« 伊勢別街道を走る | トップページ | 伊勢街道を走る その2(白子~津) »

2018/10/21

伊勢街道を走る その1(日永追分~白子)

2日目はまず四日市からあすなろう鉄道に乗って日永追分まで移動する。この路線はもとは近鉄の支線だったため、プラットホームには9番線10番線と、本線からの続き番号が振られている。軌間762ミリ、軽便規格の可愛い電車だ。

Ts3r0033_2

追分駅で下車してすぐの日永追分。東海道のときは右へ行ったが、今回は鳥居を潜って直進、弥次さん喜多さんと同じく一路伊勢を目指す。

Ts3r0035

県道を南下し始めて間もなく、道路左側に4基の道標が並んでいる。「子安地蔵密蔵院」などとあり、近くにある蟹築山密蔵院を案内している。

Ts3r0036

やがて県道から旧道に分岐し、内部(うつべ)川に続いて鈴鹿川を渡ったところに、文化4年に建立された階段付の常夜燈がある。

Ts3r0037

田畑の中の縄手道(縄を張ったようなまっすぐな道)を進んだ先に、神戸(かんべ)宿の北端にあった見附の跡が残っている。旅人を監視する番所が置かれ、夜間は木戸を閉じて通行を禁じたそうだ。木戸の柵を支えた溝が石垣に残っているという解説があったが、目を凝らして見てもよく分からなかった。

Ts3r0041

近鉄鈴鹿線の踏切を渡った先、油伊旅館の前が札の辻で、この辺りが神戸宿の中心だろう。

Ts3r0043

神戸宿を抜けて伊勢鉄道線の高架を潜ると、やがて国道23号に突き当たる。現在の伊勢街道は交通量の多い国道で、11月の全日本大学駅伝のコースにもなっている。この先、旧街道は国道と並行するように進んでいくが、あちこちで右左折するのが旧街道の常で、旅人が迷わないよう随所に「さんぐう道」を示す道標が置かれている。

Ts3r0044_2

Ts3r0045

伊勢湾の海岸線が近くなってきて、近鉄名古屋線の踏切を渡ると、左手に大きな地蔵堂があり、道路を挟んだ南東側には役行者神変大菩薩が祀られている。小角さん、随分あちこちで手広く活躍されていたんだ。(笑)

Ts3r0047

近鉄白子(しろこ)駅付近を通過、白子宿に入った辺りに、昭和12年の比較的新しい指差し道標がある。背後の家の主人が建立したものだとか。

Ts3r0050

次の鼓ケ浦駅近く、子安観音寺前を通過したところに道標が2基残っている。ひとつは金属板で補修され、もうひとつは頭部が摩耗して哀れを止める。後者はこの地の型紙彫刻職人が砥石をならすのに使ったためだという。ひどいことをするものだ。「くわんおん」とは子安観音寺を指す。

Ts3r0052

Ts3r0054

10月19、21日 ジョグ10キロ

|

« 伊勢別街道を走る | トップページ | 伊勢街道を走る その2(白子~津) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/67289725

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢街道を走る その1(日永追分~白子):

« 伊勢別街道を走る | トップページ | 伊勢街道を走る その2(白子~津) »