« エキスポシティ | トップページ | ドラマ『紙の月』 »

2016/01/31

『空中庭園』

Kuuchuu角田光代著。版元の紹介文。

あたしはラブホテルで仕込まれた子どもであるらしい。その名も「ホテル野猿」。「何ごともつつみかくさず」というモットーのもとに、ママが教えてくれた。あたしはどうしてもそこを見てみたくなって、森崎くんを誘ったのだけれど……。郊外のダンチで暮らす京橋家。でも、本当はみんなが秘密を持っている。目に見えないドアの内側から、「家族」を演じている。一番親しいはずの人達になじめない方、嫌いだと思ってしまう方へ。どうかこの本を最後まで読んでみてください。(引用終わり)

京橋家は夫婦と高校生の娘、中学生の息子の4人暮らし。この4人に、祖母(母親の母)、父の愛人を加えた6人が、京橋家にかかわる様々な出来事について、各人の秘密を含めて語っていく。

「何ごともつつみかくさず」というのは建前でしかない。お互いの秘密を他の誰も知らないまま、毎日が流れていくのである。そもそも京橋家の成り立ちからして、母絵里子の「完全なる計画のもとに端を発している」が、それは彼女だけの秘密なのだ。「空中庭園」というタイトルは、絵里子が丹精しているベランダの植物群のことだが、虚構のような存在である現代家族のありようを指す比喩にも思える。

紹介文にあるように、家族とはそれぞれの構成員が「演じる」ものかもしれない。最終章「光の、闇の」の最後で、一家がバスに乗って食事に行くシーンが象徴的だ。彼らはばらばらの座席に座り、窓の外に思い思いの視線を向けているのだ。ふと「四人はなんとなく顔を合わせ」「ちいさく笑い合う」が、それが家族再生の兆候なのかは、最後まで不明のままだ。

1月31日 LSD20キロ
月間走行 206キロ

|

« エキスポシティ | トップページ | ドラマ『紙の月』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/63129033

この記事へのトラックバック一覧です: 『空中庭園』:

« エキスポシティ | トップページ | ドラマ『紙の月』 »