« 吉野お花見LSD | トップページ | ささやかな愉しみ »

2016/04/15

『夜行観覧車』

Wheel湊かなえの同名原作をドラマ化、2013年1月期TBS系で放映。鈴木京香、石田ゆり子他。アマゾンの紹介文。

2013年1月、高級住宅街ひばりヶ丘に住む高橋家の夫・弘幸(田中哲司)が自宅で何者かに襲われ、死亡する。直後には次男の慎司(中川大志)が姿を消した。そして妻の淳子(石田ゆり子)も…。おなじくひばりヶ丘に暮らす遠藤家では、娘の彩花(杉咲花)が荒れ、夫の啓介(宮迫博之)も何かに怯えている。 遠藤家と高橋家に何が起こり、何が彼らを変えたのか。そして、殺人事件を追う刑事・結城(高橋克典)が謎にせまる…。

遡ること4年前の2009年、憧れの高級住宅街ひばりヶ丘へ念願叶って一戸建ての家を建て引っ越してきた遠藤家。夢のような生活が始まるかに思われたが、この街は、自治会婦人部が部長の小島さと子(夏木マリ)を中心に街のしきたりや近所づきあいなど全てを仕切り、妻・真弓(鈴木京香)や娘・彩花は、事あるごとに彼女たちから嫌がらせを受ける。唯一の救いは向かいの高橋家。妻の淳子は真弓に気取りなく接し、ひばりヶ丘の先輩として真弓たちを時に救い、家族ぐるみで遠藤家と高橋家は親しくなる。

真弓と淳子は親友のようになり、彩花は高橋家の同学年の息子・慎司に憧れを抱く。だが、中学受験で同じ私立校を彩花と慎司は目指したが、彩花は受験に失敗し、慎司は合格した。その後、この街のシンボルと言うべき観覧車ハーバー・アイが完成。この頃から両家の関係は微妙に変化していく…(引用終わり)

優雅そうなタイトルとは裏腹に、内容はいかにもこの原作者らしく大変に重苦しい。高橋家で起きた殺人事件を軸に、それに関わる人々の心の闇が次々と白日の下に晒されていく。最後の最後で若干救いはあるが、視聴者の「怖いもの見たさ」を満足して余りある。

とりわけ、母子の人間関係がドラマの通奏低音となっていて、遠藤真弓と彩花、高橋淳子と慎司、小島さと子と雅臣、3組それぞれの母子関係が、本筋の殺人事件以上に重要なテーマとなっているように感じた。

ただ、その裏返しで、父子関係については淡白というのか、子供に過剰な期待をかけるか、逆に荒れる子供から逃げてばかりと、一種パターン化された描き方にとどまっているのが惜しまれる。

4月14日 ジョグ10キロ

|

« 吉野お花見LSD | トップページ | ささやかな愉しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/63489422

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜行観覧車』:

« 吉野お花見LSD | トップページ | ささやかな愉しみ »