« 病気の現状 | トップページ | 楽劇「サロメ」 »

2020/07/14

『ファーストラヴ』

Firstlove島本理生著。版元の紹介文。

夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか?
臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、環菜やその周辺の人々と面会を重ねることになる。そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは? 「家族」という名の迷宮を描く傑作長篇。第159回直木賞受賞作。(引用終わり)

この作家は初めて。タイトルから連想する青春恋愛ものでは全然ない。ひとことで言えば、DVなどで事件化するに至らない家庭内の性暴力やパワーハラスメントが、幼少期の女性に与える衝撃力の大きさと、その後の心身の成長過程に及ぼす悪影響といったことがメインテーマである。

父親殺しの事件はそうした背景のもとに起きた。その全体像が、環菜と由紀や弁護人との遣り取りの中で徐々に浮かび上がってくる。由紀もまた過去に父親のある行動に悩まされた経験を持つという複線的な構成になっているが、やや焦点が拡散してしまった感は否めない。

よく出来た由紀の夫の思いやりに救われる結末にもかかわらず、一人の男としてまた父親として考えさせられるテーマを提起され、読後感としては重いものが残った。

ところで、本作を読んだ動機は言うまでもなくこちらである。由紀役の北川景子が主演とあるけれど、複雑な過去を抱え多面性を有する環菜役の方も大変重要である。パブリシティ戦略のためかまだ主演以外のキャストは伏せられているが、環菜を一体誰が演じるのか気になって仕方ない。

|

« 病気の現状 | トップページ | 楽劇「サロメ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 病気の現状 | トップページ | 楽劇「サロメ」 »