« タブレットはカーナビにもなる | トップページ | 大阪都構想住民投票に思う »

2015/05/18

西国街道を走る(後半)

一昨日、西国街道の後半、モノレール豊川駅から西宮まで23キロ、プラス今津までの1キロを走った。朝方までかなり強い雨が降ったが、幸い走り始めた11時前には上がり、今回もまた寒くもなく暑くもない、絶好の街道走り日和だった。

豊川駅から西に向かうとすぐに箕面市に入り、風情のある街道風景が現れる。西から見て道が二股に分かれる場所に竜王堂があり、その前に享和2年の道標がある。「左 京ふしみ道」とある。

Ts3r0003

粟生新家(あおしんけ)に勝尾寺(かつおうじ)への旧参道入口がある。今も地元の人がよく通る辻のようで、クルマを避けて写真を撮るタイミングが難しかった。しかし、寺なのに鳥居とはこれ如何に。

Ts3r0005

一旦国道171号に合流し、萱野交差点手前に寛文12年(1672年)の古い道標があった。「みのを山の入口」とあり、元は西方の萱野小学校付近にあったのを、新御堂筋建設のため移設したらしい。建立から約170年後の天保11年(1840年)に追善供養が行われた旨の追刻があるそうだ。それから更に約170年後の今、その道標を自分が眺めているという訳だ。

Ts3r0008

萱野交差点を渡り旧道に戻ると、赤穂浪士四十八番目の義士と言われた萱野三平の旧宅がある。討ち入りを希望したものの父に反対され、忠義の板挟みになった彼は、ここで自害して27年の短い生涯を終えた。高輪泉岳寺には彼の供養墓がちゃんとあるそうで、忠臣蔵というのはつくづく日本人を泣かせる話が満載なのだ。

Ts3r0016

再び国道と合流したところにあるすき家で昼食。牧落交差点を過ぎて再び旧道に入るとすぐ、箕面街道と交わる地点に道標が2基があった。小さい方は享保5年のもので、「みのをみち」とある。

Ts3r0017

間もなく阪急箕面線の踏切を渡り、桜井駅北を通過して箕面川の手前で南に折れた旧道は池田市に入り、石橋駅東から阪大下交差点を通って、今度は阪急宝塚線の踏切を渡る。ここで南北の能勢街道と交わっていて、踏切東側にかなり古い道標がある。「右西宮 左大坂」「右妙見 すぐ西宮」などとあるが、年代は不明である。

Ts3r0021

その先、中国自動車道の高架を潜り、再び国道と合流して兵庫県伊丹市に入る。片側3車線の広い道路ではあるけれども、南側には古い民家が並んでいて、この歩道が旧街道であったことを物語っている。

Ts3r0022

軍行橋で猪名川を渡り、JR福知山線を越えると、多田街道との交差点に「辻の碑(いしぶみ)」という自然石の古い道標が、小さなお堂の中に納まっていた。文字は大部分剥落してしまっているが、辛うじて「従東寺拾里」と読めるそうである。東寺から40キロ。なるほど。

Ts3r0027

この先、距離は短いがかなりの急坂になっていて、「伊丹坂」というらしい。猪名川の河岸段丘だろう。たぶん。(笑)

Ts3r0031

旧大鹿村で有馬道と交わり、やがて自衛隊千僧駐屯地の南端を通って、市役所、警察署等のある伊丹市中心部を通過する。昆陽里(こやのさと)付近には田中将大(現NYヤンキース)が通った小学校と中学校が並んで建っている。

再び国道に合流するとすぐ尼崎市に入る。武庫川手前で旧道に戻り、河川敷を下りて行くと、往時「髭の渡し」があった場所に記念碑があった。渡し船を担当していた近くの茶屋の主人が髭で有名だったのがその由来らしい。少し下流に堰堤があり、渇水時は徒歩で渡れるそうだが、この日は未明からの雨でオーバーフローしていたので断念した。

Ts3r0034

更に下流の国道まで迂回して甲武橋を渡るといよいよ西宮市である。正面右手には甲山が見えている。「甲」山と「武」庫川だから「甲武」橋なのか? 武庫川右岸を今度は少し遡る。こちら側にはサイクリングロードが整備されている。報徳学園高校北側の細い道が西国街道である。

新幹線高架下を潜り、阪急門戸厄神駅の踏切を越えると、有馬街道との辻に文久2年に再建されたという道標があった。「日本三躰厄神明王」とあり、門戸厄神への参詣道に当たっていたようだ。

Ts3r0037

その先で南に折れて国道を横断し、阪急神戸線、JR東海道線、阪神本線を潜ると、旧西宮宿の東外れ辺りに到着した。付近にはその名も「西宮東口」という阪神の駅があったが、高架化に伴い平成13年に廃止され、跡地は児童公園と駐車場になっている。

Ts3r0039

そこからもう少し南に行くと、旧中国街道(山陽道)に行き当たる。明治時代の地図と対照したので間違いないと思うが、古い道標はおろか案内標識もなく、思い切り殺風景な景色があるだけだ。左に行くと西国街道、右斜め前方が尼崎から大坂への中国街道である。

Ts3r0042

ここからスーパー銭湯のある今津まで中国街道をちょこっと走る。阪神今津駅辺りは大変賑やかだが、実は阪急今津線が延伸されるまでここに駅はなく、ひとつ大阪寄りの久寿川が元の今津駅だったのだ。

最後は少し鉄分まで入ってしまったが(笑)、東寺から西宮までの西国街道を無事完踏した。さあ、次はどこを走ろうか。

5月16日 LSD24キロ
5月17日 休養
5月18日 ジョグ10キロ

|

« タブレットはカーナビにもなる | トップページ | 大阪都構想住民投票に思う »

コメント

足の速い方はちゃちゃっと終了なんですね。(^^)
道標もきっちりと確認されてさすが!
道に迷うこともなかったのでしょうか・・・。
私も久し振りに行ってみたくなりました。特に後半はあまり行ってないので。。。

街道をたどる場合、まず地図を用意するのが結構大変だったりするのですが、そんなことはないですか?

投稿: くー | 2015/05/18 20:44

くーさん
前半後半とも1カ所間違いそうになりました。(^^)
旧街道の道筋を確認するには、明治期など昔の地図と
比較対照できる次のサイトが本当に便利です。
http://ktgis.net/kjmapw/kjmapw.html?lat=34.698777&lng=135.49781&zoom=14&dataset=keihansin&age=0&map2type=roadmap&dual=true

投稿: まこてぃん | 2015/05/19 08:58

高校時代に自転車でたどったことがあるのですが~~記憶が~~(苦笑!!)またいってみたいですわ~~

投稿: たけした | 2015/05/20 10:49

たけしたさん
前半の部で、自転車に乗った中年男性二人組に
声をかけられました。「東寺から走っている」
と言ったら驚いてました。
意外にアップダウンがあったので、自転車だと
結構しんどいコースではないかと思います。

投稿: まこてぃん | 2015/05/20 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/61601990

この記事へのトラックバック一覧です: 西国街道を走る(後半):

« タブレットはカーナビにもなる | トップページ | 大阪都構想住民投票に思う »