« 『K・Nの悲劇』 | トップページ | 『間宮兄弟』 »

2014/07/17

『ハンサム★スーツ』

Handsome塚地武雅、谷原章介、北川景子ほか。アマゾンの紹介文。

大木琢郎(塚地武雅)は母親の遺した定食屋“こころ屋”を経営する心優しいブサイク男。美人アルバイトの寛子ちゃん(北川景子)に恋するが、あっさり振られてしまう。ところがある日、琢郎は着るだけでハンサムになれるスーツを手に入れ、目の覚めるようなスーパーハンサム光山杏仁(谷原章介)に大変身! これで寛子ちゃんにも好かれるはず、だったが……
寛子ちゃんとの恋の行方はいかに?!  杏仁となった琢郎の驚きのハンサムライフが始まる!(引用終わり)

7月15日 ジョグ10キロ
7月16日 休養
7月17日 LSD20キロ

紹介文にはないが、寛子の後にアルバイトに入った、ブスだけど心優しい本江(大島美幸)が重要な役割を演じる。あまり言うとネタバレになるが、結末まで観た後で彼女の登場する全てのシーンをもう一度観直したほどだ。

『人は見た目が9割』という本が話題になったが、事ほど左様に容姿容貌というものは、その人の少なくとも第一印象を決定づけてしまう。ベルリンフィルだったか、楽員のオーディションを行う際、人種や性別等による先入観を避けるため、カーテンの向こうで演奏させて審査するという話を聞いたことがある。

自らの「ブサイク」な容貌で損をしてきたと思い込む主人公が、「ハンサム」になれば女にモテて人生バラ色になると思ったのも無理はないけれども、美人の寛子ちゃんにそれが通じなかったのは意外だったろう。美人には美人なりに悩みがあって、中身より外見だけで好感を持たれても嬉しくないというのだが、ホントにそんなものだろうか。「ハンサム」には程遠いオッサンには想像も出来ないが。(苦笑)

|

« 『K・Nの悲劇』 | トップページ | 『間宮兄弟』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/59993865

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハンサム★スーツ』:

« 『K・Nの悲劇』 | トップページ | 『間宮兄弟』 »