« タイ~ヤ○ゼン | トップページ | 『まほろ駅前狂騒曲』 »

2015/04/15

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』

Fastfurious2006年米。allcinema の紹介文。

カリフォルニアの高校生ショーンは車好きが高じてたびたび警察の厄介になっている問題児。ある日、ついに大きな事故を起こしてしまい、少年院行きが確実となる。それを逃れるため、ショーンは軍人の父を頼って日本へとやって来る。日本での高校生活に馴染めずにいたショーンは、留学生のトウィンキーに声をかけられ、深夜の立体パーキングで行なわれるアンダーグランドのカー・レースに誘われる。そこでショーンは、“ドリフト・キング”のD.K.にいきなり勝負を挑まれ、完敗してしまう。しかしこれをきっかけに、ドリフト・レースという未体験の世界にハマっていくショーンだったが…。(引用終わり)

何でも近々第7作が公開されるという人気シリーズの3作目に当たるそうで、派手なカーアクションが売り物の作品だが、ストーリーはハチャメチャ、わざわざ日本でロケしたのにどこか他の国のお話のようだ。

渋谷の街中という設定の(実際はLAで撮影された)カーチェースはそれなりに迫力があったが、リュック・ベッソン監督の『LUCY』の方がもっと見応えがあった。CGで合成した映像は、やはり実写には敵わないのだ。

では、何でまたこんな映画を観たのかという理由は、当ブログの読者ならおおよそ察しがつくだろうから、あえて書かないでおく。(笑)

4月12日    LSD24キロ
4月13、14日 休養
4月15日    ジョグ10キロ

|

« タイ~ヤ○ゼン | トップページ | 『まほろ駅前狂騒曲』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/61443217

この記事へのトラックバック一覧です: 『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』:

« タイ~ヤ○ゼン | トップページ | 『まほろ駅前狂騒曲』 »