« 『アメリカン・スナイパー』 | トップページ | もう一人の自分の目 »

2016/02/27

『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』

Go_wild副題「科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス」。ジョンJ.レイティ、リチャード・マニング著。版元の紹介文。

スマホやパソコンのOSがどんなにアップデートされようとも、あなたの体は5万年前から変わらない〈人類1.0〉のままだ。そもそも野生の体には、ガンも鬱も肥満も高血圧もない。人間の体と心が本来持つ治癒力を使い、現代生活の痛みやストレスから逃れて健康と幸せを手に入れるために、ライフスタイルを再び野生化させよう!
ロングセラー『脳を鍛えるには運動しかない!~最新科学でわかった脳細胞の増やし方』の著者による最新作。最近話題となっている低炭水化物食やトレイルラン、マインドフルネスなどを、人類の進化の観点から科学的かつ包括的にとらえた注目の一冊。(引用終わり)

ある人のブログで取り上げられていて興味を持ち、読んでみたら予想以上に面白かった。前に読んだ『炭水化物が人類を滅ぼす』と同様、約1万年前の農業革命が生み出した豊富な穀物、すなわち糖質が人間の体をむしばみ、文明病を引き起こしていることが、実例を交えて分かりやすく説かれている。穀物摂取が乳がん、卵巣がんを引き起こしているとの指摘は、まさに目から鱗が落ちる思いだ。

文明病を予防し健康な生活を送るためには、狩猟採集時代に近い食生活に戻ることが最も重要である。そこは夏井氏の本と同じなのだが、本書ではさらに進んで運動、睡眠、集団行動に至るまで、「野生に戻る」ことを提言している。巻末には、筆者2人に加えて日本語版編集者までもが、それを実践しているさまが紹介されていて、興味が尽きない。

副題にあるとおり、同じ走るなら大自然の中を駆け抜けるトレイルランの効用が大きい。

ランニングマシンやエアロバイクに乗り、イヤホンをして現実世界の音を遮断し、前に据えつけられたテレビ画面のぞっとするようなニュース映像を見ながら走ったりバイクをこいだりするのは、迷走神経の「爬虫類」領域に語りかけるようなものだ。(246頁)

は、爬虫類って…。トレッドミルでフルマラソンを完走したと豪語していたのはどこの誰? それも2度も!(笑)

2月25、27日 ジョグ10キロ

|

« 『アメリカン・スナイパー』 | トップページ | もう一人の自分の目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/63261692

この記事へのトラックバック一覧です: 『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』:

« 『アメリカン・スナイパー』 | トップページ | もう一人の自分の目 »