2019/09/14

マンガ名作オペラ「ニーベルングの指環」上下

Niebelungen_20190913092701里中満智子著。ワーグナー畢生の超大作「ニーベルングの指環」をマンガ本2冊に纏めたもの。版元の紹介文。

(上)神話世界を描いた壮大な作品、ニーベルング。世界を滅ぼすとの呪いをかけられた黄金の指環。欲望渦巻く神々の世界を描く前編。(下)ジークムントの忘れ形見ジークフリートとブリュンヒルデの全てを焼き尽くす愛の行方は? 世界に破滅をもたらすニーベルングの指環は誰の手に渡るのか?(引用終わり)

ワーグナーのオペラをこともあろうにマンガにするなんてと、最初はとても違和感があったけれど、結果的には読んでみて正解だった。これまで「指環」の概略を把握しようと、(文字で書かれた)あらすじを読んだことは何度かあるが、人間関係が複雑なうえに飛躍の多いストーリーがほとんど頭に入って来なかった。かと言って、予備知識なしに観て分かるような代物でないことは明らかで、作品のあまりの長大さと並んで、なかなか実際の鑑賞に至らない原因になっていた。

それが、このマンガ本上下2冊を読んで、ストーリー全体の骨格というか、大まかな流れがすんなりと把握できたのだ。主要登場人物のキャラクターや相互の人間関係を、ビジュアルを通じて具体的に理解することが出来る。「アルベリヒ」と文字で見るより、あのイボだらけでヒキガエルみたいな顔の小男かと直感的に掴める。

もちろん、これがワーグナーの意図を寸分の狂いなく表現したものとは言えないだろう。今後、オペラそのものを鑑賞してみた後で感想が変わる可能性はある。それでもなお、長年の「食わず嫌い」というか、「とっかかりのなさ」に風穴をあけてくれたことは間違いない。マンガを読んだあとでは、文字で読むあらすじも以前より格段に頭に入ってくる。この調子で予習を続けて、いずれは本編オペラに挑戦してみたいと思っている。

 

| | コメント (4)

2019/09/05

方丈記を読む

<ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとゞまりたる例なし。世中にある人と栖(すみか)と、またかくのごとし。>

あまりにも有名な文章で始まる鴨長明『方丈記』の全文を初めて読んでみた。高校の古文で抜粋版を学習したはずだが、この冒頭以外全く記憶になく、ただ、世の無常を悟った長明が山中にひと間だけの庵を構え、孤独な隠遁生活に安住の世界を見出すまでを記した随筆文学、という程度の理解で過ごしてきた。

そこまでは別に間違ってはいない。平凡社「世界大百科事典」の説明を引用する。

人と住家の無常を述べた序章に続き、その例証として長明が体験した災厄、すなわち安元3年(1177)の大火、治承4年(1180)の嶋風(竜巻)、同年の福原遷都、養和年間(1181‐82)の飢饉、元暦2年(1185)の大地震を挙げる。さらに俗世の居住は他を顧慮しなければならず心の休まることのないものであるといい、零落一方の自分の境涯を回顧して、遁世の後に仮のものとして構えた日野の外山の草庵で、かえって心の赴くままにすごせる現在の閑居のさまをよしとするが、

問題はこの後である。

末尾では一転して、その閑居に執着すること自体が往生のさまたげではないかと、みずからの遁世の実質を問いつめたまま、それに答えることなく〈不請(ふしよう)の阿弥陀仏〉を二、三遍となえるというかたちで全編の叙述を終える。

ここは全く予想外だった。彼は決して遁世すなわち隠遁生活を全面的に肯定しているわけではなかったのだ。この箇所を岩波書店「日本古典文学大系」の注釈を元に意訳してみる。

私の一生も終わりに近づき余命が少なくなっている。すぐに三途の闇という暗黒世界が待っている。今さら何を嘆こうというのか。仏の教えは「何事にも囚われるな」である。(仏の道から言えば)この草庵を愛するのも罪なら、閑寂に囚われるのも障害だろう。何で役にも立たない楽しみを述べ立てて、大切な時間をむだにしようぞ。

どんでん返しというのか、最近の推理小説ばりに「ラスト1頁で衝撃の事実が明らかに!」というのか。長年の試行錯誤を経て辿り着いた隠遁生活に一旦は満足し、それを賛美しておきながら、今度はそれに執着している自己を客観視、疑問視しているのである。

そして、その執着の原因はどこにあるのか自分自身に問いかけたが、心は何も答えることなく、ただ、心の要求からではない念仏を二三回唱えるだけだったとして、この随筆を終えている。

この箇所の解釈については、閑居賛美のための周到な韜晦とする説、「維摩一黙」を踏まえたものとする説など諸説あるそうだが、いずれにしても透徹した自己観照ないし自己批判がそこにあることだけは間違いないだろう。

翻って、最悪のケースを覚悟しつつ、今はオペラなどの音楽鑑賞やブログ執筆に多くの時間を費やしている自分であるが、それはそれで一つの執着ではないのか。それだけに囚われるのは良いことなのか。仏の道に帰依するつもりなどサラサラないけれど、大先輩に見習って自分を客観視し、自己批判することを忘れてはならないと思う。

| | コメント (4)

2018/11/05

『コンビニ人間』

Conveni村田沙耶香著。第155回芥川賞受賞作。版元の紹介文。

36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。「いらっしゃいませー!!」 お客様がたてる音に負けじと、今日も声を張り上げる。ある日、婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしい、と突きつけられるが……。
現代の実存を問い、正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。(引用終わり)

あるインタビューで著者は「この本はうっかり読んでみてほしい」という趣旨の発言をしている。タイトルに惹かれて読んでみたら意外な内容に驚くに違いないという自負だろう。自分の場合がまさにそうで、主人公の働きぶりが描かれた冒頭をざっと立ち読みして、これはいわゆる「お仕事小説」のひとつなのだろうと思って読み始めた。

ところが、数ページ進んだところで、主人公の子供時代の2つの異様なエピソードが紹介される辺りから物語の様相は一変する。結婚も就職もせずといった外見だけでなく、ものの見方や考え方も世間一般の「普通」ではない主人公は、唯一コンビニの店員でいる間だけ「世界の正常な部品」になることができるというのだ。

そこに、また別の意味で「普通でない」男性白羽が登場して、さらに「普通でない」突飛なストーリーが展開していくけれども、結末だけはある意味で予定調和的というのか、やっぱりそうなるしかないと思わせる結び方となっている。

個性重視と言いながらも、「普通でない」ものに対しては無遠慮な非難が浴びせられる現代社会。画一性の象徴、マニュアルの塊りのようなコンビニの中でしか生きる意味が見いだせない主人公の物語は、そうした社会の同調圧力に対する、アイロニーを含んだ静かな異議申し立てのように感じられた。「へんてこな」物語のようで内容はかなり深い。

実際にコンビニで働く著者の実体験に基づいて、コンビニの舞台裏でのオペレーションがつぶさに描かれており、その点でも大変に興味深かった。

11月4日 LSD26キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/27

『利己的な遺伝子』

Selfishgene_2リチャード・ドーキンス著。1976年初版刊行。版元の紹介文。

私たちはなぜ、生き延びようと必死になり、恋をし、争うのか? 本書で著者は、動物や人間の社会で見られる、親子間の対立や保護行為、夫婦間の争い、攻撃やなわばり行動などがなぜ進化したかを、遺伝子の視点から解き明かす。自らのコピーを増やすことを最優先にする遺伝子は、いかに生物を操るのか? 生物観を根底から揺るがし、科学の世界に地殻変動をもたらした本書は、1976年の初版刊行以来、分野を超えて多大な影響を及ぼし続けている古典的名著である。(引用終わり)

「利己的な遺伝子」の概念について、断片的には聞きかじっていたものの、ドーキンス自身の著書を手にしたのは初めてである。決して読みやすい本ではない。本文だけで416頁もあるうえに、文章は独特のレトリックに満ちていて、ともすれば途中でついて行けなくなりそうになる。池上彰氏あたりに分かりやすいダイジェストを作ってほしいと真剣に思った。(苦笑)

しかし、とにかく全体を読み通してみて、やはり一度は読むべき名著であることを実感した。コペルニクスの地動説、ダーウィンの進化論にも匹敵しうる科学革命であるのみならず、社会や宗教、倫理など広汎な分野に大きな影響を及ぼしているに違いない。

本書の要点をうまく纏めることは私の手に余るが、要するに生命というものの本質は、自分のコピーを作る「自己複製子」であるということ。その進化したものがDNAで、生物の身体とは畢竟DNAが生き延びるための乗り物(ヴィークル)に過ぎない。生物が子孫を残すためにDNAが存在するのではない。逆なのだ。

親子間の対立や夫婦間の争い、一見利他的に見える行動に隠された遺伝子の利己性。いずれも「目から鱗」の鮮やかな解明に驚くばかりである。

実は本書を読んでみようと思ったのは、最近東京で起きた幼児虐待事件がきっかけで、その原因は遺伝子レベルで解釈できるのではないかと思ったからだ。この種の事件では、ほとんどの場合、母親と前の夫との間の幼い子が新しい夫に暴行されるというパターンである。血の繋がりのない夫はともかく、母親までが自分の腹を痛めた子への暴力を黙認、場合によっては加担までするのはなぜなのか。

本書にその直接の解答はない。しかし、ヒントとなる記述はあった。あえて擬人的表現を使えば、新しい夫が前の夫より優れた遺伝子を持つと考えた母親の遺伝子は、新しい夫との子作り、子育てを優先するため、まだ手のかかる前夫との子に労力を使うのは避けようとする傾向があるのではないか。それが高じることで、連れ子に対する暴力という悲しい事態(遺伝子にとっては合理的な選択)を招くのだろう。

再婚した母親に連れ子がいる場合、潜在的には常にその危険性があると考えられるので、児童相談所などの関係機関が定期的にチェックするなど、よりキメ細かく対応することが必要ではないか。

6月25、27日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/10

『闇の叫び』

Sakebi堂場瞬一著。「アナザーフェイス」シリーズ最終の第9作。カバーの紹介文。

息子のかつての同級生の母親から連絡を受けた大友鉄。娘が通う中学の保護者が何者かに襲われたと言う。やがて別の父兄も被害に遭い、捜査に加わるも容疑者は二転三転。はたして犯人の動機は――。最愛の妻を亡くし、捜査一課から刑事総務課に異動して息子の優斗を育てるイクメン刑事シリーズ、ついに完結!(引用終わり)

通勤というものがなくなって読書量はガタンと落ちたが、このシリーズは継続して読んできた。「バリバリの事件に立ち向かうより、もう少し生活者としての刑事を描きたかった」という著者のコメントどおり、刑事ものとしては特異な「イクメン」キャラクターである大友鉄も、ついに最後の事件を迎えた。

前半で容疑者が二転三転するところはやや冗長な感じを受けたが、ある偶然から捜査線上に浮かびあがった真犯人との対決が始まってからは、俄然緊迫感を増していく。犯人が育ってきた環境と、自らの家族の状況を重ね合わせる大友には、今回の事件はとても他人事と思えず、「らしくない」ほど捜査にのめり込んでいく。

そのことを通じて、再び「刑事の血」が蘇えった大友の心境の変化、近い将来の捜査一課への復帰を予感させたところで、本シリーズは一応の終結をみている。続篇はもうないだろうが、他のシリーズに別シリーズのキャラクターをちょこっと登場させる、著者お得意の手法でもよいので、彼のその後の活躍を垣間見てみたいものだ。

それにしても、帯の部分はどうせ隠れるからと、そこだけ白紙にしたカバーデザインはいかがなものか。(苦笑)

5月8、10日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/23

『三月』

March引き続き、大島真寿美著。アマゾンの紹介文。

短大を卒業してからおよそ20年。同窓会の案内を受けとって以来、ノンは学生時代に亡くなった男友達のことが気になりはじめる。彼は自殺ではなかったのではないか? ノンは仲のよかった友人に連絡を取ると―。仕事や家庭、それぞれの20年の時を歩んできた女性6人。学生時代の男友達の死を通じて明らかになる「過去」。その時、彼女たちが選ぶ道は―。未来に語り継ぎたい物語。(引用終わり)

本作もまたアラフォー女性たちを主人公(それも6人!)とし、2012年から翌年にかけて『小説宝石』に連載された連作短篇6篇からなる。

当時自殺として処理された男友達(森川雄士)の死を巡る驚愕の真相が最後に明かされる…といった展開を予想していたが違っていた。状況から考えてやはり自殺だったと思われるが、それが本作のテーマなのではない。

森川が夢に現れたというノンが領子にかけた1本の電話から始まるストーリーは、学生時代の女友達6人それぞれのその後の人生模様を次々と炙り出していく。ある者は子連れ男性と結婚したものの、「砂上の楼閣」のような家庭生活に不安を感じている。またある者は大きな災害で生活環境が一変、遠距離交際していた男性とも別れてしまう。

ほんのちょっとしたことで、人生って大きく変わってしまうものでしょう。これから先だって、ほんのちょっとしたことで大きく変わってしまうんだと思うのよ。(185-6頁)

1995年、2001年、2011年と、内外で続いた大きな災害、事件を背景としているけれども、彼女たちは過酷な状況にも絶望することなく、自分の人生に正面から向き合い、前に進んで行こうとしている。

三月。
別れの季節は、始まりの季節でもある。(191頁)
長い夜が明けたらまた朝になる。
また、朝になる。(232頁)

どこか清々しささえ感じる結末は、さすがにこの著者ならではの味わいである。

2月22、23日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/20

『虹色天気雨』『ビターシュガー』

09408338_2大島真寿美著。後者は「虹色天気雨2」の副題があり、前者の続篇に当たる。アマゾンの紹介文。

早朝に電話で起こされ、幼なじみの奈津の一人娘・美月を理由もわからぬまま預かることになってしまった市子。家に連れてこられた美月から、奈津の夫・憲吾が行方不明となり、奈津が憲吾を捜しに出かけたことを知らされる。二日後、戻ってきた奈津は心当たりの場所をすべてまわったが憲吾を見つけられなかったと語る。憲吾の失踪には女性が関係しているとにらむ市子と奈津のまわりには続々と仲間が集まってきて…。女性たちの友情を描いた名作小説。(『虹色天気雨』)

前作『虹色天気雨』から数年後。市子、奈津、まりの三人は、中学、高校からの二十年来の付き合いを続けている。モデルをやめて専業主婦になった奈津は、失踪騒ぎを起こした夫・憲吾と別居、娘の美月と二人で暮らしている。キャリアウーマンのまりは年下のカメラマン・旭との恋愛に疲れ、別離を選んでいた。市子はあいかわらず執筆業を続けていたが、ひょんなことから、まりの恋人だった旭が彼女の家に転がり込んできたことから、市子、奈津、まりの三人の関係に微妙なほころびが生じることになる…。連続ドラマ化もされたアラフォー女性の恋愛&友情小説。(『ビターシュガー』)(引用終わり)

09408573_4何らかの関係性がある複数の女性が主人公、そのうちの誰かの夫(父)が突然失踪するという設定は、この著者お得意のパターンだが、本作では中学以来20年来の付き合いを続けるアラフォー女性3人を巡る「くっついたり離れたり」の人生模様を、淡々と、しかしいつもながらの温かい眼差しで描く。

作中では市子が語り手となって物語が進んでいくが、彼女や周囲の人の発言と彼女の内的な思考が混然一体となった、一種の饒舌体とでも言うべき特異な文体で、読者は常に彼女の主観を通して、様々な出来事を追体験していくことになる。

しかし、それが決して押し付けにならず、「うんうん、そうだねー」と同感できる箇所が多いのは、市子の(つまりは著者の)冷静な観察眼、大人の感覚によるのだろう。失踪や離婚といった人生の一大事を扱いながら、決してドロドロの愛憎劇に陥ることなく、爽やかな読後感を与えるのは、その語り口の巧さゆえなのだと思う。

2月18日 LSD20キロ
2月20日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/14

『誰もが聖書を読むために』

4106004909鹿嶋春平太著。1995年12月発行の新潮選書。李隆氏によるカバーの推薦文。

この百年の間、われわれの先達は西洋近代に果敢に挑戦してきた。その結果、手にした今日の富は、渾身の背伸びに対する報酬として評価すべきなのだろうが、(中略)東洋と西洋の絶対的な隔たりは、精神世界あるいは形而上の話になると、どこまで埋まったのか。
著者は、この日本近代の古典的な課題に対して、聖書解釈という行為によって再挑戦しているように見えるのだが、方法はオーソドックス。(中略)一見矛盾することの多い聖句をそのまま厳格に理解するという立場から、三位一体論、超越者と被造物の関係、原罪の意味などを深く平易に解説する。
だが、本書は、浅薄な入門書でも安直な啓蒙書でもない。世俗の物語で完結する人本主義に陥りやすい日本流の聖書理解からわれわれを解放し、聖書本来の神本主義に立ち返らせようとする野心作なのである。(引用終わり)

著者の本職は経済学者で、ペンネームの「春平太」はかの著名な経済学者から取ったものだろう。1995年と言えば、オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた年で、本書もそれを踏まえて書かれており、新興宗教が若者を惹きつける理由や、その危険性について警鐘を鳴らしている箇所がある。

曰く、日本人の形而上理論(簡単に言えば、宗教的な理屈のこと)の欠如が新興宗教の温床となり、ひいてはサリン事件を生んだというのだが、ではナチスによるユダヤ人虐殺や、最近のイスラム過激派のテロは、宗教と無縁なのかという疑問が生じる。

しかし、そうした部分を別にすれば、本書が格好の聖書入門書であることは間違いない。とりわけ、聖書全体に通底しながら必ずしも明示されてはいない、幾つかの原理原則を明快に解説しており、聖書理解において大いに助けになると思われる。

例えば、霊としてのイエスは、父なる神と同じ創造主であり、宇宙とその万物の創造者であるという点。すなわち、ヨハネ福音書の有名な一節、「初めにことばがあった」の「ことば」が実はイエスを指すことを知らなければ、この一節の意味するところは理解できない。

逆に、それが分かれば、これに続く「ことばは神とともにあった。ことばは神であった。この方は初めに神とともにおられた」「すべてのものは、この方によって造られた」という文章もすんなりと理解できる。

神の子であるイエスは神であり、絶対者である。聖書はその前提に立って記されている。聖書においてはイエスは「神の子」というのが正解で、ローマ帝国に処刑された歴史上の人物、日常常識としてのイエス像は誤解ということになる。

つまり、聖書とは徹頭徹尾、神が中心の「神本主義」の物語なのであって、キリスト教は決して、人間中心の世界観に立って愛の在り方を説く「人本主義」の宗教ではない。わが国キリスト教界の現状は、人本主義の教義観が濃厚であるが、聖書とはそういうものだという印象を持たず、聖書そのものに当たることが必要である。

以上、自分なりに本書のキモと思われる箇所を抜き書きしてみたが、これ以外にも聖書読解に役立つと思われる原理原則がいくつかある。もちろん、著者の見解が絶対というわけではなく、特に「わが国キリスト教界」からは異端者との批判が出ているかもしれないが、ひとつの見識として決して等閑視しえないだろう。他にもこうした解説本があるのなら、著者流に言えば「ハシゴ」して、さらに勉強してみたいと思う。

2月12、14日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/12

『新約聖書を知っていますか』

125521いえ、知りません(笑)。で、読んでみた。阿刀田高著。版元の紹介文。

新約聖書の冒頭で、マリアの夫ヨセフの系図を長々と述べているのはなぜでしょう。処女懐胎が本当ならば、そんなことはイエスの血筋と無関係のはずです。ところで、聖書の中に何人のマリアが登場するか知っていますか? ではヨハネは? そして、イエスの“復活”の真相は? 永遠のベストセラー『新約聖書』の数々の謎に、ミステリーの名手が迫ります。初級者のための新約聖書入門。(引用終わり)

還暦を前にして突如として信仰に目覚めた、というわけではない。西洋文化の根底にある聖書について、これまでほとんど何も知らないまま過ごしてきて、死ぬまでにひと通りのことは勉強しておきたいと思っていた。作者自身、「エピローグ」の中で、「私は信仰を持たない」と断りつつ、本書を著した動機についてこう書いている。

欧米の文化に触れるとき、聖書の知識は欠かせない。(中略)演劇も映画も、ときには音楽でさえ聖書の知識がなければ理解できないものがある。そんな不自由さを少しでも軽減してくれる読み物はないものだろうか。(中略)自分が知りたいことを書く、これは概説書をあらわす基本的な姿勢といってよいだろう。

その上で、「数えきれないほど多くの文献」を渉猟し、イスラエルやイタリアなど現地にも赴き、10年の年月を費やして執筆されたものである。そうした努力の結晶である本書は、決して堅苦しい学術書ではなく、平易な文体で書かれたエッセイであり、時にはくだけた表現も交えてとても読みやすい。

おかげで新約聖書の大まかな構成と概要について把握することが出来た。今後もいろんな角度から聖書やキリスト教について勉強を続けていきたい。ただ、阿刀田氏とは違い、「いつか私も信仰を持つ日があるかもしれない」とは到底思えないが。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/09

『やがて目覚めない朝が来る』

9784591100011大島真寿美著。版元の紹介文。

元舞台女優の祖母のもと、魅力的な人たちに囲まれて私は大人になった――同じ時を生きるかけがえのなさが描き出され、読後には温かな感動が胸に満ちる物語。(引用終わり)

気がつくとこの作家の本は4冊目である。何らかの関係性をもつ複数の女性が主人公(群)である場合が多く、主たる読者層は若い女性だろうと勝手に想像しているが、独特の世界観にオジサンもどこか惹かれるのだ。(笑)

本作も例外ではなく、私「有加」と父方の祖母「蕗さん」を軸に、母「のぶちゃん」、蕗さんの元マネージャー「富樫さん」、衣裳デザイナー「ミラさん」など、有加をとりまく人々のそれぞれの人生模様が淡々と、しかし温かい目で描かれる。

とりわけ、タイトルからも想像がつくように、それぞれの人物の「死にざま」こそが、本書の主たるテーマではないかと思う。ある者は不慮の事故で、ある者は有加に貴重な財産を遺し、ある者は最後まで昔の恋人を思いながら、ある者は「自分が死んでも悲しむな」とひっそり逝く。

中でも、元女優に相応しく、気高く美しい蕗さんの死には大変感銘を受けた。「やがて…」という言葉も作中、蕗さんが漏らした台詞であるが、人間すべからくいつかは死ぬ。そうであれば、どう死んでいくかこそ、その人の人生の総決算なのだと、改めて痛感させられる作品である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧