« ベートーヴェン ピアノソナタ全集 | トップページ | 『デビル』 »

2019/03/31

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

Okan 2007年、製作委員会。松岡錠司監督。オダギリジョー、樹木希林、松たか子ほか。映画.com の紹介文。

1960年代、オトンに愛想を尽かしたオカンは幼いボクを連れ、小倉から筑豊の実家に戻ると、妹の小料理屋を手伝いながら女手一つでボクを育てた。1970年代、15歳となったボクは大分の美術高校に入学、オカンを小さな町に残し下宿生活を始めた。1980年代、ボクは美大生となり憧れの東京にやって来るが、仕送りしてくれるオカンに申し訳ないと思いながらも学校へもろくに行かず自堕落な日々を送ってしまう。留年の末どうにか卒業したものの、その後も相変わらずフラフラした生活を送るボクだったが…。(引用終わり)

リリー・フランキーの自伝的要素の強い同名小説を映画化。若い頃さんざん母親に迷惑をかけた息子が、母親の最期を前に一生分の親孝行をする。その姿を見て、これも妻をさんざんな目に遭わせてきたオトンまでもが、静かにその最期を看取ることになる。

自身、癌のため昨年死去した樹木希林が、抗癌剤の副作用に苦しむシーンは胸が詰まった。そう言えば、彼女も夫内田裕也と長年別居していたのだった。二人の娘内田也哉子がオカンの若い頃を演じていて、もう本当に本人の若い頃としか思えない。

脚本は松尾スズキ。また、寺島進、小泉今日子、仲村トオル、板尾創路、六角精児、宮﨑あおい、柄本明といった有名俳優陣がチョイ役で続々と登場するのには驚いた。

3月30日 ジョグ10キロ
月間走行  164キロ

|

« ベートーヴェン ピアノソナタ全集 | トップページ | 『デビル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベートーヴェン ピアノソナタ全集 | トップページ | 『デビル』 »