« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015/08/31

『トリコロール/赤の愛』

Rouge_51994年仏他。「トリコロール」三部作の最後にして、クシシュトフ・キェシロフスキー監督最後の作品。ウィキペディアの紹介文。

ジュネーヴに住む大学生・ヴァランティーヌは学業の傍ら、ファッションモデルをして暮らしていた。電話だけでしか逢えない恋人からは、常に浮気を疑われ、ヴァランティーヌ自身も彼への愛に疑問すら抱き始めていた。一方、法学生のオーギュストは、司法試験に向けて勉強の日々。心の支えは年上の恋人なのだが…。
ある日暮れ、ヴァランティーヌは車で犬を轢いてケガをさせてしまう。犬の首輪についていた住所札をもとに犬の飼い主を訪ねていくが、そこに住んでいたのは隣人の電話の盗聴を趣味とする、人間不信のかたまりのような老いた元判事。彼の盗聴を「卑怯だ」と憐れむヴァランティーヌに、判事は自分が人間不信の虜になった若き日のトラウマを告白する。次第に判事とヴァランティーヌは心を通わせていく。
ある時ついに、判事が盗聴容疑で法廷に立つことになった。隣人の訴えではなく、彼自身が警察に自首したのだ。そして、物語は「トリコロール3部作」をまとめあげるクライマックスへと進んでいく―。(引用終わり)

青=自由、白=平等に続き、赤=博愛をテーマにしていて、前2作以上に赤色が映像の随所にちりばめられて効果を上げている。DVDのパッケージにもなっている、主人公がモデルのガムの赤い広告は、それが強風のため撤去されることで最後のシーンを暗示しているし、彼女の運命の人となるオーギュストが乗る車は真っ赤なジープだ。

主人公ヴァランティーヌ役のイレーヌ・ジャコブの気品ある美しさと、元判事ヴェルヌを演じたジャン=ルイ・トランティニャンの大変味わいのある演技が素晴らしい。正反対の人生観をもっていた二人が次第に心を通わせていく様子が、いろんな小道具や光線の使い方で巧みに演出されている。

最後の場面ではヴァランティーヌとオーギュストに加え、『青の愛』と『白の愛』のカップルも登場し、三部作を見事に締めくくっている。それどころか、『デカローグ』で使われた架空の作曲家ブーデンマイヤーの曲もCDとなって再び登場し、エンドロールでは初めてこの作曲家の名前が登場する。まだ観ていないが、同じジャコブ主演の『ふたりのベロニカ』とも関連するようで、キェシロフスキー監督の総決算となる作品なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/28

『トリコロール/白の愛』

Blanc1994年仏他。「トリコロール」三部作の2作目。ウィキペディアの紹介文。

ポーランド人理髪師のカロル(ズビグニェフ・ザマホフスキ)は、フランス人の妻・ドミニク(ジュリー・デルピー)から性的不能を理由に離婚を付きつけられる。フランス語もろくに話せず、異国で途方に暮れていたカロルは、偶然知り合った同郷の怪しげな男・ミコワイ(ヤヌーシュ・ガヨス)の手引きで、何とか故郷ポーランドに帰りつく。兄のもとに身を寄せたカロルは一念発起、実業家として成功する。そんな時、ミコワイから「ある男」の暗殺依頼が。時同じくしてカロルは、可愛さ余って憎さ100倍の元妻・ドミニクに対してある復讐を企てた―。(引用終わり)

前作の「青」がフランス国旗で「自由」を意味し、いわば過去の愛からの自由、解放をテーマにしていたとすれば、「平等」を意味する「白」の本作は、「愛に平等は存在するのか」がテーマだという。

日本人にとっては理解しがたい面があるが、どうやらフランスでは性愛が夫婦関係の基本らしく、夫の不能を理由とする離婚訴訟などというものが、公開の法廷に持ち込まれるのだ。ドミニクは愛に恵まれない、同情されるべき女性ということになるのだろう。

しかし、だからと言ってカロルに対する愛情が全くなくなったわけではない。ポーランドでの彼の葬儀にわざわざパリから駆けつけたのは、彼が遺した遺産のためばかりではあるまい。ましてやそれが、彼女を見返してやろうとカロルが企てた偽りの葬儀だったとは、知る由もなかったのだ。

カロルは自分の葬儀で涙を流すドミニクの姿を遠くから見て、まだ自分への愛が失われていなかったことに気づく。彼女との再会を果たした彼は、今度は彼女を満足させることが出来た。ドミニクが安らかな眠りから目覚める前に、カロルは世間から姿をくらますために立ち去るが、その直後、遺産目当ての夫殺しの疑いで彼女は警察に逮捕されてしまう。

拘置所に収容されたドミニクにカロルが会いに行くラストシーンは感動的だ。鉄格子の窓越しに、ドミニクが「もし私が死刑にならなければ、私ともう一度結婚してくれる?」(多分)と手振りで問う姿に、カロルは大粒の涙が流れるのを止められない。ようやく二人は同じ愛を共有することが出来たのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/25

『トリコロール/青の愛』

Bleu1993年仏他。『デカローグ』のキェシロフスキー監督による「トリコロール」三部作の第1作。93年ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞、女優賞、撮影賞を受賞した。ウィキペディアの紹介文。

高名な作曲家の夫と幼い娘を交通事故で一度に亡くし、自らも重傷を負ったジュリーは退院後、郊外の家と家財道具一式、さらには夫が遺した未完の楽譜も処分してしまう。 ある夜ジュリーは、亡夫の同僚で、彼女に想いを寄せていたオリヴィエを呼び出し、一夜だけ愛し合った後、パリへと去る。久々の一人暮らしの中で出会う、様々な人間模様。しかし静かな日々の中でも、夫が未完のまま遺した欧州統合のための協奏曲の旋律が、どうしてもジュリーの頭によみがえってしまう。そんなある日、処分したはずの夫の未完の楽譜の写しをオリヴィエが持っており、彼がその協奏曲を完成させようとしているのを知る。そして、夫が見知らぬ若い女性と共に写っている写真も公開されていて……。(引用終わり)

入院中に服毒自殺を図るほどの絶望に突き落とされた主人公は、生活環境を一変させることで過去の悲しみから何とか決別しようとするが、折に触れて事故の記憶がフラッシュバックする。その際、決まって同じピアノのメロディが流れ、映像が何秒か途切れる演出は巧みである。

亡き夫とジュリー、両方の良き理解者であるオリヴィエの助けを借りて、ジュリーは亡夫の遺作である協奏曲を完成させる。また、亡夫の愛人でその子供を身ごもった女性には自分が去った屋敷をゆずることにする。そうすることでジュリーはようやく過去と折り合いをつけ、新しい人生を歩み始めることが出来るのである。

タイトルである青を中心に色彩を巧みに使った映像は、どの瞬間を切り取っても絵になると思えるほど美しい。また、ストーリー上、音楽が重要な役割を果たし、ピアノやリコーダー(字幕ではフルート)が奏でるシンプルなメロディが印象的だ。

映画『アマデウス』を思わせる、二人で協力しながら大判のスコアにオーケストレーションを仕上げていくシーンがあるのだが、エンドロールで「アレクシス・ワインセンベルク、アンドリュー・リットン、スイス・ロマンド管弦楽団に特に感謝の意を表する」とあり、クラシックの一流アーティストに助言を仰いでいたことが分かる。

とてもいい映画を観た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/22

『キッチン』

Kitchen_21989年松竹。森田芳光監督。ツタヤの紹介文。

吉本ばななの大ベストセラーを「家族ゲーム」の森田芳光監督で映画化した疑似家族ドラマ。肉親を失い孤独となった少女と風変わりな親子の奇妙な同居生活を描く。幼い頃に両親を亡くし、祖母と2人暮らしをしていた少女・みかげ。その祖母も他界してしまい、ついには天涯孤独の身となってしまう。台所が好きな彼女は、いつしか孤独を紛らわすかのように冷蔵庫の脇で寝るようになっていた。そんなみかげの前に、ある日祖母の知り合いだったという青年・田辺雄一が現われ、自分の家に誘う。雄一のマンションに行ったみかげはそこで雄一の“母”と出会うのだが…。(引用終わり)

主演の川原亜矢子は当時18歳。国際的に活躍するモデルになる前のことで、初々しいというより、たどたどしいと言いたくなる独特のセリフ回しが妙に印象に残る。雄一役の松田ケイジも本作でデビューしたが、新感覚の小説を映画化するに当たって、いわゆる手垢のついていない新人を起用した意図は分からなくもない。

ただ、彼らの演技はどうしても未熟で、折角のいいセリフが生きていない感じがした。それに対し、「母親」役の橋爪功が怪演とも言うべき名演技を見せている。雄一のマンションの豪華で凝った内装、みかげが作る美味しそうな料理、ロケをした函館の風景など、画としての見応えは十分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/19

1日2食を試行中

先週の月曜日から昼食抜きの1日2食生活を試行中である。理由は単純で、昼食を摂るのが面倒になってきたというのか、食べる必要性を感じなくなってきたからだ。体の基礎代謝が低下している上に、足の故障で走れない日々が続いているので、1日2食で必要なエネルギーが賄えるということなのだろう。

確かに昼頃になると空腹感を覚えるが、それはいつまでも続かず、1時間も我慢すれば遣り過ごせる。その分、夕食が大変美味しく感じられるが、それでも食べ過ぎることはない。朝食は従来どおりである。

おかげでこのところの体重増加にストップがかかり、均衡状態で推移している。体調も問題なく、何よりお通じが良くなったのが嬉しい。昼に食べることが多かったご飯や麺類など炭水化物も避けられ、浮いた昼食代は毎日積み重なるとバカにならない。

ただ、「1日2食」をネットで検索すると、朝食抜きを勧めるものが多い。人間が食べたものを完全に消化してしまうのに約18時間を要するので、夕食から次の日の昼食まで空けるのが良いのだという。その理屈でいくなら、昼食の次は夕食を抜いて、次の日の朝食を食べ、その次は真夜中に食べるのがスジだが、さすがにそれはしないらしい。

それより、半日ごとに軽い飢えを感じて適度の食事を摂る方が、自然の理に適っているように思う。少なくとも今の自分の体の要求はそうだ。わが国でも1日3食になったのは江戸期以降で、それ以前は朝夕2食が普通だったらしい。「1日3食きちんと食べないといけない」というのは、「理想的な食事は炭水化物60%、蛋白質と脂肪を各20%」というのと同様、何の根拠もない話なのである。

もうしばらく「人体実験」を続けることにしたい。さらに代謝が低下したら、いずれタモリやビートたけしに倣って、1日1食生活を試みるつもりである。これだと18時間説にも合致し、理想的と思えるからだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015/08/16

風鈴まつり

お盆で帰宅していた娘のリクエストで、おふさ観音の風鈴まつりを見に行った。いつも行く図書館のすぐ近くで、風鈴まつりのことも知っていたが、これまで行く機会がなかった。あまりに近所だと行かないのは、大阪人にとっての通天閣、東京人にとっての東京タワーみたいなものか。

境内には夥しい数の風鈴が所狭しと吊られ、風が吹くと一斉に涼しげな音を響かせる。タブレットで動画を撮影したので、本ブログで初めて動画のアップロードに挑戦してみた。もういちいち書かないが、今回もそれだけで半日を費やす始末だった。その成果の、風が奏でる涼しげな音色をどうぞ。(笑)

風の音と言えば、レスピーギの交響詩「ローマの松」に、音楽で風を見事に表現した箇所がある。木管楽器、チェレスタ、ハープによる上昇下降音型で、夜風が吹き渡っていく様子が体感できるかのようだ。

この動画では15分23秒から50秒辺り。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/08/15

ファビコン

パソコンネタが続く。新たに使い始めた Firefox のブックマーク(IEで言う「お気に入り」)を整理していて、サイトやブログ名の先頭についているアイコンが気になった。企業のサイトでは社章やロゴマークが使われ、ブログはたいていそのプロバイダーのロゴになっている。中には個人のサイトで自分のトレードマークを使っている人もいるが、わがブログには何もないのでちょっと寂しい。

調べてみると、これは「ファビコン」 favicon と言い、favorite(お気に入り)の icon (アイコン)を縮めた用語だという。まんまやん(笑)。折角だから、この際自分のファビコンを作ってみようと思い立った。

しかし、ココログのガイドには何の記述もないので皆目分からず、普通にネットで検索したら親切丁寧な説明がいくつも出てきた。相も変らぬニフティのユーザー・アンフレンドリーさは、マイクロソフトといい勝負だ。

Photo

まこてぃんの「ま」だけの素っ気ないものだが、一応自分でファビコンを作ってアップロードすることに成功した。昨今の情勢から、他のデザインと酷似しているという指摘が出るかもしれないが、そもそもデザインというほどのシロモノでもないか。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/12

Firefoxを導入

ウィンドウズ10騒動で初期化したわがPCに、ブラウザとして Firefox を初めて導入した。リカバリした状態のIEはバージョンが古く、なぜか更新も出来なかったので、そのままでは使えないサイトがあるのだ。

しかし、案ずるより産むが易し。あっけないほど簡単にネットからダウンロードしてインストールでき、IEの「お気に入り」の引越しもやってくれる。使い勝手も直感的に分かり、IEより明らかにサクサクと動くので、ほとんどストレスを感じない。

セキュリティ面でも優れているなどのメリットを含め、その存在は知っていたが、食わず嫌いというか、わざわざ導入する動機がなかった。今回の騒動で結果的にいい拾い物をしたと思っている。

その他、画像の解像度がワイド用でなく、横に引き伸ばしたようになっていたのはビデオの、また文字入力中にカーソルが勝手に飛んでしまうのはタッチパッドの、それぞれ機種専用のドライバーソフトがインストールされていないことが原因と分かり、メーカーサイトからダウンロードしたら無事に解決した。

まだ問題は若干残っているが、ほぼ以前の状態に復旧することができた。というより、インターネットに関しては以前より快適に使うことが出来るようになった。一時はPCの買い替えも覚悟したが、当面このままで使えそうだ。ざまあみろ、MS!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/09

ウィンドウズ10導入に失敗

相変わらずPC初心者のくせにOSのアップグレードなど、そもそも無茶な話だったのだ。それをいとも簡単に出来るかのように誘導したMS社の陰謀にまんまと嵌められたとしか言いようがない。

夜中にダウンロードを始めたので途中で寝てしまい、翌朝起きてPCを見たら画面が真っ暗になっていて、ウンともスンとも動かなくなっていた。こうなるともう、リカバリDVDを入れて初期状態に戻す以外にないと判断した。MSに電話して尋ねようとは絶対に思わない。余計に腹立ちが増すのは確実だからだ。

何とか元のウィンドウズ7 の状態に戻すことには成功したが、ニフティのセキュリティが動かない、画面の解像度がワイド用でない、エクスプローラーの更新が出来ない、オフィスは古いものしか手元にないなど、いくつもの問題があり、ひとつずつ解決していくしかない。

ウィンドウズ10の導入を拒絶された上に、PCが大変な目に遭っているが、その後始末は自分でやるしかない。つまり、こういうことだ。

続きを読む "ウィンドウズ10導入に失敗"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/06

蜘蛛の撃退法

同じような話題で恐縮だが、先日の「蚊の撃退法」は見事に功を奏し、あれから蚊の発生は激減した。ただ、元々雨水枡のないところでまだ刺されることがあるのは、家の外から飛来しているのだろうか。

蚊と並んで庭での悩みの種は蜘蛛の巣で、玄関先の庭木の間などに張り巡らされ、見苦しいことこの上ない。折を見て取り払ったりするが、すぐまた張られる「いたちごっこ」を繰り返していた。

しかし、ここでもまた「元から断つ」のが正解と思い立ち、まず蜘蛛自身を殺虫剤で駆除してから巣を取り払うことにした。これまでなぜそのことに思い至らなかったのか、不思議でならないが、おかげで玄関先が大変スッキリした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/03

『39 刑法第三十九条』

391999年、松竹。森田芳光監督作品。ツタヤの紹介文。

犯行時、犯人が心神耗弱もしくは心神喪失の場合は罪に問わないという刑法第三十九条の規定をめぐって繰り広げられる犯人と鑑定人の虚々実々のやり取りを描いた心理サスペンス。監督は「家族ゲーム」の森田芳光。殺人容疑で逮捕された犯人・柴田真樹には、事件当時の記憶がない。やがて裁判が始まると弁護側は心神喪失を主張、精神鑑定により、被告人が多重人格と認定される。ところが鑑定を行った教授の助手・小川香深は、被告人の精神障害は詐病と直感し、独自の調査で柴田の内面に迫って行くが……。 (引用終わり)

紹介文の冒頭に誤りがあり、「心神耗弱」の場合は刑が減軽されるのであって、全く罪に問われないということではない。それはともかく、新聞やテレビの事件報道などでしばしば見かける「精神鑑定」というものが、実際にどういうふうに行われるのか、一般の人間には知る由もない。

もちろん、精神鑑定に関する専門書などもあるだろうし、その気になって勉強すれば、ある程度の知識は得られるだろう。しかし、普通の人はまずそんなことはしない。まさにそこがこの映画の着眼点と言える。

刑法のこの規定については種々論議のあるところだが、それはそれとして、精神鑑定を題材にしたユニークな犯罪サスペンスとして、十分に楽しめる作品になっている。柴田役の堤真一、香深役の鈴木京香はいずれも迫真の演技で、最後の「公開精神鑑定」のシーンでは、そんなことはあり得ないと思っていても手に汗を握ってしまう。

その他、樹木希林、江守徹、杉浦直樹、岸部一徳といった名優たちが脇を固めていて、森田監督らしい凝った映像作りも、うまく不安感を演出している。『黒い家』よりは格段に成功した作品と言えるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »