« 古文書講座 | トップページ | 架空の名演 »

2017/12/09

『アラバマ物語』

Mockingbird_2映画ネタはちょっと久しぶり。1962年、米。グレゴリー・ペック主演。「午前十時の映画祭」の紹介文。

世界恐慌の波が襲った1932年、アメリカ南部のアラバマ州。妻を亡くした弁護士、アティカス・フィンチ(G・ペック)は、幼い息子ジェムと娘のスカウトと共に、静かだが幸福な日々を送っていた。そんなアティカスに地方判事から、白人女性への暴行事件で訴えられた黒人青年・トムの弁護を依頼される。人種偏見が根強い町の人々は、黒人側に付くというアティカスや子供たちに冷たく当たるようになる。だが彼は不正と偏見を嫌い、何よりも正義を重んじ、トムの弁護を引き受ける。(引用終わり)

名作である。物語の主軸となるのは黒人青年トムの裁判であるが、当時の南部に根強かった人種偏見に対して、あくまで公正公平な態度を貫くアティカスの生き方や、子供に対する深い愛情がひしひしと感じられ、大変に感銘深かった。米映画協会が選んだ米映画のヒーロー100人の第1位がアティカスだったというのも頷ける。

グレゴリー・ペック自身、「好きな役柄は?」と問われて、「アティカスだ」と即答する場面が、特典映像の「グレゴリー・ペックとの対話」に収録されている。関係者のインタビューによれば、ペック自身アティカスを地で行くような公明正大な人物だったようで、中でも娘のセシリアのスピーチは父への深い尊敬を窺わせ、大変に感動的だった。

ところで、本作は“To Kill a Mockingbird” という原題で、ハーパー・リーによる同名小説を映画化したものだが、これにはネタバラシを含む説明が必要だ。

最後の方で、アティカスがトムの弁護を引き受けたことを逆恨みした被害者の父ユーウェルが、ジェムとスカウトを襲うという事件が起きるが、これを救ったのは長年自宅に引き籠っている隣人青年ブー(ロバート・デュヴァル)だった。ユーウェルは脇腹をナイフを刺された死体となって発見される。

地元の保安官は、「あんた(アティカス)は真実の公表を主張するだろうが、そんなことをすれば、あの内気な男を人前にさらすことになる。それこそ罪だ」と言って、本件は事故死として処理すると言って立ち去る。

釈然としない表情のアティカスに、娘スカウトが引き合いに出したのが、かつて父に教えられた「ものまね鳥を殺す」という譬えである。美しい声で囀り、人間の害にはならない鳥を撃ってはならないという意味で、この場合、ブーがたとえ子供を救ったヒーローだとしても、彼を公衆の面前に引張り出すのは「ものまね鳥を撃つのと同じでしょ」というのである。

これにはさすがのアティカスも納得せざるを得ず、スカウトをそっと抱き締める。スカウトがブーの手を取って彼の自宅まで送るところでジ・エンドとなるが、人種偏見を含む人間の罪を鋭く問うた作品でありながら、こうした温かい余韻を残した終わり方をしているところが素晴らしい。

|

« 古文書講座 | トップページ | 架空の名演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/66132875

この記事へのトラックバック一覧です: 『アラバマ物語』:

« 古文書講座 | トップページ | 架空の名演 »