« 映画『ファーストラヴ』 | トップページ | 『日本沈没』 »

2021/02/23

ワルターのブルックナー交響曲集

Sicc10301bブルーノ・ワルターが晩年にコロンビア交響楽団を指揮して録音したディスクは何枚か持っていて、特にモーツァルトの交響曲は中学時代以来の愛聴盤となっている。ブラームスの第4番は自分にとっての「刷り込み盤」であることは以前に書いた。

ブルックナーの交響曲第9番の廉価版LPも持っているけれど、昔のCBSにありがちな乾いた音と人工的な残響で、なかなか集中して聴くことが出来ない。そもそも、ワルターはマーラーとの関係が深く、ブルックナーとは縁が薄いような気がして、それ以外のシンフォニーの録音があることすら知らずにいた。

しかし、最近ソニー・クラシカルがアナログ録音の新たなデジタルリマスターに取り組んでいて、その一環としてワルター指揮コロンビア交響楽団によるブルックナーの交響曲第4、7、9番のCDが2019年に発売されたことを知り、物は試しと聴いてみたのだ。

一聴してLPとは次元の異なる音に驚いた。弦楽器の音はLPのようなガサガサ感が少なくて艶が感じられ、管楽器とのバランスも取れている。ホールトーンも自然な感じでよく捉えられ、今日の鑑賞に十分堪えるレベルの音質に驚く。この60年もの間、録音技術は一体どれだけ進歩したというのかと素朴な疑問を抱いてしまう。

ワルターの演奏は純音楽的というのか、ブルックナーのスコアに忠実に、余計な感情移入を排した正攻法の音楽づくりが大変好ましい。それに応えたコロンビア交響楽団の演奏は、録音用に特別に編成された楽団とは思えないほどで、特に管楽器など相当の腕前の奏者を集めたことが窺える。

この頃のワルターは80代前半。既に引退を決めていたが、CBSのプロデューサー、ジョン・マックルーアに口説かれて再び指揮台に上がった。しかし、この演奏からはそんな年齢のことなど微塵も感じさせない。それを見抜いていて、この奇蹟とも言える演奏をステレオ録音で残すことに成功したマックルーアの功績は大である。

ところで、ここまで書いてきた文章は、セル指揮のブルックナー第8番の記事を下敷きにした。それくらい経緯が似ているのだけれど、セルとワルターが残した曲目がひとつもダブらないところが面白い。ヨーロッパからアメリカに活躍の場を移した巨匠2人による、変則的な交響曲集として今後も愛聴したいものだ。

|

« 映画『ファーストラヴ』 | トップページ | 『日本沈没』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『ファーストラヴ』 | トップページ | 『日本沈没』 »