2019/06/14

『ゲティ家の身代金』

Allthemoney 2017年、米・伊・英。リドリー・スコット監督。KINENOTE の紹介文。

“世界中のすべての金を手にした”と言われた世界一の大富豪、石油王のジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)の17歳の孫ポールが誘拐され、1700万ドルという破格の身代金を要求される。しかし、大富豪であり稀代の守銭奴でもあるゲティは、その支払いを拒否する。ポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は離婚によりゲティ家を離れ、一般家庭の人間になっていた。彼女は息子のために誘拐犯だけでなく、ゲティとも戦うことになる。警察から狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、ゲイルは疲弊していく。一方、身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身が危なくなっていた。ゲティはそれでも頑なに身代金を支払おうとしない。ゲイルは愛する息子のため、一か八かの賭けに出る。(引用終わり)

『ゴッホ…』から耳切りつながり、というわけではないが。(笑)

実際にあった誘拐事件を題材にした作品。身代金誘拐事件と言えば、犯人と家族・警察との息詰まる攻防が見所になるが、本作はそこに祖父と母の家族間の対立が絡み、単なるサスペンスものにとどまらない、人間ドラマとしての厚みを持っている。

大富豪の石油王ゲティの徹底した吝嗇ぶりが最後まで徹底していて、身代金もただ支払うのではなく、どうやれば節税になるかを考える。なるほど、お金というのはこういう人間のところに集まるようになっているのかと、妙に得心がいった。

それとは対照的に、母親のゲイルは金銭には全く頓着せず、愛する息子を取り戻すことだけを考え、向こう見ずとも思える行動をとる。しかし、一方で祖父には祖父なりの孫への愛情があったことも事実で、彼がある意味「カネの魔力」に囚われていたことが分かる、ほろ苦いエンディングが印象的だった。

6月12日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/06/08

『ゴッホ 最期の手紙』

Lovingvincent_1 2017年、英・ポーランド。KINENOTE の紹介文。

郵便配達人ジョゼフ・ルーラン(クリス・オダウド)の息子アルマン(ダグラス・ブース)は、パリ宛の一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホ(ロベルト・グラチーク)が、彼の弟テオに書いたものだった。アルマンはテオの消息をたどり彼の死を知るが、それと同時にある疑問が募る。ゴッホの死の本当の原因とは? そして、この手紙を本当に受け取るべき人間はどこにいるのか? (引用終わり)

「絵に描いたような」という形容があるが、本作はまさにそれをそのまま実行した驚異的な映像作品である。公式サイトに詳細な説明があるが、俳優が演じた映像を元に、世界中からオーディションで集めた125名の画家が、ゴッホのタッチを模して描いた6万枚以上もの油絵を、アニメーションのように連続する動画として撮影したものだ。

実は本作を続けて2回観るはめになったことを告白する。1回目はその映像の美しさに見入ってしまい、物語(字幕)がすんなり頭に入らないまま終わってしまったのだ。2回目はゴッホの死の真相を探求するなかで、ゴッホ自身の人生の実相に迫っていくアルマンの「旅」を追体験することができた。「一粒で二度美味しい」映画である。(笑)

ゴッホの死の真相にはいくつもの説があって現在でも謎とされているが、本作は決して「これが真相だ」というスタンスではないと思う。ただ、精神科主治医で絵画愛好家でもあったガシェと、その娘マルグリットが重要なカギを握っていることが暗示され、そのことが「最期の手紙」のその後の顛末を巡る感動的なエンディングに繋がっていく、ということだけは書いておきたい。

6月6日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/06/05

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

Interlude_1 2017年、英・チェコ。公式サイトの紹介文。

1787年、プラハはオペラ『フィガロの結婚』の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き、新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、『フィガロの結婚』のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、『フィガロの結婚』のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手スザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―(引用終わり)

モーツァルト生誕260年(中途半端やなあ・笑)を記念して製作された。原題 Interlude in Prague は、直訳すると「プラハでの間奏曲」で、やはりこちらの方がしっくりくる。ウィーンよりもモーツァルトの評判が高かったというプラハでのエピソードを、史実半分、創作半分といった感じで面白く纏めている。

とりわけ、モーツァルトのオペラにしてはデモーニッシュな色彩の強い『ドン・ジョヴァンニ』の創作過程に、彼自身が巻き込まれた三角関係の愛憎劇を絡めているところが秀逸で、実際これに近い出来事があったのかもしれないという妄想を膨らませてくれる。

全篇、現地プラハでロケ撮影され、細かいカットを畳みかける映像は大変美しく、また当然ながら要所要所で流れるモーツァルトの楽曲の数々が映画を盛り上げる。楽団員が皆カツラをつけて、現在とは全く異なる配置で古楽器(当時は現代楽器だが)を奏でる様子も興味深い。なお、スザンナ役の歌唱吹替はクリスティーナ・ジョンストンというイギリスのコロラトゥーラ・ソプラノで、プラハ国立歌劇場でも歌っているそうだ。

6月3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/06/02

『ボストンストロング』

Stronger_1 2017年、米。デヴィッド・ゴードン・グリーン監督。KINENOTE の紹介文。

ボストンで暮らすジェフ・ボーマン(ジェイク・ギレンホール)は、元彼女エリン(タチアナ・マスラニー)の愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付ける。しかし、爆破テロがゴール地点付近で発生し、巻き込まれたボーマンは両足を失う。ボーマンは意識を取り戻すと、爆弾テロリストを特定するために警察に協力する。ボーマンの証言を元に犯人が特定され、ボーマンは一躍“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びるが、彼自身の再生への戦いはまだ続いていた。(引用終わり)

原題は Stronger 。何とシンプルで、含蓄のあるタイトルだろう。それに比べて、邦題は折角の比較級を元に戻す愚挙に加え、「ダメな僕だから英雄になれた」などという身も蓋もない副題までつけている。そこまでやらないと、映画は人々に観てもらえないのだろうか。

それはともかく、本作は2013年ボストンマラソンのテロ事件に巻き込まれた主人公の回顧録に基づく実話ドラマである。少し前に観た『パトリオット・デイ』も同じ事件を題材にしていて、そちらは事件解決に向けた捜査当局の動きを克明に追った作品だったが、本作はごく普通の市民だった主人公の視点から、事件が及ぼしたインパクトをリアルに描いている。

一躍地元の英雄に祭り上げられた主人公は、アイスホッケーの試合に招待されるなど世間の注目を浴びるが、そうした表面的な華やかさとは裏腹に、本人は不自由な暮らしと苦しいリハビリに耐え、さらには事件現場での記憶が突然フラッシュバックするなど、苦難に満ちた日々を過ごしている。前後不覚になるまで酔ったり、献身的に手を差し伸べてくれるエリンにまで当たり散らす始末だが、そうした人間の弱さを克服して、彼が俄かヒーローではない、「より強い」ひとりの人間へと生まれ変わる過程こそが本作のテーマなのだろう。

5月31日 ジョグ10キロ
月間走行  151キロ

| | コメント (0)

2019/05/21

『星めぐりの町』

Hoshimeguri_1 2018年、実行委員会。黒土三男監督、小林稔侍主演。KINENOTE の紹介文。

妻を早くに亡くし、一人娘の志保(壇蜜)と二人暮らしの島田勇作(小林稔侍)。京都で豆腐作りの修業を積んだ勇作は、毎朝じっくりと手間と時間をかけて美味しい豆腐を作り、町の主婦や料理屋に届ける生活を続けていた。そんなある日、勇作の元に、警察官に付き添われ、東日本大震災による津波で家族全員を一瞬で失った少年・政美(荒井陽太・新人)がやって来る。政美は、勇作の亡き妻の遠縁にあたるという。突然の不幸によって心に傷を抱える政美を、ただ静かに見守り続ける勇作。やがて自然に根差した自給自足の勇作との暮らしの中、薄皮が一枚、また一枚とはがれるように政美は少しずつ心を再生させていく。だが勇作が配達に出ている最中、町が大きな揺れに襲われ、一人で留守番をしていた政美は震災の恐怖がよみがえり、姿を消してしまう…。(引用終わり)

小林稔侍76歳にして初めての主演作品。豊田市郊外の山間部で豆腐屋を営む主人公は、薪の竈でご飯を炊き、囲炉裏で暖を取り、薪で焚く風呂に入るという昔気質、職人気質の人間である(台所に一応電子レンジらしきものはあるが)。

そこに東日本大震災で天涯孤独となった遠縁の少年がやって来るところから物語が始まる。閉ざされていた彼の心が次第に開かれ、再生へと繋がっていく過程を、あくまで淡々と、美しい自然と人々の素朴な暮らしの中に置きながら描いている。

豆腐づくりのノウハウとか、娘志保を巡る人間関係とか、本筋から離れたディテールに尺を割いている印象を受けるが、そういったもろもろの事象を含んだ、豊田での地に足がついた生活そのもの、質素ながら心のこもった食事などの一切合切が、実は少年の心の再生への重要な基盤となっていくのだ。

なお、タイトルの「星めぐり」もまた本編ストーリーとは無関係に思えるが、ラストで重要な役割を果たす「雨ニモマケズ」の宮澤賢治が作った「星めぐりの歌」から取ったものだろう。映画『あなたへ』で使われていたから、小林稔侍が恩人と仰ぐ高倉健へのオマージュを籠めたタイトルなのだろう。

5月19、21日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/05/12

『トレイン・ミッション』

Mission 2018年、英・米。リーアム・ニーソン主演。公式サイトの紹介文。

10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされた会社員のマイケル。いつもの通勤電車で帰路につき、常連客に挨拶しながらも、頭の中は住宅ローンと息子の学費のことでいっぱいだ。そんな彼の前に見知らぬ女が座り、「乗客の中から、ある重要な荷物を持った人物を捜して欲しい」と持ちかける。ヒントは3つ。常連客ではなく、終着駅で降りる、プリンと名乗る乗客。高額な報酬に抗えず、元警官の経験を生かし捜し始めるが、駅の数だけ仕掛けられた罠に深まる謎、さらには、妻と息子が人質に取られたことを知る。やがてプリンが、国家をも揺るがす重大事件の目撃者であることを突き止め、ようやく6人にまで絞り込んだ時、巧妙に仕組まれていた恐るべき陰謀が明かされる。(引用終わり)

映画ネタは久しぶりだ(笑)。原題は The Commuter (通勤客)で、元警察官ではあるが、主人公マイケルが一人の通勤客として乗り合わせた通勤電車で、思いも寄らぬ陰謀に巻き込まれる。その顛末を、疾走する列車とともに描くサスペンス作品である。

列車という一種の密室を舞台に繰り広げられるサスペンスは、アガサ・クリスティー原作の『オリエント急行殺人事件』や、ヒッチコックの『北北西に進路を取れ』などの先例があるけれど、実年齢60代半ばのリーアム・ニーソンが体を張ったアクションや、終盤の列車暴走シーンではパニックものの要素もあり、そのあたりがこの作品の見所となっている。

ただ、設定そのものやストーリー展開に若干強引というか、説明不足ないし不能という箇所が散見され、その部分は割り引いて観なければならない。ちなみに、舞台として設定されたニューヨークの鉄道では撮影許可が下りず、イギリス郊外で列車1両半のセットを組んで撮影されたそうだが、そう言われても分からないほど良く出来ている。

5月10、12日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/15

『ダウンサイズ』

Downsizing 2017年、米。マット・デイモン主演。アマゾンの紹介文。

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。科学の進化によって、なんと人間を1/14に縮小する技術が発見された。ネブラスカ州オマハに住む、いたって平凡な夫婦、ポール(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。低収入でストレスの多い日々を送る二人は、大金持ちで、大豪邸に住めるダウンサイズされた世界に希望を抱き、13cmになる決意をする。しかし、ミニチュア化したポールに待ち受けるのは予想外の人生だった・・・。(引用終わり)

ダウンサイズされた人間と元サイズの人間との生存競争がテーマかと思いきや、途中からは縮小された人間のコミュニティ内での出来事だけが続き、ちょっと肩透かしを喰らった。現代社会への風刺や、地球規模の危機への対応などが主要テーマで、そこにラブロマンスも絡んでという展開なのだが、いかんせん焦点がボヤけてしまい、中途半端な印象は否めない。前半の人間縮小のプロセスがとてもリアルで面白かっただけに残念だ。

しかし、「ジェイソン・ボーン」シリーズでの不死身ぶりから打って変わった、マット・デイモンのダメ男ぶりがまた板についていて、随所で笑いを誘う。ベトナム人女性に振り回された挙句、彼女と同じユニフォームに身を包んだシーンは噴き出してしまった。また、帰宅したポールに向かって彼の母が、「人を縮めたり 火星に行けるくせに 私の病気は治せない」と愚痴をこぼしているが、これは『オデッセイ』を踏まえたセリフだろう。

4月13日 LSD20キロ
4月15日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/12

『羊と鋼の森』

Hituji 2018年、製作委員会。東宝配給。KINENOTE の紹介文。

北海道の田舎で育った外村直樹(山﨑賢人)は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎(三浦友和)と出会う。彼の調律したピアノの音に生まれ故郷と同じ“森の匂い”を感じた外村は、調律の仕事に魅せられ、その世界で生きていこうと決意。専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働き始める。いちばん年齢が近く兄のような存在である先輩・柳(鈴木亮平)に付きながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、ある日、高校生姉妹、和音(上白石萌音)と由仁(上白石萌歌)に出会う。柳の調律したピアノを二人が弾くと、和音の音は端正で艶やかな音を奏で、由仁は明るく弾むような音色になるのだった。ときに迷い、悩みながらも、ピアノに関わる多くの人に支えられ、外村は調律師として人として逞しく成長していく……。(引用終わり)

本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説を映画化。三浦しをん原作の『舟を編む』と同様、一般にはあまり知られていない職業に着目し、その仕事内容と苦労、やりがいなどを丁寧に描いた作品だけれど、どうしても地味な内容にならざるを得ないし、ストーリー的にも大きな盛り上がりはない。しかし、北海道の自然の美しい映像に加え、ピアノと自然音をうまくミックスした音声との相乗効果で、一篇の叙事詩を読むような美しく音楽的な作品に仕上がっている。

弦楽器であればボウイング、管楽器であればアンブシュアやリードなど、奏者自らの修練や工夫次第で楽器の音色はいくらでも変化するけれど、考えてみればピアノなど鍵盤楽器においては、奏者のタッチによる強弱やアタック(音の出だし)の変化はあるにせよ、楽器の音色そのものや響き方まではコントロールできないのだ。

その重要な部分を担っているのがピアノ調律師なのだ。長年クラシック音楽を聴いてきた自分だが、お恥ずかしながらピアノの調律師とは、楽器の音程のチューニングをする人のことだと思っていた。それももちろんあるが、打鍵メカニズムを調整する「整調」や、音色を調整する「整音」も、その仕事の重要な一部なのだ。

オーディオのグレードアップでピアノの音もより深く味わえるようになり、このところピアノ音楽への関心がにわかに強まっているが、そのウラには目に見えない調律師の仕事があるわけだ。映像での表現には限界があるけれど、本作を通じてその苦労の一端を窺い知ることは出来た。

4月11日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/09

『ヴィジット』

Visit 2015年、米。M.ナイト・シャマラン監督。アマゾンの紹介文。

休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい一週間を過ごす予定だった――その時までは。優しい祖父と、料理上手な祖母。しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、奇妙な「3つの約束」“楽しい時間を過ごすこと” “好きなものは遠慮なく食べること” “夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと” が伝えられる。
この家は、何かがおかしい。夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める二人。部屋の外から聞こえるただ事ではない物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。そこで二人が目にしたものとは――?(引用終わり)

予告篇の最後でシャマラン監督が「あなたは既にダマされている」と挑発しているが、上記紹介文からして既に観客を騙していると言わざるを得ない。まず、「3つの約束」の前2つは映画には登場しない。そちらは大して意味がないが、もうひとつ、もっと重要なことを敢えて伏せて書かれているのだ。

途中、そのことに気づかされるヒントは与えられているが、自分の場合は見逃してしまい、結果見事に騙されてしまった。種明かしをすればまあ納得のゆくストーリーだけれど、「ね、驚いたでしょ」と得意げに話を締めくくるいたずらっ子が、そのまま成人したようなシャマラン節は相変わらずだ。

全体は映画好きの姉が手持ちカメラで記録映画を製作する過程を追う「劇中劇」の構造になっている。両親の離婚のせいでそれぞれ心に傷を負った姉弟が、今回の事件の記録を通じてそれを克服し、前向きに生きていけるようになる今後が暗示されている。

また、結婚に反対されて実家を飛び出して以来、一切連絡を絶っていた彼らの母も、ついに「許し」を得ることが出来た。本物の「万能薬」を得ることになる「もうひとつのエンディング」の方が、ベタながら説得力があったような気がする。

4月7、9日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/03

『デビル』

Devil 2010年、米。M.ナイト・シャマラン原案、製作。ジョン・エリック・ドゥードル監督。シネマトゥデイの紹介文。

高層ビルで男が墜落死し、現場に急行した刑事ボーデン(クリス・メッシーナ)は、ロザリオを握りしめた死体に違和感を感じつつも、状況から自殺と判断する。ちょうどそのころ、同じビルのエレベーターが突然停止し、閉じ込められた5人の男女が、照明が消えるごとに1人ずつ無残な死を遂げるという奇怪な事態が起きていた。(引用終わり)

ナイト・シャマランの原案を有望な若手が映画化する「ザ・ナイト・クロニクルズ・プロジェクト」の第1弾だそうだ。特典映像に顔を出している監督はかなり若いが、シャマランの支援はあるにせよ相当な腕の持ち主と思われる。

内容はエレベーターという密室を舞台に進行するホラーサスペンスであり、最後は宗教的ないしオカルト的要素を強くしつつ、想像もつかない結末が用意されている。若手にメガホンを持たせても、そこはさすがにシャマラン映画ならではである。

冒頭に聖書の引用があり、また結末もキリスト教に馴染みのない人間にはスンナリ腑に落ちないけれど、純粋にホラーサスペンスものとして楽しめる作品だ。80分の短い尺に纏めたのも良かったのだろう。「プロジェクト」はこれまた3部作らしいので続篇に期待したい。

4月1、3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧