« 『バニシングポイント』 | トップページ | 『阿修羅のごとく』 »

2015/07/01

『愛を積むひと』

Ts3r0002_2珍しく封切映画を観た。理由は言うまでもない(笑)。アスミック・エース作品。佐藤浩市、樋口可南子ほか。公式サイトの紹介文。

第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で豊かに過ごそうと、東京下町の工場をたたみ、北海道に移り住むことにした夫婦、篤史と良子。以前に外国人が住んでいたという瀟洒な家を手にいれ、良子は野菜やガーデン作り、家の内装のアレンジなどささやかながらも豊かな生活を満喫していた。一方、仕事人間から仕事がなくなった途端、毎日手持ち無沙汰で暇を持て余す篤史。見かねた良子は、長年の憧れでもあった家の周りの石塀作りを篤史に頼む。
そんなある日、良子が入院することに。以前から患っていた心臓の病が悪化していたのだ。心配させまいと夫に病状を言わず、一時退院し、明るく振る舞う良子。そんな良子に、「いつしか自分だけのネックレスになれば」と、結婚以来毎年贈り続けていた一粒の真珠を、篤史は今年も誕生日にプレゼントする。笑顔で受け取る良子を見つめながら、幸せな時が続くことを願う篤史。
しかし、その願いは叶わなかった。突然訪れた良子の最期。悲しみにくれる篤史のもとに、ある日、良子からの手紙が届いた。驚く篤史。自分の死期を悟った良子が、篤史のこれからを案じ、たくさんの手紙を、二人の家に隠していたのだった。手紙に書かれた良子の想いに触れ、閉ざされた心が溶け周りの人の人生に関わっていく篤史。
自ら犯した過ちから立ち直ろうと、石塀作りを手伝いに来る青年・徹や、その恋人・紗英との交流、頑固だが愛情深い紗英の義父・熊二との友情。篤史が良子を思いながら一つ一つ積み上げた石に、それぞれの人間ドラマが重なっていく――。そして、ある出来事がきっかけで長年疎遠になっていた娘・聡子と再会し・・・・・・。(引用終わり)

原作をかなりアレンジしているけれども、骨格の部分はきちんと受け継がれており、独立の映画作品として十分に鑑賞できる。北海道・美瑛の四季を織り込んだ映像は大変美しく、鳥の鳴き声、風の音などの自然音も、耳障りにならない程度にうまくミックスされている。

篤史役の佐藤浩市(飲むのはやっぱり淡麗だ・笑)、良子役の樋口可南子はさすがに大ベテランらしい安定した演技だ。また、口は悪いが心根の優しい熊二役の柄本明が、とてもいい味を出している。聡子役の北川景子はほとんど笑わない役どころだが、ちょっとした視線の動きだけで感情表現が出来ているし、彼女ほど泣き顔まで絵になる女優も珍しい。…と思う。(笑)

6月29、30日 休養(右踵痛)
月間走行    113キロ
以降、当面休養のため記載省略

|

« 『バニシングポイント』 | トップページ | 『阿修羅のごとく』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/61817408

この記事へのトラックバック一覧です: 『愛を積むひと』:

« 『バニシングポイント』 | トップページ | 『阿修羅のごとく』 »