« 『リトル・ランナー』 | トップページ | 平成が終わる »

2016/12/31

2016年回顧

今日は大晦日の恒例で、第九をBGMに走り納めてきた。今年はジョン・エリオット・ガーディナー盤。これもベーレンライター新版による演奏と思われるが、演奏時間が1時間を切るキビキビした演奏は、ランニング向けと言えるかもしれない。

ところで、昨夜BSフジでラトル指揮ベルリンフィルの第九が放映され、ラトル自身による解説が興味深かった。例えば、第1楽章で第2主題が出る直前、74小節からの木管の経過句に終楽章の歓喜の主題の萌芽が見られるという指摘。

さらに、第4楽章525小節以降、ホルン1、2番がオクターブの嬰へ音で、通常版では同じリズムを3回、徐々に弱く繰り返す箇所は、自筆譜ではところどころタイで結ばれ、リズムが毎回微妙に異なっているそうだ。それによってもたらされる曖昧な響きと、直後の歓喜の主題の高らかな再現とのコントラストが見事なのだという。

しかしながら、この箇所はガーディナー盤では通常どおり、毎回同じリズムの演奏になっている。なぜこの説を採用しなかったのかは分からないけれども、そうした様々な解釈が成り立ちうるところが、名曲の名曲たる所以なのかもしれない。

さて、これまた恒例の今年の回顧。

 1月 北川景子結婚(笑)
 4月 初のインプラント手術を受ける
     東海道を走る(第2回小田原-興津)
     合わせて蛇松線廃線探訪(徒歩)
 7月 北海道旅行で湧網線廃線跡を走る
 9月 初めて交通事故被害者となる
10月 東海道を走る(第3回興津-見付)
     合わせて清水港線廃線探訪(自転車)
     WOWOWに加入
11月 大分旅行で耶馬溪鉄道廃線跡を走る

12月30日 ジョグ10キロ
12月31日 LSD20キロ
月間走行  210キロ
年間走行  2359キロ

それでは、皆様良いお年を!

|

« 『リトル・ランナー』 | トップページ | 平成が終わる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/64692310

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年回顧:

« 『リトル・ランナー』 | トップページ | 平成が終わる »