« 歌劇「トスカ」 | トップページ | 『愛と宿命の泉』 »

2019/12/16

『患者よ、医者から逃げろ』

9784334044381夏井睦著。副題に「その手術、本当に必要ですか?」とある。版元のやや長めの紹介文。

著者はキズや熱傷(ヤケド)の湿潤療法の創始者である。植皮手術が必要とされる熱傷の患者でも、ほぼその必要はなく、傷跡や痛みも少なくキレイに治療できることはもはや疑いのない事実だ。だが大学病院や総合病院の形成外科や皮膚科では今も変わらず酷い治療が行なわれている。それは骨髄炎の治療も同じで、手足の切断が必要とされたが実は骨髄炎ではない患者も多くみてきた。
なぜ医者は、我が子には絶対できない手術を患者に勧めるのか。なぜ古い治療に固執し、新しい治療を行なえないのか。自分の頭で考え、逃げてきた患者らの治癒過程も写真や証言を交え紹介。また湿潤療法の誕生秘話、痛みと全身性合併症をめぐる新発見、創感染の本質や骨髄炎、院内感染や合成界面活性剤の闇に切り込むとともに、それらの考察から見えてくる生物・人体の進化史の新説を、独創的に語り尽くす。(引用終わり)

光文社新書から出ている著者の本はこれが4冊目。全て読んできたが、今回は熱傷治療に関する記述が大半を占め、著者のこれまでの取組みの集大成とも言える内容となっている。こと熱傷に関する限り、タイトルの「医者から逃げろ」は、「従来の治療法に固執する医者から逃げろ」という意味において、熱傷患者を救う道に繋がることは疑いない。また、前著までに詳しいが、糖尿病治療においても同じことが言える。カロリー制限、バランスの良い食事という名の下に糖質の多い食事を強要される限り、血糖値の急上昇は収まらず、糖尿病は決して良くならないのである。

個人的には、本書の最後に方に出てくる合成界面活性剤の弊害に関する部分が大変興味深かった。これまで著者の流儀を取り入れ、シャンプーやボディソープを使わず、お湯だけで洗い流す入浴法に切り替えていたが、入浴後は医師から処方されたヒルドイド(または同種の商品)を手足に塗布して保湿に努めていた。ところが、これがとんでもない間違いで、クリームを基剤として作られた保湿薬や化粧品は、実は肌を乾燥させるだけのものであることが分かった。これまでのところヒルドイドによる弊害は生じていなかったが、即刻廃棄したことは言うまでもない。

ところで、自分は基本的に本を読む際にはカバーを付けない。何の本を読んでいるのか他人に知られたくないなどというのは、読書人として潔くない態度だと思うのである。しかるに、本書だけは例外とせざるを得なかった。医大病院での待ち時間を利用して読むことが多く、さすがにこの書名はまずいと思ったからだ。(笑)

|

« 歌劇「トスカ」 | トップページ | 『愛と宿命の泉』 »

コメント

なるほど、潔さですか。
僕はカバーで本屋を選ぶ傾向があって・・・(^^!
京都だと、抽象画をあしらったジュンク堂と北山の峰をモチーフにした大垣書店のカバーが好きです。全国の支店の地図をデザインした味も素っ気もない丸善のカバーも、妙に知的な雰囲気があって・・・。(思い込みか)

ところで、紙のブックカバーは「書皮」といって、英語に相当する言葉はなくて、日本だけの風習だそうです。「本を汚したくない」「どんな本を読んでいるのか知られたくない」といった、日本人のきれい好きやシャイな国民性を象徴しているのかもしれません。
僕は、Amazon本のためにお気に入りのカバーをストックしてあります。(笑)

投稿: ケイタロー | 2019/12/16 17:14

ケイタローさん
本はほとんど全て図書館で借りて読むので、
ここ何年も新品の本を買ったことがありません。
そのためブックカバーのストックがない、
というのが「潔さ」の真相だったりします。(笑)

投稿: まこてぃん | 2019/12/17 08:27

本は、小説の他は仕事の専門書しか読まないので、ほぼ古書店で買います。
勿論、専門書は余り売ってないので、丸善等で買いますが、何故かバカ高いのがお約束(-_-;)。

で、古本屋では当然カバーなど付けてくれない為(笑)、お金を出してカバーを何種類か揃えております(^^;)。
近頃はやたら安い古本屋も現れて、文庫なら80円均一とかで割と綺麗なのを売ってるので、助かっています。

そして、リタイアしたら図書館通いも出来るのが楽しみなのですが(^^)。

投稿: AKA | 2019/12/17 21:16

AKAさん
今回は昔書店で貰ったもので済ませましたが、
百均を覗いてみてもほとんどなかったです。
電車に乗っても本を読んでいる人は僅かだし、
もうブックカバーの需要自体がないのでしょうね。

投稿: まこてぃん | 2019/12/18 17:46

寄れる話がないですが。(^^;
私のブックカバーは、カレンダー(きれいな景色のとかかわいい猫のとか?)や
フリーペーパー、包装紙などです。(^^;
やはり人に知られたくないのと汚したくないってのが理由です。
しょっちゅう図書館で借りてますが、読まないまま返してしまうという、
何やってんだか?の人です。(^▽^;)

投稿: くー | 2019/12/19 18:59

くーさん
久々の登場、ありがとうございます。
市販品が先細りとなると手作りしかないでしょうか。
しかし私の場合、色やデザインのセンスが皆無なので、
下手に細工するより裸の方がマシ、となりかねません。

投稿: まこてぃん | 2019/12/20 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌劇「トスカ」 | トップページ | 『愛と宿命の泉』 »