« 『アヒルと鴨のコインロッカー』 | トップページ | 風評被害? »

2018/03/22

『フィッシュストーリー』

Fishstory2009年、製作委員会。伊坂幸太郎原作&中村義洋監督コンビの第2弾。伊藤淳史、高良健吾、多部未華子ほか。アマゾンの紹介文。

1975年 早すぎたパンクバンド「逆鱗」は世間に理解されないまま解散へ向かおうとしていた。彼らは最後のレコーディングで「FISH STORY」という曲を演奏する。
1982年 気の弱い大学生は「FISH STORY」の間奏部分に「女性の悲鳴が聞こえる」という噂を聞く。さらには出会った女性に「いつか世界を救う」と予言され…。
2009年 修学旅行中に眠り込んでフェリーに取り残された女子高生は「正義の味方になりたかった」コックと出会う。その直後、二人はシージャックに巻き込まれる。
2012年 街が静まり返るなか、営業中のレコード屋の店長は「地球が滅亡する日でも好きなレコードを聴いていたい」と、「FISH STORY」に耳を傾けている。
「FISH STORY」という曲の間奏には、なぜ1分間の無音部分があるのか? 果たして、2012年地球は滅亡してしまうのか? 時空を超えてすべてがつながった時、想像を超える爽快なラストがおとずれる!!(引用終わり)

これ以外に1999年7月、ノストラダムスの大予言に関連した短いシーンがあり、それを含む5つの時代に亘る、一見バラバラな物語がオムニバス風に登場する。何となく「FISH STORY」が共通のモチーフになっているのではと思わせる程度だが、ラスト5分に全てが繋がる見事な連続映像があり、ほとんどカタルシス的に腑に落ちる快感が味わえる。

「風が吹けば桶屋が儲かる」というのか、最近では「ブラジルで蝶が羽ばたけば、テキサスで竜巻が起きる」というのか、世の中意外なことが巡り巡って、予想もつかない結末を生んでいるという、一種のお伽噺として楽しめる映画と思えば良いだろう。

ところで、「FISH STORY」を「魚の物語」と誤訳した「ハーフじゃなかった男」を演じている岡田眞善は、さすが岡田眞澄の息子というだけあって、父譲りのバタ臭い容貌が役にぴったりで笑えた。

3月20、22日 ジョグ10キロ

|

« 『アヒルと鴨のコインロッカー』 | トップページ | 風評被害? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/66520669

この記事へのトラックバック一覧です: 『フィッシュストーリー』:

« 『アヒルと鴨のコインロッカー』 | トップページ | 風評被害? »