« 初めてのインプラント | トップページ | 『花の鎖』 »

2016/04/28

東海道を走る その5(小田原~箱根)

昨年秋に続き、「東海道を走る」第2弾として、小田原から箱根を越えて興津まで走ってきた。快晴に恵まれた4月19日午前8時過ぎ、前回終点の小田原ういろう本店前を出発。箱根駅伝往路5区のスタート地点でもある。

Ts3r0001

しばらくすると早川の流れが見えてきて、その水を小田原城下に導く早川上水の取水口があった。ブラタモリでも紹介されていたが、天下の名城を支える重要な都市インフラだったのだ。

Ts3r0002

箱根登山鉄道と並行しながら進み、箱根湯本駅手前で左折。三枚橋を渡って湯本の温泉街に入る。駅伝コースはこのまま駅方向に直進である。

Ts3r0005

ホテル、旅館が建ち並ぶ県道から分岐し、往時のままの石畳道に入る。日本橋をスタートしてから東海道で初めての未舗装路である。最初こそ物珍しかったが、その後は石畳道の連続となり、走りにくくて難儀することになる。

Ts3r0008

Ts3r0012

女転ばし坂、坐頭転ばし坂と、恐ろしそうな名前の坂を登り続けると、間の宿として栄えた畑宿村に至る。そこから先は、箱根新道と県道を何度も横切る九十九折の急坂となる。どんぐりほどの涙をこぼすという橿木坂の急な階段を登ると、小田原市街と相模湾を望む見晴茶屋に出る。

Ts3r0021

石畳の猿滑坂を登った先では、茅葺屋根の甘酒茶屋が今も営業中である。中を覗いてみたら足元は土間で、裏には薪が積み上げてあった。

Ts3r0022

さらに登りが続く。マラソン用のシューズなので足裏が突き上げられる。まさか東海道でトレイルシューズが必要とは思いもしなかった。

Ts3r0023

やがて道が下り始めると、急に前方の視界が開けて芦ノ湖が見えてきた。ようやく箱根宿に到着である。広重の絵は、この権現坂辺りの風景を大胆にデフォルメしているらしい。

Ts3r0026

Hakone_2

芦ノ湖畔でまた一旦駅伝コースと合流するが、すぐに杉並木の旧道に分岐する。

Ts3r0029

箱根関所が復元されているが、入り口まで行ったら入場料500円とある。観光客向けの強気な商売に呆れてしまった。外から覗けば大体様子が分かるので、「関所破り」を敢行することにして(笑)、国道へと迂回した。

Ts3r0031

箱根駅伝の往路ゴール地点。国道を右折してからここまで、TV中継やこの写真でも結構距離があるように見えるが、実際には50メートルほどしかないのに驚いた。

Ts3r0034

芦ノ湖を一望する道の駅「箱根路」でかけそばを食べた。例によって、昼食というより塩分補給が目的である。

Ts3r0036

その先、箱根峠で静岡県に入る。相模と伊豆の国境である。小田原から800メートル以上も登っていたのだ。

Ts3r0039

4月27日 ジョグ10キロ

|

« 初めてのインプラント | トップページ | 『花の鎖』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/63531390

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道を走る その5(小田原~箱根):

« 初めてのインプラント | トップページ | 『花の鎖』 »