« 初詣LSD | トップページ | ロングタイツ・デビュー »

2014/01/09

『標的の男』

51gx6zjhmil__sl500_aa300__3堂場瞬一の追跡捜査係シリーズ第4弾。カバーの紹介文。

服役中の男の告白――墨田区の不動産業者の強盗殺人事件は、意外なところから容疑者が浮かび上がった。監視中の容疑者・熊井を自らの失態で取り逃がした追跡捜査係の沖田大輝は、負傷した足を抱え、病室での捜査資料の見直しを余儀なくされる。一方、警視庁随時の分析能力を誇る西川大和は、いつもと違う容疑者の聞き込みに戸惑いを感じていた。そして、犯行現場に疑問を感じた沖田は、負傷をおして、捜査を強行するが―――。大好評書き下ろし警察小説。(引用終わり)

前作までのタイトル尻取りの続きを期待したが違っていた(苦笑)。沖田と西川がポジションを入れ替えたような設定は面白かったが、肝心なところを偶然の出来事に依存するストーリー展開にはやや違和感があった。

先月上旬、宮崎行のフェリーの中で読み始めたのだが、読了まで随分時間がかかってしまった。通勤という行為がなくなって読書量が激減したのを痛感する。

1月7日 ジョグ10キロ
1月8日 休養
1月9日 ジョグ10キロ

|

« 初詣LSD | トップページ | ロングタイツ・デビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/58908148

この記事へのトラックバック一覧です: 『標的の男』:

« 初詣LSD | トップページ | ロングタイツ・デビュー »