えてとても滑らかで、それだけ見れば青春ラブロマンスものかと思いきや、実は人間の存在の本質に迫るような内容を含んでいる。そのあたりのギャップがちょっと面白かったし、「僕」と同類の人間である自分としても、ふと胸に手を当ててみたくなった。

ところで、本作は映画化されて、7月下旬に公開される予定である。原作にはない12年後の「現在」が描かれ、桜良の親友恭子役で北川景子が出演する。原作との違いも含めて、今から楽しみにしている。

5月9日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/10

『あきない世傳 金と銀 源流篇』

9784758439817_3『みをつくし料理帖』の髙田郁による新シリーズ第1作。版元の紹介文。

物がさっぱり売れない享保期に、摂津の津門村に学者の子として生を受けた幸。父から、「商は詐なり」と教えられて育ったはずが、享保の大飢饉や家族との別離を経て、齢九つで大坂天満にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ出されることになる。慣れない商家で「一生、鍋の底を磨いて過ごす」女衆でありながら、番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに心を惹かれていく。果たして、商いは詐なのか。あるいは、ひとが生涯を賭けて歩むべき道か――大ベストセラー「みをつくし料理帖」の著者が贈る、商道を見据える新シリーズ、ついに開幕!(引用終わり)

不幸な出来事のせいでそれまでの環境から放り出され、身一つで新たな人生を切り開いていくことになる女主人公。様々な境遇や性格を持つ未知の人々と出会い、係わり合い、そして別れていく中で、主人公は試練に耐えて大きく成長していく。

料理と商売という違いはあれ、基本的な物語の構成は同工異曲と言うべきものであるが、これは決してネガティブな意味ではない。むしろ、著者の紡ぎだす物語に安心して時を委ねられる快感、とでも言おうか。続篇が待ち遠しくてたまらないという、『みをつくし』の時と同じ状態に陥りそうである。

ところで、『みをつくし』のドラマの方は、北川景子主演のテレビ朝日の続篇がなかなか出ないと思っていたら、何と来月からNHKで黒木華主演で連続ドラマ化されることになった。天下のNHKが民放局に遠慮する必要など、さらさらないということだろうか。もちろん、黒木華の関西弁での芝居も今から楽しみではあるが、これで北川景子の澪がもう見られないとすれば大変残念だ。

4月 9日 ジョグ11キロ
4月10日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/27

『あなたの本当の人生は』

Holly_2ピエタ』の大島真寿美著。版元の紹介文。

新人作家の國崎真実は、担当編集者・鏡味のすすめで、敬愛するファンタジー作家・森和木ホリーに弟子入り――という名の住み込みお手伝いとなる。ホリー先生の広大で風変わりなお屋敷では、秘書の宇城圭子が日常を取り仕切り、しょっぱなホリー先生は、真実のことを自身の大ベストセラー小説『錦船』シリーズに出てくる両性具有の黒猫〈チャーチル〉と呼ぶことを勝手に決めつける。編集者の鏡味も何を考えているのか分からず、秘書の宇城は何も教えてくれない。何につけても戸惑い、さらにホリー先生が実は何も書けなくなっているという事実を知った真実は屋敷を飛び出してしまう。(以下略。引用終わり)

18世紀ヴェネツィアの『ピエタ』と、舞台設定は全く異なるものの、主要登場人物が3人の女性で、それぞれの生い立ちから現在の境遇、さらには今後の生き方まで俯瞰した、大きな物語が展開していくところは似通っている。

『ピエタ』では音楽を題材にしていたのに対し、本作は小説そのものがテーマである。物語を書くことの「狂おしさ」とも言うべき本質が、登場人物によって生々しく語られている。一方、真実の作るコロッケによって主な登場人物が生まれ変わるかのような後半では、料理もまたこの作品の重要なパーツとなっている。

最後の方はやや話が甘すぎると感じる部分もあったが、爽やかな読後感は『ピエタ』に勝るとも劣らず、それがこの作家の持ち味なのだろう。舞台はどこかの大きな屋敷と、海辺の居酒屋ぐらいなので、映画やドラマにするのも良いと思う。女優陣の顔ぶれも、何となく想像できる。(笑)

1月25日 LSD40キロ
1月27日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧