« 『虹色天気雨』『ビターシュガー』 | トップページ | シイタケ狩り »

2018/02/23

『三月』

March引き続き、大島真寿美著。アマゾンの紹介文。

短大を卒業してからおよそ20年。同窓会の案内を受けとって以来、ノンは学生時代に亡くなった男友達のことが気になりはじめる。彼は自殺ではなかったのではないか? ノンは仲のよかった友人に連絡を取ると―。仕事や家庭、それぞれの20年の時を歩んできた女性6人。学生時代の男友達の死を通じて明らかになる「過去」。その時、彼女たちが選ぶ道は―。未来に語り継ぎたい物語。(引用終わり)

本作もまたアラフォー女性たちを主人公(それも6人!)とし、2012年から翌年にかけて『小説宝石』に連載された連作短篇6篇からなる。

当時自殺として処理された男友達(森川雄士)の死を巡る驚愕の真相が最後に明かされる…といった展開を予想していたが違っていた。状況から考えてやはり自殺だったと思われるが、それが本作のテーマなのではない。

森川が夢に現れたというノンが領子にかけた1本の電話から始まるストーリーは、学生時代の女友達6人それぞれのその後の人生模様を次々と炙り出していく。ある者は子連れ男性と結婚したものの、「砂上の楼閣」のような家庭生活に不安を感じている。またある者は大きな災害で生活環境が一変、遠距離交際していた男性とも別れてしまう。

ほんのちょっとしたことで、人生って大きく変わってしまうものでしょう。これから先だって、ほんのちょっとしたことで大きく変わってしまうんだと思うのよ。(185-6頁)

1995年、2001年、2011年と、内外で続いた大きな災害、事件を背景としているけれども、彼女たちは過酷な状況にも絶望することなく、自分の人生に正面から向き合い、前に進んで行こうとしている。

三月。
別れの季節は、始まりの季節でもある。(191頁)
長い夜が明けたらまた朝になる。
また、朝になる。(232頁)

どこか清々しささえ感じる結末は、さすがにこの著者ならではの味わいである。

2月22、23日 ジョグ10キロ

|

« 『虹色天気雨』『ビターシュガー』 | トップページ | シイタケ狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/66421817

この記事へのトラックバック一覧です: 『三月』:

« 『虹色天気雨』『ビターシュガー』 | トップページ | シイタケ狩り »