« 『紙の月』 | トップページ | PCの内蔵電池を交換 »

2016/01/16

『駆込み女と駆出し男』

Kakekomi_22015年、製作委員会、松竹配給。大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり他。公式サイトの紹介文。

質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。鎌倉には離縁を求める女たちが駆込んでくる幕府公認の縁切寺、東慶寺があった。但し、駆け込めばすぐに入れるわけじゃない。門前で意思表示をした後に、まずは御用宿で聞き取り調査が行われるのだ。戯作者に憧れる見習い医者の信次郎は、そんな救いを求める女たちの身柄を預かる御用宿・柏屋に居候することに。知れば知るほど女たちの別れの事情はさまざま。柏屋の主人・源兵衛と共に離婚調停人よろしく、口八丁手八丁、奇抜なアイデアと戦術で男と女のもつれた糸を解き放ち、ワケあり女たちの人生再出発を手助けしていくが、ある日、二人の女が東慶寺に駆け込んできて…。(引用終わり)

原案は井上ひさし。言葉遊びや俗語、隠語に満ちたセリフ回しがいかにも彼らしく、深刻な話の中にクスッと笑えるユーモアが散りばめられている。そこに大泉洋の「立て板に水」の口上がぴったり合っている。ふと故渥美清を思い出したが、実際、二代目寅さんをやらせてはという話もあるそうだ。

お吟が駆込んだ本当の理由とか、鯵売りの正体とか、とてもいい話がいくつかあるのに、ちょっと欲張り過ぎたというのか、いくつものエピソードが脈絡なく盛り込まれていて、やや「とっ散らかった」印象が否めない。もう少し絞り込んで尺を短くすれば、もっといい作品になったと思う。

1月16日 ジョグ10キロ

|

« 『紙の月』 | トップページ | PCの内蔵電池を交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/63058130

この記事へのトラックバック一覧です: 『駆込み女と駆出し男』:

« 『紙の月』 | トップページ | PCの内蔵電池を交換 »