« 時計の謎、解ける | トップページ | 紀州街道をば南へ南へと(前半) »

2014/09/12

和製英語

Lady, Fight !  なるヘンテコな和製英語が連日TVで流されている。某メガバンクが、「毎日がんばっている女性たちにエールを送ろう」というコンセプトで作ったCMのテーマとして掲げられているのだ。

CMそのものはよく出来ている。様々な壁にぶつかりながらも懸命に努力し、輝いている女性たちの映像が美しく、また桑田佳祐の躍動感溢れる新曲「東京VICTORY」がそれにマッチしている。それだけにこの英語は何とかならなかったのか。

まず、Fight だが、文の途中で大文字から綴る初歩的ミスは別としても、「頑張れ!」という意味の「ファイト!」は和製英語の典型だ。ネットで検索すれば、「ナイター」、「OL」などと並んですぐに出てくる。fight ! だと「喧嘩しろ」という意味になる。英米では日本人のように「頑張れ」という意味の言葉をあまり使わないが、敢えて翻訳すれば Go for it ! か、単に Go ! ぐらいだろう。

それから、可算名詞の単数形である lady を、冠詞や所有代名詞なしに裸で使うことは、文法上あり得ない。「エールを送る」対象は複数だろうから、Ladies とすべきだ。

でも、Ladies, go for it !  としたところで、何だか意味不明だなあ。もっと別の単語を使わないと通じないような気がする。それが何かは分からないが。(苦笑)

9月10、11日 ジョグ10キロ
9月12日    休養

|

« 時計の謎、解ける | トップページ | 紀州街道をば南へ南へと(前半) »

コメント

この銀行の"Lead the Value"も意味不明ですね。

投稿: わんわん! | 2014/09/14 15:11

わんわん!さん

確かにこれも非道いですね。
構文上は命令文なのに、そうではないようだし、
value にいきなり the を付けられても
「一体全体何のこっちゃ」ですからね。

投稿: まこてぃん | 2014/09/14 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/60303088

この記事へのトラックバック一覧です: 和製英語:

« 時計の謎、解ける | トップページ | 紀州街道をば南へ南へと(前半) »