« 退院まで | トップページ | 歌劇「タンホイザー」 »

2019/08/16

CDプレーヤーを買い替え

闘病ネタ続きになったので、少し目先を変えて音楽ネタをひとつ。

退院してから専らの楽しみは、食べることと音楽を聴くこと(笑)。とりわけ、1か月以上ちゃんとした環境で音楽を聴いてなかった反動と、最悪の場合あと何年聴けるか分からないという状況から、大袈裟に言えば一期一会のような覚悟で音楽を聴く日々を送っている。

皮肉なもので、そういうときに限って不具合が生じるもので、前にアンプを修理したときに書いた「タイマー」がついに作動したのか、ソニーのCDプレーヤーがとうとう故障してしまった。再生音に特に異常はないのだが、70分を超えるようなディスクの最後の方になると、アナログディスクの「針とび」のような現象が発生するのだ。別のCDコンポでは起きないので、CDソフトの不良ではなくプレーヤー側のトラッキングサーボ不良が原因なのは間違いない。

中島平太郎著『CDオーディオ談義』によれば、CDの音溝をトレースするというのは、スケールを10万倍した直径12キロメートルのディスクで言えば、「両脇にガードレールなしの幅5メートルの道路を、秒速1万2千キロで突っ走ることになる。全行程は5千万キロ。地球から月まで65往復を1時間余のドライブでこなす。しかも、道は左右に幅700メートルぐらいで揺れていて、これを毎秒十数回ハンドルを切り続けながら走るのである」とある(一部表記を修正)。そういう制御を30年近くこなしていれば、どこかにガタがきてもおかしくないし、ディスクのどこかでエラーが出るということは、それがない箇所でも再生音に何らかの影響を及ぼしている可能性がある。

ということで、この際思い切って買い替えることにし、以前から決めていたアキュフェーズDP-430という機種を早速発注した。SACD非対応とか、ハイレゾ音源再生可能とか、そういうことは自分にはどうでもいい。手持ちのCDがきちんと再生されれば十分であり、それに足る性能は備えていると評価される製品である。

Dp430

デザイン的にも大変美しい。何より、トレイ開閉のスムーズさからしてクォリティの高さを物語る。前のソニーで時々気になったシュルシュルというディスクの回転音も皆無である。これは、音楽に集中する上でとても大事なことなのである。

肝心の再生音については、まだエージングが十分でないため確たることは言えないが、第一印象としてとても密度の濃い、緻密な音であることは疑いない。それは空間と時間、両方の意味においてであり、左右のスピーカーの間に形成される音場が隙間なく埋め尽くされ、かつ、音が減衰する過程が忠実に表現されている。とくにピアノが打鍵され減衰していく音が、完全に一体のものとして再現される。管弦楽のトゥッティでも、個々の楽器の音の足し算ではなく、音場全体が一体のものとして聴き手に迫ってくる印象で、これまでとは明らかに次元の異なる再生音である。

「あと何年聴けるか」などと言いながら、思い切った買い物をしてしまったが、十分にモトは取って見せるつもりだ。(笑)

 

|

« 退院まで | トップページ | 歌劇「タンホイザー」 »

コメント

こんにちは。
抗がん剤治療の副作用などは大丈夫でしょうか。
現在、運動などは?規制あり???

ところで、音楽に関しては全くのオンチ、機器のことも
さっぱりわからないので↑の話もちんぷんかんぷん。(^^;
自分のことばかり言って恐縮ですが、
クイーンに嵌って半年程寝ても覚めても聞いてました。
それが、2カ月程前から辻井さんのピアノを発端に今度はピアノばかり聞いてます。
辻井さんに関してはどうして見えないのにあんなに?と思うばかり。
で、まこてぃんのお気に入りのピアニストとかピアノの曲とかありますか?
ちょっと方向が違うでしょうか?(^^;

投稿: くー | 2019/08/16 23:04

くーさん
今のところ下痢の症状で脱水気味なのと
多少胸焼けがする程度で深刻な副作用はありません。
しかし、回数を重ねるにつれて出てくるらしいです。
特に規制はないですが、運動は散歩程度にしています。

辻井さんについては、暗譜は晴眼者でも同じですが、
よく鍵盤の位置が分かるものだと思いますね。

好きなピアニストはスヴャトスラフ・リヒテルです。
ロシアものやバッハもいいですが、シューマンの協奏曲は
歴史的な名盤です(オケは下手ですが・笑)。

投稿: まこてぃん | 2019/08/17 09:30

副作用、酷くならないといいですね。

リヒテルさん、知りませんでした。
ホロビッツさんはよく出てくるのですが。(^^;
何もわからず聞いてるので、子どもさんやストリートピアノとかでも
興味深く聞いています。(^^;

投稿: くー | 2019/08/18 08:54

手持ちのCDプレーヤーは、もう30年以上前に買った物で、何故壊れないのか不思議だと思っています(笑)。

今使ってるプリメインが、パイオニアのA-70DAなので、同じシリーズのCDプレーヤーPD-70AEを買おうと思ったら、何とプリメインより高い(-_-;)。
とは言え、アキュフェーズよりずっと安いのですが。
平均寿命から行くと、あと10年程なので、つい買うのを躊躇しております(^^;)。
その上、SACD自体持ってないし。

でもそんなに音が違うのかと思うと、やはり・・・(笑)。

投稿: AKA | 2019/08/25 11:47

AKAさん
PD-70AEも良さそうですね。
USB入力を省略するなど、DP-430よりも
更に徹底してCD再生に特化しているようです。
価格もそんなに変わらないじゃないですか。
お買い得だと思いますよ。(と焚きつけてみる・笑)

投稿: まこてぃん | 2019/08/25 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 退院まで | トップページ | 歌劇「タンホイザー」 »