2021/04/19

『大病人』

Lastdance1993年、ITAMIFILMS製作、東宝配給。伊丹十三脚本監督。三國連太郎、津川雅彦、宮本信子ほか。KINENOTE の紹介文。

俳優兼映画監督の向井武平は、ガンで余命いくばくもないオーケストラの指揮者が最後のコンサートに挑むという映画を自ら監督・主演していたが、撮影中に倒れて病院に運ばれる。妻・万里子の大学時代の友人でもある医師の緒方洪一郎が担当医となるが、向井の体はあともって一年という癌に冒されていた。緒方は向井に病名を偽り手術を施すが、暫くすると向井はまた倒れてしまう。映画の共演者であり愛人である神島彩を病室に密かに呼び出し情事を行うなど、何かと問題患者の向井に怒った緒方はつい軽率な発言をしてしまい、向井はショックのあまり自殺を図る。一命を取りとめた向井は緒方に真実を告げてくれと訴え、いがみあっていた二人は協力して死を迎えることになった。(引用終わり)

本作が製作された1990年代前半まで、癌に関して患者本人には告知しないケースが少なくなかったが、この頃を境にして時代は転換点を迎え、「インフォームドコンセント」の観点から本人に告知する方が主流となってきたという。

本作の中でもそのことが如実に現れている。前半まで向井は「胃潰瘍」とされたまま手術を受けるが、周囲の状況から「自分は癌ではないか」との疑念を抱く。自暴自棄の末に自殺を図った向井は、何とも幻想的な臨死体験をする。

奇跡的に一命を取りとめた向井はそれを境に死を覚悟し、残された時間をいかに有効に過ごすかを考えるようになる。癌の告知や余命宣告は医師にとっての敗北だという緒方医師に対して、向井は次のように言って正々堂々、むしろ晴れ晴れと告知を受けるのだ。

「俺を死なすと考えるなよ」「死ぬまで、俺を最もよく生かすと考えろ」「いいんだ。この先は俺の生き方の問題で、君らの管轄外だ」「やりたいことを全てやったあとの安らかなエンディング」「うらうらと春の日の照る中を、ヒバリが上がるように昇天したいよ」

全く同感である。自分も今そのことだけを考えていると言って過言ではない。やりたいこと全てが出来るわけではないが、体力と財力(笑)の許す限りのことをし終えて、悔いのない最期を迎えたい。向井のように満足気に、そして周囲の人たちの微笑みに囲まれて。チューブで機械に繋がれたまま、ただ生かされているだけの末期なんて真っ平御免である。

| | コメント (0)

2021/03/25

『お葬式』

Osoushiki1984年、伊丹プロダクションほか。伊丹十三脚本、監督。山﨑務、宮本信子、菅井きんほか。Wikipedia の紹介文。

ある日、俳優の井上侘助と妻で女優の雨宮千鶴子は夫婦共演のCM撮影を行っていたが、そこに突然連絡が入る。千鶴子の父・真吉が亡くなったのだ。親族代表として葬式を出さなくてはならなくなった侘助はマネージャー里見の助けを借りつつも途方に暮れる。千鶴子の母・きく江や千鶴子の妹・綾子夫婦、そして真吉の兄・正吉とともに遺体を伊豆の別荘に運び、お通夜の準備に取り掛かる。葬儀屋・海老原とともに、お通夜当日の朝を迎える侘助達。付人も応援に駆け付けたが、そこには喪服を着た侘助の愛人・良子もいた。(引用終わり)

公開当時に一度観た記憶があるが、当時まだ26歳になったばかりで、親の葬儀を出すなんて想像すら出来なかった。それがいま、実際にそれを体験したあとで再び本作を観ているのが不思議な気がする。

本作が公開された昭和末期当時、今のような葬儀専用の会館とかホールはまだ多くなかったと思う。葬儀は町内の集会所とか、本作のように自宅で出すのが普通だった。祭壇や受付など会場のセットから始まり、通夜や葬儀のあとの振舞いまで、遺族親族はまさにテンテコ舞いだった。「お葬式」は、今とは比較にならないほどの一大行事だったのだ。

実はその感覚がなければ、基本的に「葬式あるある」である本作の面白さは十分に伝わらず、登場人物たちへの感情移入も中途半端に終わってしまうように思う。畳にじっと正座したまま長いお経を聞いている辛さは、経験した者にしか分からないだろう。

もっと後の世代になれば、「昔のお葬式はこんなだった」という史料的価値すら帯びる可能性があり、伊丹十三の残したこの映画の存在は不滅と言えるかもしれない。本作の後も『タンポポ』『マルサの女』など斬新な作品を連発しながら、唐突にして不可解な転落死を遂げた才人の早世が惜しまれてならない。

| | コメント (0)

2021/03/13

『Fukushima50』

Fukushima2020年、製作委員会。佐藤浩市、渡辺謙ほか。公式サイトの紹介文。

マグニチュード9.0、最大震度7という巨大地震が起こした想定外の大津波が、福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲う。浸水により全電源を喪失したイチエフは、原子炉を冷やせない状況に陥った。このままではメルトダウンにより想像を絶する被害をもたらす。1・2号機当直長の伊崎ら現場作業員は、原発内に残り原子炉の制御に奔走する。全体指揮を執る吉田所長は部下たちを鼓舞しながらも、状況を把握しきれていない本店や官邸からの指示に怒りをあらわにする。しかし、現場の奮闘もむなしく事態は悪化の一途をたどり、近隣の人々は避難を余儀なくされてしまう。
官邸は、最悪の場合、被害範囲は東京を含む半径250㎞、その対象人口は約5,000万人にのぼると試算。それは東日本の壊滅を意味していた。残された方法は“ベント”。いまだ世界で実施されたことのないこの手段は、作業員たちが体一つで原子炉内に突入し行う手作業。外部と遮断され何の情報もない中、ついに作戦は始まった。皆、避難所に残した家族を心配しながら―(引用終わり)

大震災と原発事故から10年ということでWOWOWで放映されていたので観てみた(昨日地上波でも放映された)。オープニングの字幕に「事実にもとづく物語」とあって、確かにその通りの作品である。「事実」100%だけで作られたのではなく、そこに何がしかの「物語」が織り交ぜられている。

ただ、その辺りが何となく中途半端な感じを与えるのは否めない。NHKなどが作るドキュメンタリー番組ではなく、あくまで劇場公開の商業作品なので仕方がないとはいえ、それが本作のドキュメンタリーとしての水準の高さゆえのことだとしたら残念なことだ。「事実」だけをもって語らせる、という手法もありえたと思う。

そこは措くとしても、発電所内部をほぼ忠実に再現したセットを使った映像はリアリティに溢れ、混乱を極めた現場の雰囲気がひしひしと伝わる。ほとんど知られることのなかった事故直後の現場の実態を再現し、記録しようとしたところにこそ、本作の意義があるのだと思う。

佐藤浩市、渡辺謙の主役二人がさすがの貫禄を見せ、名前を挙げるとキリがないほど豪華な脇役陣も健闘している。「イラ菅」と呼ばれた当時の総理を佐野史郎が熱演すれば、吉岡秀隆がひとり号泣するシーンだけで存在感を示す。東電本店・小野寺常務役の篠井英介は、お約束の憎まれ役が板に付きすぎて笑ってしまったが。

| | コメント (2)

2021/03/04

『首都消失』

Blackout1987年、製作する会。舛田利雄監督。渡瀬恒彦、名取裕子ほか。allcinema の紹介文。

ある日突然、首都・東京を覆った高さ2km、直径50kmの巨大な“雲”。外部から一切の連絡は行えず、中でいったい何が起きているのか想像すらできない。判っている事は2000万人という都民を飲み込んだまま、日本の中枢が突如、機能を停止したということだけだ……。(引用終わり)

小松左京三部作、というのかどうか知らないが、『日本沈没』『復活の日』と並ぶSFパニックものである。しかし、他の2作とはかなり趣きが異なっていて、73年版『日本沈没』が社会派SFだとすれば、本作はSF風メロドラマとでも形容すべきだろうか。

もちろん、「雲」の正体を突き止めるための関係者の奮闘ぶりが、多くの専門用語を交えて描写されているけれど、門外漢には何のことやらチンプンカンプンで、全てスルーしてしまうしかない。

それよりも、名取裕子演じるTVレポーターを巡る、電機会社部長(渡瀬恒彦)と、TVディレクター(山下真司)の三角関係の成り行きの方に、むしろスポットライトが当てられている気がする。

それもひとつの方向かもしれないが、小松左京原作の映画を観に来て、そこに長々と尺を使われると、肩透かしを喰らうというか、鼻白んでしまう。せっかく時間をとって観た映画の批判は極力しない主義だけれど、舛田利雄監督ということで多少期待していただけに残念な作品だ。

| | コメント (2)

2021/03/01

『フライト・ゲーム』

Nonstop 2014年、米。リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア他。KINENOTE の紹介文。

航空保安官ビルが客を装いアメリカ・ニューヨークからイギリス・ロンドンへ向かう旅客機に乗り込んだところ、何者かからメールが届く。その内容は、1億5千万ドルを指定口座に送金しなければ20分ごとに1人ずつ機内の誰かを殺すというものだった。単なるいたずらかどうか真偽のほどを疑っているうちに、1人目の犠牲者が出る。大西洋上空をフライト中の密室とも言える航空機内で起こった殺人にビルはまず乗客を疑い携行品を調べるが、何も手がかりになるようなものは見つからない。保安局が乗客名簿を調べるも怪しい点は誰にもなく、指定された口座がビル名義であるため彼へ疑いの目が向けられてしまう。次の犠牲者が出るまでのタイムリミットが迫り緊張感が高まる中、見えざる敵との頭脳戦が始まる……。(引用終わり)

原題は NON-STOP で、こちらの方が映画の内容にピッタリだ。大西洋上をフライト中の航空機内で発生した凶悪事件に立ち向かう航空保安官の孤軍奮闘を描いた、文字通りのノンストップ・サスペンスである。

航空機内でのインターネット利用は今や当たり前になったが、本作での犯人との遣り取りは全て携帯を通じて行われる。いかにも今の世相を反映した作品設定ではあるけれども、事件の真相部分では20年前の2001年に起きたテロ事件が、いまだにアメリカ社会に深い傷跡を残していることを窺わせる。

後ろめたい過去を持ちながらも、体を張って全身全霊で事件に立ち向かう航空保安官をリーアム・ニーソンが熱演。一方、ジュリアン・ムーアは、彼と偶然隣席となったキャリアウーマン風の女性を、最後のセリフに至るまでワケありっぽい雰囲気を漂わせて好演していた。

脇役陣では、偶然乗り合わせたNY市警察の警官や中東出身と思しき医師がいい味を出していたし、最後まで操縦桿を握った副操縦士の機転と勇気に拍手を贈りたくなった。

| | コメント (2)

2021/02/26

『日本沈没』

Chinbotsu_202102252014011973年、東宝。藤岡弘、小林桂樹、丹波哲郎ほか。映画ドットコムの紹介文。

小笠原諸島のとある島が突如として姿を消した。小野寺の操縦する潜水艇に乗って調査に向かった田所博士は、海底に重大な異変が起きているのを発見し、近いうちに日本が海底に沈むという恐るべき予測にたどり着く。やがて、日本各地で大地震や火山の噴火が起こりはじめ……。(引用終わり)

2006年版に続き、1973年版を観てみた。確かに全体的なタッチはかなり異なり、あえて単純化して言えば、前者はエンターテインメント、後者は社会派SFとでも言うべきだろうか。

特に、本作の前半では海底の異変を察知した科学者たちの分析や、遠からずやってくる危機への政府の対応などが淡々と描かれるが、驚天動地のパニック映画を期待した観客からすれば若干間延びした感じすら与えるだろう。

後半はさすがにゴジラを生んだ東宝ならではの特撮映像がこれでもかと登場。50年近く経った今でも劇場の大スクリーンで観れば相当な迫力だろう。その映像が雄弁に物語る「日本沈没」という事態に、政府も国民もなすすべなく呑み込まれていく様子が大変リアルで、SFの世界だけの絵空事として客観的に観ることが出来なかった。

俳優陣では、小野寺役を演じた(まだ「、」のつかない)藤岡弘がとてもエネルギッシュである。いしだあゆみとの控えめなラブシーンは当時話題になったことだろう。田所博士役の小林桂樹、山本総理役の丹波哲郎はいずれも当時50歳前後、脂の乗った演技はさすがである。

また、東大地球物理学の竹内均教授が本人役で登場、かなりの尺を使って地球内部の構造や地殻変動の仕組みを解説するシーンがあり、これが大変分かりやすいと評判になったそうだ。ちなみに原作者の小松左京も、資料を届けに来た社員役でカメオ出演している。

2月25日 ジョグ4キロ
月間走行  8キロ

| | コメント (4)

2021/02/20

映画『ファーストラヴ』

Firstlove_202102192101012021年、製作委員会。北川景子、中村倫也、芳根京子他。公式サイトの紹介文。

川沿いを血まみれで歩く女子大生が逮捕された。殺されたのは彼女の父親。「動機はそちらで見つけてください」。容疑者・聖山環菜(芳根京子)の挑発的な言葉が世間を騒がせていた。事件を取材する公認心理師・真壁由紀(北川景子)は、夫・我聞(窪塚洋介)の弟で弁護士の庵野迦葉(中村倫也)とともに彼女の本当の動機を探るため、面会を重ねる。
二転三転する供述に翻弄され、真実が歪められる中で、由紀は環菜にどこか過去の自分と似た「何か」を感じ始めていた。そして自分の過去を知る迦葉の存在と、環菜の過去に触れたことをきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずの「ある記憶」と向き合うことになるのだが…。(引用終わり)

島本理生の同名小説を映画化。原作にほぼ忠実にというより、むしろ小説より要領よく纏まっているように感じた。原作を読まずに観た人にもストーリーを追うのがさほど難しくないだろう。本筋から少し外れたエピソードは割愛し、環菜と由紀の関係性とその変容を軸に構成したことが功を奏している。

監督の堤幸彦、脚本の浅野妙子の手腕によるところが大きいのはもちろんだが、芳根京子、北川景子の迫真の演技がなければなし得なかった作品だろう。特に終盤、東京拘置所面会室での両者の全人格をかけた対峙シーンは大変な迫力があり、仕切りのアクリル板にお互いの顔が映り込んで重なる映像も示唆に富んでいる。

カット割りによる構成を得意とする堤監督にしては珍しく、このシーンではあえて長回しを決断して二人の演技に任せたという経緯が、公式サイトの「プロダクション・ノート」で紹介されている。

北川景子の演技が目に見えて向上しているのを感じた。若い頃はどうかすると真剣な取り組みが裏目に出てしまい、息苦しさすら感じることがあったが、本作では良い意味で肩の力が抜けた、余裕を残した演技ぶりだった。願わくば大器晩成タイプで、このまま着実に大女優への道を歩んでほしいものだ。

| | コメント (2)

2021/02/14

『日本沈没』

Chinbotsu_202102230934012006年、製作委員会。草彅剛、柴咲コウ、豊川悦司他。アマゾンの紹介文。

潜水艇「わだつみ6500」のパイロットの小野寺は、同僚の結城とともに深海調査に乗り出していた。そこでふたりは驚愕の事実を発見する。このままいくと海底プレートの沈降で、日本列島が海に沈んでしまうことがわかったのだ。日本の危機が目前だと、ふたりを指揮していた地球科学博士の田所はほかの科学者や日本政府にSOSを出す。しかし、地殻変動は起き、火山は噴火、大地震が起こり、国民はパニックに陥る。(引用終わり)

小松左京つながりで観てみた。1973年に映画化されて以来、33年ぶりにリメイクされた作品。未見の73年作品と内容はかなり違うようであるが、それだけ原作が多様な要素を含んだ、スケールの大きな作品であるということだろう。

本作ではSF、パニック、ラブロマンス、サスペンスなどの要素を適宜盛り込み、特撮とVFXを駆使した迫力ある映像とともに、さほど肩の凝らない娯楽作品になっていると思う。ツッコミどころは数多いが、それをいちいちあげつらうより、ひとつでも心に残るシーンがあれば観た甲斐はあるというもの。

大地真央演じる危機管理担当大臣が陣頭に立って大活躍、ラスト近くで国民に対する政府声明を肉声で発するシーンは胸に迫った。木で鼻を括った官僚作文を俯いて読むだけの総理大臣や、女性の活躍に対する理解を全く欠いた元総理にこそ、このメッセージを聞いてもらいたいものだ。

2月12日 ジョグ4キロ

| | コメント (2)

2021/02/08

『復活の日』

Virus1980年、角川春樹事務所、TBS。小松左京原作。深作欣二監督。草刈正雄、オリビア・ハッセー他。アマゾンの紹介文。

米ソ冷戦下、密かに開発された細菌兵器MM-88を積んだ輸送機がアルプスの山中に墜落。雪解けの春を迎え、増殖を始めた菌は新型インフルエンザ “イタリアかぜ” として世界中に蔓延。猛威を振るう謎のウイルスに全世界が恐怖に陥る。ホワイトハウスが超低温ではウイルスが機能しないことを突き止め、ワクチン開発に乗り出すが、すでに人類は滅亡寸前に追いこまれていた。そして、南極大陸探検隊の863人だけが残された。しかし、南極日本隊の吉住は、米ソの自動報復システムによって核ミサイルの標的となることを知ってしまう。人類は、地球は生き残ることができるのだろうか!?(引用終わり)

英語タイトルはずばり VIRUS である。ウイルスと人類の戦いを主要テーマとした本作は、現下のコロナ禍を生きる今の我々に対しても、単なるSF映画にとどまらない重い問題提起をしていると言える。

米ソ冷戦下で開発された細菌兵器が盗まれたことが発端となるなど、当時の世界情勢を背景にしたストーリーに古さを感じるものの、「イタリア風邪」が世界中にパンデミックを引き起こす惨状を描いた前半の映像に、我々はおそらく当時の観客以上に、ただならぬリアリティを感じてしまう。

南極に残された各国探検隊のメンバーが衆議一決、「復活の日」を目指して的確な行動方針を決めていく様子は感動的でさえある。そういう極限状況にならなければ発揮されないのかもしれないが、人類の知恵と能力は決して捨てたものではないというポジティブなメッセージを感じた。

南極ロケまで敢行し、本物の潜水艦を使用するなど、製作費25億円に及んだというこの超大作。それまでの日本映画の常識を覆すと同時に、批判も多かった角川映画の中では出色の作品なのではないかと思う。

| | コメント (2)

2021/02/02

『トゥルー・クライム』

Truecrime1998年、米。クリント・イーストウッド脚本、監督、主演。アマゾンの紹介文。

サンフランシスコ湾に臨む町オークランドのサン・クエンティン刑務所。フランク・ビーチャムは翌日の深夜0時1分、死刑に処される。6年前、19歳の白人で妊娠していたコンビニ店員を射殺した罪に問われて…。彼が黒人であり、また世論の反発が強く、無実を訴えても道は開かれなかったのだ。その晩、当時事件を追っていた新聞記者ミシェルが事故で死亡し、急きょフランクの取材を任された先輩記者スティーブ・エベレットは、即座に無実の匂いを嗅ぎとり捜査を開始する。(引用終わり)

一介の新聞記者が6年前の冤罪を暴き、死刑執行をギリギリで止めさせるというのは、ちょっと現実離れしたストーリーと言えなくもない。しかし、そこに至るまでのプロセスが丁寧に、かつテンポ感良く描写されているので、主人公にすっかり感情移入してしまい、最後はハラハラドキドキのサスペンスに手に汗握る。映画巧者ならではの作品だ。

「本当の犯罪」というタイトルの意味するところは明らかだが、その執行の部分を担当する刑務所の職員たちが、冤罪の片棒を担ぐ犯罪者というより、職務に忠実な普通の人間という目で描かれているところに好感が持てる。緑色のクレヨンを巡るエピソードが象徴的である。

なお、主人公の娘ケイトを演じたのはクリントの実の娘フランシスカで、その母親フランシスが検事のセシリア役、クリントの妻ディナがTVレポーター役で出演している。気心の知れた身内で固めるのが、クリントの流儀なのだろうか。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧