« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019/10/29

歌劇「アイーダ」

Aidaヴェルディ後期の傑作とされるオペラ。スエズ運河開通を記念して新しく建てられたカイロ歌劇場で上演するため、エジプトを舞台とした新作オペラの依頼を受けて作られた。パリ・オペラ座からの依頼による「ドン・カルロ」、ロシア・ペテルブルクからの依頼による「運命の力」と並んで、ヴェルディは当時としては「世界を股にかけた」活躍をしていたようである。

ファラオ時代の古代エジプトが舞台。エジプトとの戦いに敗れたエチオピアの王女アイーダは、身分を隠したまま奴隷としてエジプトの王女アムネリスの侍女になっている。彼女はエジプトの将軍ラダメスと恋に落ちていた。同じくラダメスを愛するアムネリスは二人の仲に気づき、激しく嫉妬する。最終的に祖国の勝利よりアイーダへの愛を優先させたラダメスは、彼女とともに国外に逃亡しようとして、父エチオピア王に唆された彼女に軍の機密情報を漏らしてしまい、そのため死刑を宣告されてしまう。

委嘱の経緯に相応しく祝典的な要素が強い作品で、古代エジプトを再現した豪華絢爛なセットに、華やかなバレエの場面も織り込まれるなど、壮大な舞台が映えるスペクタクル・オペラの代表格とされる。第2幕第2場の凱旋の場面は最も有名で、今ではサッカーのテーマ音楽になった行進曲が鳴り響く中、本物の馬まで現れて舞台を闊歩するさまは正に壮観である。

しかし、実際のところ「スペクタクル」と言えるのはこの場面だけで、意外なことにオペラの大半は、上記の三角関係の男女の機微と、その背景となる両国の対立、愛国心と復讐心といった内容が主になっている。したがって、凱旋の場面のような華やかさだけを期待していると、意外に地味な内容に肩透かしを喰らうことになる。

とりわけ、第1幕第2場の神殿での祈祷の場面や、第4幕第2場の地下牢と神殿の二重舞台の場面では、極めて抑制されたトーンの音楽が続き、最後はピアニシモのうちに静かに幕が降りる。「スペクタクル・オペラ」としては全く予想しなかった幕切れに驚いたが、本作が単なる見世物ではない、芸術的価値を有する作品であることの証左と言えよう。

| | コメント (4)

2019/10/26

『地図帳の深読み』

Fukayomi 今尾恵介著。版元、帝国書院の紹介文。

学生時代に誰もが手にした懐かしの学校地図帳には、こんな楽しみ方があった! 100年以上にわたり地図帳を出版し続けてきた帝国書院と地図研究家の今尾恵介氏がタッグを組み、海面下の土地、中央分水界、飛び地、地名や国名、経緯度や主題図など「地図帳」ならでは情報を、スマホ地図ではできない「深読み」する! 家の奥に眠るあの地図帳、今もう一度繙いてみませんか。(引用終わり)

帝国書院刊ということで、半分は自社刊行物のPRみたいなものかと思っていたが、意外に客観的な視点から地図帳の面白さを縦横に論じている(もちろん、版元をヨイショした箇所もなくはない・笑)。ひとえに著者の長年にわたる地図帳愛のなせるわざであるが、題材が「地図」(国土地理院の地形図など)ではなく、「地図帳」だというところがミソだろう。

地形図では等高線だけのところ、地図帳ではそれに段彩が施されて、地形が直感的に把握できるようになっているし、また地域ごとの名産品がイラストで紹介されたり、巻末には各種統計が掲載されたりと、学習者の便宜を図る工夫がなされている。それを「深く読み込む」ことで貴重な情報が得られることを、著者は多くの具体的事例を挙げて力説している。

地図帳に親しむことは、自国や世界の本当の姿を知ることであり、ひいては世界平和の礎ともなる。「あとがき」で著者は次のように述べている。

世界はあまりに広く、人はその大半を知らずに一生を終えるのだが、地図帳があれば、少なくとも知らない場所へ空想旅行することはできるだろう。昨今「多様性」が叫ばれるのは、世界を均一化の方向へ誘うグローバル化への警戒感のゆえだろうか。紛争の多くはお互いの無理解に起因するのだろうが、異文化を認め合うことが広義の安全保障につながるとすれば、炎上するセンセーショナルな報道ではなく、地道に地図帳に親しむことこそが平和への王道かもしれない。

ところで、本書カバーは地図帳の切り抜きを貼り合わせたようなデザインになっているが、裏側の一枚は奈良盆地付近の地図である。思わず見入ってしまったが、1か所だけ不思議な記載がある。それは高松塚古墳の南方、高取町役場の東側に卍マークとともに記された「子嶋寺」である。

長いこと隣の橿原市に住んでいるが、寡聞にしてその名すら知らなかった。調べてみるとそれなりに由緒ある寺のようだけれど、この場所に記載するなら「キトラ古墳」の方が昨今はるかに有名だし、近隣の寺では飛鳥観光の名所である「岡寺」や「飛鳥寺」の記載がないのが不思議である。

| | コメント (2)

2019/10/23

登山靴を買った

生まれて初めて登山靴なるものを買ったのだ。伊勢本街道を走ったとき、アシックスの GELFUJI というトレールラン用のシューズを買ったことはあるが、今回購入したのはモンベルのトレールフライヤーという商品で、同社の分類としては「登山靴(ハイキング)」となっている。ただ、商品説明には「トレイルランニングやスピードハイクに最適な軽量シューズです」とあり、登山靴とランニングシューズの中間的な商品なのだろう。

Kimg0525

目的はこのところ頻繁に行くようになった畝傍山登山である。退院後の体力回復・維持のため、最初は橿原神宮公苑を歩いていたが、よほど速く歩かないと心拍数が上がらず、運動効果はあまり期待できない。何よりも、元ランナーにとってただ平地を歩くというのはかったるくていけない。ということで、畝傍山(標高199m)に登るようになった。所要時間も1時間程度と手頃で、家のすぐ近くに打ってつけの山がある環境に感謝したくなる。

当初はランニングシューズでそのまま登っていたが、低山とはいえ火山性の岩石が転がる登山道には不向きである。この先何回登れるか分からない身ではあるけれど、底の薄い靴で我慢するのはストレスが溜まるし、滑って転倒する危険もあることから、思い切って専用の靴を買うことにしたというわけだ。

謳い文句の「驚異的なグリップ力」というのを実感するまでには至っていないが、比較的軽量な割にソールはしっかりしていて、ゴツゴツした岩場でも突き上げ感がほとんどなく、快適な登山が楽しめるようになった。折角なので、家族からの誕生日プレゼントにしてもらおうかと、いま画策しているところである。

ところで、モンベルはフランスとかスイスのメーカーかと思っていたら、何と大阪市西区に本社がある日本の会社だったのだ。知らんかったなあ。(笑)

| | コメント (4)

2019/10/20

『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』

Hikita2019年、製作委員会。松重豊、北川景子ほか。公式サイトの紹介文。

ヒキタクニオ、49歳。職業は人気作家。サウナとビールが大好きで、ジム通いのおかげでいたって健康体。一回り以上年が離れた妻・サチと仲良く暮らしている。年の差婚のふたりは、子どもは作らず、気ままに楽しい夫婦生活を送るつもりでいたが、ある日の妻の突然の一言ですべてが変わった。
「ヒキタさんの子どもに会いたい」
サチの熱意に引っ張られる形で、妊活へ足を踏み出すことになったヒキタ。だが、彼は知らなかった。まだまだ若くて健康だと自負していたが、相反して、彼の精子が老化現象を起こしていたことを……。(引用終わり)

封切映画は久々、手術後は初めてだ。ストーマの不安があったけれど、ショッピングモール内の劇場だったので、設備の整った多目的トイレが利用でき、最後まで何ら問題なく鑑賞することが出来た。

不妊治療というデリケートな問題を取り上げながら、変に深刻過ぎず、むしろ適度なユーモアを交えながら、悲喜こもごものヒューマンドラマに仕上がっている。突飛な連想かもしれないが、伊丹十三の名作『お葬式』のようなテイストの作品であると感じた。

人工授精、顕微授精といった不妊治療の実際の内容について、医療関係者や当事者以外の人間はほとんど知識がないのが普通である。自分の周囲にも子供のいない夫婦は何組かいたけれど、それについてどう思いどう取り組んでいるか、本人が話してくれることは全くなかったし、こちらから尋ねるのは土足で人の心に踏み込む蛮行にすら思える。

本作はそういう「妊活」、とりわけ男性側に原因がある場合について、とっつきやすく分かりやすく解説してくれている。また、それが単なるノウハウものにとどまらず、妊活を通じて夫婦の絆が深まり、周囲の人間の理解も進むという理想的な姿を提示している。費用面も含めて、現実はそんなに甘くないという指摘があるかもしれないが、妊活入門としては合格点が与えられるのではないか。

主演の松重豊は、あの厳ついルックスに反して、どこか憎めないところのある中年作家を好演。北川景子はさすがに30歳台に相応しい貫禄がついてきたが、相変わらずの透明感と気品を保ち、役柄の幅がさらに広がったようだ(ファンの贔屓目・笑)。

| | コメント (0)

2019/10/17

奈良街道を歩く その5(小野~墨染)

地下鉄小野駅の東、京街道との分岐点から街道歩きを再開。右奥が東海道髭茶屋追分方面、左が伏見・大坂方面、手前が六地蔵方面への奈良街道、通称醍醐道である。

Kimg0508

府道36号新奈良街道を横断して進むと、醍醐寺の広大な敷地が左手に広がっている。こういう風景を見るといつも思うのだが、宗教法人は非課税の固定資産税がまともに課税されたら、一体いくらになるのだろうか。

Kimg0511

この先で府道36号と合流、市街地の中を真っ直ぐ伸びる道をひたすら歩く。小野から休憩込みで約1時間、ようやく六地蔵まで戻ってきた。電車だとものの数分で着くのだけれど。

「札ノ辻」を今度は東から西へ直進し、六地蔵小橋(歩行者専用)で山科川を渡った西詰に比較的新しい道標が建ち、「☞だいご一言寺是より十七丁」「左おくりす(小栗栖)道 岡本尺角建之」と刻む。岡本某とは、俳句も嗜んだ石材商の名前のようである。

Kimg0512

この先の住宅街の狭い路地の奥に、クリーム色をした3階建ての建物が見える。窓枠やベランダには黒く焦げた跡が残っている。今年7月に痛ましい放火殺人事件の現場となった、京都アニメーション第1スタジオである。発生から3か月近く経過したが、未だ犯人の取調べには至っておらず、事件の全容解明はこれからという状態である。建物の前で犠牲者の冥福を祈って黙祷を捧げた。

Kimg0513

まもなく六地蔵交差点で府道7号に突き当たる。交差点北西に建立年不詳の道標が建ち、「みき京みち 法名末徹」「ひだりふしみみち」などと刻む。

Kimg0514

街道はここで右折して通称墨染道となり、八科峠の急な登りが始まる。行程終盤の脚には堪えたが、振り返ると六地蔵付近の市街地と、背後に連なる山々が望めた。

Kimg0517

やっとの思いで頂上に到達。「八科峠」の標石が建ち、「右京みち」「左六ぢぞう」「松井市右衛門建之」と刻む。傍らには東海道の日ノ岡峠で見かけたような車石が置かれている。ここの峠とは特に関係ないように思うのだが。

Kimg0520

ここから伏見までひたすら下りとなり、JR藤森駅付近を通過して、京阪墨染駅前で伏見街道と合流する。折角なので駅前の椿堂茶舗でまた煎茶を買ってから帰路に就いた。今回の街道歩きで本場宇治の煎茶を都合400gも買ったので、この先当分の間は買わなくて済みそうだ。(笑)

| | コメント (0)

2019/10/14

奈良街道を歩く その4(大久保~六地蔵)

その3までで一旦終えた奈良街道だが、やはり宇治、六地蔵を回る古い街道の方も行ってみたくなり、快晴に恵まれた9日に歩いてきた。ついでに、東海道から分岐して大坂に向かう京街道の途中、小野付近から分岐して六地蔵に向かう奈良街道も歩いてみた。

ちょっとややこしいが、アルファベットの に例えると、下端が近鉄大久保駅付近の宇治屋の辻で、そこからスタートして宇治を経由、真ん中の交点が六地蔵、一旦地下鉄で右上の小野駅まで移動、そこから六地蔵まで歩いて戻り、今度は左上、京阪墨染駅付近の伏見街道との分岐点まで歩くという行程である。

午前9時過ぎ、宇治屋の辻をスタート。前回は右奥へ太閤堤を通るルートを行ったが、今回は右手前の「うぢミち」、なだらかな登りとなる古い街道を行く。

Kimg0475

宇治まで約1時間。メインの宇治橋通りは観光客相手の商店が連なり、一部に旧街道の風情も残る。折角なので老舗上林春松本店で煎茶を買い求めた。

Kimg0478

この先、宇治橋の西詰には紫式部像が佇み、ここが源氏物語宇治十帖の地であることを示す。

Kimg0482

橋の東詰めには文政年間の道標が建ち、「すぐ京大津」「右ゑしん院(恵心院)こうしやう寺(興聖寺)」「左みむろ わうばく(黄檗)」などと刻む。

Kimg0486

平安時代から続く茶屋「通圓」で抹茶ソフトを買い求め、ちょっとお行儀が悪いが食べながら街道歩きを再開。街道ランでは出来ない楽しみもあるのだ。(笑)

京阪宇治駅の東で旧道に分岐するところに東屋観音が安置され、その近くに「右ミむろみち」「左京大津道」と刻む可愛らしい道標があった。

Kimg0490
Kimg0489
この先はJR奈良線、京阪宇治線と並行しながらなだらかに蛇行する街道を進むが、往時を忍ばせるような建物等はほとんどない。左手には京都大学宇治キャンパスの広大な敷地が広がっている。

Kimg0492

その先の辻を右に入り、JR黄檗駅に向かう途中、許波多(こはた)神社の昔の一ノ鳥居の礎石が立っている。もとはここから東の山手へ伸びる参道を行った先に神社があったが、神社は明治初期にここから北西方向に移築されたそうだ。

Kimg0493

京阪宇治線の踏切を渡った先に、地蔵と並んで仏の透かし彫りのある古い道標が建つ。残念ながら文字はほとんど解読不能で、ネットで調べても情報がなかった。ここから先、街道沿いにはやたらと地蔵さんが目についた。

Kimg0499

JR木幡駅付近を過ぎたところで、街道を越える高架橋跡があった。右手方向からゆるやかにカーブしており、明らかに鉄道廃線跡と知れる。木幡駅から分岐していた旧陸軍宇治火薬製造所への引込線跡で、駅付近は遊歩道になっているが、この辺りは野草の生い茂るまま放置されているようだ。

Kimg0502

六地蔵の手前、街道右手に天保年間と思われる道標が建ち、「左長阪地蔵尊みち」などと刻む。

Kimg0504

まもなく六地蔵札ノ辻に突き当たる。手前が宇治、左が伏見・京、右は醍醐・小野方面である。

Kimg0505

南西角には天保3年の道標が建ち、「左長阪地蔵うち(宇治)みち」「すぐ伏見舟乗場みち」などと刻む。

Kimg0506

すぐ近くの地下鉄東西線の終点六地蔵駅から小野駅まで電車で移動する。

| | コメント (2)

2019/10/11

歌劇「ドン・カルロ」

Doncarloヴェルディ中期の傑作とされるオペラ。フランス語版やイタリア語版、4幕版や5幕版など各種の版が存在するが、今回鑑賞したのは、イタリア語で全3幕に再構成した、メトロポリタンオペラ1986年公演のビデオである。

16世紀スペインを舞台に、国王フィリッポ2世と、フランスから迎えた若き王妃エリザベッタ、その王妃と一旦婚約関係にありながら解消された王子ドン・カルロ、王子の親友でスペインに弾圧されるフランドルの新教徒を擁護するロドリーゴ侯爵、王子を密かに愛する女官エボリ公女、カトリックの権力者・宗教裁判長など、いずれが主役とも言い難いほど多彩な人物が登場。一人の女性を巡る父と子との、カトリックとプロテスタントとの、政治権力と宗教権力との、それぞれの対立が絡みながら繰り広げられる、愛と政治をめぐる葛藤のドラマが、壮大で重厚な音楽によって描かれている。(ウィキペディアの解説に加筆)

本作はパリ・オペラ座の依頼により作曲され、1867年にオペラ座において初演されている。実は1986年にそのオペラ座で本作を観たことがある。たまたま欧米出張中の自由時間、チケットが入手できたので飛び込んでみたのだが、当時はタイトルぐらいしか知らず、複雑なストーリーをほとんど知らないまま、フランス語版全5幕、およそ4時間もの間、ひたすら音楽だけを聴いていた。指揮はジョルジュ・プレートルだったと記憶する。

それ以来、このオペラはやたらと長大で、内容も退屈に違いないという先入観があったのだが、豈図らんや。3幕合わせて約3時間半が短く感じられるほど、最後まで全く退屈することなく観終えることが出来た。最後の場面、エリザベッタへの愛を押し殺してフランドルへ向かう決心をするドン・カルロと、王子を心の底から愛しながらも彼の決意を理解し、快く送り出してやろうとするエリザベッタとの二重唱は心に迫った。

これまで鑑賞してきたヴェルディのオペラの中では最高傑作であると思う。それに寄与したのがこのMET公演の完成度の高さで、ドミンゴ(ドン・カルロ)、フレーニ(エリザベッタ)、ギャウロフ(フィリッポ)、フルラネット(宗教裁判長)といった錚々たる顔ぶれが遺憾なくその実力を発揮し、名曲ぞろいのアリアや重唱を大変感動的に歌い上げている。

ところで、ドン・カルロが祖父カルロ5世(フィリッポの父)の亡霊(?)によって墓の中に引きずり込まれる結末は謎めいていて、いくつかの解釈があるようだが、もしかするとモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」の幕切れと何か関連があるのかもしれない。

| | コメント (4)

2019/10/08

たまった小銭への怒り

財布が小銭で一杯になり、重いわ嵩張るわで鬱陶しい思いをすることがある。400円分のお釣りを全て10円玉でもらった経験もある(笑)。次の買い物で使い切ろうとしても僅かに足りなかったり、釣銭がキリの良い額になる計算がレジでいざとなると出来なかったりする。

消費税増税に伴うポイント還元施策への対応もあるのだろう、某中華料理チェーンをはじめキャッシュレス決済の店が増えたものの、よく行く店の中にはまだ現金のみというところも少なくない。消費税が10%になっても10円単位の商品には相変わらず1円単位で消費税がかかるわけで、今月以降も小銭問題はなかなか解消されることはない。

ところが、先日ふとしたことからこの問題をスッキリ解決する手段を発見した。たまった小銭は丸ごと銀行に預金してしまえばいいのである。何も窓口まで行く必要はない(ヘンな客扱いされるのがオチだ)。硬貨を受け入れるATMにジャラジャラと投入するだけでよいのだ。

既に知っている人にとっては「何を今さら」だろうが、恥ずかしながら60年も生きてきて今の今までこのことに気がつかなかった。これまでのストレスと計算の手間は一体何だったのかという思いをこめた本記事のタイトルは、もちろんベートーヴェンの名曲(迷曲?)をもじったものである。

| | コメント (5)

2019/10/05

『セブン・イヤーズ・イン・チベット』

Sevenyears1997年、米・英。ブラッド・ピット主演。アマゾンの紹介文。

1939年秋、ナチス統制下のオーストリア。有名な登山家ハインリヒ・ハラー(ブラッド・ピット)は世界最高峰の制覇を目指し、ヒマラヤ山脈の最高峰、ナンガ・パルバットを目指して旅立った。だが、第二次世界大戦の勃発により、イギリス植民地のインドで捕らえられ、戦犯の捕虜収容所に送られイギリス軍の捕虜となってしまう。
収容所での生活も2年を超えた1942年9月。同じく捕虜となった登山仲間とともに収容所を脱出し、そこからヒマラヤ山脈を越える決死の脱出。幾多の危機を乗り越え辿り着いたのは外国人にとって禁断の地であるチベットだった。そして、ハラーは若き宗教指導者ダライ・ラマと出会うことに。
実在したオーストリアの世界的登山家ハインリヒ・ハラーの原作を映画化したストーリー。(引用終わり)

退院後は音楽とオペラ三昧の日々だったが、たまには気分を変えて映画を観てみた。ヒマラヤ最高峰の登山や収容所からの逃走など、手に汗握るシーンが続く前半から一転、後半では西洋人はおろか同じアジアの日本人にとってすら別世界のようなチベットでの生活や、ダライ・ラマとの出会いと交流、そして別れが、美しい映像とそれに溶け込むような音楽(チェロ独奏はヨーヨー・マ)によって描かれている。

我が子の誕生を待たずに登山に出発するような身勝手な男だったハインリヒだが、幾多の危機を乗り越えるたびに、さらにはチベットの異文化やダライ・ラマとの交流を通して、人間的に成熟していく過程が窺える。その心の支えとなったのが未だ見ぬ息子の存在で、物語の節目節目でハインリヒが息子への思いを綴った手記が朗読される。

にもかかわらず、本国の妻からは離婚届が送られてきて、息子からは「父親でない人からの手紙は欲しくありません」と拒絶されてしまう。むしろ、ダライ・ラマとの交流が深まる中で父性に目覚めていったのかもしれないが、ダライ・ラマはそれを敏感に見抜いていた。彼はハインリヒに次のように言って、本当の息子に会いに戻るべきだと諭す。図星を指されたハインリヒは思わず嗚咽する。ダライ・ラマがただの子供ではないと痛感させられるシーンだ。

私はあなたの息子でなく
あなたを父と思ったこともない
父親なら気軽に話せない

(息子のことがずっと心にあるなら)
帰国して彼の父になるべきだ
私との仕事はもう終わった

蛇足ながら、ハインリヒの手記や手紙などは全てドイツ語で書かれていたのに、取り戻した友人ペーターの時計に添えたメモが英語で書かれているのはなぜだろう。ダライ・ラマや高官などチベット人とは英語で話しているようなので、ハインリヒは英語も堪能らしいけれど、ドイツ人であるペーターへのメモはドイツ語で書くのが自然ではないか。

| | コメント (2)

2019/10/02

歌劇「仮面舞踏会」

Maschera ヴェルディ23作目のオペラ。18世紀スウェーデンの専制君主グスターヴォ3世が、仮面舞踏会の席上アンカーストレム伯爵に暗殺された事件に題材を取りながら、伯爵は国王の最も忠実な側近である一方、その妻アメリアは国王との秘められた恋に苦しむなど、史実にない設定を交えた「3幕のメロドランマ」(原作のサブタイトル)に仕立てられている。

当時のイタリアでは当局による検閲が厳しかったことから、舞台を17世紀末、イギリスの植民地ボストンに移し、登場人物の名前も変えるなどの改訂を加えて初演に漕ぎつけ、大成功を収めたということだが、現在ではオリジナル版で上演されることも多く、今回鑑賞した1991年収録のメトロポリタンオペラ公演も同様である。演出、装置、衣装はピエロ・ファッジョーニ。ヤマ場となる最後の舞踏会シーンはため息が出るほど美しく、幕が開いた瞬間に聴衆から拍手が起きるほどだ。

「リゴレット」や「イル・トロヴァトーレ」などと比べると、ストーリーは比較的単純で分かりやすい。道ならぬ恋に落ちた国王とアメリアの苦悩はいかにも人間らしく、その悲劇的な結末に十分感情移入できる真っ当な「メロドラマ」であるとも言える。国王役のパヴァロッティ、伯爵役のレオ・ヌッチはいずれもさすがの貫禄を見せていて、迫力ある歌唱のみならず、表情の変化やちょっとした仕草による演技も大変こまやかである。舞台ではオペラグラスがないと分かりづらいが、DVDではアップでしっかり確認できる。

ところで、本作はこのブログ開始早々の2005年4月、ボストンマラソンを走る前にMETの同じプロダクションを鑑賞していた。その予習として購入したのがこのDVDというわけだが、その時2回も観ていたのに、ストーリーの大半を忘れてしまっていた。(泣)

| | コメント (3)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »