2020/01/18

『マイ・インターン』

Theintern2015年、米。ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ他。アマゾンの紹介文。

舞台はニューヨーク。華やかなファッション業界に身を置き、プライベートも充実しているジュールス。そんな彼女の部下に会社の福祉事業として、シニア・インターンのベンが雇われる。最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールスだが、やがて彼の心のこもった仕事ぶりと的確な助言を頼りにするようになる。そんな時、ジュールスは仕事とプライベートの両方で思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られる――。(引用終わり)

ちょっと前に「ほぼ日」のエッセイで紹介されていて面白そうだったので観てみた。登場人物はいい人ばかりで、70歳のベンは何でもこなせるスーパーマンと、設定がちょっと甘すぎる気もするけれど、疲れた心身をリフレッシュしてくれるビタミン剤のような映画だ。ファッションには疎いのでよく分からないが、細部までこだわったという映像は美しいし、きびきびとした場面転換などテンポ感も快い。

ベンとジュールスが恋仲になったり、ベンが会社の重役に迎えられ、といった結末を恐れていたが、さすがにそんな陳腐なことにはならなかった。厳しい現実に正面から立ち向かおうとする若い人たちを、人生経験豊かなシニアが側面からそっと支える。世代間の協力関係はかくあるべしという見本のようなストーリーだ。

何と言っても、デ・ニーロの表情がいい。長い人生経験が顔から滲み出ていて、少しニコッとしただけで警戒心や反抗心は消え、ツボを押さえた一言に、「いやもう仰るとおり!」と唸ってしまう。こんなシニアばかりだったら、世の中どんなに素晴らしいかと思う。自分自身への自戒を込めて。(苦笑)

| | コメント (1)

2019/12/19

『愛と宿命の泉』

Manon1986年、仏。クロード・ベリ監督。前篇後篇合わせて4時間近い大作である。アマゾンの紹介文。

(前篇)1920年、フランスのプロヴァンス地方。兵役を終えて帰ってきたウゴラン(ダニエル・オートゥイユ)は、伯父のセザール(イヴ・モンタン)の家の近くに身を落ち着けた。セザールは富と力をもつスベラン家の長老であり、人々から“パペ”と呼ばれていたが、結婚もせずに独身を貫いていた。スベラン家の血筋を絶やさないためにも、ウゴランに妻を迎えるようにせきたてた。しかし不器用で内気なウゴランの夢は、結婚よりもカーネーションの栽培だった。
問題は大量に水が必要なこと。パペは甥を助けるために手段を選ばない。泉の出る土地を自分たちのものにするため、その所有者の隣人を殺めてしまい、泉もセメントで埋めてしまった。その土地を相続したのは、隣人の妹フロレットの息子ジャン(ジェラール・ドバルデュー)だった。希望に溢れたジャンが、妻のエーメと娘のマノンを連れて都会から越してきた…。
(後篇)ジャンの悲劇的な死から10年後。策謀により彼の土地を手に入れたパペとウゴランはカーネーション栽培で豊かに暮らしていた。一方、ジャンの娘マノン(エマニュエル・ベアール)は輝くばかりに美しく成長し、同じ村の羊飼いとして暮らしていた。そんなある日、狩りに出たウゴランは、泉で水浴びするマノンの姿を見て一目で恋に落ちてしまう。(引用終わり)

タイトルすら知らなかったが、ケイタローさんのコメントに紹介されていて興味を持ったので観てみた。セザールを中心に三代(お腹の中には四代目も)にわたるスベラン家を取り巻く愛憎劇を描いた人間ドラマが、極端な少雨のため農業には厳しいプロヴァンス地方の自然と、その中で生きる人々のナマの生活感情を交えて、大河ドラマのように展開していく。

とりわけ、強欲や打算、策謀といった人間の負の側面と、それによる因果応報ともいうべき厳しい運命が、残酷なまでにリアルに描かれている。ダイナマイトが爆発した直後の井戸掘削現場に駆け寄ったジャン。ジャンの家族が出て行くと分かった途端、隠していた泉を確かめに行ったウゴランとセザール。いずれも水が湧くのを一刻も早く自分の目で見たかったからだが、その一瞬の油断が自業自得の結果を招いてしまうのである。

本作を観ながら、何とはなしにではあるが、聖書を引用ないし下敷きにしているような匂いを感じた。各種映画情報サイトでは特に指摘はないが、アマゾンのユーザーレビューで、旧約聖書の「コヘレトの言葉」を踏まえたものであるとの投稿があった。人の運命は予め決められているとする決定論に基づく世界観は、確かに本作の内容に一脈通じるところがあるのかもしれない。

オペラとの関連も少々あって、冒頭から最後まで全体を通じて流れるハーモニカによるメロディは、ヴェルディのオペラ「運命の力」で、そのタイトルは本作の内容を暗示している。また、ジャンの妻エーメは元オペラ歌手で、オペラ「マノン」(マスネかプッチーニかは不明)で評判となったので、娘の名前もマノンにしたというし、ジャンの死後は歌手として復帰し、「アイーダ」の端役を歌ったというくだりがある。

| | コメント (3)

2019/11/28

『ミスター・ガラス』

Glass132019年、米。ナイト・シャマラン監督作品。公式サイトの紹介文。

フィラデルフィアのある施設に3人の特殊な能力を持つ男が集められ、研究が開始された。彼らの共通点はひとつ―自分が人間を超える存在だと信じていること。不死身の肉体と悪を感知する力を持つデヴィッド(ブルース・ウィリス)、24もの人格を持つ多重人格者ケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)、そして、非凡なIQと生涯で94回も骨折した壊れやすい肉体を持つ〝ミスター・ガラス″(サミュエル・L.ジャクソン)…。彼らは人間を超える存在なのか? 最後に明らかになる“驚愕の結末”とは? M.ナイト・シャマラン監督が『アンブレイカブル』のその後を描く、衝撃のサスペンス・スリラー。(引用終わり)

紹介文には『アンブレイカブル』(2000)のその後とあるけれど、もうひとつ『スプリット』(2017)も加えた3部作という構成になっている。したがって、前2作を観ていないと3人の男たちの来歴等が分からず、「驚愕の結末」の意味もピンと来ないことになる。

ここまで伏線を張るだけ張って、いよいよこの完結篇で三者が一堂に会することになる。そこに謎の女性精神分析医が絡んでという展開だが、最後はアメリカン・コミックを踏まえた「スーパーヒーローは実在するのか」という命題に収斂していくことになり、それに向けての虚々実々の駆け引きが繰り広げられる。

フィラデルフィアに最近完成したという設定の「オオサカ・タワー」(あべのハルカスにヒントを得たものか?)でのアクションシーンを期待したけれど、そこに行くまでに勝敗が決してしまったのには少し拍子抜けした。しかし、「驚愕の結末」には次に繋がる伏線が張られているようでもあり、三者それぞれの関係者に引き継がれた続篇もありそうなエンディングは、いかにもシャマランならではである。

| | コメント (2)

2019/11/19

『花嫁のパパ』

Bride1991年、米。チャールズ・シャイアー監督。Yahoo! 映画の紹介文。

「花嫁の父」(1950)のリメイク。スポーツ靴メーカーの経営者ジョージ(スティーヴ・マーティン)は、可愛い娘アニー(キンバリー・ウィリアムズ)がイタリア留学から帰ってきていきなり結婚宣言して気が動転。相手は非の打ち所のない資産家の好青年ブライアン(ジョージ・ニューバーン)。妻ニーナ(ダイアン・キートン)は大喜び、周囲も大乗り気でジョージも露骨な反対で娘に嫌われたくないのでしぶしぶ了承。結婚する前になんとか娘に思い止まらせようというジョージの思惑とは裏腹に、結婚の準備は着々と進み、さらには費用も膨らむ一方で…。(引用終わり)

来月自分も同じ立場になるという、絶妙のタイミングでWOWOWが放映してくれたので、観ないではいられなかった。娘が結婚して家を出て行くに際しての父親の寂しさがテーマだと思っていたが、もちろんそういう場面はあるものの、どちらかと言えば結婚式の事前準備と当日の運営の大変さがメインテーマである。冒頭、結婚式までの半年間を振り返るシーンでジョージはこう述懐する。

結婚は単純だと思ってた
男と女が出会い 恋に落ち 指環を買う そして誓う
だが違った
“結婚”はともかく “結婚式”となると大変だ

「大変」さはもちろん金銭的なものを含む。娘の姓が変わるのに要した費用は、17年前に買った自宅(150人を招待できるほど広い)より高くついたというのである。アメリカでは花嫁側が結婚披露パーティの費用を全て負担するという伝統があるそうで、それはこの映画のように、新郎側が大邸宅に住む富豪で、結婚祝いに新車を1台ポンと寄越すような家であっても同じなのである。

結婚式当日、ジョージは多数の招待客にもみくちゃにされながら、娘に最後の挨拶をしようとするものの、招待客が路上駐車した車への対応などに追われ、とうとう娘に近づくことすら出来ずにお開きとなる。多額の費用を負担した挙句に、挨拶も出来ないまま娘は家を出て行った。「花嫁のパパ」の哀れさを象徴するようなシーンに胸がつまったが、最後にはそれを埋め合わせる出来事がちゃんと用意されて、目出度くハッピーエンドとなる。

ところで、アニーの年の離れた弟マティを演じているのはキーラン・カルキン。どこかで見た名前と顔だと思ったら、『ホーム・アローン』に兄マコーレーとともに出演していたのだった。本作公開当時9歳という子役ながら、惚けたユーモアを交えた演技はなかなか見事で、父母と娘の関係が込み入った場面でも、清涼剤のような笑いを提供してくれている。

蛇足ながら、続篇『花嫁のパパ2』も観たけれど、ちょっと無茶な設定に基づくストーリーで、それこそ蛇足という感が否めなかった。

もうひとつ蛇足ながら、昨日61歳になった。あと何回誕生日を迎えられるか分からないが、1年1年を、いや1日1日を大切に生きていきたいと改めて思った。

| | コメント (2)

2019/10/20

『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』

Hikita2019年、製作委員会。松重豊、北川景子ほか。公式サイトの紹介文。

ヒキタクニオ、49歳。職業は人気作家。サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。一回り以上年が離れた妻・サチと仲良く暮らしている。年の差婚のふたりは、子どもは作らず、気ままに楽しい夫婦生活を送るつもりでいたが、ある日の妻の突然の一言ですべてが変わった。
「ヒキタさんの子どもに会いたい」
サチの熱意に引っ張られる形で、妊活へ足を踏み出すことになったヒキタ。だが、彼は知らなかった。まだまだ若くて健康だと自負していたが、相反して、彼の精子が老化現象を起こしていたことを……。(引用終わり)

封切映画は久々、手術後は初めてだ。ストーマの不安があったけれど、ショッピングモール内の劇場だったので、設備の整った多目的トイレが利用でき、最後まで何ら問題なく鑑賞することが出来た。

不妊治療というデリケートな問題を取り上げながら、変に深刻過ぎず、むしろ適度なユーモアを交えながら、悲喜こもごものヒューマンドラマに仕上がっている。突飛な連想かもしれないが、伊丹十三の名作『お葬式』のようなテイストの作品であると感じた。

人工授精、顕微授精といった不妊治療の実際の内容について、医療関係者や当事者以外の人間はほとんど知識がないのが普通である。自分の周囲にも子供のいない夫婦は何組かいたけれど、それについてどう思いどう取り組んでいるか、本人が話してくれることは全くなかったし、こちらから尋ねるのは土足で人の心に踏み込む蛮行にすら思える。

本作はそういう「妊活」、とりわけ男性側に原因がある場合について、とっつきやすく分かりやすく解説してくれている。また、それが単なるノウハウものにとどまらず、妊活を通じて夫婦の絆が深まり、周囲の人間の理解も進むという理想的な姿を提示している。費用面も含めて、現実はそんなに甘くないという指摘があるかもしれないが、妊活入門としては合格点が与えられるのではないか。

主演の松重豊は、あの厳ついルックスに反して、どこか憎めないところのある中年作家を好演。北川景子はさすがに30歳台に相応しい貫禄がついてきたが、相変わらずの透明感と気品を保ち、役柄の幅がさらに広がったようだ(ファンの贔屓目・笑)。

| | コメント (0)

2019/10/05

『セブン・イヤーズ・イン・チベット』

Sevenyears1997年、米・英。ブラッド・ピット主演。アマゾンの紹介文。

1939年秋、ナチス統制下のオーストリア。有名な登山家ハインリヒ・ハラー(ブラッド・ピット)は世界最高峰の制覇を目指し、ヒマラヤ山脈の最高峰、ナンガ・パルバットを目指して旅立った。だが、第二次世界大戦の勃発により、イギリス植民地のインドで捕らえられ、戦犯の捕虜収容所に送られイギリス軍の捕虜となってしまう。
収容所での生活も2年を超えた1942年9月。同じく捕虜となった登山仲間とともに収容所を脱出し、そこからヒマラヤ山脈を越える決死の脱出。幾多の危機を乗り越え辿り着いたのは外国人にとって禁断の地であるチベットだった。そして、ハラーは若き宗教指導者ダライ・ラマと出会うことに。
実在したオーストリアの世界的登山家ハインリヒ・ハラーの原作を映画化したストーリー。(引用終わり)

退院後は音楽とオペラ三昧の日々だったが、たまには気分を変えて映画を観てみた。ヒマラヤ最高峰の登山や収容所からの逃走など、手に汗握るシーンが続く前半から一転、後半では西洋人はおろか同じアジアの日本人にとってすら別世界のようなチベットでの生活や、ダライ・ラマとの出会いと交流、そして別れが、美しい映像とそれに溶け込むような音楽(チェロ独奏はヨーヨー・マ)によって描かれている。

我が子の誕生を待たずに登山に出発するような身勝手な男だったハインリヒだが、幾多の危機を乗り越えるたびに、さらにはチベットの異文化やダライ・ラマとの交流を通して、人間的に成熟していく過程が窺える。その心の支えとなったのが未だ見ぬ息子の存在で、物語の節目節目でハインリヒが息子への思いを綴った手記が朗読される。

にもかかわらず、本国の妻からは離婚届が送られてきて、息子からは「父親でない人からの手紙は欲しくありません」と拒絶されてしまう。むしろ、ダライ・ラマとの交流が深まる中で父性に目覚めていったのかもしれないが、ダライ・ラマはそれを敏感に見抜いていた。彼はハインリヒに次のように言って、本当の息子に会いに戻るべきだと諭す。図星を指されたハインリヒは思わず嗚咽する。ダライ・ラマがただの子供ではないと痛感させられるシーンだ。

私はあなたの息子でなく
あなたを父と思ったこともない
父親なら気軽に話せない

(息子のことがずっと心にあるなら)
帰国して彼の父になるべきだ
私との仕事はもう終わった

蛇足ながら、ハインリヒの手記や手紙などは全てドイツ語で書かれていたのに、取り戻した友人ペーターの時計に添えたメモが英語で書かれているのはなぜだろう。ダライ・ラマや高官などチベット人とは英語で話しているようなので、ハインリヒは英語も堪能らしいけれど、ドイツ人であるペーターへのメモはドイツ語で書くのが自然ではないか。

| | コメント (2)

2019/06/14

『ゲティ家の身代金』

Allthemoney 2017年、米・伊・英。リドリー・スコット監督。KINENOTE の紹介文。

“世界中のすべての金を手にした”と言われた世界一の大富豪、石油王のジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)の17歳の孫ポールが誘拐され、1700万ドルという破格の身代金を要求される。しかし、大富豪であり稀代の守銭奴でもあるゲティは、その支払いを拒否する。ポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は離婚によりゲティ家を離れ、一般家庭の人間になっていた。彼女は息子のために誘拐犯だけでなく、ゲティとも戦うことになる。警察から狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、ゲイルは疲弊していく。一方、身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身が危なくなっていた。ゲティはそれでも頑なに身代金を支払おうとしない。ゲイルは愛する息子のため、一か八かの賭けに出る。(引用終わり)

『ゴッホ…』から耳切りつながり、というわけではないが。(笑)

実際にあった誘拐事件を題材にした作品。身代金誘拐事件と言えば、犯人と家族・警察との息詰まる攻防が見所になるが、本作はそこに祖父と母の家族間の対立が絡み、単なるサスペンスものにとどまらない、人間ドラマとしての厚みを持っている。

大富豪の石油王ゲティの徹底した吝嗇ぶりが最後まで徹底していて、身代金もただ支払うのではなく、どうやれば節税になるかを考える。なるほど、お金というのはこういう人間のところに集まるようになっているのかと、妙に得心がいった。

それとは対照的に、母親のゲイルは金銭には全く頓着せず、愛する息子を取り戻すことだけを考え、向こう見ずとも思える行動をとる。しかし、一方で祖父には祖父なりの孫への愛情があったことも事実で、彼がある意味「カネの魔力」に囚われていたことが分かる、ほろ苦いエンディングが印象的だった。

6月12日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/06/08

『ゴッホ 最期の手紙』

Lovingvincent_1 2017年、英・ポーランド。KINENOTE の紹介文。

郵便配達人ジョゼフ・ルーラン(クリス・オダウド)の息子アルマン(ダグラス・ブース)は、パリ宛の一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホ(ロベルト・グラチーク)が、彼の弟テオに書いたものだった。アルマンはテオの消息をたどり彼の死を知るが、それと同時にある疑問が募る。ゴッホの死の本当の原因とは? そして、この手紙を本当に受け取るべき人間はどこにいるのか? (引用終わり)

「絵に描いたような」という形容があるが、本作はまさにそれをそのまま実行した驚異的な映像作品である。公式サイトに詳細な説明があるが、俳優が演じた映像を元に、世界中からオーディションで集めた125名の画家が、ゴッホのタッチを模して描いた6万枚以上もの油絵を、アニメーションのように連続する動画として撮影したものだ。

実は本作を続けて2回観るはめになったことを告白する。1回目はその映像の美しさに見入ってしまい、物語(字幕)がすんなり頭に入らないまま終わってしまったのだ。2回目はゴッホの死の真相を探求するなかで、ゴッホ自身の人生の実相に迫っていくアルマンの「旅」を追体験することができた。「一粒で二度美味しい」映画である。(笑)

ゴッホの死の真相にはいくつもの説があって現在でも謎とされているが、本作は決して「これが真相だ」というスタンスではないと思う。ただ、精神科主治医で絵画愛好家でもあったガシェと、その娘マルグリットが重要なカギを握っていることが暗示され、そのことが「最期の手紙」のその後の顛末を巡る感動的なエンディングに繋がっていく、ということだけは書いておきたい。

6月6日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/06/05

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』

Interlude_1 2017年、英・チェコ。公式サイトの紹介文。

1787年、プラハはオペラ『フィガロの結婚』の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き、新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、『フィガロの結婚』のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、『フィガロの結婚』のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手スザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、その天才ぶりに引き付けられずにはいられなかった。急速にその距離を縮める二人。しかし、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを狙っていた。三人のトライアングルは愛と嫉妬と陰謀の渦に引き込まれてゆく―(引用終わり)

モーツァルト生誕260年(中途半端やなあ・笑)を記念して製作された。原題 Interlude in Prague は、直訳すると「プラハでの間奏曲」で、やはりこちらの方がしっくりくる。ウィーンよりもモーツァルトの評判が高かったというプラハでのエピソードを、史実半分、創作半分といった感じで面白く纏めている。

とりわけ、モーツァルトのオペラにしてはデモーニッシュな色彩の強い『ドン・ジョヴァンニ』の創作過程に、彼自身が巻き込まれた三角関係の愛憎劇を絡めているところが秀逸で、実際これに近い出来事があったのかもしれないという妄想を膨らませてくれる。

全篇、現地プラハでロケ撮影され、細かいカットを畳みかける映像は大変美しく、また当然ながら要所要所で流れるモーツァルトの楽曲の数々が映画を盛り上げる。楽団員が皆カツラをつけて、現在とは全く異なる配置で古楽器(当時は現代楽器だが)を奏でる様子も興味深い。なお、スザンナ役の歌唱吹替はクリスティーナ・ジョンストンというイギリスのコロラトゥーラ・ソプラノで、プラハ国立歌劇場でも歌っているそうだ。

6月3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/06/02

『ボストンストロング』

Stronger_1 2017年、米。デヴィッド・ゴードン・グリーン監督。KINENOTE の紹介文。

ボストンで暮らすジェフ・ボーマン(ジェイク・ギレンホール)は、元彼女エリン(タチアナ・マスラニー)の愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付ける。しかし、爆破テロがゴール地点付近で発生し、巻き込まれたボーマンは両足を失う。ボーマンは意識を取り戻すと、爆弾テロリストを特定するために警察に協力する。ボーマンの証言を元に犯人が特定され、ボーマンは一躍“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びるが、彼自身の再生への戦いはまだ続いていた。(引用終わり)

原題は Stronger 。何とシンプルで、含蓄のあるタイトルだろう。それに比べて、邦題は折角の比較級を元に戻す愚挙に加え、「ダメな僕だから英雄になれた」などという身も蓋もない副題までつけている。そこまでやらないと、映画は人々に観てもらえないのだろうか。

それはともかく、本作は2013年ボストンマラソンのテロ事件に巻き込まれた主人公の回顧録に基づく実話ドラマである。少し前に観た『パトリオット・デイ』も同じ事件を題材にしていて、そちらは事件解決に向けた捜査当局の動きを克明に追った作品だったが、本作はごく普通の市民だった主人公の視点から、事件が及ぼしたインパクトをリアルに描いている。

一躍地元の英雄に祭り上げられた主人公は、アイスホッケーの試合に招待されるなど世間の注目を浴びるが、そうした表面的な華やかさとは裏腹に、本人は不自由な暮らしと苦しいリハビリに耐え、さらには事件現場での記憶が突然フラッシュバックするなど、苦難に満ちた日々を過ごしている。前後不覚になるまで酔ったり、献身的に手を差し伸べてくれるエリンにまで当たり散らす始末だが、そうした人間の弱さを克服して、彼が俄かヒーローではない、「より強い」ひとりの人間へと生まれ変わる過程こそが本作のテーマなのだろう。

5月31日 ジョグ10キロ
月間走行  151キロ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧