« 歌劇「フィデリオ」 | トップページ | 松阪再訪 »

2020/10/15

『エージェント:ライオン』

Lion2020年、仏。ダニー・ブーン、フィリップ・カトリーヌほか。日本初公開となる放映を行なったWOWOWの紹介文。

ある病院の精神科医ロマンは、自分がコードネーム“ライオン”であるスパイ、レオ・ミランだと主張する患者を担当するが、レオはロマンの婚約者ルイーズが誘拐されると予告。実際に誘拐事件が発生してしまい、他に頼れる者がいないロマンはレオに協力を依頼。病院から脱走したレオとともにロマンは、犯人一味が乗っていたバンを手掛かりに、ルイーズを追ってパリへ。やがて一味の目的が意外なものだと明らかになっていく。(引用終わり)

最初から最後まで全く先の読めない展開の連続で、96分間ハラハラドキドキさせられっぱなしだった。精神科の患者と医者だったはずの二人が、何をしでかすか分からない探偵(本人はスパイのつもり)と、彼に頼るしかない哀れな依頼者と立場を逆転させ、一風変わったバディものの冒険アクションを繰り広げる。

そう言えば、同じフランス映画の『最強のふたり』も、大金持ちの障害者と移民労働者の若者という、あり得ないコンビのバディものだったが、こういう設定はフランス映画のお家芸なのだろうか。

ジャケット写真でも想像がつくが、単なるアクション活劇ではなく、随所にユーモアやシャレが散りばめられていてかなり笑える。思い切り脱力もするけれど、そこは「緊張と緩和」の絶妙のバランスと言うべきか。演じているのはフランスで活躍しているコメディスター陣という。笑いのツボを心得た役者たちなのだろう。

WOWOWの惹句のとおり「理屈抜きに楽しめる痛快テイストのコメディアクション」で、日本で劇場未公開というのは惜しい。

10月14日 ジョグ4キロ

|

« 歌劇「フィデリオ」 | トップページ | 松阪再訪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌劇「フィデリオ」 | トップページ | 松阪再訪 »