« 『ぬけまいる~女三人伊勢参り~』 | トップページ | 北陸本線旧線(杉津線)ラン その1 »

2018/11/05

『コンビニ人間』

Conveni村田沙耶香著。第155回芥川賞受賞作。版元の紹介文。

36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。「いらっしゃいませー!!」 お客様がたてる音に負けじと、今日も声を張り上げる。ある日、婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしい、と突きつけられるが……。
現代の実存を問い、正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。(引用終わり)

あるインタビューで著者は「この本はうっかり読んでみてほしい」という趣旨の発言をしている。タイトルに惹かれて読んでみたら意外な内容に驚くに違いないという自負だろう。自分の場合がまさにそうで、主人公の働きぶりが描かれた冒頭をざっと立ち読みして、これはいわゆる「お仕事小説」のひとつなのだろうと思って読み始めた。

ところが、数ページ進んだところで、主人公の子供時代の2つの異様なエピソードが紹介される辺りから物語の様相は一変する。結婚も就職もせずといった外見だけでなく、ものの見方や考え方も世間一般の「普通」ではない主人公は、唯一コンビニの店員でいる間だけ「世界の正常な部品」になることができるというのだ。

そこに、また別の意味で「普通でない」男性白羽が登場して、さらに「普通でない」突飛なストーリーが展開していくけれども、結末だけはある意味で予定調和的というのか、やっぱりそうなるしかないと思わせる結び方となっている。

個性重視と言いながらも、「普通でない」ものに対しては無遠慮な非難が浴びせられる現代社会。画一性の象徴、マニュアルの塊りのようなコンビニの中でしか生きる意味が見いだせない主人公の物語は、そうした社会の同調圧力に対する、アイロニーを含んだ静かな異議申し立てのように感じられた。「へんてこな」物語のようで内容はかなり深い。

実際にコンビニで働く著者の実体験に基づいて、コンビニの舞台裏でのオペレーションがつぶさに描かれており、その点でも大変に興味深かった。

11月4日 LSD26キロ

|

« 『ぬけまいる~女三人伊勢参り~』 | トップページ | 北陸本線旧線(杉津線)ラン その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/67348854

この記事へのトラックバック一覧です: 『コンビニ人間』:

« 『ぬけまいる~女三人伊勢参り~』 | トップページ | 北陸本線旧線(杉津線)ラン その1 »