« 中街道(高野街道)を歩く | トップページ | 歌劇「フィガロの結婚」 »

2020/04/30

『しらふで生きる』

Sober町田康著。版元の紹介文。

痩せた! 眠れる! 仕事が捗る! 思いがけない禁酒の利得。些細なことにもよろこぶ自分が戻ってきた! 4年前の年末。「酒をやめよう」と突如、思い立ち、そこから一滴も飲んでいない作家の町田康さん。「名うての大酒飲み」として知られた町田さんが、なぜそのような決断をしたのかを振り返りながら、禁酒を実行するために取り組んだ認識の改造、禁酒によって生じた精神ならびに身体の変化、そして仕事への取り込み方の変わるようなど、経験したものにしかわからない苦悩と葛藤、その心境を微細に綴る。全編におかしみが溢れながらもしみじみと奥深い一冊。(引用終わり)

著者についてはこの映画の原作者という以外全く知らなかったが、どんな内容なのか興味があって読んでみた。自分自身、昨年の直腸癌手術以降、原則として禁酒生活を続けているからだ。唯一の「例外」を白状しておくと、今年の元日に缶ビール1本とワイン1杯を飲んだだけだ。

結論的に言えば、どんな酒飲みにも参考になるというような内容ではなかった。前後不覚になるまで酔い、平常では考えられない言動に及んだことを本人は全く覚えていない。そんな「大酒飲み」には有益な本ではないかと思う。

彼らは「前後不覚になる」ために酒を飲むのであって、それは浮世の憂さを晴らすためであるから、その浮世の憂さを元から絶つことが出来れば酒を絶つことができる。そのためには自己に対する認識改造という一種の発想の転換が必要だ。本書の主張はほぼそれに尽きる。

それが簡単に出来れば言うことなしだけど、著者は天の声にでも導かれたか、それを見事に成し遂げた。その体験談としては貴重であるが、それほどの「大酒飲み」ではない(と自覚する)自分などにとっては、やや縁遠い世界のようにも思える。

ただ、著者がそれが目的で禁酒したわけではないと断った上で紹介する禁酒の効用、即ち「痩せる」「眠れる」「お金が浮く」「仕事が捗る」といったことは、自分自身も感じているところで100%同意できる。ついでに言うなら、これらの効用の大半はランニングによっても実現できることを元ランナーとしては付言しておきたい。

くだけた口語体と対照的に小難しい漢語がアナーキーに同居する独特の文体に加え、何というフォントなのか少々読みづらい活字のせいで、「しらふ」の頭でもさらっと読み通せないのは残念だった。

ところで、本書を読んだことで、もう自分は死ぬまで酒を一滴も飲まないのか?

言わぬが花でしょう。(笑)

月間走行 18キロ

|

« 中街道(高野街道)を歩く | トップページ | 歌劇「フィガロの結婚」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中街道(高野街道)を歩く | トップページ | 歌劇「フィガロの結婚」 »