« 『カラスの親指』 | トップページ | 『熔ける』 »

2014/03/17

『さよならドビュッシー』

Debussyこれも泉沙世子つながり。シネマトゥデイの紹介文。

ピアニストになることを目標にしている16歳の遥(橋本愛)は両親や祖父、いとこらに囲まれ幸せに暮らしていたが、ある日火事に巻き込まれ一人だけ生き残る。全身に大やけどを負い心にも大きな傷を抱えた遥だったが、ピアニストになることを諦めず、コンクール優勝を目指して猛練習を再開。しかし、彼女の周囲で不可解な現象が続発し……。(引用終わり)

遥のピアノ教師を買って出る岬洋介役の清塚信也はピアニストが本職で、本作が俳優デビューとなったそうだが、リストの超絶技巧練習曲を弾き切ってそのままセリフに移る箇所のリアリティは、この人にしか為しえないところであろう。

橋本愛は人形のように美しいけれども、演技がやや表面的というのか、生身の人間の感情の幅や襞といったものを出せればもっと良いのにと思う。

最後のどんでん返しの仕掛けは、「いくら何でもそれはありえないだろう」と思ってしまったが、それを踏まえて主人公が過去を回想する映像は、彼女の弾くドビュッシーの「アラベスク」「月の光」をバックに、とても美しく、また切なかった。

タイトルロールで流れる泉沙世子「境界線」のメロディが今作でも耳に残った。

|

« 『カラスの親指』 | トップページ | 『熔ける』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/59289707

この記事へのトラックバック一覧です: 『さよならドビュッシー』:

« 『カラスの親指』 | トップページ | 『熔ける』 »