« 『身の上話』 | トップページ | 『ジャンプ』 »

2015/02/20

『羊たちの沈黙』

Lambs1991年米。アカデミー賞主要5部門受賞。アマゾンの紹介文。

女性を誘拐し、皮を剥いで殺害する連続殺人事件の捜査を任命されたFBI訓練生のクラリス。彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、心理的な面から犯人に迫ることだった。レクター博士は捜査に協力する代償に、彼女自身の過去を語らせる。息詰まる心理戦の果てに導き出された答えとは──?(引用終わり)

メインのストーリーは連続猟奇殺人事件の犯人捜しであるが、その真犯人は意外にも、「ありがち」な背景と動機を持つ男だった。確かに、クライマックスでクラリスが彼と対決するシーンは手に汗握る迫力があるのだが、この映画の魅力は実はその本筋にあるのではない。

それは何といっても、犯人探しのヒントを与えることになるハンニバル・レクターの特異な人物造形にある。“Hannnibal the Cannibal” (人食いハンニバル)とは全くシャレになっていないが、アンソニー・ホプキンスの鬼気迫る演技は、本当の恐怖というのはこういうものだと教えてくれる。

厳重な檻の中で彼が安物のラジカセで聴いているのは、バッハのゴルトベルク変奏曲。その優雅なメロディと裏腹に進行する凄絶な脱出劇の一部始終。この映画の本当のクライマックスシーンはここではないかと思わせるほどの迫力だった。

2月18日 休養
2月19日 ジョグ10キロ
2月20日 休養

|

« 『身の上話』 | トップページ | 『ジャンプ』 »

コメント

昔、映画館で観ました。
詳細は覚えてないですがとても怖かったような。(^^;
ドキドキするのが観れないというのは楽しみを半分捨ててるかも?
ジョディ・ホスターは今どうしてるのだろう・・・

投稿: くー | 2015/02/22 14:08

くーさん
私も映画館で怖い映画は観たくないです。
何より、あの異常にデカい音響が苦手です。
J.フォスターは最近は監督もしているとか。

投稿: まこてぃん | 2015/02/22 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/61158496

この記事へのトラックバック一覧です: 『羊たちの沈黙』:

« 『身の上話』 | トップページ | 『ジャンプ』 »