« 『拍手のルール』 | トップページ | アは朝日のア »

2016/05/22

『贖罪』

Shokuzai_2湊かなえ原作。WOWOWの連続ドラマWで2012年放映。黒沢清監督。公式サイトの紹介文。

15年前、ある田舎町で小学生の少女エミリ(木村葉月)が男に連れ去られ、殺される事件が発生した。直前までいっしょに遊んでいた仲良しの小学生4人(小俣絵里佳、木村真那月、菊池和澄、柴田杏花)は第一発見者になる。犯人は見つからず、事件は迷宮入り。エミリの母・麻子(小泉今日子)は、目撃した犯人の顔をよく思い出せない4人を責め「犯人を見つけなさい。でなければ、私が納得できるような“償い”をしなさい。」と激情の言葉を投げつける。事件への恐怖、麻子の言葉へのショックを抱えながら、それぞれの道を歩み大人になった4人(蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴)。「“償い”とは何か?」という呪縛にとらわれてきた彼女たちは、やがて連鎖する悲劇を引き寄せていく。(引用終わり)

小学生時代に友達が殺された事件の責任を大人になっても負い続け、その償いを果たすという全体のストーリーからして現実味がないし、個々のエピソードはもっと不自然な話ばかりで、ミステリーとしてはほとんど破綻している。

それにもかかわらず、ドラマとしてはよく出来ていて、筋はさておいても最後まで観られる作品に仕上がっている。丁寧に作りこまれた映像、音声ともに大変美しく、特に背景を含めて「光」と「影」を効果的に使っているのに感心した。4人の女優の中では、独特の存在感がある安藤サクラが、異形とも言うべき迫真の演技を見せている。

TVドラマとしては珍しく、海外の複数の映画祭でも上映され、2012年の東京ドラマアウォードでは作品賞優秀賞および演出賞を受賞したそうだ。

5月19、21日 ジョグ10キロ

|

« 『拍手のルール』 | トップページ | アは朝日のア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/63639877

この記事へのトラックバック一覧です: 『贖罪』:

« 『拍手のルール』 | トップページ | アは朝日のア »