« 歌劇「蝶々夫人」 | トップページ | 娘夫婦が来訪 »

2019/12/31

2019年回顧

大晦日は第九を聴きながら芋ケ峠往復LSDを走るのが恒例だったが、さすがに今年は無理で、午前中は畝傍山の登り納め、午後は自室で第九のCDを聴いた。選んだのは、今年俄かにマイブームとなったバレンボイムの指揮によるシュターツカペレ・ベルリンの演奏である。一見粗削りのようでありながら、ベートーヴェンの意図を忠実に再現しようとした演奏に改めて感銘を受けた。

さて、これも恒例の今年の回顧。いろいろあり過ぎて、とても総括など「あろうはずがありません」。(笑)

 1月 年賀状を卒業
     息子が転職、四国に引越し
     ガラケーからガラホに機種変更
     アンプの修理を依頼、無事復活する
     2台目の軽自動車を購入
 2月 父が老人ホームに入居
     パソコンを買い替え
 3月 PayPay を使い始める
 4月 京街道を走る
 5月 野上電鉄廃線ラン
     直腸癌が発覚
 6月 直腸摘出手術
     7月にかけ36日間入院
 8月 CDプレーヤーを買い替え
     オペラ鑑賞シリーズ開始
 9月 奈良街道を歩く
10月 奈良街道を歩く(続)
     登山靴を購入
     タブレットを買い替え
11月 大学病院に転院
12月 娘が結婚、首都圏に転居

それでは皆さま、どうぞ良いお年を!

|

« 歌劇「蝶々夫人」 | トップページ | 娘夫婦が来訪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌劇「蝶々夫人」 | トップページ | 娘夫婦が来訪 »