« 『暮しの手帖』の記憶 | トップページ | ※食べられません »

2016/08/31

『破門』

Hamon_2黒川博行著。この作家は初めて読んだ。第151回直木賞受賞。版元公式サイトの紹介文。

映画製作への出資金を持ち逃げされたヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。失踪した詐欺師を追い、邪魔なゴロツキふたりを病院送りにした桑原だったが、なんと相手は本家筋の構成員だった。組同士の込みあいに発展した修羅場で、ついに桑原も進退窮まり、生き残りを賭けた大勝負に出るが――。疫病神コンビVS詐欺師VS本家筋。予想を裏切る展開の連続で悪党たちがシノギを削る、超弩級のノンストップ・ノワール。(引用終わり)

桑原&二宮の「疫病神コンビ」第5弾だそうだが、単独で読んでも面白かった。登場人物は全て大阪弁、出てくる地名も主に京阪神で、まるで掛け合い漫才のようなノリとテンポ感を持ったハードボイルドというのは、おそらく他に類を見ないだろう。

詐欺師小清水の度重なる逃亡はやや引っ張りすぎの感はあるものの、結果としてマカオまで含めたさまざまな場所で話が展開していくので、最後まで飽きさせない。ヤクザ関係者の面々は言うまでもないが、府警四課の刑事中川、島之内の開業医内藤など、脇役陣もまた一筋縄ではいかないクセモノたちだ。

ところで、なぜシリーズ5作目の本書をいきなり手に取ったのかというと、つまりはこういうことである。(笑)

8月30日 ジョグ10キロ
月間走行 150キロ

|

« 『暮しの手帖』の記憶 | トップページ | ※食べられません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/64131773

この記事へのトラックバック一覧です: 『破門』:

« 『暮しの手帖』の記憶 | トップページ | ※食べられません »