2016/11/22

耶馬溪鉄道廃線ラン(後半)

耶馬トピアでの昼食休憩を終えて再び廃線跡に戻る途中、羅漢寺橋が見えた。先の耶馬溪橋に比べ、アーチが長くてゆったりしている。

Ts3r0037

国道212号に戻り、先ほど一旦折り返した地点から廃線ランを再開。その付近の羅漢寺駅、その先で国道から分岐してしばらく行った冠石野(かぶしの)駅ともに、痕跡はほぼ何もない。やがて左手の山国川対岸に巨大な岩山が見えて来た。

Ts3r0038

案内板によれば、「約200年前に一夜轟然と大音響を発して巌腹崩落して今日の景をなした」といい、道行く人々が自然と立ち止まって眺めるので、「立留りの景」というそうだ。

間もなく耶馬渓平田駅。ここはプラットフォームがそのまま残り、トイレも設置されていた。

Ts3r0041

この近くに馬溪橋があるので、少しコースから外れて見に行く。先の2つと合わせて、耶馬三名橋というそうだ。

Ts3r0039

再び廃線跡に戻り、しばらく単調な行程が続くが、途中紅葉がきれいな場所があった。

Ts3r0043

その先の対岸の山頂に巨岩が聳え立っている。酔仙巌というそうだ。写真では分かりにくいが、今にも転がり落ちて来そうに見えた。

Ts3r0045

津民(つたみ)駅の先で第二山国川橋梁を渡る。ここを1両のディーゼルカーがのんびりと渡っていた当時の様子が想像できる風景だ。

Ts3r0049

やがて、耶鉄柿坂駅の手前、市役所支所の裏辺りに、また紅葉が大変見事な場所があった。折角だからやや大きめのサイズでアップロード。(笑)

Ts3r0050_2

この先の第三橋梁は既に失われているが、対岸に渡った地点にご覧のようなモニュメントが置かれていた。昭和4年に1067ミリに改軌されるまでの762ミリゲージの線路をかたどってある。

Ts3r0054_2

この先でトンネルが5つ連続するが、第二トンネル内に湧き水があった。飲んでみたらとてもまろやかな味で、自販機もない区間なので非常に助かった。

Ts3r0056

次の下郷駅に到着。ここもホーム、駅舎が保存され、トイレもあった。ベンチでしばし休憩する。

Ts3r0057

間もなく第四橋梁を渡る。橋の上から橋の写真は撮れない道理で、身体を乗り出して撮るのが精一杯だった。

Ts3r0059

次の江渕駅を過ぎると、切通しになっている箇所があった。トンネルで抜くほどの高さではないためだろう。

Ts3r0061

一ツ戸の景。独特な山容が目を惹く。逆光で見づらかったが、紅葉と緑の対比が美しい。

Ts3r0063

中摩(なかま)駅を過ぎ、田畑の中の真直ぐな軌道跡をひたすら進むと、次の白地(しらじ)駅に到着。いかなる経緯によるものか、プラットフォーム上に住宅が建ち、人が住んでいる。

Ts3r0066

次の宇曽(うそ)駅は全く痕跡がないが、ふと「真坂→宇曽」というキップがあったら面白いだろうなと思った。その先の左手にまた湧き水があり、続いて落差5、6メートルはあろうかという滝がひっそりと流れ落ちていた。

Ts3r0067

ようやく終点守実温泉駅に近づいてきた。現在はコアやまくになる公共施設が建っていて、当時の面影は全く失われている。写真中央は展望タワーだそうだが、最初はゴミ焼却場か消防署かと思った。(笑)

Ts3r0068

コアやまくにで先に着いていた家内と合流する。その先の守実温泉駅があった辺りは現在、商工会館やバス停として利用されている。これで廃線ランは無事終了。途中まで貸切り状態の路線バスで中津駅前まで引き返した。

Ts3r0069

11月22日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/11/20

耶馬溪鉄道廃線ラン(前半)

先週、耶馬溪鉄道の廃線跡を走って来た。かなり以前にその存在を知って以来、いつか紅葉の時期に合わせて走ろうと考えていたものだ。

大分県の中津-守実(もりざね)温泉間約36キロを結ぶ耶馬渓鉄道(耶鉄)は大正2年に部分開業、同13年に全線開通した。沿線に青の洞門、羅漢寺、守実温泉などの観光地を有し、また戦時中には軍需工場への引込線も敷かれて、昭和19年には300万人の乗客数を記録したという。

しかし、御多分に漏れず1970年代以降は沿線の過疎化、道路網の整備などにより利用客が減少。中津駅の高架化に伴う費用負担を求められたことから、バス転換の方針が打ち出され、昭和50年9月末をもって廃止となった。

廃線跡は県道411号中津山国自転車道線、通称メイプル耶馬渓サイクリングロードとして整備され、中津駅付近の一部を除いて、ほぼ当時の線路の痕跡を辿ることが可能である。

15日午前9時半に中津駅前をスタート。

Ts3r0003

耶鉄の線路の痕跡は全く残っていないが、JR日豊本線とドラッグストアの間の細い道がそうかもしれない。

Ts3r0005

国道213号と交差する地点から先は、県道675号の歩道部分として廃線跡が真っ直ぐに伸びている。

Ts3r0006

最初の古城(こじょう)駅があった場所には記念碑が建てられている。

Ts3r0007_2

古城駅は昭和19年に廃止され、代わって約500メートル先に八幡前(はちまんまえ)駅が開業した。現在は同名のバス停になっていて、ちょうど昨夜来の雨がまた一頻り降り始めたので臨時停車させてもらった。

Ts3r0009

大貞(おおさだ)公園駅付近で一旦県道から別れるものの、駅の痕跡は全く見当たらない。国道10号中津バイパスを渡った先に上ノ原駅、東九州自動車道の高架手前に諫山(いさやま)駅があったが、これらもほとんど痕跡を残していない。

単調な道をひたすら進んでいると、家内から電話がかかってきた。申し遅れたが、今回は結婚30周年記念を兼ねて夫婦で旅行していて、家内は路線バスで先回りし、レンタサイクルで途中から合流する計画をしていたのだ。

しかし、聞けばサイクリングターミナルが定休日で、自転車を借りることが出来ないとのこと。想定外の出来事に頭が真っ白になりかけたが、仕方なく家内は徒歩で終点を目指し、そこで落ち合うことにした。気を取り直して再び走り始め、次の駅名がなんと真坂(まさか)駅というから、話が出来すぎている。(苦笑)

その先、国道212号(日田往還)を越える手前で県道から分岐して、ようやく鉄道廃線らしい光景が現れた。

Ts3r0013

国道を越えたところに野路(のじ)駅がある。プラットフォームは物置にされてしまっているが、当時の駅付近の写真が掲示されていた(写真右下)。

Ts3r0014

間もなく、最初のトンネルである厚ケ瀬トンネルに差し掛かる。補修工事が行なわれていて、粉塵が飛んでいるので立ち止まらないよう言われた。県が設置したサイクリングロードである以上、安全のためメンテナンスが欠かせないのだ。この先でも何箇所か工事が行なわれていた。

Ts3r0016

いかにも山あいを縫うように進む鉄道らしい光景だ。

Ts3r0019

トンネルを抜けると左側に用水路の痕跡のようなものがある。水の洞門といい、実際、昭和56年まで約300年に亘って農業用水として使われていたそうで、青の洞門を掘った禅海もこれを手本にしたという。

Ts3r0020

その先で国道212号に合流し、洞門駅のあった辺りの集落を抜けると、鉄路は第一山国川橋梁を渡るが、少し下流側に別の橋を望むことが出来る。大正年間に造られた耶馬渓橋で、長崎県に多い石積方式によることから、オランダ橋とも呼ばれている。

Ts3r0025

反対の上流側の右岸には青の洞門があり、折角なので是非見ておきたい。一旦橋を渡って左岸の国道に沿った廃線ルートを少し先まで進んでから引き返し、再び橋を渡って今度は洞門の中を通り抜けていくことにする。走行距離が約2キロ増えるが、線路跡を可能な限り辿るのが廃線ランというものだ。

左岸側から見た洞門の外観。

Ts3r0028

洞門の内部。明治時代の拡幅工事で元の隧道はほとんど原形をとどめないが、一部に禅海の手掘りの跡が残っている。

Ts3r0035

禅海の像。小説『恩讐の彼方に』は敵討を絡めた感動的な物語だが、それはあくまで菊池寛の創作であって、実際には第1期工事完成後は通行料を徴収して工事資金に充てるなど、結構ビジネスライクに事業が進んだようである。

Ts3r0034

その先の競秀峰(きょうしゅうほう)。9つの岩峰が競い合っているように見えるのがその名の由来という。

Ts3r0027

この辺りで正午を過ぎたので、近くの道の駅耶馬トピアで蕎麦を頂く。田舎風の少し太めの麺で素朴な味わいだった。

Ts3r0036

後半に続く。

11月20日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/18

清水港線廃線探訪

昨日、東海道街道走りから帰宅。詳細は改めて書くとして、その前に清水港線の廃線跡を走った(といっても自転車でだが)ので、まずはその報告から。顛末はこうである。

今回の東海道は興津宿が起点だが、現在は古い旅館が1軒あるのみで、前回は由比側に1キロほど行った温泉施設に泊まった。今回は興津から電車で1駅の清水駅前のホテルに投宿することにした。折角だから前日に世界文化遺産の三保の松原を見物しておこうという寸法である。

ちなみに、以前ボストンマラソンや神戸マラソンに参加した際、都心のホテルが満室かとても高額で泊まれず、電車で何駅かの郊外にホテルを取ったことがある。「ボストン・神戸方式」と呼ばれる(自分だけだが・笑)この方法を今回も採用したわけである。

清水駅前から三保の松原まで片道8キロ強なので、自分の足で走って走れないことはないが、次の2日間で合計80キロの行程を考えると無理は禁物だ。幸い泊まったホテルにレンタサイクルがあるので、自転車で行ってみようとネットで調べてみると、お誂え向きに国県道と並行してサイクリングロードが走っているではないか。

その地図を眺めていて、「これは廃線跡かも」と直感が働いた。果たして、清水-三保間8.3キロを結ぶ旧国鉄清水港線が昭和59年まで走っていた跡と判明した。街道走りの前日に計画した三保の松原観光で、廃線探訪まで出来るとは、一石三鳥の嬉しさだ。

清水に到着して早々にホテルで自転車を借りて出発。商店街を抜けて清水駅南方の狭い踏切を渡ると、東海道線本線から分岐した線路2本を発見したが、旧清水港線のものかどうかよく分からない。付近には清水港という貨物駅があったようだが、現在は公共施設などになっていて痕跡をとどめない。

Ts3r0001

南に少し行くと、ご覧のような自転車道、遊歩道がスタートしていて、エスパルスドリームプラザという商業施設まで約1キロの区間は、ひとまず快適なサイクリングが楽しめる。

Ts3r0007

大型商業施設の海側に巨大な構築物を発見。テルファークレーンといって、木材を船から貨車に直接積み込めるもので、従前のベルトコンベアーだと1日かかる作業が僅か48分と、とても効率が上がったそうである。平成12年に国の登録有形文化財に登録されている。

Ts3r0009

この先は自転車道は途切れているが、工場や倉庫が建ち並ぶ中に廃線跡が今も残っている。雑草の生えた廃線跡で、近くの工場の従業員が休憩していた。こんな場所を自転車で通るなんで、どこの物好きだろうと思われたに違いない。

Ts3r0012

巴川を渡る鉄橋の橋台が残っていた。さらに道路を横断する線路のようなものが見える。狭軌の軌間より広いので線路そのものではないが、鉄道施設の一部だったことは間違いない。この右手に巴川口駅があったが、現在は浄化センターになっていて立入り不可である。

Ts3r0027

さらに進んで工場地帯を抜け、国道150号と合流する地点で再び自転車道が始まった。以前は写真にも写っている鈴与という会社の協力で、左側の空き地辺りに当時の電車1両が展示されていたようだが、もう既に撤去されていた。

Ts3r0014

海岸沿いに回り込んで三保の半島側に入り、しばらく進むと折戸駅跡がある。現在は公園として整備されている。

Ts3r0015

更に半島の先に向かって自転車を漕ぐ。自転車に乗った高校生や、下校途中の小学生を多く見かけた。車が通らないので格好の通学路になっているようだ。小学生の女の子は、姿格好が「ちびまる子ちゃん」そっくりだ。そう、清水は原作者さくらももこの出身地なのだ。

Ts3r0026

終点、三保駅跡に到着。ホームがそのまま残り、なぜか野良猫が何匹もたむろしていた。

Ts3r0017

ディーゼル機関車DB152とタンク車1両が静態保存されている。

Ts3r0016

いささか主客転倒になったが(笑)、この後、本来の目的である三保の松原を見物した。御穂神社に来臨する神様が通るという「神の道」。自転車は降りて歩くのが決まりだ。

Ts3r0019

羽衣伝説で名高い「羽衣の松」。

Ts3r0020_2

名勝三保の松原。何とか富士山のシルエットを拝むことが出来て、今回の旅は幸先の良いスタートとなった。

Ts3r0024

10月15日 LSD44キロ
10月16日 LSD41キロ
10月18日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/07/19

湧網線(東線)廃線ラン

今回の北海道旅行の主たる目的は湧網線(東線)の廃線ランである。以前、サロマ湖ウルトラマラソンからの帰り道にその存在を知って以来、いつかは走ってみたいと思っていたのだ。

中湧別-網走間を結ぶ湧網線は昭和28年に全線開通した。昭和7年の着工から数えて、太平洋戦争による中断を挟んで実に21年もかかっている。ブラームスの第1交響曲にも匹敵する(?)長年に亘る努力の成果なのだ。

それにもかかわらず、御多分にもれず沿線の過疎化とモータリゼーションの進展により利用客が減少し、国鉄民営化直前の昭和62年3月19日をもって全線廃止となったものである。

そのうち常呂-網走間約31キロの湧網東線は、大部分がオホーツクサイクリングロードとして整備されていて、私が走った前の週末には、ここをコースの一部とするサイクリング大会が開催されたそうだ。ただ、この日は雨のせいもあって、網走付近でディスタンスチャレンジのランナー数人に出会った以外、コース上で1台の自転車も1人のランナーも見かけなかった。

常呂町内、ウルトラマラソンのフィニッシュ地点近くの道路脇から網走に向けてスタート。ここから画面手前の中湧別方は既に廃線跡は失われ、途中何箇所かで駅舎などの遺構を残すのみとなっているようだ。

Ts3r0034

間もなく常呂駅跡の常呂交通ターミナルに到着。現在は鉄道代替のバス路線が運行され、その停留所として利用されている。以前は船のような形をしていたと思うが、建て替えられたのだろう。清潔なトイレや飲料自販機があって助かった。

Ts3r0036

この先、サイクリングロードは一旦国道238号に合流する設定となっているが、自分は常呂漁港のある海岸沿いの集落内を走る。こちらが本来の廃線跡に近いからで、高台を走る国道まで上がるのがイヤだったからではない。(笑)

集落を出たところでようやく本来の廃線跡に入る。「天に続く道」同様、はるか彼方まで直線道路が伸びていて、一瞬気が遠くなる。(苦笑)

Ts3r0037

いかにも北海道という風景の中をひたすら走り続ける。

Ts3r0040

やがて、次の能取(のとろ)駅跡に到着。ホーム跡が残っているのは、ここと卯原内(うばらない)の2駅のみで、それ以外は駅の位置すら確認できなかった。

Ts3r0041

この先、左手に能取湖を望む区間に入るが、単調な景色が続く上に、次第に雨が激しくなり、やや辛いものがあった。遠くて写真は撮れなかったが、サギの仲間と思われる水鳥が干潟で羽を休めているのが見えた。

Ts3r0043

能取湖を西岸沿いに約半周して、ようやく卯原内駅跡に到着。付近は鉄道記念公園として整備され、9600形蒸気機関車とオハ47形客車1両が静態保存されていた。

Ts3r0045

Ts3r0048

ただ、鉄道記念館の建物内は無人で、2階の展示スペースにも鍵がかかっていた。来訪者があまりに少なく、実質的に閉鎖されているのだろう。

Ts3r0050

やがて能取湖に別れを告げ、二見ケ岡という低い峠を越えると、今後は右手に網走湖が見えてくる。国道238号を越える湖眺橋(こちょうばし)の上から網走湖を望む。

Ts3r0054

間もなく網走川を渡って網走市街に入る。レンガ風の欄干は多分刑務所をイメージしたものだろう。この橋を渡ったところ大曲駐輪場があり、自転車専用道としてはそこまでだが、廃鉄ファンとしては更に網走方に進む。

Ts3r0056

石北本線との合流点付近。優雅にカーブする道が明らかに廃線跡と分かる。写真右手から左奥にかけての山裾を石北本線が走っていて、湧網線はこれに合流する形で網走に向かっていた。合流点には大曲仮乗降場があったそうだが、その痕跡は全くない。

Ts3r0058

この後は国道39号の歩道を走って終点網走駅に到着。レンガの壁といい「網走駅」の字体といい、まるで刑務所である。(苦笑)

Ts3r0061

あいにく雨に祟られたが、念願の廃線ランを果たすことができ、今回の旅行のハイライトが無事終了した。

7月17、19日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/07

蛇松線廃線探訪

沼津に予定より早く着いたので、一旦ホテルにチェックインしてシャワーを浴びてから、蛇松線(じゃまつせん)廃線跡の探訪に徒歩で出かけた。箱根を越えて走ってきた後で、明日の行程もあるので、廃線「走り」とはいかなかったが、そもそも緑道として整備された道を走るのはあまり適当でないだろう。

さて、沼津-沼津港間の約3キロを結んでいた東海道本線貨物支線、通称沼津港線または蛇松線は、東海道本線の建設資材を沼津港に陸揚げして輸送するため、明治20年に開業した。その後は海産物、漁船燃料や木材などを運んでいたが、例によってトラックへの代替により輸送量が減少、昭和49年に廃止となった。

沼津駅近くの沼津通運倉庫の構内にゆるやかなカーブを描く通路が残っており、位置から考えて明らかに廃線跡と分かる。

Ts3r0064

まもなく廃線跡は蛇松緑道という名の遊歩道となり、近所の人が犬を連れて散歩する姿が見受けられた。ところどころ、ベンチや水道が設置されている。

Ts3r0066

こうした緑道が延々と続くので、適当なところで引き返そうかと思いながら沼津港に近づいていくと、何と線路がそのまま残されている場所があった。

Ts3r0070

Ts3r0071

沼津港の様子。折角港まで来たので、近くの「浜焼きしんちゃん」という店で夕食をとる。

Ts3r0072

ホテルまで歩いて帰る途中、夕暮れの空に富士山がシルエットとなって浮かび上がっていた。思わず手を合わせたくなるような神々しさだった。

Ts3r00731

5月5、7日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/30

下津井電鉄廃線ラン

一昨日、岡山県の下津井電鉄の廃線跡を走った。同県内の廃線跡は片上鉄道に続いて2箇所目の訪問となるが、ここも片上と同様サイクリングロードとして整備されている。県民に鉄ちゃんが多いのだろうか。(笑)

下津井電鉄は岡山県倉敷市茶屋町から同下津井までの21キロを結んで大正3年に全線開業した。昔から金比羅参りの参詣客などが下津井から船で丸亀に渡っていたが、明治の末に国鉄宇野線が全通、宇野―高松間で連絡船の運航が始まると、下津井―丸亀航路の利用客は激減した。そのため、下津井ルートの旅行客を取り戻すべく、地元の有力者らが発起人となって、下津井から宇野線に接続する軽便鉄道路線を建設したのである。

戦後は電化され、昭和30年代には全盛期を迎えたが、その後はバス路線との競合などで利用者は減少し、昭和47年に茶屋町―児島間が廃止となった。さらに、瀬戸大橋線の開通が決定打となって、平成2年末をもって残る児島―下津井間も廃止された。

快晴に恵まれた10月28日正午過ぎにJR茶屋町駅付近からスタート。下津井電鉄の駅跡は全く痕跡をとどめていない。

Ts3r0001

自転車道の起点。軌間762ミリのナローゲージだったせいか、自転車道としてはやや狭く感じる。起点からの距離が500メートルおきに表示されていたが、なぜか7.5キロ辺りから先は表示がなくなった。設置が面倒くさくなったのだろう。(苦笑)

Ts3r0004

最初の天城駅も痕跡をとどめないが、2番目の藤戸駅跡はホームが残る。

Ts3r0007

やがて広い県道21号と合流し、瀬戸中央自動車道の水島ICの下を潜る。交通機関の勝者が、敗者を文字通り見下ろしている構図である。

Ts3r0009

稗田駅跡。駅舎跡は公園として整備され、近所の老夫婦がのんびり散歩していた。この先には両側が桜並木になっている箇所があり、花見シーズンには賑わうのだろう。役目を終えた鉄路が地元民の憩いの場になっているのは何よりだ。

Ts3r0013

まもなく児島駅跡に到着。中に入れるのは週末のみとのことで、入り口のシャッターは閉まっていた。

Ts3r0020

ガラス窓から中を覗いてみた。プラットフォームなどの遺構があるようだが、よく分からない。

Ts3r0021

実は、茶屋町から電車で先乗りしていた家内とここで待ち合わせていて、この先約6.5キロの区間は二人でのんびりと景色を眺めながら走った。未舗装の箇所が多く、昭和の匂いがしている。2両編成ぐらいの愛らしい電車が踏切を横切る光景が目に浮かぶ。

Ts3r0025

阿津駅跡付近では地元の人が両側に花壇を作ってくれている。

Ts3r0034

倉敷シティ病院の前も桜並木になっている。入院患者の目の慰めになっていることだろう。

Ts3r0035

瀬戸大橋線を潜ると眼下に海が見えてきた。児島競艇の先の琴海(きんかい)駅は、ホームから瀬戸内海を望める絶景の駅だったのだ。

Ts3r0040

この先、鷲羽山駅跡付近はかなりの勾配である。戦時中、燃料が不足していた頃は、乗客が降りて押していたそうだ。

鷲羽山駅跡から瀬戸大橋を望む。下電を廃止に追いやり、地域にはほとんど恩恵がないであろうこの巨大な構造物を、地元の人はどんな思いで眺めているだろう。

Ts3r0046

16時半前に下津井駅跡に到着。ナローゲージの線路が2本残されている。

Ts3r0052

ホーム横の空き地には使用されていた電車が何両か保存されているが、普段は立ち入り禁止のようで近づくことは出来ない。車庫(?)は巨大な温室のような作りだが、屋根が破れてしまって何とも寂しい風景だ。

Ts3r0059

廃線ランはここで終わり。この後の行程については稿を改める。

10月26日 ジョグ10キロ
10月28日 LSD21キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/22

大仏鉄道廃線ラン

昨日、旧関西鉄道の加茂-大仏(奈良市法蓮町付近)-奈良間(通称大仏線、大仏鉄道)跡を走った。このところのゲリラ豪雨が心配されたが、走り終えるまで何とかもってくれた。その代わり大変に蒸し暑かったが。

大仏鉄道は名阪間を結ぶ関西鉄道の乗客を奈良に運ぶ支線として、明治31年に加茂-大仏間で開業、翌年奈良まで延伸したが、その後、奈良鉄道との合併により路線が重複したことと、急勾配の難所をかかえていたことから、開業から僅か9年後の明治40年に廃止となった。

私同様、地図大好き人間のKさんと一緒に起点の加茂駅からスタート。ここから約2キロは現関西本線と並行して走っていたが、大仏線の遺構はほとんど見当たらない。加茂小学校のグラウンド横に、関西鉄道を走っていた昭和12年製の「貴婦人」ことC57機関車が展示されていた。

Ts3r0003

この先は線路から離れ、田んぼ道を辿って行くと、観音寺橋台が見えてきた。大仏線が奥の関西本線と並行して走っていた様子がよく分かる。偶然、JRの快速電車が通過したのに、シャッターチャンスを逃してしまった。

Ts3r0004

竹林のなかの未舗装路を進むと美加ノ原カンツリークラブに突き当たる。アウト4番ホール(多分・笑)のティーグラウンドの横を回り込むと、鹿背山(かせやま)橋台があった。現在はここから200Mほど北を走る関西本線も、かつてはこの付近まで大仏線と並行していたはずだが、その痕跡は見当たらなかった。

Ts3r0006

ゴルフ場の入口を過ぎてすぐの梶ヶ谷隧道(かじがたにずいどう)。レンガを積んだアーチが美しい。これは地元の人が通行するためのものであり、鉄道は今では道路となっている隧道の上を走っていた。これ以降の隧道も全て人や用水を通すためのものであり、大仏線唯一の鉄道トンネルだった黒髪山トンネルは既に取り壊されている。

Ts3r0007

赤橋。橋桁の一部は木材が使用されている。コンクリートは後で道路転用する際に補強したものだろうか。

Ts3r0010

この辺りから右手には城山台という新しい住宅地が広がり、モダンな新築住宅がポツポツと点在している。100年以上前の鉄道遺構と好対照だ。梅谷交差点に下りていく箇所はかなりの急勾配で、ここは橋梁で道路を越えていたようだが、その痕跡はなかった。梅見台を通り、州見(くにみ)台住宅地の外れに松谷川(まつたにがわ)隧道がひっそりと残る。

Ts3r0011

ここからまた急勾配の登りとなり、京都と奈良の府県境を越える。梅谷口交差点の先の鹿川(しかがわ)隧道。用水を通すためのもので、今も現役だそうだ。

Ts3r0012

この先、急な坂を登りきったところに黒髪山トンネルがあったが、昭和40年代の道路拡張で山を開削したため姿を消した。上空を横切る橋がかつての山の高さを示す。奈良マラソン発着点の鴻ノ池陸上競技場を過ぎて、左にカーブする道路と別れて大仏線は直進していたはずだが、その痕跡はどこにもない。大仏駅があったと思われる場所から少し南に記念公園があり、わずかに痕跡をとどめるのみである。

Ts3r0014

ここから自宅に戻るKさんと別れ、船橋商店街をダラダラ下っていると雨が降り出した。幸い、雨脚が強くなる前に奈良駅に到着したが、Kさんは自宅直前でずぶ濡れになったそうだ。嗚呼。

6月21日 LSD13キロ
6月22日 休養

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015/05/27

片上鉄道廃線ラン

一昨日、岡山県の片上鉄道廃線跡を走った。かなり以前に旅行で和気(わけ)駅付近に立ち寄った際、偶然廃線跡を発見して以来、いつかはここを訪れたいと思っていた。まさか自分の足で走ることになるとは思いもしなかったが。(笑)

片上鉄道は岡山県備前市片上駅から和気駅を経由し、同久米郡(現美咲町)柵原(やなはら)駅までを結んで昭和6年に全線開通、同和鉱業柵原鉱山で産出される硫化鉄鉱を片上港まで輸送していた。沿線住民の足にもなっていたが、鉱石産出が減少するなどでトラック輸送にその座を譲り、平成3年6月末をもって廃止となった。

廃線後、片上-吉ケ原(きちがはら)間はサイクリングロードとして整備される一方、吉ケ原-柵原間の一部区間は線路が残り、有志による保存会が毎月一度、動態保存された車両を展示運転している。廃線後も比較的恵まれた境遇にあるのは、それだけ地元民から「片鉄」として愛されていたということだろう。

さて、快晴の25日午前11時前、片上港岸壁にある0キロポストからスタート。ホームなどの痕跡はないが、バラストを敷いた軌道跡が残り、離れた場所にDD13形機関車が展示してあった。

Ts3r0001_2

起点付近は大型商業施設が建つなどしてほとんど痕跡をとどめないが、JR赤穂線西片上駅東の高架下近くまで来ると、旧軌道跡がそれと分かるようになり、ここから自転車歩行者専用道路が始まる。

Ts3r0008_2

なだらかな登りとなって山陽新幹線の高架下を潜るとすぐにキロポストがあった。てっきり1キロかと思ったが、よく見ると0.1キロだった。サイクリングロードの起点は新幹線高架下付近としていて、そこからの距離を表示しているようだ。分からないでもないが、本来のキロポストをわざわざ移動して設置するとは、何とも無粋なことをするものだ。

Ts3r0009_2

さらに登りがきつくなる。勾配標に28.6(‰・パーミル)とあり、片上鉄道の最大勾配地点である。

Ts3r0010_2

登り切ったところに峠清水トンネル(203M)があった。僅かな距離だが涼しくて気持ちよい。

Ts3r0013_2

間もなく最初の駅、清水に到着。以後、いくつかの駅がこんな風に保存されていた。トイレが設置されている駅もあったが、飲料の自動販売機はなく、飲料調達がつい遅れ気味になってしまった。

Ts3r0014_2

山陽自動車道の高架を潜り、和気駅近くのセブンイレブンで昼食休憩。和気駅で山陽本線と一時並行した後、築堤を上がって金剛川橋梁を渡る。

Ts3r0017_2

この後、左に吉井川が見え始め、右から迫る山との間の狭い土地をひたすら遡る。吉井川は川幅が最大百数十メートルはあろうかという堂々たる大河である。これは新田原井堰といって、農業用水の確保と水力発電を行っている(ガイドマップの受け売り・笑)。

Ts3r0022_2

天瀬(あませ)駅。当時のままの駅舎に加え、信号の制御器みたいな機械やレールの切れ端が残っていて、吉ケ原を除く全駅中で最も鉄道遺構が残されていた。

Ts3r0025_2

短い第1、第2天神山トンネルを潜り、河本(こうもと)駅を過ぎると、備前矢田駅手前に陸閘門(りくこうもん)があった。吉井川増水時にはこのゲートを閉じて矢田地区への浸水を防ぐのである。ここを鉄道が通っていたというのは、多分全国的にも珍しいだろう。レールが僅かに残っているのが見える。

Ts3r0032

備前矢田駅付近では信号設備がそのまま残っている。

Ts3r0035

更に吉井川沿いの単調な行程が続く。気温も上がってきてかなりバテて来たので、木陰を見つけては小刻みに休憩、給水を取る。備前塩田駅を過ぎると、鉄道は右にカーブして第1吉井川橋梁を渡っていたのだが、この橋はもうなくなっていて廃線跡を進むことは出来ない。

そのためサイクリングロードはここから吉ケ原駅の手前約2キロ地点まで、本来の鉄道とは別のルートを通っている。ただサイクリングを楽しむならその方が分かりやすいだろうが、廃鉄ファンの自分としてはなるべく本来の鉄道跡を走りたい。備前福田駅手前で本来の鉄道跡と思われる道路に入り、沿道で農作業をしていた地元の人に確認したら、間違いなくここが線路跡だと教えてくれた。

しかし、この辺りでお決まりの痙攣が始まり、歩きが入るようになる。頻繁に給水し、塩カプセルも服んだが、大量の発汗を補えていないようだ。周匝(すさい)駅付近は商業施設も多く、廃線跡は今では近隣住民の生活道路になっている。確かにここをサイクリングロードにするわけには行かないだろう。

国道374号を横断して、鉄道跡はやがて再び吉井川を渡る。この第2吉井川橋梁は台風で流されたのを近年復活したそうで、幅1Mほどの歩行者専用橋である。

Ts3r0039

この橋を渡ると美咲町に入る。旧国名は美作(みまさか)で、手前の備前との国境なのである。渡ってすぐのところに美作飯岡(ゆうか)駅跡があった。廃線時まで使用されたホームは雑草の中に埋没しつつあり、既に使用されていなかった対向ホームは朽ちかけている。これぞ廃線という風景である。

Ts3r0042

この先、鉄道跡は郵便局用地になっていたりで辿るのが困難だ。川沿いを迂回した飯岡集落の西外れで、鉄路が高架で県道を越えていた痕跡を発見。今は墓地公園になっている辺りで再び吉井川左岸に戻ったところでサイクリングロードに合流し、16時前に吉ケ原駅に到着した。

最初に書いたように、この吉ケ原からの先の一部区間(写真奥)は廃線後も線路が保全され、片上鉄道保存会が毎月第1日曜に展示運転を行っている。昨年11月には黄福柵原という駅が新たに作られたそうだ。

Ts3r0046

そのため、拠点となる吉ケ原駅構内に現役当時のままの車両が動態保存されている。先頭が流線型をしたユニークな形状のキハ07形は、原型を保ったものは全国でも2両しかないそうだ。また、駅舎は登録有形文化財に指定されている。ここが発祥という駅長ネコは「本日非番」とのことだった。(笑)

Ts3r0049

廃線ランはここで終了である。この先の線路内は立入りが禁止されているのだ。というか、そこはそもそも「廃線」ではないだろう。広島かどこかで一旦廃線となった路線が復活したという話を聞いたが、「復線」とでもいうべき稀有な例に違いない。

平日ということもあって、出会ったサイクリストは外人の親子連れを含めて10人ほど。ほとんどが下り勾配となる起点片上方向へと走っていた。ランナーは私以外、皆無だった。そう、私は極め付けの変人なのだ。(笑)

吉ケ原から路線バスを際どいタイミングで乗り継いで湯郷温泉まで移動し、とある旅館に投宿して疲れを癒したが、そこの露天風呂の作りに見覚えがある。何と、約40年前に家族旅行で一度泊まったことのある旅館だった。宿の名前が変わっていたので、予約時には気づかなかったのだ。

当時まだ高校生だった自分がもしも、「40年後にはリタイアしていて、32キロの廃線ランの後、再びここに泊まりに来るだろう」などと聞かされたら、笑い飛ばしていたに違いない。(苦笑)

5月25日    LSD32キロ
5月26、27日 休養

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/02

筑波鉄道廃線ラン

先月28日、茨城県にある筑波鉄道廃線跡の自転車道「つくばりんりんロード」(40.1キロ)を走った。廃線跡を走るのは一昨年のカナダ、プリンス・エドワード島以来である。

筑波鉄道は常磐線土浦駅と水戸線岩瀬駅の間を結んで大正7年に開業、筑波山への行楽客などを運んでいたが、モータリゼーションの影響で利用客が減少し、昭和62年4月1日に廃止となったものである。廃線後はサイクリングロードとして整備され、18駅のうち6駅はベンチやトイレなどを備えた休憩所として利用されている。

走り終えてからの風呂や交通の便を考えて、今回は終点岩瀬から起点土浦を目指すことにし、10時半に岩瀬駅前をスタート。写真は土浦方から岩瀬駅を望んだところ。

Ts3r0037

ここからほぼ真南に向かう。遥か前方に霞んで見えているのが筑波山だが、そこはまだ中間点に過ぎないのだ。はあ。

Ts3r0039

30分ほどで最初の駅、雨引駅跡に到着。

Ts3r0040

上下2面のホーム跡がそのまま残っている。以下、ほとんどの駅がこのような状態で残っていて、その都度写真に収めたものの、後から見るとどこがどこだか分からなくなってしまった。下は真壁駅跡。たぶん(笑)。2面3線式だったと思われる。

Ts3r0043

ここで初めて休憩中のランナーに遭遇。後でもう一人、その人の知り合いと思われるランナーとすれ違ったが、私以外に通しで走っていると思われるのはこの二人だけだった。それ以外では、近くをジョグしているだけ、のような感じの人が十何人か。サイクリストはおそらく100人以上はいた。

サイクリングロードとして整備されてしまったために、比較的最近の廃線にもかかわらず、いわゆる鉄道遺構はほとんど見かけなかったが、真壁―桃山間の踏切跡でレールのような遺構(路面の補強材?)を発見した。

Ts3r0044

あまりに単調なコースのせいか、途中、わざわざ凹凸を設けた箇所もある。ランナーにとっては迷惑以外の何物でもないが、自転車の人たちはちょっとしたスリルがあって楽しそうだった。あくまで「サイクリングロード」だから仕方ないか。

Ts3r0048

並行して走る県道と合流したところのコンビニで昼食休憩すると、ようやく筑波山が間近に望めるようになってきた。内陸県奈良の人間からすれば何ということもない山だが、だだっ広い関東平野にあっては目を惹く存在なのだろう。

Ts3r0050

筑波山を背に、一路土浦へ向かう。

Ts3r0053

小田城跡は最近になって公園として整備され、サイクリングロードは公園外周を迂回する形となっているが、廃線前は北西にある小田駅から南東に伸びる線路が、城跡のど真ん中を貫いていたのだ。何と大胆な。

Ts3r0057_2

ようやく土浦市内に入る。かつてこの鉄道を所有していた関東鉄道本社のバス駐車場構内で、土浦のひとつ手前の真鍋駅(後に貨物駅、信号所)の痕跡を見ることが出来る。

Ts3r0059

16時前に土浦駅に到着。駅構内のどこかに本当の起点があるはずだが、サイクリングロードは軌道から離れた道路沿いの別の場所からスタートしている。

Ts3r0061

駅近くのスーパー銭湯「湯楽の里」で汗を流した後は都内に戻り、ラン友にして楽友のTさんと落ち合い、神田升亀の跡を継いだ小伝馬町一亀にて打上げ。名物のゲソ天やミンチカツでしっかり栄養補給した。Tさん、お付き合い頂き有難うございました。

Ts3r0066_2

Ts3r0067

4月1日 休養
4月2日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/18

近鉄電車展

Sankokan天理大学附属参考館で開催されている標記展示を見に行った。近畿日本鉄道(近鉄)の前身である大阪電気軌道(大軌)が、大正3年(1914)4月30日に大阪-奈良間を開業してちょうど100年になるのを記念してのものだ。

開業当時から現在に至る乗車券やポスターなど各種資料が展示されている。なかでも興味深かったのが、昭和44年に地下化される直前の近鉄奈良駅の風景を写した映像だった。自分は当時11歳だったが、地上駅の記憶は全くない。

Ts3r0006

不鮮明だが、西方から若草山方面を写したもの。奥に県庁ビルも見える。現在、奈良近鉄ビルが建っている場所に地上駅があり、駅を出た電車は、通称大宮通りの上を路面電車のように走っていたのだ。

Ts3r0007

高天(たかま)交差点を南東方向から見下ろした風景。今は奈良マラソンのコースにも当たっている大宮通りはまだ拡幅前で、その真ん中をゴロゴロと電車が走っていたのだから、地下化は時代の当然の要請だったのだろう。

5月16、17日 ジョグ10キロ
5月18日    休養

| | コメント (2) | トラックバック (0)