« 歌劇「ラ・ボエーム」 | トップページ | アモルメットコア »

2019/11/28

『ミスター・ガラス』

Glass132019年、米。ナイト・シャマラン監督作品。公式サイトの紹介文。

フィラデルフィアのある施設に3人の特殊な能力を持つ男が集められ、研究が開始された。彼らの共通点はひとつ―自分が人間を超える存在だと信じていること。不死身の肉体と悪を感知する力を持つデヴィッド(ブルース・ウィリス)、24もの人格を持つ多重人格者ケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)、そして、非凡なIQと生涯で94回も骨折した壊れやすい肉体を持つ〝ミスター・ガラス″(サミュエル・L.ジャクソン)…。彼らは人間を超える存在なのか? 最後に明らかになる“驚愕の結末”とは? M.ナイト・シャマラン監督が『アンブレイカブル』のその後を描く、衝撃のサスペンス・スリラー。(引用終わり)

紹介文には『アンブレイカブル』(2000)のその後とあるけれど、もうひとつ『スプリット』(2017)も加えた3部作という構成になっている。したがって、前2作を観ていないと3人の男たちの来歴等が分からず、「驚愕の結末」の意味もピンと来ないことになる。

ここまで伏線を張るだけ張って、いよいよこの完結篇で三者が一堂に会することになる。そこに謎の女性精神分析医が絡んでという展開だが、最後はアメリカン・コミックを踏まえた「スーパーヒーローは実在するのか」という命題に収斂していくことになり、それに向けての虚々実々の駆け引きが繰り広げられる。

フィラデルフィアに最近完成したという設定の「オオサカ・タワー」(あべのハルカスにヒントを得たものか?)でのアクションシーンを期待したけれど、そこに行くまでに勝敗が決してしまったのには少し拍子抜けした。しかし、「驚愕の結末」には次に繋がる伏線が張られているようでもあり、三者それぞれの関係者に引き継がれた続篇もありそうなエンディングは、いかにもシャマランならではである。

|

« 歌劇「ラ・ボエーム」 | トップページ | アモルメットコア »

コメント

『アンブレイカブル』は『シックス・センス』の次作だったので、期待し過ぎたためか、ちょっとがっかりした覚えがあります。
若くしてあのような傑作を撮ってしまうと、あとが大変だろうと思います。

ブルースおじさんは、相変わらず元気そうですね。(僕と同い年です)
30年前はナカトミ商事の高層ビルで戦ってましたが、今度もビルですか。
ご苦労さまです。(笑)

投稿: ケイタロー | 2019/11/28 17:23

ケイタローさん
シャマラン作品は結構駄作も多いですが、
そんな振れ幅を含めての個性なのでしょう。
『ダイ・ハード』はまだ観てないので、
いずれ機会があれば観てみたいです。
ちなみに今回はオオサカ・タワーまで行けていません。

投稿: まこてぃん | 2019/11/29 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌劇「ラ・ボエーム」 | トップページ | アモルメットコア »