« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020/02/27

ハイティンク&VPOのブルックナー第7番

昨年のザルツブルク音楽祭最終日の8月31日、既に引退を表明していたベルナルト・ハイティンクの最後のコンサートが行われ、その模様が先日NHK-BSプレミアムで放送されたので録画視聴してみた。曲目はベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番(独奏エマニュエル・アックス)とブルックナーの交響曲第7番。管弦楽はウィーンフィルである。

協奏曲の方は、冒頭のピアノソロのテーマがアルペジオで始まり「あれっ」と思ったが、これは指慣らしのアルペジオでコンサートを始める古いスタイルを踏襲したものだろうか。しかし、それ以外は特に印象に残らない演奏だった。そもそもアックスなるピアニスト、私見では室内楽や伴奏には重宝されても、協奏曲のソリストなど不向きなタイプである。本来出演予定だったマレイ・ペライアがキャンセルになり、その代役で登場したという話だ。

お目当てはもちろんブルックナーである。ハイティンクがウィーンフィルと進めていたブルックナー交響曲全集の録音が、途中で打ち切りの憂き目にあったことは少し前に書いたが、その結果として第7番は未収録のままで終わっていて、ウィーンフィルの音に最も適した曲だけに残念に思っていたのだ。

マエストロは杖をつき足元が覚束ない状態だが、一旦指揮台に上がると一変。的確な棒と鋭い眼光で、譜面台に置いたスコアを一度も開くことなく、1時間を超える大曲を完璧に振り切った。最初は椅子に腰かけていたけれど、ここぞという箇所では立ち上がり、体全体で熱い想いを伝える。

終演後は聴衆のスタンディングオヴェーションはもちろん、楽団員一同からも温かい拍手が贈られた。ただ一人拍手を続けたファンの気持ちが通じたのか、最後は誰もいなくなったステージに戻り、居残った一部聴衆の熱狂的な喝采に応えていた。

なお、BSの番組では「ベルナルト・ハイティンク わが音楽人生」と題する約50分のドキュメンタリーも放送され、気心の知れたオランダ人ジャーナリストの質問に答える形で、ハイティンクがこれまでの音楽人生を率直に語っていた。

コンサートの前にはまっさらのスコアを用意し、常に一から準備し直す。
大切なのはオケの楽員に心から敬意を払い、彼らをうまく動かすこと。

誠実にして謙虚、オケの信頼も厚いマエストロの人柄が窺える内容だったが、最後に面白いエピソードが紹介されていた。インタビューの中で、ベルリンフィルとのマーラー「大地の歌」のコンサートを控えてとあるので、2016年秋頃に収録されたものとみられるが、その時点で既に「いつか引退の時が来ると私は常に言っている」とマエストロは述べている。

しかし、その時期については、実は妻のパトリシアさんから教えてもらうことになっていると明かしているのだ。マエストロも「耳のいい音楽家」と一目置くパトリシアさんは、「(引退の時期は)あなたは自分では分からないはず。その時が来たら教えてあげる」と言ったそうで、巨匠指揮者の見事な引き際の陰に内助の功ありとは意外だった。

2月26日 ジョグ8キロ

| | コメント (0)

2020/02/24

シャイー&ゲヴァントハウスのブラームス交響曲全集

Uccd13882012年から13年にかけて録音された比較的新しい全集盤を試聴してみた。発売元の紹介文。

ベートーヴェンに続き、伝統あるオーケストラに新風を吹き込むシャイーのブラームス。この3枚組では、交響曲全曲といくつかの管弦楽曲に、世界初録音となる間奏曲(ピアノ曲からの編曲)やブラームス自身のオーケストレーションによるワルツ集《愛の歌》を収録。さらには、交響曲第1番第2楽章の初演版、あとから削除された交響曲第4番の冒頭など、資料的価値の高い録音も収録されています。一度は聴いておきたい録音です。(引用終わり)

以前から第4番第1楽章の削除された冒頭部分には興味があり、実際に音として聴けるのは貴重な機会である。また、第1番第2楽章の初演版も収録されていて、とりあえずその2つが聴きたくて、この「資料的価値の高い」「一度は聴いておきたい録音」を入手してみたわけだが、現行版との相違が分かって大変興味深かった。

特に第4番第1楽章は、現行版冒頭アウフタクトのHを引っ張る演奏に違和感を感じてきただけに、なるほど元はそうなっていたのかと膝を打つ思いだった。また、第1番第2楽章は現行版の方が断然優れていて、着想から21年の歳月をかけてもなお、初演後の改訂も厭わなかったブラームスの飽くなき執念が窺える。

ところで、これらの資料的価値は別としても、この交響曲全集の演奏は大変ユニークである。いずれの曲でも、手垢のついた慣例的演奏を一旦ご破算にして、スコアに書かれているとおり忠実に、基本的にインテンポで演奏することを志向しているものと思われる。

最も顕著な例が第1番終楽章である。285小節から300小節にかけて、さらに407小節から416小節にかけて、通常はテンポを落として演奏するけれども、譜面にはテンポに関する指示はなく(297小節からは calando (カランド=だんだん遅く、だんだん弱く)とあるが)、シャイーは譜面どおりテンポを変えずに演奏している。

また、コーダ431小節以降のティンパニの6連符の連打の最後を、譜面にはないクレシェンドで目立たせる演奏が流行りみたいになっているが、ここでもシャイーは譜面どおりである。以前のシャイーならこういう箇所はここぞとばかり派手にやったのではないかしら。(吉田秀和風・笑)

第1番では第2楽章の3小節目、ホルンの嬰イ音に付された gestopft (ゲシュトップフト=右手でベルを塞ぐ奏法)の解釈もユニークだ。通常はベルを半分だけ塞いだ暗い音色で演奏するらしいが、シャイーはベルを完全に塞いだ「ビー」とか「ジー」という金属的な音色で演奏させている。うちにあった15種類のLPとCDを確認してみたが、そうした演奏例は皆無だった。

そうした細かいところで気になる箇所はあるものの、全体としてはインテンポで、過剰なロマン派的色付けを排した演奏で、自分の好みにも合致している。とりわけ第3番、第4番は出色の演奏であると思う。録音も極めて優秀で、ブラームス独特の渋いオーケストレーションの細部まで聴きとれる。

俄然興味が湧いたので、ベートーヴェンの交響曲全集も入手して試聴してみようかと思っている。

2月23日 ジョグ6キロ

| | コメント (0)

2020/02/21

歌劇「愛の妙薬」

Lelisirドニゼッティの代表作。オペラ・ブッファ(喜歌劇)でありながら従来のものとは一線を画し、ベルカントオペラの最高傑作のひとつに位置づけられている。

農場主の娘アディーナと村の純朴な青年ネモリーノの恋愛をめぐり、怪しげな商人が売りつけた「愛の妙薬」が引き起こす珍騒動を描いた他愛もないストーリーで、また音楽の形式的な面だけをみれば、まだモーツァルトやロッシーニの延長線上を脱していない。

しかし、登場人物それぞれの人間的な魅力を感じさせる台本、「人知れぬ涙」をはじめとする美しいアリアや重唱によって、全篇が見どころ聴きどころといって差し支えない、ロマンティックで心温まる喜歌劇となっている。

生涯に70本ものオペラを作曲したドニゼッティは非常な速筆で知られ、このオペラも何と2週間で作曲したという逸話が残されている。真偽のほどは不明であるが、ごく短期間にこれだけの大傑作が生まれたことは間違いないようだ。

今回鑑賞したのは、2002年8月にイタリア・マルケ州マチェラータで開催された音楽祭における野外公演の録画である。音楽祭はおろか指揮者や出演歌手の誰一人として知らない名前ばかりで、正直なところ田舎オペラ(失礼!)の野外公演にそれほど期待していなかった。

しかし、豈図らんや。これまで観て来たオペラの中でも屈指の面白さと、音楽的にもかなりの水準の高さを示した公演に、最後まで感心すること頻りであった。首都ローマから列車で4時間、人口4万人の小都市でもこれだけの公演を実現できるのは、かの地の文化的伝統がもつ底力とでも言うべきだろうか。

元競技場の建物を転用した野外劇場ゆえの制約から、舞台後方の雛壇にオーケストラが陣取り、指揮者は舞台の歌手たちに背を向けて振るという異例のスタイルにもかかわらず、アンサンブルの乱れはほとんど感じられず、それどころか歌手が歌いながら指揮者やオケメンバーに絡んだりする演出もあって楽しめた。

アディーナが読んでいた「トリスタンとイゾルデ」に出てくるような惚れ薬はないかと、ネモリーノが商人ドゥルカマーラに向かってレチタティーヴォで問いかける場面で、ピアノ伴奏も兼ねた指揮者がワーグナーのトリスタン和音をちょこっと弾くお遊びには思わずクスっとさせられた。ワーグナーの楽劇成立はこの作品から30年以上も後のことなのだけれど。(笑)

2月20日 ジョグ6キロ

| | コメント (2)

2020/02/18

8カ月ぶりに走った

昨日、およそ8カ月ぶりにジョグを行なった。といってもたったの4キロ、しかも約30分もかかってのことだが。(苦笑)

実はこれまでも試しに数秒間走ったことは何度かあり、まだ体が走れる状態にあることは確認していたが、何よりストーマの不安があるためそれ以上走ることは見合わせ、その代わりに散歩や畝傍山登山を続けてきた。

しかし、昨日から畝傍山登山道の一部が工事のため通行止めになり、かなり険しい別ルートに迂回を余儀なくされることが分かった。また、一昨日はまとまった雨が降ったので、路面がぬかるんでいることも予想される。

今日のところは畝傍山は諦め、神宮公苑周回コースを歩くしかないかと思ったが、ちょうどストーマ用具を交換する日だったので、汗や振動でシールが剥がれそうになればそのまま交換すれば済む。ものは試しで走り始めてみたら、4キロ程度なら何とかなったという次第だ。

しかし、8カ月のブランクはさすがに大きく、最初は足が上がらずに靴底が頻繁に地面をこする、ものの数分で息が上がるという体たらくだったが、そこを乗り越えて体が温まってくると少し調子が出てきた。久々に運動してかいた汗は気持ち良かった。

この先また手術が待っているかもしれず、そのためには体力の維持向上が欠かせない。状況が許す限り今後も少しでも走るようにしたい。

2月17日 ジョグ4キロ(笑)

| | コメント (2)

2020/02/17

『ドクター・デスの遺産』

321511000308中山七里著。版元の紹介文。

警視庁にひとりの少年から「悪いお医者さんがうちに来てお父さんを殺した」との通報が入る。当初はいたずら電話かと思われたが、捜査一課の高千穂明日香は少年の声からその真剣さを感じ取り、犬養隼人刑事とともに少年の自宅を訪ねる。すると、少年の父親の通夜が行われていた。少年に事情を聞くと、見知らぬ医者と思われる男がやってきて父親に注射を打ったという。日本では認められていない安楽死を請け負う医師の存在が浮上するが、少年の母親はそれを断固否定した。次第に少年と母親の発言の食い違いが明らかになる。そんななか、同じような第二の事件が起こる——。(引用終わり)

この作家のデビュー作で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した『さよならドビュッシー』の映画版や、『ヒポクラテスの誓い』のドラマ版は観たことがあるが、活字で読むのは初めて。他にも『おやすみラフマニノフ』や『どこかでベートーヴェン』など、クラシック音楽を織り込んだミステリーがいくつかあるようである。

さて、本作は安楽死の是非という重いテーマを主軸に据えながら、1件20万円で安楽死を請け負い「ドクター・デス」を名乗る謎の人物と、現行法上は殺人に当たるとしてその罪を追及する刑事の対決という、正統派ミステリー作品に仕上がっている。刑事自身、実の娘が難病と闘っていて、職業上の倫理観と個人的な感情が相反するという設定も、作品に重層的な深みを与えている。

「どんでん返しの帝王」と称される作家だけあって、ようやく犯人を確保したと思いきや、その足元を掬われるような仕掛けが待っていて、一瞬茫然としてしまうほどである。もちろん、最終的には全て辻褄があっているわけだけれど、そのための手がかりが最後になって出てくるのは、全体の構成上やむを得ないとはいえ少し残念である。

ところで、本作を読むことになった理由は単純で、既に映画化が決定していてこの人が明日香役を務めるからである(笑)。11月の公開が今から楽しみだ。

 

| | コメント (0)

2020/02/14

『情婦マノン』

Manon_202002111848011948年、仏。アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督。アマゾンの紹介文。

ユダヤ人を乗せイスラエルへ向かう貨物船内で、二人の密航者・ロベール(ミシェル・オークレール)とマノン(セシル・オーブリー)が見つかった。二人は船長に経緯を話し始める。44年、レジスタンスに参加しドイツ軍と戦っていたロベールは、若き売春婦マノンと出会い、たちまち虜になる。彼は運動から離脱し、二人での新生活を求めパリを目指すことにしたが、それは波乱の幕開けだった。(引用終わり)

プッチーニの歌劇「マノン・レスコー」に関連して、ケイタローさんが紹介してくれた映画を、ようやく観ることが出来た。アベ・プレヴォーの原作を第二次世界大戦直後のフランスを舞台にして翻案、一途な青年と奔放な女性の逃避行という大筋は維持しながら、当時の世相を織り込んだ現代劇に生まれ変わらせている。

プッチーニのオペラでは、囚人となりアメリカに追放されるマノンを追って、デ・グリューが無理矢理に移送船に同乗するけれど、映画では殺人犯となって列車で逃走するロベールを、マノンが追いかけるという逆の設定になっている。満員の乗客をかき分けながら、ロベールを必死で探すマノンの表情を長回しで映したシーンが印象的で、言い寄ってくる男をあしらうだけだった彼女が、ようやく本物の愛に目覚めたことを窺わせて秀逸である。

二人の逃避行はオペラと同様、悲惨な結果に終わるが、死んだマノンの脚を持ってロベールが砂漠を彷徨う有名なシーンは鬼気迫る。「恐怖の報酬」のクルーゾー監督だけに、死体の描写などもっとリアルな表現をしているのかと予想していたが、それほどでもなかった。特殊メイクなどなかったに違いない当時のこと、砂に埋められたマノンの顔はそれまでと変わらず美しい。しかし、そのことでかえって二人の悲しい宿命が際立って感じられるのである。

| | コメント (4)

2020/02/11

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」「道化師」

それぞれマスカーニとレオンカヴァッロが作曲したヴェリズモオペラだが、両者はともに南イタリアを舞台とした兄弟作と言える関係にあり、上演時間も合わせて2時間強なので、2本立てで上演することが慣例となっている。今回鑑賞したのは2015年メトロポリタンオペラ公演の録画で、通常は別々のテノール歌手が演じる両方の主役を、マルセロ・アルヴァレスが一人で演じて話題となったものである。指揮ファビオ・ルイージ、演出デイヴィッド・マクヴィカー。ライブビューイングの紹介文。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」
Cavalleria19世紀末のシチリア、ヴィッツィーニ。居酒屋の息子トゥリッドゥはローラと恋仲だったが、兵役にとられている間に、ローラは資産家の馬車屋アルフィオと結婚してしまう。トゥリッドゥは腹立ちまぎれに村娘のサントゥッツァと親しくなるが、それをやっかんだローラは再びトゥリッドゥと逢い引きする仲に。トゥリッドゥに突き放されたサントウッツァは、怒りのあまりアルフィオにすべてを打ち明けるが・・・。

「道化師」
Pagliacci19世紀後半、南イタリアのある村。道化師のカニオ率いる旅回りの芝居一座が到着し、今夜の芝居の宣伝を始める。一座の花形は、カニオの妻で女優のネッダ。だが独占欲の強い年上の夫に飽きていたネッダは、新しい恋人を作っていた。ネッダに横恋慕する一座のトニオは、ネッダと恋人との逢い引きの現場をカニオに通報。憤激を抑えて芝居の準備にかかるカニオだが、次第に芝居の内容と現実との区別がつかなくなり・・・。
(引用終わり)

両方とも初めて観たのだけれど、「カヴァレリア…」は場面転換の際に奏される大変美しい「間奏曲」が有名で、「田舎の騎士道」といった意味のタイトルとも合わせて、「鄙にはまれな高潔の士が、愛する女性のために犠牲となる、気高くも悲しい物語」かと勝手に想像していたら、全くもってとんでもなかった。例によって男女の三角関係のもつれをこれでもかとリアルに描き、ヴェリズモオペラのジャンルを確立した記念碑的作品なのである。

主人公のトゥリッドゥというのが本当に情けない男で、本能の赴くまま女から女へ走り、不倫も平気でやるかと思えば、いざ決闘の前になると、自分が死んだらひとりぼっちになるサントゥッツァが可哀そうと母親に泣きつくマザコンぶり。絶対に感情移入できない人物だが、だからこそ、そんな人間だったらどう思いどう行動するのか、それを想像してみることで人間というものを考えるヒントになる。そこがオペラの、いやお芝居全般の存在意義なのだろう。偶然だが、この録画を観た日の糸井重里「今日のダーリン」に同じようなことが書いてあった。

いま、世にフィクションが足りてないように思うのだが、実は、それは、昔からいくらでもあったはずだ。現実ばかりを凝視して、正義と悪とを裁いているより、もっと味もコクもある嘘のおもしろさに出合いましょう。そう、『源氏物語』だって、シェイクスピアだって、『ゴッドファザー』だって、イケナイ話の山盛りだ。ホントとウソとどっちでもないものが、世界のすべてさ。

シェイクスピアのみならず、近松門左衛門が唱えた「虚実皮膜論」もこれと同じ趣旨だと思うが、次の「道化師」がまさにそれをテーマにしたような作品であるのが面白い。主人公の道化師は、妻に浮気されている実生活とウリふたつの芝居を演じるうちに、現実と虚構の区別がつかなくなり、妻と不倫相手を相次いで刺し殺してしまうのである。しかも、このウソみたいな物語について、作曲者レオンカヴァッロは司法官だった父が現実に担当した事件をヒントにしたと説明しているから(諸説あり)、さらに驚いてしまう。

ストーリーはかくのごとく現代の昼メロ(よう知らんけど・笑)も真っ青のドロドロ愛憎劇だが、両者とも音楽は場面に応じて巧みに物語を盛り上げ、ここぞというアリアは大変美しい。ヴェリズモ時代になってもベルカントの伝統は死んだわけではないのだ。それぞれ、映画『ゴッドファーザー PARTⅢ』と『アンタッチャブル』のヤマ場で大変効果的に用いられているそうだ。間奏曲は「カヴァレリア…」だけが有名だが、「道化師」の方も大層美しく、隠れた名曲と言えるのではないか。

| | コメント (2)

2020/02/08

高尾山&かしわら水仙郷

5日の水曜日、大阪府柏原市の高尾山(277M)に登り、その麓にある「かしわら水仙郷」を訪れた。ラン友Tさんからお誘いがあり、仲間のKさんにも声をかけて3人のパーティーで出かけた。

近鉄堅下(かたしも)駅からスタート。すぐに急な登りが始まると、みるみる間に標高が上がっていき、展望台からは大阪平野を見渡す絶景が広がっていた。左から正面奥に流れるのは大和川。写真には写っていないが、右手には八尾空港の滑走路、遠方にはぼんやりながらあべのハルカスが望めた。

Kimg0643

1時間ほどで高尾山山頂に到着。手前にはちょっとした岩場があり、ロッククライミングをする人もいるそうだ。この日はとても風が強く、山頂に立っていると風で体が持っていかれそうになる。

麓に下ると、地元有志によって育てられている水仙が、ちょうど見頃を迎えていた。静かな谷あいにひっそり咲き誇る水仙は、いい香りがしてとても風情があった。

Kimg0648

ギリシャ神話では、美少年ナルキッソスが泉に映る自分の姿に恋焦がれるも、その思いが満たされずに窶れ果て、ついに水仙になってしまったという。そこから「うぬぼれ」「自己愛」などの花言葉があり、「ナルシシズム」という心理学用語もここから来ている。

駅から往復でちょうど2時間のハイキングだったが、足腰の鍛錬と目の保養も出来て言うことなしだった。走れない状態が続き、トイレの問題はあるものの、近場でまたこうした機会があれば出かけてみたい。

| | コメント (0)

2020/02/05

モーツァルトのピアノソナタ全集

Uchida所蔵している全集盤CDを折に触れ通しで聴いているが、今回はモーツァルトのピアノソナタ全18曲である。幼少期の作品から始まるピアノ協奏曲と異なり、作曲者19歳の1775年に作曲された第1番K279から、晩年1789年の第18番(旧全集では第17番)K576まで、彼の円熟期以降の充実した作曲技法が盛り込まれた作品揃いである。

028947752004ピアノ協奏曲が公開の演奏会のために書かれ、作曲者自身がピアノ独奏と指揮を兼ねて演奏する、いわばショーピースのような存在であるのに対し、ピアノソナタはより個人的、内向的な性格を有し、自分自身との対話をそのまま綴ったような音世界が展開する。ベートーヴェンではその対比が際立っているが、モーツァルトにおいてもそうした傾向は窺える。

とりわけ、唯一短調で書かれた第8番イ短調K310は、その直前に遭遇した母の死が影響していると言われ、彼の作品では珍しいほど悲劇的な感情が直接的に表れた両端楽章と、美しく優しさに満ちていながら、中間部で暗雲が急に空を覆うような第2楽章との対比が見事である。

今回鑑賞したのは、うちにあった内田光子盤と、新たに入手したマリア・ジョアン・ピリス盤の2種類である。どちらも名盤の誉れ高い全集盤で甲乙つけがたいが、あえて言えば内田がより古典派的なアプローチで、端正な弾きぶりであるのに対し、ピリスはどちらかというとロマン派への傾斜を含んだ、情感をかなり表面に出した演奏で、ダイナミクスの変化はより顕著になり、テンポも微妙に揺れ動いている。

どちらが良いとか正しいとかではない。いずれもモーツァルトの音楽に内包されている要素であり、両方とも何の問題もなく「アリ」なのだ。詰まるところ、聴く人がそこに何を感じ取るかということに尽きる。

その一例を挙げるなら、吉田秀和氏はかつて「ピリスのモーツァルト」と題する小文(中公文庫『レコードのモーツァルト』所収)の中で、「この人のモーツァルトは、実に生きている。生きて、動いているモーツァルトであって、仮面をかぶった、自己を殺したモーツァルトではない」と記している。

| | コメント (6)

2020/02/02

『運び屋』

Mule2018年、米。クリント・イーストウッド監督、主演。アマゾンの紹介文。

イーストウッド演じるアール・ストーンは90歳の男。家族と別れ、孤独で金もなく、経営する農園には差し押さえの危機が迫っていた。そんな時に、ある仕事が舞い込む。ただ車を運転すればいいだけの訳もない話だ。しかしアールが引き受けてしまったのは、実はメキシコの麻薬カルテルの“運び屋”だった。たとえ金銭的な問題は解決しても、過去に犯した過ちが、アールに重くのしかかってくる。捜査当局やカルテルの手が伸びてくる中、はたして自らの過ちを正す時間は彼に残されているのか。(引用終わり)

同監督の作品は『15時17分、パリ行き』以来。そこでも書いたけれど、本作も実話をベースにして製作されている。

カネ欲しさから麻薬運搬に手を染めてしまった老人が、麻薬組織と捜査当局双方に追われることになるクライムサスペンスかと想像していた。そういう要素も少しはあるが、さすがに派手なカーチェイスがあるわけでもなく、犯罪そのものの結末は実にあっけない。

それよりむしろ、大金を稼いでも満たされることのない主人公の心の空白と、それを埋めるのはこれまで顧みなかった家族への愛しかないことに今さら気づいた無念といったことが、本作の大きなテーマとなっている。

それにしても、御年88歳のイーストウッドの格好良さはどうだろう。面相はさすがに老人というしかないが、しゃんと背筋を伸ばし、カーラジオに合わせて鼻歌を歌いながら運転するさまは、孤独さえも自己の一部にして飄々と、だがしたたかに生きる一人の男として、まことに絵になっている。

 

| | コメント (2)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »