« ビールジョッキを新調 | トップページ | しもやけ »

2016/12/13

『小野寺の弟・小野寺の姉』

Onodera2014年、製作委員会。片桐はいり、向井理ほか。KINENOTE の紹介文。

小野寺進と姉のより子は、早くに両親を亡くし、それ以来ずっと二人で一緒に一軒家に住んでいる。33歳になった進(向井理)は真面目ながら寝癖をつけたままにしておくようなズボラな面がある。恋には奥手で、より子(片桐はいり)からは過去の恋を引きずっていると指摘されることがある。40歳になるより子は髪型に強いこだわりを持っており、きっちりしている。特に仲がいい訳ではないが、笑いあい、不器用ながらも互いを大切に思い暮らしていた。ある日家に誤配達の郵便が届いたことから、二人に転機が訪れる……。 (引用終わり)

前に観た森田芳光監督の『間宮兄弟』の姉弟版とでも言えば良いだろうか。二人だけで暮す日常がほのぼのとしたタッチで描かれる中、ちょっとした事件が起きて、すれ違いが生じたりする。結局は元の生活を取り戻すことになるのだが、その過程で二人とも貴重な教訓を学んでいる。

何と言っても片桐はいりの存在感が抜群で、眼鏡屋の店頭にただ立っているだけでも何かが伝わってくる気配がある。向井理は大きな黒縁眼鏡をかけて珍しく三枚目的な役を演じているが、意外にはまっていた。本当は松田龍平あたりがピッタリだろうが。(笑)

監督の西田征史という名前をどこかで聞いた覚えがあると思ったら、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の脚本を書いた人だった。映画やテレビの脚本を何本も書いているが、監督は本作が初めてだそうだ。

12月12日 ジョグ10キロ

|

« ビールジョッキを新調 | トップページ | しもやけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/64606668

この記事へのトラックバック一覧です: 『小野寺の弟・小野寺の姉』:

« ビールジョッキを新調 | トップページ | しもやけ »