« 網戸を張替える | トップページ | ウェストポーチを新調 »

2017/01/15

『殿、利息でござる!』

Risoku2016年、製作委員会。松竹配給。阿部サダヲ、瑛太他。アマゾンの紹介文。

金欠のため、百姓や町人へ容赦なく重税を課していた仙台藩。中でもさびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿では、破産と夜逃げが相次いでいた。町の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。必要な資金は千両。現在の3億円という大金を水面下で集める、前代未聞の頭脳戦が始まった。
「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟”を自らに課しながら、さらに強欲お奉行の嫌がらせを乗り越えて、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ町のため、人のため、私財を投げ打ち悲願に挑む! ビンボー庶民の一世一代の大勝負!  結果はいかに―!?(引用終わり)

原作は『武士の家計簿』と同じ、磯田道史氏。実際にあった話だそうで、それを発掘した時点で本作は半ば成功していたと言えそうだ。ジャケット写真や公式サイトのビジュアルからすると、ちょっとコメディータッチの内容を連想するが、実は心洗われるような美談だった。特に、武士以上に武士道精神を体現した町民たちが見せた、奉仕の精神と団結力には頭が下がった。

街道走りが趣味の自分としては、吉岡宿の風景や町人たちの生活ぶりも興味津々だった。よく出来たセットだと思って調べてみたら、山形県鶴岡市にある「スタジオセディック庄内」という施設で撮影されたそうだ。一般に公開もしているというので、機会があれば一度訪ねてみたいものだ。

ところで、仙台藩の殿様役で羽生結弦が出演していて、素人離れした演技を見せている。フィギュアというのは一種の「見せるスポーツ」だから、役者とは一脈通じるところがあるのだろう。しかし、わざわざ吉岡宿に来て町人たちの前で理解あるところを見せる前に、薩摩藩主との下らない官位争いで無駄遣いをしなければ良いのだ。いや、決して結弦君が悪いわけではないが。(苦笑)

1月13日 LSD20キロ
1月15日 ジョグ10キロ

|

« 網戸を張替える | トップページ | ウェストポーチを新調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/64761983

この記事へのトラックバック一覧です: 『殿、利息でござる!』:

« 網戸を張替える | トップページ | ウェストポーチを新調 »