« 当世結婚式事情その3 | トップページ | 歌劇「蝶々夫人」 »

2019/12/25

身体障害者手帳

人工肛門を持つ者として身体障害者の認定を受け、身体障害者手帳(4級)が交付されている。これにより様々な福祉制度が利用できるものの、これまでその恩恵に浴することはなかったが、今回娘の結婚に際して首都圏まで往復した折には、その有難さを実感することが出来た。

まず、高速道路の通行料金が半額になる。うちは軽自動車でもともと普通車より安い料金がさらに半額になるのだから助かる。ついでに言うと、最近の軽自動車は性能が向上していて、時速100キロ超えの長距離運転でも全くストレスを感じなかった。

次に、片道100キロ超の鉄道運賃が半額になる。特急などの料金は対象外だが、それでも数千円の割引は有難い。ただ、窓口で係員に手帳を提示して購入する必要があり、混雑時には長時間行列に並ぶ必要がある。優先窓口を設定するなどの配慮が必要かもしれない。

交通関係で言えば、路線バス運賃も半額、タクシー料金は1割引となる。1回1回の割引額は小さいものの、頻繁に利用する人にとってはやはり有難い制度だろう。

意外だったのは、ふと立ち寄ったある観光施設で手帳を提示すれば、同行者1人分も合わせて入場料が無料になることだった。料金を取る施設には基本的に入らないという意味不明なポリシーの持ち主(笑)としては、ただただ感謝するしかない。

|

« 当世結婚式事情その3 | トップページ | 歌劇「蝶々夫人」 »

コメント

仕事仲間にも人工肛門を持つ方がいます。元気にやっています。高速道路の割引ですが、これ、確か、西川きよし師匠の議員時代の実績の一つだったと思います。こういう割引制度、どんどん活用されてください。CD割引は無いようですが(^^;。

投稿: frun 高橋 | 2019/12/25 09:59

ご無沙汰しています。
いままでブログを拝見していましたが、まこてぃんさんが・・・。
ショックでコメントできませんでした。

手帳ですが、母親が両股関節に人工股関節が入っているため持っています。
母親一人ではバスが半額を利用していますが、同居している身としては、自動車取得税と自動車税が免除になってます。
取得税はそうそうは使えませんがw、毎年払う自動車税は助かります。

投稿: ゴン | 2019/12/25 15:26

frun 高橋さん
確かにきよし師匠が関与していたようで、実際に
「小さなことからコツコツと」頑張っていたのですね。

ゴンさん
お久しぶりです。ご心配おかけして済みません。
今のところ、淡々とやるべきことをこなしています。
自動車関連税は人工肛門は対象外のようで残念です。
きよし師匠にもう一肌脱いでもらいますか。(笑)

投稿: まこてぃん | 2019/12/25 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当世結婚式事情その3 | トップページ | 歌劇「蝶々夫人」 »