2017/08/14

『リリイ・シュシュのすべて』

Chouchou2001年、ロックウェルアイズ。岩井俊二監督。allcinema の紹介文。

中学生になった蓮見雄一は同じクラスの優等生・星野修介と仲良くなる。夏休み、2人はほかの仲間たちと西表島へ旅行に行く。そこで星野は2度命の危険にさらされる。そして逆に、島で知り合ったばかりのバックパッカーのあっけない死を目の当たりにする。旅行から戻った星野は変質し、番長を倒し自らその座に収まり、蓮見はいじめの対象になっていく……。学校での星野の凶悪さは常軌を逸し、その仕打ちに傷つく蓮見は、唯一の慰めとなっていたカリスマ的女性アーティスト“リリイ・シュシュ”のファンサイトを立ち上げ、そこで痛々しい心情を吐露していくのだったが……。(引用終わり)

この監督の作品を観るのはこれで6本目になるが、どれも独特の世界観を持っていて、「同工異曲」の対極を行くかのようである。本作では現代の中学生の実像を、残酷なまでにリアルに描き出している。

万引き、いじめ、暴力、援助交際、レイプ、自殺…。ドビュッシーの美しいピアノ曲をバックに、陰惨なシーンが続き、正直言って、観終えたあとは何とも言えない重さが胸に残る。唯一救いと思われたリリイ・シュシュの音楽すら、雄一にとっての存在意義を否定されかねない、大変皮肉な結末が待っている。

西表島旅行の詳細や合唱コンクールの顛末など、ディテールに凝り過ぎているきらいもあるが、それにもかかわらず、観る者の心に決して消えない刻印を残す作品である。監督自身が「遺作を選べたらこれにしたい」というのは多少大袈裟であるとしても。

8月12日 LSD20キロ
8月14日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/08

映画『君の膵臓をたべたい』

Img0072017年、東宝。住野よるの同名小説の映画化。公式サイトの紹介文。

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の思いを知る2人――。(引用終わり)

原作にはない「12年後」を設定し、過去と行きつ戻りつする構成を取るが、12年前の出来事を回想するという形であり、内容的には原作にほぼ忠実に作られている。むしろ、やや生硬な印象のある原作の文章を読むより、こうして映像で観た方がスンナリと、それこそ腑に落ちるという気もする。

浜辺美波と北村匠海の主演2人は作品内容をよく理解していて、桜良と【僕】それぞれのキャラクター、表情、しぐさ、声までも表現出来ている。声と言えば、浜辺美波の声には透明感があり、「共病文庫」を朗読する場面(とりわけラストシーン)でそれが生きる。それにしても、今風の可愛らしい顔立ちなのに、何と古風な芸名なのだろう(本名という説も)。

北川景子の出番はそれほど多くない。高校生当時と比べると、やや不自然に感じるほど、格段に美人になっているけれど(笑)、桜良の手紙を読むシーンはテストなしのぶっつけ本番、さらにはアドリブで言った台詞もピタリと決まっている。それでも本人はいたって謙虚で、主演2人の演技を絶賛しているところが、いかにも彼女らしい。

8月6、8日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/07/30

『四月物語』

April1998年、ロックウェルアイズ。岩井俊二監督・脚本。松たか子、田辺誠一ほか。アマゾンの紹介文。

桜の季節。東京・武蔵野にある大学に通うため、北海道から上京してきた卯月は、慣れない土地で独り暮らしを始める。おとなしい性格の彼女は、個性の強い人々との触れ合いの中で、次第に心を開いていく。だが、そんな卯月も大学の志望動機を聞かれた時だけは、思わず言いよどんでしまうのだった。実は、卯月には人に言えない不純な動機があった――。(引用終わり)

この監督の作品は、『スワロウテイル』『リップヴァンウィンクルの花嫁』に続いて3作目。76分という短い尺で、劇場映画というよりは、松たか子のプライベートビデオのような作品である。この監督、もとはミュージックビデオの演出をしていて、「映像作家」と呼ばれることもあるそうで、本作を観ると確かにそれは頷ける。

本体のストーリーは言ってみれば他愛のないものであるけれど、花吹雪舞う武蔵野の風景や、アパートや大学での新生活のあれこれなど、印象的なエピソードをいくつも繋げて、一篇の映像として編集してみた。そんな感じの作品である。

冒頭、故郷の北海道の駅を出発するシーンでは、松本幸四郎はじめ松たか子のリアル家族が揃って見送っている。わずか数分の出番に、わざわざ大名跡がお出ましとは微笑ましい。(笑)

7月28日 ジョグ10キロ
7月30日 LSD20キロ
月間走行 190キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/21

『ふたりのベロニカ』

Veronique_21991年、ポーランド、フランス。クシシュトフ・キェシロフスキー監督。アマゾンの紹介文。

ポーランドとフランスで同時代を生きる二人のベロニカ。一人はポーランドで、音楽の舞台に合格が決まり、初めての舞台で胸の痛み感じ、突然の死を迎えてしまう。もう一人はパリで子供たちに音楽を教える先生で、ある日、人形劇の人形使いのアレクサンドルに出会い恋をする。もう一人のベロニカをそばに感じる不思議な出来事が起こる中、一本のテープがベロニカの元に送られ、その録音された音を頼りにカフェに行くとそこにはアレクサンドルがいた・・・。(引用終わり)

この監督の作品は『デカローグ』『トリコロール三部作』以来である。大まかなストーリーは確かにこのとおりなのだが、これだけでは半分も分からず、かと言って実際に最後まで観ても、さらに謎は深まるばかりという不思議な作品だ。

「この地球上にもう一人の自分がいる」というドッペルゲンガー現象は、古くから伝説や迷信の対象となり、多くの場合、死や災難の前兆とされるそうだ。実際この映画でも、ポーランドのベロニカは、旅行で来ていたパリのベロニクを偶然目撃した直後、ステージ上で急死してしまう。では、後にその事実を知ったベロニクには、果たしてどんな人生が待っているのか。

ベロニクは人形遣いのアレクサンドルと恋仲となるが、彼から人形劇で蝶に化身する人形が、実は2体あったことを知らされる。それによって彼女は何を感じたのだろう? また、彼女が立木にそっと手を当てるラストシーンは何を物語るのか? いくつか思わせぶりな手掛かりはあるものの、あくまで各人が想像するしかない。

しかし、そういった難解さを別にすれば、映像芸術作品として極上の出来を示している。全体に落ち着いた色合いの映像に、疑似バロック調の素朴な音楽(明示されていないが、監督お得意のブーデンマイヤー作曲と思われる)、そして何より両方のベロニカを二役(ポーランド語は吹き替え)で演じたイレーヌ・ジャコブの美しさは特筆すべきだ。

7月20日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/18

『ルートヴィヒ』

Ludwig_2ネタが夏枯れで、また映画ブログになっている。(苦笑)

1972年、伊・西独・仏。ルキノ・ヴィスコンティ監督。アマゾンの紹介文。

19世紀、18歳でバイエルン国王に即位したルートヴィヒ2世は音楽家ワーグナーに傾倒し、国の予算を危険にさらすほどの援助を施す。従姉のオーストリア皇后エリーザベトに恋い焦がれるもその恋は叶わず、彼女の妹ゾフィーと婚約するもこれを破棄。さらに戦争を嫌った彼は前線に弟のオットーを送り出すもののその弟は帰国後、精神を病んでしまう。
数々の苦渋に苛まれた彼はいよいよ厭世的になり、美男の従僕たちとの退廃的な暮らしに耽溺。国王の役目を果たさないことに業を煮やした官僚たちは、彼から王位を引きはがそうと画策し始める……。(引用終わり)

「狂王」ルートヴィヒ2世の生涯を忠実に再現した伝記映画で、王の自殺事件の調査に応じる関係者の証言を交えて進行する。公開当初カットされた部分を復元した1980年の「復元完全版」は実に237分という長尺で、戦争や大きな事件が起きるわけでもなく、登場人物が延々と会話しているシーンが多いので、正直眠気を催すこともあった。

ヴィスコンティ監督作品らしく、絢爛豪華な衣装や調度品など、正に動く絵画を観ている気分である。ノイシュヴァンシュタインやリンダーホーフ、ヘレンキームゼーなど、王が実際に建築した城でロケが行われたこともあり、バイエルン王国の当時の威光を、現実の映像として観ることが出来る。

次第に精神の異常を来していく王の内面を窺わせるヘルムート・バーガーの迫真の演技、王の永遠の憧れであったエリーザベトを演じたロミー・シュナイダーの凛とした美貌が、この映画が最大のみどころだが、音楽ファンとしてはワーグナーが出てくるシーンが興味深い。「トリスタンとイゾルデ」初演の経緯や、バイロイト祝祭劇場の建設計画、さらには「ジークフリート牧歌」がクリスマスの朝にワーグナー家の階段で初演されるシーンなど、ここだけ取ればワーグナーの伝記映画でもあり、ワグネリアンは必見の映画だろう。

7月16日 LSD20キロ
7月18日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/15

『シン・ゴジラ』

Godzilla2016年、東宝。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみほか。KINENOTE の紹介文。

現代の日本。東京湾に突如として巨大不明生物が出現。政府首脳、官僚を中心に緊急対策会議が招集されるが、予測不能な事態に対応が追いつかない。やがて、上陸した巨大不明生物“ゴジラ”に対し、自衛隊に防衛出動命令が下る。一方、世界各国もこの未曾有の事態と日本の対応を注視、米国は大統領特使を日本に派遣し、対“ゴジラ”戦の主導権を握ろうとするのだが……。(引用終わり)

公式サイトにもある本作のキャッチコピーは「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。」である。まさにそのとおりで、ゴジラという想像上の巨大不明生物が出現したら、現実の日本という国はどう対応するのか。それを徹底的にリアルに描いた映画である。

同じようなシミュレーションものでは、小松左京の『首都消失』というSF小説を読んだことがある。そこでも首都が突然謎の雲に遮られてしまった時の政府の対応が、異常なまでの詳細さで記述されていたが、本作はそれをさらに上回るスケール感と現実味がある。

実際、上陸したゴジラを「駆除」するための作戦は、全て現実的なものばかりで、何とか爆弾だの光線だのといった「秘密兵器」は一切登場しない。その意味で、従来のいわゆる「怪獣映画」とは完全に一線を画していて、劇中でも「怪獣」という言葉は一度も使われていない。

また、ゴジラのエネルギー源が体内に内蔵された原子炉状器官である点など、2011年の福島原発事故に際しての東電、政府、自衛隊などの必死の対応を想起させる。その点、大変今日的な内容をもった『ゴジラ』第29作であるが、一方で、オープニングの東宝マークの復刻や、伊福部昭の音楽の再使用など、1954年の第1作へのリスペクトも随所に感じられる。

凍結したゴジラの尻尾の先に見えるものの正体は何か。諸説あるようだが、おそらく製作されるであろう続篇の中で、その謎は明かされることになるのだろう。

7月14日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/12

『ハドソン川の奇跡』

Sully2016年、米。クリント・イーストウッド監督。トム・ハンクス主演。公式サイトの紹介文。

2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた航空機を突如襲った全エンジン停止事故。160万人が住む大都会の真上で、制御不能の70トンの機体は高速で墜落していく。近くの空港に着陸するよう管制室から指示がある中、機長サリーはそれを不可と判断し、ハドソン川への不時着を決断。事故発生からわずか208秒のことだった。
航空史上誰も予想しえない絶望的な状況の中、技術的に難易度の高い水面への不時着を見事に成功させ、“全員生存”の偉業を成し遂げる。その偉業は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、サリーは一躍英雄として称賛される――はずだった。
ところが――機長の“究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまう。本当に不時着以外の選択肢はなかったのか? それは乗客たちを命の危険に晒す無謀な判断ではなかったのか? 事故調査委員会による度重なる追及は、サリーを極限まで追い詰める……(引用終わり)

実際に起きた事故の一部始終を当事者目線でリアルに再現し、併せて、あまり表面化しなかった、機長に対する責任追及の様子を描いた、第一級のドキュメンタリー映画である。イーストウッド監督は本作の製作に当たって、事故機と同型のエアバスA320を1機購入したそうで、おかげで大変迫力のある映像に仕上がっている。

むろん、事故のシーンは、機長の悪夢に出てくるマンハッタンのビル街への墜落風景を含め、すべてVFXによる合成映像である。ハドソン川に着水後、複数のフェリーボート等が救助に当たるシーンは、真ん中の飛行機のスペースを空けて船だけ実写で撮り、そこに飛行機の映像を嵌め込んだそうだが、後からそう知って驚くほどの出来栄えだ。

NTSB(運輸安全委員会)の抱いた疑惑は、シミュレーションによれば出発したラガーディアもしくは近隣の空港に安全に着陸できたという点と、左エンジンは完全には停止していなかった可能性があるという点である。

これらに関して、いずれも明確に否定する機長側との間で繰り広げられる応酬は、大変見応えがある。NTSBのメンバーは意地が悪いような印象を与えるが、いわゆるディベートと同じように、個人的な意見は別にして、ある物事を弁護する側と批判する側に分かれて徹底的に議論することが、正しい結論を導き出すという考え方によるのだろう。

ところで、トリビアネタをひとつ。サリー機長が事故機に搭乗する直前、ラガーディア空港の売店でツナサンドを買う場面があり、その売店の名前が Hudson News となっている。後にハドソン川に着水して大ニュースになることの暗示と取れるかもしれないが、これはアメリカの空港の多くで見かける店名で、事故との関連は全くの偶然である。それとも、事故に引っ掛けてわざわざ画面に映し込んだのだろうか。(笑)

7月10、12日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/09

『わが谷は緑なりき』

Howgreen1941年、米。ジョン・フォード監督。アマゾンの紹介文。

ギリム・モーガンの一家は、10歳の末っ子のヒューをのぞいて、すべて炭坑で働いていた。彼等はみな応分の収入があり、平和だった。家族の受ける給料は家長のモーガン老によって保管され、家庭のために決められた使途にあてられていた。長男のイヴォーは、新任の村の教会の牧師グラフィードの手でブロンウェンと結婚して、家を出て一家を構えた。だが平和な鉱山町も、経営者が労賃値下げを断行してから波乱が生ずる。モーガンの息子たちは組合を組織して戦おうとしたが、ギリム老は反対だった。息子たちはヒューとアンハラドをのこして、両親の元を去ってしまった。鉱夫たちはストライキにはいった。鉱山の管理人はモーガン老に、鉱夫のストライキを中止するような説得方を依頼したが、老人は断る。鉱夫の収入は依然として低かったので、モーガンの息子たちは渓谷の鉱山を去る決意をしていたが…(引用終わり)

舞台は19世紀末の英国ウェールズ地方のとある炭鉱町。この土地を去ることになったヒューの回顧の形で、炭鉱を取り巻く環境変化に翻弄された一家の歴史が淡々と叙述されていく。

ちょっと頑固な親父と肝っ玉の据わった母、そして6人の息子たちに一人娘というモーガン一家が物語の中心である。食事シーンがよく登場するところを含めて、何となく日本の大家族ものTVドラマでも観ているような気分になるが、むしろこちらが原型になっているのだろう。

一家はいろいろな災難に見舞われながらも、決して逃げることなく真正面からそれらに立ち向かう。そのひたむきさと正直な生き方は清々しくすらあり、こうした作品を1941年という時代に製作したフォード監督の力量、そしてアメリカという国の懐の深さを感じずにはいられない。第45代大統領も、妙な動画を作るヒマがあるなら、本作を是非観ておくべきだろう。

さらに特筆すべきは、モノクロながら非常に画質が良いことで、ピントがぴたりと合ったシャーブな画像は、とても戦時中のものとは思えない。もちろん谷の「緑」など見えないのだけれど、春の山に咲く水仙の群落なども含め、その美しい色彩が十分に想像できる。

7月8日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/06

『マラソンマン』

Marathonman1976年、米。アマゾンの紹介文。

マラソン好きの大学生のベイブ(ダスティン・ホフマン)は、兄ドグ(ロイ・シャイダー)がナチ戦犯のゼル(ローレンス・オリヴィエ)の運び屋で、しかもゼルを裏切って殺されたことから、ゼルの拷問を受けることになる。平凡な若者が犯罪に巻き込まれていく恐怖を描いた、『真夜中のカーボーイ』などで知られるジョン・シュレシンジャー監督の意欲的サスペンス映画。(引用終わり)

主人公のベイブがセントラルパークの貯水池の周囲を走るシーンが登場し、彼の部屋には尊敬するアベベ・ビキラの写真が飾られているものの、紹介文のとおりこれはマラソンをテーマとした映画ではない。

ストーリーはかなり複雑で、結局主人公を取り巻くほとんどの人物が敵だったということになるが、最後の浄水場でのベイブとゼルの対決シーンに向けて、じわじわとサスペンスが盛り上がっていく。

アメリカ社会、特に映画業界の反ナチ感情は根強いものがあるようで、それは何もこの作品だけに限らないが、元歯科医という設定のゼルが歯の治療器具でベイブを拷問するシーンは、ナチスドイツの残虐さを象徴するかのようだ。名優ローレンス・オリヴィエがよく承知したものだと思うが、さすがに鬼気迫る名演技だ。

ところで、その役名のゼルというのは、英語字幕では Szell となっていて、かのハンガリー出身の名指揮者ジョージ・セルと同じ姓である。しかし、ジョージ・セルはナチスの脅威を恐れてイギリスに移住、アメリカ演奏旅行中に第二次大戦が勃発したため、そのままアメリカに留まったというから、おそらくユダヤ系だと思われる。同じ名字でナチ残党というのは、一体どうなっているのだろう?

7月4、6日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/30

『後妻業の女』

Gosai2016年、製作委員会。大竹しのぶ、豊川悦司、他。allcinema の紹介文。

結婚相談所主催の婚活パーティで老人たちを虜にし、狙い通りに中瀬耕造(津川雅彦)と結婚した武内小夜子(大竹しのぶ)。2年後、耕造は脳梗塞で入院するとほどなく他界。葬儀の席で小夜子が耕造の2人の娘、朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)に突きつけたのは、全財産を小夜子に遺すと記された“遺言公正証書”だった。とうてい納得いかない朋美は同級生の弁護士に小夜子のことを調べてもらう。すると、小夜子が裕福な老人の後妻に入っては全財産を巻き上げるということを生業とする“後妻業の女”と判明。しかもそれを背後で操っていたのが結婚相談所の所長、柏木亨(豊川悦司)だったのだ。朋美は裏社会の探偵・本多芳則(永瀬正敏)とともに2人を追及していく。そんな中、次なるターゲットとなる不動産王・舟山喜春(笑福亭鶴瓶)に近づいていく武内小夜子だったが…。(引用終わり)

黒川博行著『後妻業』を映画化したもの。全くの偶然だが、これを地で行ったような事件の裁判が、京都地裁でちょうど始まったところだ。小説はこの事件を予言していたと評判になったが、いずれにしても、「真実は小説より奇なり」とはよく言ったものだ。

本作ではその騙しの手口の詳細はもちろん、それにまんまと嵌ってしまう老人たちの事情もリアルに描かれている。カネは持っていても、妻に先立たれたり独身だったりで、心の中はとても寂しい。そこに巧みに付け込む「後妻業」は、高齢化時代の仇花というべきか。

ただ、全篇を通じて受けるイメージは、犯罪ドキュメンタリーというよりは、ブラックコメディのようであり、カネと色に振り回される人間の悲しい性が透けて見える。同じ黒川氏の「厄病神」シリーズも似たようなテイストだが、さらに言えば井原西鶴以来の大阪文芸の伝統と言えるかもしれない。

ただ、結末のストーリーは頂けなかった。カラッと明るく終わりたいのは分かるが、ほとんど荒唐無稽に近く、それまでの折角のリアリティを台無しにしているような気がする。

6月28、30日 ジョグ10キロ
月間走行    205キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧