« 『ノスタルジア』 | トップページ | 『バンクーバーの朝日』 »

2015/09/10

『アゲイン 28年目の甲子園』

Again_52014年、製作委員会、東映配給。アマゾンの紹介文。

元高校球児、坂町晴彦(中井貴一)46歳。あの白球を追った日々は遠い昔。もはや仕事に張りはなく、離婚した妻が亡くなって以来、一人娘の沙奈美とも絶縁状態。そんなある日、坂町を元チームメイト松川典夫の娘・美枝(波瑠)が訪ねてくる。
坂町は彼女から、長年音信不通だった松川が去年の震災で死んだことを知らされる。彼女は別居していた父親の遺品の中に、坂町や元ピッチャーの高橋(柳葉敏郎)ら、チームメイト全員に宛てた27年分の年賀状の束を見つけ、なぜ毎年書きながらも出さずにいたのか、知りたいと願っていた。
元高校球児が再び甲子園を目指す<マスターズ甲子園>の学生スタッフとして働く美枝は、坂町に大会への参加を勧める。予測がつかないことは敬遠する、いわゆるサビついたオヤジである坂町は「今さら」と断ったが、本当の理由はまた別にあった。坂町達が甲子園に行けなかった原因は美枝の父にあったのだ。28年前のある事件。それは美枝にだけは話したくなかった。(引用終わり)

ちょっと肩の凝る洋画が続いたので、久しぶりに邦画の近作を観てみた。原作が重松清ということで大体のストーリーは予想がつくが、県大会決勝戦を辞退する原因となった28年前の事件の真相が明かされ、それを契機にして元球児達がマスターズ甲子園を目指す。

典型的な「野球もの」かと思っていたが、どちらかというと家族や元チームメイトとの人間関係、とりわけ父親と娘の間の断絶と和解といったことがテーマで、別に野球でなくとも、例えば全国コンクールを目指す吹奏楽部でも成立するドラマだ。

ただ、そうだとすると坂町の娘沙奈美が最後に取った、その直前とは正反対の行動が少し理解しづらい。手紙がキーワードかもしれないが、この映画のキモになるところだけに、そこはもう少し丁寧に作りこんでほしかった。

ところで、「マスターズ甲子園」は実在する大会で今年で12回目を迎え、重松清が「応援団長」なのだそうだ。高校時代の甲子園出場経験の有無を問わず、出身校別に同窓会チームを結成し、県大会を勝ち抜いたチームが甲子園に出場できるのだという。いや、全く知らなかったなあ。

|

« 『ノスタルジア』 | トップページ | 『バンクーバーの朝日』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/62248741

この記事へのトラックバック一覧です: 『アゲイン 28年目の甲子園』:

« 『ノスタルジア』 | トップページ | 『バンクーバーの朝日』 »