« ワルターのブルックナー交響曲集 | トップページ | 『フライト・ゲーム』 »

2021/02/26

『日本沈没』

Chinbotsu_202102252014011973年、東宝。藤岡弘、小林桂樹、丹波哲郎ほか。映画ドットコムの紹介文。

小笠原諸島のとある島が突如として姿を消した。小野寺の操縦する潜水艇に乗って調査に向かった田所博士は、海底に重大な異変が起きているのを発見し、近いうちに日本が海底に沈むという恐るべき予測にたどり着く。やがて、日本各地で大地震や火山の噴火が起こりはじめ……。(引用終わり)

2006年版に続き、1973年版を観てみた。確かに全体的なタッチはかなり異なり、あえて単純化して言えば、前者はエンターテインメント、後者は社会派SFとでも言うべきだろうか。

特に、本作の前半では海底の異変を察知した科学者たちの分析や、遠からずやってくる危機への政府の対応などが淡々と描かれるが、驚天動地のパニック映画を期待した観客からすれば若干間延びした感じすら与えるだろう。

後半はさすがにゴジラを生んだ東宝ならではの特撮映像がこれでもかと登場。50年近く経った今でも劇場の大スクリーンで観れば相当な迫力だろう。その映像が雄弁に物語る「日本沈没」という事態に、政府も国民もなすすべなく呑み込まれていく様子が大変リアルで、SFの世界だけの絵空事として客観的に観ることが出来なかった。

俳優陣では、小野寺役を演じた(まだ「、」のつかない)藤岡弘がとてもエネルギッシュである。いしだあゆみとの控えめなラブシーンは当時話題になったことだろう。田所博士役の小林桂樹、山本総理役の丹波哲郎はいずれも当時50歳前後、脂の乗った演技はさすがである。

また、東大地球物理学の竹内均教授が本人役で登場、かなりの尺を使って地球内部の構造や地殻変動の仕組みを解説するシーンがあり、これが大変分かりやすいと評判になったそうだ。ちなみに原作者の小松左京も、資料を届けに来た社員役でカメオ出演している。

2月25日 ジョグ4キロ
月間走行  8キロ

|

« ワルターのブルックナー交響曲集 | トップページ | 『フライト・ゲーム』 »

コメント

「日本沈没」の旧版は最近初めて見ました。
子供の頃、TVドラマでもありましたね。
よく覚えていないのですが、テーマ音楽が怖かったような。
この旧版では首相官邸で総理中心に状況をラジオで聞き入っている場面がありますが、
そのラジオがSONYのICF-5900(スカイセンサー)。
当時BCLブームの火付け役となった短波ラジオの一つで、
思わず画面に見入ってしまいました(^^;

投稿: frun 高橋 | 2021/02/26 14:13

frun 高橋さん
短波ラジオに注目されるとはまたマニアックですね!
でも、そういう細部まで含めてしっかり作られた作品
であることがよく分かる話だと思います。
例えば自衛隊の装備だとかもきっちり考証されていて
その道のマニアには堪らないのではないかと…。

投稿: まこてぃん | 2021/02/27 10:45

06年版を観る機会がありました。本作(73年版)から33年、大震災を経験し女性の進出など社会の変化が大きく影響した事が伺えます。本作が国家・社会の目線で見ているのに比べ06年版は庶民目線の人間ドラマとして描かれ危機下の個人の生き方を問うているように思えます。もちろん映画としては十分楽しめ防衛省、文科省(海洋研)の最新装備が解説付きで次々登場するのはメカ好きには魅力です。73年版の竹内教授は台詞もあり自身の役なので「カメオ出演」は誤りですね。06年版には庵野秀明氏が出演していますが、「シン・ゴジラ」にも影響を与えているように思えます。

投稿: ブッちゃん | 2021/03/02 15:35

ブッちゃん
想像を絶する未曾有の災害に対して、
政治や行政がどう対応できるのか。
それを問うたのが73年版であり、
その延長線上に『シン・ゴジラ』を
位置づけることができるかもしれません。

投稿: まこてぃん | 2021/03/03 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワルターのブルックナー交響曲集 | トップページ | 『フライト・ゲーム』 »