« あれは3年前… | トップページ | 風邪薬で風邪は治らない »

2016/04/03

『北のカナリアたち』

Canary引き続き、湊かなえ原作。2012年、東映。吉永小百合、柴田恭兵他。アマゾンの紹介文。

小学校の教師・川島はる。彼女が赴任したのは北海道の離島にある生徒6人の小さな分校だった。生徒たちの歌の才能に気づいたはるは、合唱を通してその心を明るく照らし、響きわたるその歌声は島の人々を優しく包み込んでいった。そんなある日、衝撃的な出来事が彼らを襲う。その出来事で島を追われ、生徒たちの前から姿を消すはる。「先生は俺たちを捨てたんだ」生徒たちもまたそれぞれが心に深い傷を残してしまう。
20年後、東京で暮らすはるに生徒の一人が起こした事件の知らせが届く。「なぜ、あの子が…」 真相を知るため、北へ向かう。成長した生徒たちの姿に喜びながらも、20年もの間、それぞれがあの時に言葉にできなかった想いを抱え、生きてきたことを知り愕然とするはる。そして自身もまた、心に閉じ込めていた想いを生徒たちに明かしていく。凍てついていた感情が真実となって氷解する時、物語は感動のクライマックスを迎える。(引用終わり)

他の湊かなえ作品と同様、一連の出来事を関係者それぞれが語る内容が微妙にずれ、それが事件の複雑な真相を浮かび上がらせていくという手法である。今回はそれが6人の教え子たちのリレーによって展開していく。

結末は大体予想のつくものであったが、それに至る主人公の裏の言動が端折られている気がして、ミステリーとしては若干消化不良に終わった感は否めない。ただ、東映創立60周年記念作品ということで、豪華な出演者陣、木村大作のカメラ、川井郁子のヴァイオリンによるテーマ音楽と、まず安心して観られる水準に達している。この年の日本アカデミー賞では12部門で優秀賞を受賞したそうだ。

4月2日 ジョグ10キロ

|

« あれは3年前… | トップページ | 風邪薬で風邪は治らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/63415557

この記事へのトラックバック一覧です: 『北のカナリアたち』:

« あれは3年前… | トップページ | 風邪薬で風邪は治らない »