« 『時限発症』 | トップページ | 『探偵の探偵』 »

2015/06/05

『ドライビング Miss デイジー』

Missdaisy_21989年米。ツタヤの紹介文。

老女デイジーと、初老のベテラン黒人運転手ホークとの友情を描いたヒューマン・ドラマ。1948年、夏。長年勤めた教職を退いたデイジーは未亡人。まだまだ元気いっぱいの彼女だったが、寄る年波には勝てず、ある日運転中にあやうく大事故を引き起こしかける。亡くなった父の跡を継いで会社の社長となっていた息子のブーリーは、そんな母の身を案じ、専用の運転手を雇うことにした……。

デイジー役のジェシカ・タンディ、ホーク役のモーガン・フリーマンが大変味のある演技で、最初はホークが運転する車に乗ることを拒否したデイジーが、最後には彼を my best friend と呼びかけるまでに親交を深めていく様子を、淡々と温かく描いている。

まだ人種差別が残る1950年代、60年代の南部ジョージア州が舞台で、マーティン・ルーサー・キング牧師の公民権運動演説などが登場するけれども、人種差別そのものはこの映画のテーマではないだろう。そういう時代背景の中だからこそ、ユダヤ人未亡人と黒人運転手の間に育まれた信頼関係は、いっそう輝きを放つものだということだろう。

6月3日 ジョグ10キロ
6月4日 休養
6月5日 ジョグ10キロ

|

« 『時限発症』 | トップページ | 『探偵の探偵』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/61689620

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドライビング Miss デイジー』:

« 『時限発症』 | トップページ | 『探偵の探偵』 »