« 57歳の誕生日 | トップページ | 私家版ランナーズ・ダイアリー »

2015/11/21

『傷はぜったい消毒するな』

9784334035136以前読んだ『炭水化物が人類を滅ぼす』と同じ夏井睦著の光文社新書。版元の紹介文。

ケガをしたら、消毒して乾かす、が世間の常識。しかし著者によれば、消毒は「傷口に熱湯をかけるような行為」だという。傷は消毒せず、乾燥させなければ、痛まず、早く、しかもきれいに治るのである。
著者は、今注目の「湿潤治療」を確立した形成外科医である。その治癒効果に驚いた医師らにより、湿潤治療は各地で広まっている。しかし肝心の大学病院などでは相変わらず、傷やヤケドを悪化させ、治りを遅らせ、患者に痛みと後遺症を強いる旧来の治療が行われている。なぜ、医学において生物学や科学の新しい成果は取り入れられないのか。本書では医学界の問題点も鋭く検証。さらに、生物進化の過程をたどりつつ見直した、皮膚という臓器の持つ驚くべき能力について、意欲的な仮説を展開しながら解説する。(引用終わり)

『炭水化物…』と同様、まさに「目から鱗」の刮目すべき書物である。ざっくり言えば、消毒薬とはタンパク質を破壊する物質であり、それは人体を構成するタンパク質についても同様である。消毒すればするほど傷は深くなり、化膿する可能性が高くなる。

細菌がいても化膿しなければ何ら問題はなく、化膿さえ防げれば良い。そのためには血腫や縫合糸など「細菌が増殖できる環境」を除去してやれば良いのだ。それどころか、皮膚は、皮脂やその分解物を養分とする皮膚常在菌と共生していて、皮膚常在菌は他の細菌を寄せつけないことで、自らの住みかを確保しているのである。

最終章では、皮膚の傷修復のメカニズムが神経細胞の情報伝達に応用されたという大胆な仮説が提示されている。証明されれば歴史的発見となるはずで、素人ながら読んでいて知的興奮を覚えた。

ところで、上記の理由から、石鹸やシャンプーで皮脂を洗い流し過ぎるのは好ましくないということになる。生活費の節約にもなるので試してみようと思っている。(笑)

11月20日 ジョグ10キロ

|

« 57歳の誕生日 | トップページ | 私家版ランナーズ・ダイアリー »

コメント

シアンプーを止めて湯シャンにして3年が経ちます
行きつけの理髪店では「髪にコシが出てきた艶も、シャンプー替えました?」と良い評価です
実際、抜け毛の減りは実感してます。
湯シャンにして当初3か月は痒みが気になったりしましたが現在は好調です

投稿: まほろん | 2015/11/26 12:15

まほろんさん
いいコト聞きました。
今あるシャンプーを使い切ったら、
きっぱりと止めてみましょう。
私の場合、抜け毛ではなく白髪ですが、
さすがにそれは直らないでしょうけど…(苦笑)

投稿: まこてぃん | 2015/11/26 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/62716823

この記事へのトラックバック一覧です: 『傷はぜったい消毒するな』:

« 57歳の誕生日 | トップページ | 私家版ランナーズ・ダイアリー »