« 『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』 | トップページ | 『地図帳の深読み』 »

2019/10/23

登山靴を買った

生まれて初めて登山靴なるものを買ったのだ。伊勢本街道を走ったとき、アシックスの GELFUJI というトレールラン用のシューズを買ったことはあるが、今回購入したのはモンベルのトレールフライヤーという商品で、同社の分類としては「登山靴(ハイキング)」となっている。ただ、商品説明には「トレイルランニングやスピードハイクに最適な軽量シューズです」とあり、登山靴とランニングシューズの中間的な商品なのだろう。

Kimg0525

目的はこのところ頻繁に行くようになった畝傍山登山である。退院後の体力回復・維持のため、最初は橿原神宮公苑を歩いていたが、よほど速く歩かないと心拍数が上がらず、運動効果はあまり期待できない。何よりも、元ランナーにとってただ平地を歩くというのはかったるくていけない。ということで、畝傍山(標高199m)に登るようになった。所要時間も1時間程度と手頃で、家のすぐ近くに打ってつけの山がある環境に感謝したくなる。

当初はランニングシューズでそのまま登っていたが、低山とはいえ火山性の岩石が転がる登山道には不向きである。この先何回登れるか分からない身ではあるけれど、底の薄い靴で我慢するのはストレスが溜まるし、滑って転倒する危険もあることから、思い切って専用の靴を買うことにしたというわけだ。

謳い文句の「驚異的なグリップ力」というのを実感するまでには至っていないが、比較的軽量な割にソールはしっかりしていて、ゴツゴツした岩場でも突き上げ感がほとんどなく、快適な登山が楽しめるようになった。折角なので、家族からの誕生日プレゼントにしてもらおうかと、いま画策しているところである。

ところで、モンベルはフランスとかスイスのメーカーかと思っていたら、何と大阪市西区に本社がある日本の会社だったのだ。知らんかったなあ。(笑)

|

« 『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』 | トップページ | 『地図帳の深読み』 »

コメント

モンベルは・・・社長さんがたまにテレビに出てたり?
東日本大震災の時にはダウンとかテントとか?とりあえずの物をもって駆けつけたり・・・。
海外のメーカーよりはちょっと安いけど、
特に山用品はそれなりにするのでぱっぱっとは買えませんが、
リュックは今二つ目を使用中です。(^^;

投稿: くー | 2019/10/23 18:47

くーさん
創業者が一代で築き上げた会社のようですね。
今のように中高年が大挙して山を目指す時代を
予見していたとすれば、相当な先見の明ですね。

投稿: まこてぃん | 2019/10/24 18:25

大変ご無沙汰しております。たぶん4年ぶりくらい?のコメント3回目かと思います。
ご病気されて、心配しましたが、登山靴を買われたのはナイスです!実は私も2年ほど前から登山をしています。モンベルはコスパが良いので愛用中です。
2009年から2016年までは大阪国際女子への資格を持っておりましたが、力尽きました~。もともとギリギリの国際資格だったので。2017年には別大に出ましたがその後は故障もあり記録は望めない感じになりました。今は5kmとか10kmのレースに出ています。それでもやはり走っていてよかった!と思うことたくさんあります。登山も走っていたからこそ気軽に出かけられているのかなと。昨年はハセツネも完走(完歩?)しました。まこてぃんさんも季節の移り変わりを肌で感じて元気にお過ごしください。まだまだこのブログを楽しみにしています。

投稿: かあちゃん | 2019/11/05 16:56

かあちゃんさん
お久しぶりです。
大阪国際女子卒業(?)後も、ハセツネ完走とのこと。
相変わらずご活躍のようで羨ましい限りです。
仰るとおり、走っていなければ登山などする気にもならず、
闘病に必要な体力の維持向上は望めない状態だったに違いありません。

投稿: まこてぃん | 2019/11/06 09:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』 | トップページ | 『地図帳の深読み』 »