« ラン再開 | トップページ | 『真昼の決闘』 »

2018/01/21

正直者が…

Photo_2先日の駐車違反に対する放置違反金の納付書が送られてきたので、早速近所の銀行で納付手続きを済ませた。遅れると延滞金が発生したり、財産差押え等を食らうことになるという。

それはまあ当然だろうが、問題は同封されていた説明文書である。これを見ると、「違反者が明らかな場合」は、「運転者自身」が必ず「警察署へ出頭」しなければならない、ように読める。また裏面には、使用者(所有者)自身が駐車違反した場合は、(使用者が)「警察へ出頭をお願いします」とハッキリ書かれている。

その上で、もし運転者が出頭しない場合は、車の使用者の責任を追及する(=放置違反金を課す)という流れになっているのだが、それはいわばタテマエで、実際には「必ず出頭しなければならない」わけではなく、出頭せずに放置違反金の納付で済ませるという選択が、全く合法的に可能なのだ。その場合には違反点数が加算されないという肝心のことは、一番下に見過ごしてしまうほど小さな字で書いてある。(赤枠は私)

警察当局としては、あくまでタテマエ論しか書けないのかもしれないが、これでは警察署に出頭するのが当たり前で、出頭しないのは善良な市民ではないというふうに読めてしまう。「正直者が馬鹿を見る」結果となっている場合が全くないとは言い切れないだろう。

1月20日 LSD20キロ
1月21日 ジョグ10キロ

|

« ラン再開 | トップページ | 『真昼の決闘』 »

コメント

>運転者が出頭しない場合は、車の使用者の責任を追及す
これって会社の車で違反した時、運転していた
社員が名乗り出ない場合は会社に反則金を払って
もらいますよと言う意味ではないですか?
会社から点数を課すことは出来ませんから、そんな
文言なのかと思います。

投稿: A☆ | 2018/01/22 19:18

A☆さん
お久しぶりです。
仰るとおりで、元々は運転者が名乗り出ないときの
責任追及を車の所有者に対して行うというものです。
実際、レンタカー会社にとっては深刻な問題となって
いるようで、自衛策を様々に講じているとか。
ただ、所有者=運転者の場合は、どちらか選択できる
ことになるので、記事に書いたようなことが起きます。

投稿: まこてぃん | 2018/01/23 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/66305463

この記事へのトラックバック一覧です: 正直者が…:

« ラン再開 | トップページ | 『真昼の決闘』 »