« 『セトウツミ』 | トップページ | ブルックナー・エキスプレスウェイ »

2017/06/24

『夏の嵐』

Senso1954年、伊。ルキノ・ヴィスコンティ監督。アリダ・ヴァリ、ファーリー・グレンジャー他。アマゾンの紹介文。

1866年、対オーストリアの戦況も厳しいイタリア・ヴェニス。愛国運動の指導者で従弟のロベルトとオーストリア将校フランツとの諍いがきっかけで、リヴィア・セルピエーリ伯爵夫人はフランツと道ならぬ恋に落ちてしまう。その後別荘に移ったリヴィアのもとに、流刑の身となっていたロベルトがあらわれ、運動の軍資金の保管を託していくが、フランツの離隊を望むリヴィアは、賄賂が必要だという恋人にその金を渡してしまう。そしてある日恋しさのあまりフランツを訪ねたリヴィアが見たものは・・・。(引用終わり)

ヴィスコンティ作品は、同じくヴェニスを舞台に、作曲家マーラーをモデルにした『ベニスに死す』以来だが、ここでも将校の名前がフランツ・マーラーだというから、よほどお気に入りなのだろう。

本作でもまた、音楽が重要な役割を果たしている。全篇を通して、ブルックナーの交響曲第7番第1、第2楽章が効果的に使われている。聖俗の対極というべきか、不倫を扱った内容とは正反対の音楽であるにもかかわらず、である。

また、冒頭は当地のフェニーチェ劇場で演じられるヴェルディのオペラ『イル・トロヴァトーレ』のシーンから始まる。「決闘」で始まり、「復讐」で終わるこのオペラと、シチュエーションは異なるものの、この映画が同じ題材を扱っているのは、けっして偶然ではないだろう。

それにしても、どのシーンも本当に「絵に描いた」ように完成されている。迫力ある戦闘シーンですらそうである。ヴィスコンティ自身、オペラの演出も手がけたらしいが、後に数々の名舞台を演出したフランコ・ゼフィレッリは彼の弟子に当たり、この映画でも助手として参加している。

俳優陣では、何と言っても、伯爵夫人という身分でありながら敵軍の男に走り、最後は売春婦と同席させられる屈辱の末、愛憎半ばする復讐をなし遂げるヒロインのリヴィアを、『第三の男』のアリダ・ヴァリが好演している。

6月22、24日 ジョグ10キロ

|

« 『セトウツミ』 | トップページ | ブルックナー・エキスプレスウェイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/65448626

この記事へのトラックバック一覧です: 『夏の嵐』:

« 『セトウツミ』 | トップページ | ブルックナー・エキスプレスウェイ »