« 『振り込め犯罪結社』 | トップページ | 『タクシードライバー』 »

2015/01/26

『時計じかけのオレンジ』

Clockwork1971年米。allcinemaの紹介文。

鬼才スタンリー・キューブリック監督の描く傑作SF。近未来、毎日のように暴力やセックスに明け暮れていた不良グループの首領アレックスは、ある殺人事件で仲間に裏切られ、ついに投獄させられてしまう。そこで彼は、攻撃性を絶つ洗脳の実験台に立たされるが……。(引用終わり)

ほぼ全篇に亘って暴力やセックスのシーンがこれでもかと出てくるため、公開当初から話題作、というより「問題作」とされてきた。この映画に影響されたとみられる犯罪が起きたこともあって、イギリスでは上映禁止となり、キューブリック没後の1999年にようやく再上映されたという。

しかし、本作は決して暴力礼賛の映画などではないと思う。暴力や性の衝動に真正面から向き合い、そこから逃れることの出来ない人間の本質を、残酷なまでのリアリティで描き出したものだ。

そして、「暴力」を「他者を力づくで支配すること」と読み替えるならば、暴力の衝動を人工的に抑制してしまおうという試みも、それと同等か、むしろそれより更に性質(たち)が悪い所業と言えるだろう。

『2001年宇宙の旅』と同様、クラシック音楽が印象的に用いられていて、アレックスが愛したベートーヴェンの「第九」が、ストーリー展開にも絡む重要な役割を果たしている。

1月24日 休養
1月25日 ジョグ10キロ
1月26日 休養

|

« 『振り込め犯罪結社』 | トップページ | 『タクシードライバー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/61037840

この記事へのトラックバック一覧です: 『時計じかけのオレンジ』:

« 『振り込め犯罪結社』 | トップページ | 『タクシードライバー』 »