« モーツァルトのピアノソナタ全集 | トップページ | 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」 »

2020/02/08

高尾山&かしわら水仙郷

5日の水曜日、大阪府柏原市の高尾山(277M)に登り、その麓にある「かしわら水仙郷」を訪れた。ラン友Tさんからお誘いがあり、仲間のKさんにも声をかけて3人のパーティーで出かけた。

近鉄堅下(かたしも)駅からスタート。すぐに急な登りが始まると、みるみる間に標高が上がっていき、展望台からは大阪平野を見渡す絶景が広がっていた。左から正面奥に流れるのは大和川。写真には写っていないが、右手には八尾空港の滑走路、遠方にはぼんやりながらあべのハルカスが望めた。

Kimg0643

1時間ほどで高尾山山頂に到着。手前にはちょっとした岩場があり、ロッククライミングをする人もいるそうだ。この日はとても風が強く、山頂に立っていると風で体が持っていかれそうになる。

麓に下ると、地元有志によって育てられている水仙が、ちょうど見頃を迎えていた。静かな谷あいにひっそり咲き誇る水仙は、いい香りがしてとても風情があった。

Kimg0648

ギリシャ神話では、美少年ナルキッソスが泉に映る自分の姿に恋焦がれるも、その思いが満たされずに窶れ果て、ついに水仙になってしまったという。そこから「うぬぼれ」「自己愛」などの花言葉があり、「ナルシシズム」という心理学用語もここから来ている。

駅から往復でちょうど2時間のハイキングだったが、足腰の鍛錬と目の保養も出来て言うことなしだった。走れない状態が続き、トイレの問題はあるものの、近場でまたこうした機会があれば出かけてみたい。

|

« モーツァルトのピアノソナタ全集 | トップページ | 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。